【米津玄師】爱丽丝(アリス)の歌詞の意味を解釈・考察

2018年6月28日

爱丽丝の曲にまつわる情報

爱丽丝(アリス)は、米津玄師さんの4枚目のアルバム「BOOTLEG」に収録されている楽曲で、タイトルからしてインパクトが強い難しい感じで名付けられた曲となっています。


BOOTLEG (通常盤) [ 米津玄師 ]

この曲はかなり中華っぽい曲調になっているのですが、これは「爱丽丝」という漢字が中国語であるのが由来となっていて、タトゥー入れ墨士で米津さんのお友達のCHiNPANさんのインスタの写真で首に貼ってあったステッカーが「爱丽丝」という文字のステッカーで、そこから影響を受けて曲名になり曲調もこのようになったそうです。

ちなみに一緒にバンドを組んでいるメンバーはかなり豪華で、King Gnuの常田大希さん、八十八ヶ所巡礼のマーガレット廣井さん、元パスピエのやおたくやさんが参加しています。

これだけ重低音なバンドサウンドが実現できているのも、彼らのおかげかもしれませんね!

爱丽丝のPV

爱丽丝は純粋なアルバム曲なのでPVはありません!なので、今回はYouTubeから弾き語り動画をピックアップしてきました。

このだっちさんという方、ギターも上手ですし、歌も独特の声の良さがあって米津さんとは違う良い味を持った方だなぁと。。

ギターのコードも表示されていますので、こちらの動画を見ながらぜひ真似してみてください!

爱丽丝のギターコード

ギターコードは先ほどのYoutubeの動画内にもありましたが、より見やすいもので弾き語りに向いているコードサイト「Uフレット」にもありました。

http://www.ufret.jp/song.php?data=41578

どこをどう盛り上げていくのがいいかと話ですが、だっちさんの動画を見ながら研究してみるとかなり原曲に雰囲気を近づけられるのではないかなと思います!

Aメロは歯切れよく、Bメロは少し落ち着きながらも怪しげに、サビは派手に掻き鳴らしながら歌うといいのではと!

爱丽丝のインタビュー

爱丽丝はコラボ曲なのでコラボ曲なのでそのことがインタビューではよく取り上げられていますね!

ただあまり曲の中身自体に触れられていることは少ないので、これは紙媒体でrockin’onやCUTなどを読み漁った方が色々エピソードが出てくるかもしれません。。

・ナタリーミュージック

https://natalie.mu/music/pp/yonezukenshi11

・T-SITE NEWS

 

・billboard JAPAN

http://www.billboard-japan.com/special/detail/2134

爱丽丝の歌詞の意味を解釈・考察

爱丽丝というタイトルがそのままアリスなので、歌詞も「不思議の国のアリス」がモチーフになっています。

しかし、この曲自体は割と米津さんの過去の経験のことだったりもするのかなと思える内容にもなっています。

どうやったらそのような解釈になるのか、早速歌詞を読み解いていきましょう!

爱丽丝_1番Aメロ歌詞の意味・解釈

真っ逆さまに落っこちた ふとした刹那につまづいて

マンホールの中に落っこちた そこからはパラノイア

心臓のあたりで少年が ひたすらバタバタ駆け巡るまま

今日は何して遊ぼうか がらくたの街の中

(出典:爱丽丝作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

パラノイアはずっと妄想を続けてしまう精神症状のことで、これは不思議の国のアリスの世界観そのまんまに、ウサギ穴に落っこちたアリスがそこから不思議なおとぎの国に迷い込んでしまうことを比喩しています。

ただ、これを米津さんの過去に照らし合わせて読むとしたら「ふとした時に音楽や美術といったアート(=刹那)に心を奪われて、そのままはまっていってしまった。他の人とは違うことをしているから妄想や理想を追い求めてばかりしてるんじゃないと言われて大変なこともあるけれど、自分の心の純粋な”やりたい”という気持ちは今も心で駆け回っている」というようにも解釈することができます。

この考え方はdioramaの「駄菓子屋商売」の歌詞にも通ずるところがあるので、ぜひ米津さんのアーティストとしての在り方について知りたい方は上記の歌詞解釈記事も読んでみると良いかもしれませんね。

