【米津玄師/悲しい恋】あたしはゆうれいの歌詞の意味を解釈・考察

2018年6月28日

あたしはゆうれいの曲にまつわる情報

あたしはゆうれいは、米津玄師さんの3rdアルバム「Bremen」の5曲目に収録されているアルバム曲です。

Bremen [通常盤][CD] / 米津玄師

もうタイトルが全部ひらがなっていう時点で非常に可愛いですが、歌詞も米津さんの曲の中で一二を誇るほど可愛いんじゃないでしょうか?

BOOTLEGの全国最速先行試聴会に行ったら『かいじゅうのマーチ』の方も可愛いと思ってしまいましたので、1位はなかなか決めきれませんが。。

あたしはゆうれいのPV

PVに関してですが、この曲はアルバム曲でPVがないので、こちらのYoutubeの歌ってみた動画をあげておきます。

あたしはゆうれいは可愛い曲だからこそ、いつかPVで見てみたい曲ですね。

あたしはゆうれいのギターコード

Uフレットからギターコードを持ってきました!

http://www.ufret.jp/song.php?data=27351

カポを1フレットで弾くとコードが簡単なようですね。アコギであればストロークだけでなくアルペジオでAメロ辺りは弾いてもいいかなと。

サビはやっぱり小気味好くブラッシングすると原曲のような感じで弾けるのでおすすめです。2番のAメロはルート音をミュートで刻むと少し怪しめな感じになって、個人的には好きなプレイスタイルです。

こちらの弾き語り動画もすごく参考になるので、ぜひチェックしてみてください!

あたしはゆうれいのインタビュー記事

インタビューに関しては「Bremen」のインタビューの中でちらほら「あたしはゆうれい」について書いている部分があったので、まとめてURLを貼っておきます。

・リアルサウンド

http://realsound.jp/2015/10/post-4852.html

・歌ネット

https://www.uta-net.com/user/interview/1510_kenshi_yonezu/index.html

あたしはゆうれいの歌詞の意味を解釈・考察

あたしはゆうれいは、「片想いの恋愛の歌」であると思われます。

米津さん自身がTwitterで「恋愛でダメなことと死はある意味で似ているかもしれない。脈がないって言うしね。」といった旨の発言をしていたので、おそらく間違いないでしょう。

では、それを理解した上で細かく歌詞の解釈をしていきたいと思います。

あたしはゆうれい_1番Aメロ前半歌詞の意味・解釈

真っ赤な林檎に小さなランプ 灯りが射し込んだソファの上で

あなたはいつものように眠って あたしは鏡の中でひたすら

悪夢が遠のくように祈った

(出典: あたしはゆうれい 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

あなたはゆうれい、歌詞のいたるところに果物が出てきます。『こころにくだもの』『Lemon』のように最近の米津さんは果物をモチーフに曲を作ることが多いような気が…。

特にここでのりんごは「白雪姫のりんご」をオマージュしているのではないかなと筆者は考えます。なぜなら続く歌詞が「ソファの上で眠って」と続くことと、この曲自体が非常にファンシーなので、そう言った解釈もあり得るなと思ったのが理由です。

そして、悪夢はおそらく「失恋」のことを指しているのでしょう。

この曲が恋愛の歌であることはもう少し後になると具体的に分かってきます。

あたしはゆうれい_1番Aメロ後半歌詞の意味・解釈

あなたの瞳はいつだって綺麗で 心の奥まで見透かすようだ

その水晶体が映す世界で あたしはどうにか生きてみたくて

ひたすら心に檸檬を抱いた

(出典: あたしはゆうれい 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

相手の瞳の描写から、「その瞳が映る世界に生きたい=あなたの近くにいたい」という主人公の気持ちを描きます。水晶体が映す世界という表現がまた綺麗でたまらないですよね。

