【米津玄師】caribouの歌詞の意味を解釈・考察

2018年6月28日

caribouの曲にまつわる情報

caribouは、米津玄師さんの1stアルバム「diorama」に収録されている楽曲で、dioramaの中でも個人的には一番dioramaっぽい曲じゃないかな?と思っています。

中毒性のあるメロディに耳に残るようなワードチョイス、メロディに対する歌詞の当て方などが非常に初期の米津さんっぽい感じがしてなりません。歌詞もかなり難解な言葉多いですしね。


diorama [ 米津玄師 ]

caribouのPV

PVはないのですがYouTubeにcaribouの歌ってみた動画があったので、こちらをアップします。

うーん、聞ける範囲ではありますがやはり米津さんのオリジナルに比べると音が薄いですね。。。

caribouのギターコード

caribouのギターコードはこちら!コード自体は複雑なものはないのでいいのですが、Aメロは裏拍でリズムをとるようにズッチャズッチャとコードを刻んでいくと良いでしょう。

ただ、歌の方が結構言葉数が多くて歌いながら弾くのが大変なので、練習は必要ですね。

初心者の人は最初は大変かもしれませんが、頑張ってチャレンジしてみてください!

https://ja.chordwiki.org/wiki/caribou

caribouのインタビュー記事

インタビュー記事はこちら!

ナタリーさんの方の記事でも書いてありますが、caribouの絵本の世界観とdioramaの楽曲の世界観はやはり繋がっていると米津さん本人が発言していますね。

・ナタリーミュージック

https://natalie.mu/music/pp/yonezukenshi/page/2

・TOWER RECORDS ONLINE

http://tower.jp/article/interview/2012/05/05/TOWER342-2

米津さん直筆_caribouの絵本の解釈

caribouは鹿のこと。米津さんはこのカリブーの角をモチーフにこちらのリンク先にあるcaribouの元となるような絵本「幸せな毎日」をREISSUE RECORDSのホームページから公開しています。

caribou_米津玄師_幸せな毎日

(原作:米津玄師 出典:http://reissuerecords.net/gallery/)

 

この絵本、非常に現代の社会人に向けた風刺画的意味合いを持つ物語となっていて非常に深いです。

物語としては、非常にビジネスに忙しいカリブーが忙しさに追われて自分を見失いそうになっているところからスタートします。

そんなカリブーを見て、当時の彼女となるカリブーは「あなたの良いところは相手の気持ちのわかる優しいところ。だからたとえ会社を辞めてもずっと一緒にいるわ。」と寄り添います。

caribou_米津玄師_幸せな毎日②

(原作:米津玄師 出典:http://reissuerecords.net/gallery/)

ただ、ある日、大慌てで走っている時に大事な書類を道に散らばらせて落としてしまいます。

そんな様子を通りすがりのニワトリが見て、近づいていきてこう言います。

「不幸に感じているのも不幸を作り出しているのも自分自身であり、その角が不幸を感じているんだ。だから、それをとってしまえば楽になるよ。」

caribou_米津玄師_幸せな毎日③

(原作:米津玄師 出典:http://reissuerecords.net/gallery/)

角をもぎ取ったカリブーはそこから一気に明るくなります。仕事に追われることもなく、睡眠時間も増えます。

しかし、いつものように彼女とレストランでデートをしていると彼女から「あなたは昔のように人の悲しい気持ち・辛い気持ちが分からなくなってしまった、別れましょう」と伝えられます。

しばしの間、なんでこうなってしまったのかと想いを馳せますが、最後に思ったのは「ま、いっか。」というあっけらかんとした顔と言葉だった、というラストで物語は締めくくられます。

caribou_米津玄師_幸せな毎日④

(原作:米津玄師 出典:http://reissuerecords.net/gallery/)

全てポジティブに捉えて自分本位で生きていると相手の気持ちを慮ることができなくなってしまうので、必ずしもポジティブなことが絶対に良いということではないということを米津さんはこの絵本で読者に伝えています。

これ、20歳くらいで書ける内容じゃないですよね?

社会に出て何年か経たないと感じないような「本質」をこの若さで理解して表現できるあたり米津玄師が鬼才たる所以なのでしょう。

caribouの歌詞の意味を解釈・考察

先ほど紹介した絵本の内容を踏まえた上でcaribouを捉えると、かなり深い考察をすることができます。

caribouの歌詞は非常に難しいのですが、絵本のカリブーが感じた「弱いけど相手の気持ちが分かる自分」「強いけど相手の気持ちがわからない自分」の違いを理解しながら歌詞を見てみると理解は早いかと思われます!

caribou_1番Aメロ前半歌詞の意味・解釈

ねぇ、あなたの言うことは 思慮深すぎて惚れ惚れとするわ

教えてよその言葉 その哲学の帰る場所について

脆弱だ脆弱だ脆弱だ そうやってなんだって

情操と節操がないな いつだって言ってるじゃない

素敵な言葉 また唱えて見せて!

