【米津玄師】Blue Jasminの歌詞の意味を解釈・考察

2018年6月28日

Bremenの最後を飾る「Blue Jasmin」。

「様々な想いを歌ってきた楽曲群の一番最後になぜこの楽曲が位置付けられているのか?その歌詞の中身が何を指しているのか?」について、意外と知られていません。

そこで今回は、この楽曲の歌詞の意味を徹底的に解釈して、なぜアルバムの1番最後に収められているのかのその理由まで解剖していきます!

 

Blue Jasminの曲にまつわる情報

Blue Jasminは、米津玄師さんの3rdアルバム「Bremen」の14曲目に収録されている曲で、アルバムのラストを飾る曲となっています。


Bremen [通常盤][CD] / 米津玄師

歌詞を見ていて気づきかと思いますが、とても多幸感のあるミドルチューンとなっています。

これは後ほど出てくるインタビュー記事の中でも語られていて「Bremenの中の“ホープランド”という曲でいきなり終わるのでなく、Bremenを聴き終わってから日常の普段の生活全ても愛せるようにという意味合いで作られた曲とのこと。

歌詞を細かく見れば分かるのですが、どこか少し「ミラージュソング」にも似た日常的世界観が描かれている気もしますね。

Blue JasminのPV

この曲はアルバム曲でPVはないのですが、Youtubeに歌ってみた動画がありましたので、こちらをアップしておきますね。

アコギでのカバーがとてもよく似合う曲ですよね〜。

Blue Jasminのギターコード

ギターコードに関して、こちらのUフレットのコード表を持ってきました!

カポを1フレットにつけて弾くのが楽なようですね。

http://www.ufret.jp/song.php?data=27526

 

コードについてですが、C,D,G,Em,B7といったコード進行が基本にあります。

別アーティストですが、[Alexandros]の「starrrrrrr」という楽曲のコード進行がかなり似たような動きになっているので興味のある方はチェックしてみてください。

D#dimは少し特殊なコードですが、これがあるのとないのとではニュアンスがガラッと変わってくるので、マストで押さえておきたいコードです!

弾き語りに際して、こちらのだっちさんの弾き語り動画がかなり参考になるので練習のお供にぜひどうぞ!

 

Blue Jasminのインタビュー記事

インタビュー記事ですが、この曲は上記のこともあり、Bremenのインタビューの中でもたびたび取り上げられている曲となっています。

・ナタリーミュージック

https://natalie.mu/music/pp/yonezukenshi07/page/2

・歌ネット

https://www.uta-net.com/user/interview/1510_kenshi_yonezu/index.html

Blue Jasminの歌詞の意味を解釈・考察

Blue Jasminは、恐らく男女のカップルの何でもない日常を描きながら、そこに流れるなんでもない幸せを描いている曲です。

歌詞も2ndアルバム「YANKEE」の頃までの米津さんとは違い、とてもシンプルで分かりやすい歌詞となっているので、その点も注目して歌詞をチェックしてみてください。

Blue Jasmin_1番Aメロ歌詞の意味・解釈

あなたの思い出話を聞く度 強く感じているんだよ

僕はその過去一つ残らず 全てと生きていると

差し出したジャスミンのお茶でさえ 泣き出しそうな顔をして

戸惑いながら口を付けた あなたを知っているよ

(出典: Blue Jasmin 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

歌詞の前半部分に関して、目の前の大切な「あなた」の思い出話を聞いている主人公がそれを聞きながら「今までの過去を経験した結果としての”現在のあなた”と一緒にいる」ということを噛みしめている情景描写となっています。

ここは言い換えれば、「今のあなたは、過去のあなた全てを堆積させて出来上がったものである」という言い方になりますかね?

後半、「あなた」はジャスミンのお茶を泣き出しそうな顔で飲んでいるようですが、これは前半部分の流れを受けて、昔の思い出話をしている最中に思い出して悲しくなってしまったのだろうなと推測します。

この一連の流れを全て解釈すると、目の前の相手のどんな過去も受け入れて一緒に生きていこうとする主人公の姿勢が読み取れるような気がしますね。

Blue Jasmin_1番Bメロ歌詞の意味・解釈

沢山の道を選べるほど 上手には生きられなかったけど

心も体も覚えている あなたとなら生きていられる

(出典: Blue Jasmin 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

主人公側も「あなた」と同じように自分に対してどこかネガティブな気持ちを持っているようです。

周りと比べては自分の不器用さに辟易として、もっと器用に生きていければと思ってはいるけれども、それでも目の前の大切なあなたがいるから大変でも生きていけるという心情描写をした歌詞ですね。

さて、「道」は何の道を選ぼうとしたのか?

