【ハチP】バウムクーヘンの歌詞の意味を解釈・考察

2018年6月27日

バウムクーヘンの曲にまつわる情報

この曲はハチPの1stアルバム「花束と水葬」に収録されている楽曲で、このアルバムで唯一と言っていいほど平和な楽曲となっています。


花束と水葬 [ ハチ ]

Persona Aliceとか嘘みたいに思えてくるくらい可愛い楽曲ですね(笑)

曲名的に米津玄師名義の「ドーナツホール」を連想する方もいるかと思いますが、こちらの曲もこのバウムクーヘンと同じように心に穴が空いたことの比喩としてタイトルをつけられているので、米津さんはこういう”心の穴”について今も昔も考えているのかなと思われます。

PVはないのですが、YouTubeにこちらの原曲が聞ける動画がアップされていったので、まだ聞いたことのない方はぜひこちらからチェックしてみてくださいね!

バウムクーヘンの歌詞の意味を解釈・考察

バウムクーヘンの歌詞はウサギが主人公なのですが、本当にこのうさぎの構ってちゃんな歌詞がファンシーなメロディーに乗った楽曲となっていてとにかく可愛いです。

それでは早速歌詞を解釈していきましょう!

バウムクーヘン_1番Aメロ歌詞の意味・解釈

空の缶詰 ビー玉が二つ

転がる緑と青

ラリリラ リルルラ

「おはようロップイヤー、変わりはないかい?」

貴方は口笛吹いて

フィルリルラ フィルリルラ

(出典:バウムクーヘン 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

ロップイヤーはうさぎの種類のことなので、この曲はうさぎ目線であることがわかります。

そう考えると最初のビー玉もうさぎの遊び道具ということでしょうか?

飼い主の貴方は口笛を吹いて気楽な様子ですね。フィルリルラはこの口笛の音だと思われます。

ここでは登場人物だけが把握できる程度の歌詞しかまだ出てこないので、さらに見ていきましょう!

バウムクーヘン_1番サビ歌詞の意味・解釈

ぽっかり空いた穴をどうか

貴方の声で満たしてよ

赤い靴が縺れたのは

貴方のせいにしてしまえ

(出典:バウムクーヘン 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

バウムクーヘンは穴の空いたお菓子ですよね。

なので、ここではこのうさぎ側が飼い主に「もっと構ってほしい」と言っているというように解釈することができます。

構って欲しくて飼い主の赤い靴にいたずらをしているうさぎですが、飼い主が知らない間に自分でこの靴に傷をつけてしまったと思い込めばいいとも思っているようです。

すごい連れない好きな彼氏を持った彼女みたいなうさぎですね(笑)

ちなみに「縺れた」という漢字は「もつれた」と読みます。

バウムクーヘン_2番Aメロ歌詞の意味・解釈

ビー玉が二つ 貴方に一つ

変な顔して喜んで

ラリリラ リルルラ

「一緒に行こうよ、きっと楽しいぜ!

春の匂いを追いかけ回すんだ!」

無邪気な貴方 気付いていないの?

私の心に空いた穴

(出典:バウムクーヘン 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

うさぎが先ほどのビー玉を1つ飼い主に渡して一緒に遊ぼうと声をかけているようです。

飼い主は「どういうことだろう?」と変な顔をしているものの、うさぎが可愛いので喜んでいるようです。

うさぎが遊びに誘うものの飼い主は全くその意図に気付いておらず、うさぎはまた寂しさから「心に穴が空いた」とバウムクーヘンを想起させる歌詞を口にします。

バウムクーヘン_2番サビ歌詞の意味・解釈

しっとり円く 焼けたケーキ

覗いてみれば 晴れた空

赤い靴に気づかないな

ぐるぐる回る 頭の中

(出典:バウムクーヘン 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

このケーキは言わずもがなバウムクーヘンのことですね。

自分の寂しい心の穴から見れば外の晴れた空が見えるので、やっぱり遊びに出かけたいなぁとでも思っているのでしょうか。

飼い主の方は先ほどいたずらした赤い靴にもまだ気付いていないようで、いたたまれなくなったうさぎは「どうしたものか」と悩んでいるようですね。

バウムクーヘン_大サビ歌詞の意味・解釈

泣きたくなるな 円いケーキ

覗いてみれば 貴方の顔

私の気持ち 気付かないな

ぐるぐる回る 頭の中

(出典:バウムクーヘン 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

※大サビ前半は1番サビと歌詞が同じなので割愛します。

心のバウムクーヘンから覗いて見れば飼い主の顔が見え、うさぎの「外で一緒に遊びたい」という気持ちに全く気付かないことにうさぎは残念がっています。

そして、そんな悲しい気持ちを「泣きたくなるな」という歌詞で表しているようですね。

このうさぎの気持ちになると一緒に遊んであげたくなりますね…。

まとめ_バウムクーヘンの歌詞の意味を解釈・考察

バウムクーヘンの歌詞を解釈してみましたが、いかがだったでしょうか?

非常にシンプルな歌詞だったので解釈がスムーズにできましたが、本当になんでこの曲が「花束と水葬」に入っているのかが気になりますね。。

エシラからアリスに対して「構ってよ!」という気持ちを表しているようにも見えなくはないですが、ちょっと無理があるような気もしているので、今回はその解釈は一旦置いておきます。

この辺のことをもし分かる方がいたら、ぜひコメントくださいませ!

 

↓こちらの記事も読まれています!↓

【ハチP】【超恐怖】雨降る街にて風船は悪魔と踊るの歌詞の意味を解釈・考察

【米津玄師が込めた真の意味とは】アイネクライネの歌詞の意味を解釈・考察

 

↓米津ファンなら絶対知っておきたい米津さん自身に関する記事も要チェック!↓

【現在までの過去を完全解説】米津玄師の経歴とそこから見える才能とは

【これで完璧!】米津玄師の髪型・セット・おすすめワックス大全

【男でも声が出るのはこの曲!】米津玄師の音域の幅とカラオケで歌いやすい曲

 


花束と水葬 [ ハチ ]