こう考えると、心臓のあたりの少年は「自分の心の声」を表し、それが表面には出ないにしても心の中で駆け巡るという様子は昔の米津さんの心境にとてもマッチしていると考えることができます。

爱丽丝_1番Bメロ歌詞の意味・解釈

姦しまやかしお伽の国で 兎の背中を追いかけていた

どこかの誰かが蓋を開いて  ばら撒いた空騒ぎを見ていた

(出典:爱丽丝作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

おとぎの国で兎の背中をときたらもう、不思議の国のアリスに出てくるこの白兎のキャラクターですよね。調べていて非常に懐かしくなりました。

この兎は米津さんにとっては「夢」の比喩でしょう、追いかけても追いつかない理想のようなもの。

歌詞後半の部分ですが、蓋を開いたのはティーポットの蓋の意味もかけているのでしょうか。「こういう風にしないといけない」という世間の一般論のようなものを誰かが大口を開けて言っているのを横目にアーティストの米津さんは「馬鹿騒ぎをしているな」と斜に構えて見ているような情景が頭に浮かびました。

爱丽丝_1番サビ歌詞の意味・解釈

曖昧な意識で彷徨った 摩訶不思議なアドベンチャー

虚しさを抱えたまんま 愛を使い果たした

何の話をしていたっけ フラついて零したブランデー

全てを明日に任せて踊ろうぜもっと

(出典:爱丽丝作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

摩訶不思議なアドベンチャーはそのまま不思議の国のアリスな感じがしますが、ここの部分はお酒で酩酊している様子も含んでいることが米津さんのTwitterなどから分かります。

バンドの仲間とお酒を飲んでいてブランデーを零したという経験をそのまま歌詞にしたと確か米津さんは言っていました。ブランデーと「〜をしていたっけ」で韻を踏んでいるのでとても耳に残りやすい歌詞ですよね。

2行目の虚しさを抱えて愛を使い果たすという部分の解釈ですが、ここだけかなり歌詞全体でも浮いた箇所となっています。

dioramaの「抄本」などの曲で出てくるように、米津さんは基本的に孤独な自分と世間の間に隔たりを感じているので「愛す」「愛される」という気持ちを常に持っているのものだという解釈が合っているとすると、「自分のアートという行為はアドベンチャーな行動であるので、周りからは”無理だ”と否定されてしまう虚しさがあるものの、それでも自分はそんな世間に対して愛を示すために作品を作り続けている」と歌詞から読み取ることもできるかなと。

踊っていこうというのはLOSERでも使っていた歌詞ですね。阿波踊りが有名な徳島県出身の米津さんだからこそ、「踊る」という行動は自然と出てくるものなのかもしれないですね。

爱丽丝_2番Aメロ歌詞の意味・解釈

真っ逆さまに落っこちた さよなら数多のつまらぬ日々よ

計画もなく息巻いて 飛び込んだメトロの中

こんな日々すら万が一 夢幻ならどうしようか

まあそんならそれで大歓迎 こんにちは元の鞘

(出典:爱丽丝作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

2番の歌詞も不思議の国のアリスをモチーフにされています。

穴に落ちてアドベンチャーな時を過ごす主人公はただただすぎるつまらない毎日に手を振り、無計画に突き進んでいきます。

飛び込んだメトロの中というのは「電車の飛び込み自殺」を連想させますが、多分ここでは解釈の文脈上そういった意味合いにはなりにくいので、単純に電車に飛び込み行動を進めていく様子を表しているのではないかなと推測します。

もし、自分の行っているアドベンチャーなことが夢幻(意味のないもの)なら、それはそれでただゼロに戻るだけだから特にそれはそれで問題ないというスタンスを示しているのも最後の歌詞から読み取れますね。

爱丽丝_2番Bメロ歌詞の意味・解釈

「この街はもう駄目だすぐに逃げろ」と メゴラに跨る魔女が言う

実を言うならばそんなこと知ってんだ とかくわたしは疲れ果てたんだ

(出典:爱丽丝作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

メゴラとは前後2つのタイヤだけを持つ1920年代前半に生産されたバイクですね。こんな感じの。

米津玄師_爱丽丝(アリス)_魔女_メゴラ

1番から何か感じていた違和感があったのですが、これはパラノイア・メトロ・メゴラといった最近の言葉のせいだったのでしょう。魔女はメゴラに跨がるの出なく箒に跨りますからね。