これは後半のBメロにまた出てきますので、そちらをお楽しみにしていくださいね。

Blue Jasmin_1番サビ歌詞の意味・解釈

これから僕らはどこへ行こう? ねえダーリン何処だろうときっと

となりにあなたがいるなら それだけで特別なんだ

キスをして笑い合って 悪戯みたいに生きていこう

全て失くしてもなくならないものを見つけたんだ

(出典: Blue Jasmin 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

他の全てを失くしてもなくならない「あなた」という存在が側にいるこの状態で、ここから何処へ行こう?何をしよう?と主人公が前向きに人生を楽しもうとしている様子が伺えます。

サビの歌詞の中だと、「悪戯みたいに生きていこう」という歌詞が目を引きますね。

そもそも悪戯とは「何も得がないけれど、相手にちょっかいを出すこと」を指します。

現実的に考えればそんな不利益的なことでもそれでもただ2人でいるのが楽しいから、たとえ意味のないようなことでも一緒にやって生きていこうとここでは伝えているのではと思います。

そう考えるとすごく素敵な歌詞ですよね…。

Blue Jasmin_2番Aメロ歌詞の意味・解釈

昼間の星みたいに隠れて 今は見えないとしても

幸せなんてのはどこにでも 転がり落ちていた

眠るあなたの瞼の上 流れる睫毛を見ている

僕は気づく これからの日々が幸せだってこと

(出典: Blue Jasmin 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

前半はそのままの歌詞通りに分かりやすく理解することができ、小さな幸せは普段目に見えないけれど確かに存在し続けていることをここでは表しています。

後半の歌詞を見ると、幸せはどこにでも実は感じられるもので、とりわけ好きな人が隣で眠っている様子なんかを見てはなんでもないような日々が愛おしくなるということを伝える歌詞になっていいます。

「昼間の星のように隠れる」「流れる睫毛」という表現がとても綺麗でありつつも、非常にシンプルでわかりやすいですよね。

Blue Jasmin_2番Bメロ歌詞の意味・解釈

誰とでも仲良く出来るほど まともには心開けなくて

でもあなたなら話せることを あなたの為に用意していた

(出典: Blue Jasmin 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

1番Bメロでは不器用に生きてきた自分のことを歌っていましたが、1番に出てきた「たくさんの道」という歌詞が「どんな人とも仲良くする」という人間関係を表すことがここの歌詞で分かりました。

他の人には自分の心を開くことができないけれど、あなたであれば話せることがあり、わざわざそれを用意していたと書いてあります。

すごく内気だけどとても純朴な主人公と、それを受け入れるパートナーの絵を想像するだけでどこか心がほっこりしていきますね。

Blue Jasmin_2番サビ歌詞の意味・解釈

寂しくってしかたがなくなって それさえ隠せなくなって

あなたの声が聞きたかった あの夜をまだ覚えているんだ

これからも同じ夜を いくつも繰り返すんだろう

その度に僕は確かめる 君を愛してると

(出典: Blue Jasmin 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

あなたに会えず寂しくなって相手の声が聞きたくなった夜のことを話しています。

誰しも一度や二度は学生の頃とかに相手の人と会いたくて仕方がないという気持ちになったことがあるので、この主人公の気持ちはちゃんと分かるんじゃないかなと思いますが、この主人公は他の人にはなかなか自分の心を開けない人物のようなので、その寂しい気持ちはより強いものだと思われます。

そうすると、少し大げさに寂しがっているように感じられるこの歌詞も納得しますし、人とのコミュニケーションがうまくいかない様子がまさに米津さんの過去そのものをイメージさせるようなものになっていることにも気づいていきます。

 

Blue Jasmin_Cメロ歌詞の意味・解釈

差し出したお茶を美味しそうに飲む 君のその笑顔が

明日も明後日もそのまた先も 変わらなければいい

(出典: Blue Jasmin 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

最初のAメロに出てきた相手は泣き出しそうな顔でしたので、その反対の笑顔でお茶を飲む姿を主人公は見続けたいと言っています。

この姿を見るだけで幸せを感じられるというのは、何億というお金があるわけでもなんでもない状態でも感じられる「本当の幸せ」なのだろうなと感じます。

本当の幸せはお金では買えないという言葉がまさにこの歌詞に当てはまりますよね。

Blue Jasmin_ラストサビ歌詞の意味・解釈

これから僕らはどこへ行こう? ねえダーリン何処だろうときっと

となりにあなたがいるなら それだけで特別なんだ

キスをして笑い合って 悪戯みたいに生きていこう

全て失くしてもなくならないものを見つけたんだ

いつでも僕は確かめる 君を愛してると

(出典: Blue Jasmin 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

ラストサビは1番サビとほぼ同じなので、ほぼ割愛してしまいます。

最後の1行だけは今回初めて出てきましたが、あくまでこの曲で言いたいこと・歌っていることをそのままシンプルに言葉にしただけですね。

相手のことが大好きでたまらなく、日頃の何気ないシーンからいつでも自分は相手のことを愛しているということを感じているという意味の一文が最後に顔を覗かせています。

まとめ|Blue Jasminの歌詞の意味を解釈・考察

Blue Jasminの歌詞解釈をしていきましたが、いかがだったでしょうか?

とても日常的な歌詞で、1stアルバムの「diorama」の時のような尖った部分はほとんどない歌詞でした。(viviの歌詞解釈の半分くらいの時間でこの記事を書けました。。)

ちなみにジャスミンの花言葉は「愛らしさ」だそうです。

ここの意味合いまで考えて米津さんは歌詞を考えていたのでしょうね。

 

↓こちらの記事も読まれています!↓

【米津玄師】ホープランドの歌詞の意味を解釈・考察

【米津玄師】アンビリーバーズの歌詞の意味を解釈・考察

 

↓米津ファンなら絶対知っておきたい米津さん自身に関する記事も要チェック!↓

【現在までの過去を完全解説】米津玄師の経歴とそこから見える才能とは

米津玄師が「長い前髪で前が見えないのはなぜか?」を考察する

 


Bremen [通常盤][CD] / 米津玄師