「心に檸檬を抱く」は、あたしが生きる=相手に対して脈アリになる、と解釈をすると檸檬は「甘酸っぱい思いの比喩」としての歌詞と意味づけることができます。

もしここまで考えているとしたら、やはり米津さんの作詞能力はとてつもないですね。。

あたしはゆうれい_1番サビ歌詞の意味・解釈

あたしはゆうれい あなたにみえない ひとひらの想いも 伝わらない

それでも愛を あたしの名前を 教えてほしいの その口から

ひゅるる

(出典: あたしはゆうれい 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

主人公は相手に恋を馳せるけれど相手は全く主人公を意識していないという様子を「あたしはゆうれいだから、あなたは私の心や姿が見えない」と表現しています。

それでも名前を呼ばれたい、好きと言われたいという思いが口に出てしまっているのがなんとも可愛らしいですよね。

「ひゅるる」っていう歌詞も非常にキュートです。

あたしはゆうれい_2番Aメロ前半歌詞の意味・解釈

お船のメロンにナイフとフォーク 綺麗に並んだテーブルの上で

あなたは美味しそうにそいつを食べた あたしは鏡の中でひたすら

あなたが生きてる姿を見ていた

(出典: あたしはゆうれい 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

お次はメロンです。

「鏡の中であなたが生きてる姿を見ていた」、これは1番の続きで考えると夢の中で好きな相手が生活をしている普通の姿を見ている様子、とりわけ日常生活の中でメロンを食べている姿を描写している歌詞だと解釈できます。

メロンも何かの比喩表現かと思い色々と考えてはみましたが、どうも特に当てはまるものがないので、ここではそのまま素直に歌詞を受け取ることにしました。

もし「このメロンはこういうことを比喩してます!」とお分かりの方がいれば、コメントをくださいませ…!

あたしはゆうれい_2番Aメロ後半歌詞の意味・解釈

あたしの体は半透明で 見透かすものなど何にもないや

それでもやっぱり涙がでるの おねがいよあなたのその一言で

あたしの体に血を巡らせて

(出典: あたしはゆうれい 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

ここでの歌詞は「血を巡らせて」は冒頭で書いた通り、米津さんの「脈なし」という言葉がヒントになります。

つまり、「血が巡っていない=半透明」だったのが「血が巡る=脈あり(生きている状態)」」になりたいという主人公の心の声を表現しているわけです。もちろん、「あなたのその一言」は「好きだよ」という言葉でしょう。

あたしはゆうれい_2番サビ歌詞の意味・解釈

あたしはゆうれい あなたはしらない 涙の理由も その色さえも

それでもきっと 変わらずにずっと あなたが好きよ 馬鹿みたいね

ひゅるる

(出典: あたしはゆうれい 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

「ゆうれいである私の姿も気持ちもあなたは見えない、それでも変わらずにあなたのことが好きなんだ」と歌っています。

泣いている理由はおろか、その涙すらあなたには見ていないのねという歌詞は、どこか平安貴族の和歌を彷彿とさせるのは筆者だけでしょうか…。

しかし米津さん、この歌詞を男が書いていると思うとこの人の頭の中は一体どういう中身になっているんだと本当に不思議になります…。

※間奏とラストサビはメロディだけなのと1番2番のサビの繰り返しなので、歌詞解釈は割愛します。

まとめ|あたしはゆうれいの歌詞の意味を解釈・考察

あたしはゆうれいの歌詞解釈をしてみましたが、いかがだったでしょうか?

相手から意識されていない自分をゆうれいに例えつつ、相手への一途な片想いを表すとても可愛い楽曲でしたね。

ひゅるるという音や果物が散りばめられた歌詞が、よりメルヘンさを演出していて、誰でも聴きやすい曲になっているなぁと改めて感じた曲でした。

 

↓こちらの記事も人気です!↓

【米津玄師】Neon Signの歌詞の意味を解釈・考察

【米津玄師】ウィルオウィスプの歌詞の意味を解釈・考察

 

↓米津ファンなら絶対知っておきたい米津さん自身に関する記事も要チェック!↓

【徹底分析】米津玄師の音域の幅とカラオケで歌いやすい曲

米津玄師のプロフィールをファン目線でコアなとこまでまとめてみた

 


Bremen [通常盤][CD] / 米津玄師