後の方の歌詞ではドローンも出てくるので、おそらくこれは意図して現代の言葉がいくつも散りばめられているのだと理解することができます。

「この街はもうダメだ」と言うのは、もしかしたら「発展しすぎた現代の世界は、ある意味で”不思議の国”だ」と米津さんは比喩しているのかもしれません。

そして、その世界に対して「疲れ果てた」と言っているので、米津さんは行き過ぎたテクノロジーの発展に対して少しネガティブな感情を持っている可能性があることもここの歌詞から解釈することができます。

「灰色と青」などはノスタルジックな曲だったりするので、もしかしたらこの時の米津さんはこうした技術革新でなく、少し古びたものに美学を感じていたのかなぁと思ったり思わなかったり…。

爱丽丝_2番サビ歌詞の意味・解釈

曖昧な意識で彷徨った 摩訶不思議なアドベンチャー

虚しさを抱えたまんま 愛を使い果たした

何の話をしていたっけ フラついて零したブランデー

まだまだまだ今日よ続けと歌おうぜもっと

(出典:爱丽丝作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

前半3行は先ほどの1番サビの歌詞と同じなので、解釈は割愛します。

最後の1行もほとんど意味合いは1番と変わりませんが、「まだまだまだ」と3回続ける言葉の詰め方に米津さんらしさを感じますね。

2回だと変に間延びしてしまうので、ここで3つにしたのはやはりリズムのバランス感覚が良い方なのだなぁとも思いますし、どこかボカロ時代を思い出すような言葉の詰め方だなぁとも感じちゃいます。

爱丽丝_ラストサビ歌詞の意味・解釈

曖昧な意識で彷徨った 摩訶不思議なアドベンチャー

虚しさを抱えたまんま 愛を使い果たした 何の話をしていたっけ

フラついて零したブランデー 全てを明日に任せて踊ろうぜもっと

遠くで何かが燃えていた 真っ黒焦げ星とタイヤ

側には群がる人と 目を見張るドローン

何の話をしていたっけ 染み付いて残ったブランデー

全てを明日に任せて踊ろうぜもっと

(出典:爱丽丝作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

ラストサビの歌詞ですが、途中の2行以外は1番・2番のサビとほぼ全て同じなのでそこは解釈を割愛します。

まず「遠くで星とタイヤが燃えていた」と言う謎の歌詞が突然現れます。

これは先ほどのメゴラのことを指していて、当時メゴラの前輪タイヤに搭載されていた星型エンジンが燃えていることを描写しているのだと思われます。

つまり、「過去を比喩していた魔女とメゴラが燃えた=”古いがゆえのアナログ的な良さ”が無くなってしまった」というように解釈をすることができるのではないかなと。

 

そして後半部分に関しては、その”古さ”が消えゆく姿に群がる人間と、それを俯瞰的に捉えようとしているドローンの様子を描いています

その様子から解釈するに、ドローンは「過去」とは真逆の「最新の現代」を感じさせるメタファーとしてここの歌詞に当てはめられているのではないかなと推測することができますね。

やはり現代のあれこれを不思議の国のアリスに例えながら歌っているという不思議な曲でした。

まとめ| 爱丽丝の歌詞の意味を解釈・考察

爱丽丝の歌詞を解釈してみましたが、いかがだったでしょうか?

現代のワンダーランドを舞台にしつつもそこに自己投影をしたり、その舞台自体を少し婉曲的に嫌悪感を表現してみたりと色々な米津さんの想いが感じられる1曲でしたね。

童話の「不思議の国のアリス」を読み直してから爱丽丝を聞くとまたちょっと違った形で歌詞が聞こえてくるかもしれませんね!

 

↓こちらの歌詞解釈記事もよく読まれています!↓

【米津玄師の本音】アイネクライネの歌詞の意味を解釈・考察

【米津玄師】【徹底解説】Lemonの歌詞・PVの意味を解釈・考察

 

↓米津ファンなら絶対知っておきたい米津さん自身に関する記事も要チェック!↓

米津玄師のプロフィールをファン目線でコアなとこまでまとめてみた

【現在までの過去を完全解説】米津玄師の経歴とそこから見える才能とは

米津玄師のファッションブランドを全部リストにしてみた

 


BOOTLEG (通常盤) [ 米津玄師 ]