(出典: Caribou 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

自分と相手の対話の中での自分の頭の中が歌詞になっているようです。

あなたの言っていることはとても論理的かつ小難しいことで大層立派だけど、その言葉や思想は結局どこに行き着くの?という皮肉が歌詞の前半で歌われています。

おそらく、相手の言っていることが表面的には大層立派な論理や言葉のようではあるけれども、それを本質的に理解しないでとってつけたような説明に聞こえ、主人公は皮肉交じりにそれを指摘しているんでしょうね。

続く、情操と節操という歌詞ですが、「情操」とは道徳や芸術など形はないけれど概念として理解できるもののことを指し、「節操」は行動の基準やその基準を貫こうとする様を指します。

どっちも「操」という文字で押韻されている言葉ではありますが、意味合いとしても前半の歌詞を受けて「あなたは大層なことを言うけれど、その言葉の本質やその思想を行動に移すには至っていないですよね?」という相手へのさらなる追い打ちをかける言葉だというように解釈することができます。

なので、あなたに対して「脆弱だ」という言葉を投げかけるのも非常に納得がいきますよね。あなたは分かった気になっているだけで実は深い部分で理解をすることができていないという意味合いでしょう。

米津さん、さらに皮肉なことに、それだけ相手のことをダメ出ししておいて「また素敵な言葉唱えてみせて!」と煽っています(笑)

caribou、米津さんの世の中に対する怒りがかなり見える歌詞だとAメロ時点ですでに考察できますね。。

caribou_1番Aメロ後半歌詞の意味・解釈

そうやってまた吐き散らしてさ 堂々巡りもやめにしよう

言葉を杭に打ち付けて 見せびらかすのは悪い趣味だ

傲慢だ傲慢だ傲慢だ そうやってなんだって

証明と諭法がないな

ああ、つまり君はもう少し 必要なことを知るべきなのさ

(出典: Caribou 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

Aメロの後半歌詞も前半と同じ流れを汲んでいます。

米津さん、他の人が言っていたような言葉を見せびらかしてできる人ぶってるんじゃないと批判していますね。さらにはそのあなたの様子を傲慢だと言って、「発言内容を証明もできないし証明するための論法すらも持ち得ていない」と言い切り、「知るべきことを知って出直してこい」という締めをしています。

どれだけ分かったつもりをする人が周りにいたのでしょうか…。ここまで痛烈に批判をする一種の子供っぽさに初期の若い米津さんらしさを感じますね。

caribou_1番Aサビ歌詞の意味・解釈

大変だ大変だ険悪だ 甲乙言葉の銃を撃つ

両方が両方を見下すもんだから

二人はいよいよ宙に浮く

言葉の弾丸が落ちていく

ラララ

(出典: Caribou 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

甲と乙は、主人公とあなたのことでしょう。

先ほどの言い合いを「言葉の銃を打つ」というとても含蓄ある比喩で表現しています。それをさらに噛み砕いた歌詞が「両方が両方を見下す」という歌詞に続いていき、価値観の押し付けに対する米津さんの反発を感じることができます。

最後は「お互いが認め合えないから話合いにすらならない」という意味合いでしょうか、2人は宙に浮き弾丸が落ちるという情景描写で締められています。

米津さんのcaribouの歌詞、二人のやりとりが物語調に頭の中でとてもクリアにイメージできるような歌詞で個人的にめっちゃ好きです。

caribou_2番Aメロ前半歌詞の意味・解釈

ねえ、それじゃあなたには 言わずにおいた事教えてあげるわ

その子供みたいな角、もう情けが無いったら仕方ないのよ

貧弱だ貧弱だ貧弱だ そうやってなんだって

情操と節操がないな

笑えてくる!どうしようもないのね

アルコールにでも 漬けてみたらどう?

(出典: Caribou 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

絵本のカリブー同士の対話が想像できますね、相手の角のことを叩いています。もしこの角のことを悪く言うのであれば、主人公はもしかしたら「絵本のニワトリ」なのかもしれません。

とすると、米津さんは自分をカリブーに重ね合わせて、そんな自分のことを叱咤しているのかもしれないと解釈することができます。様々なインタビューを読んでいくと、米津さんは自分の弱さについてずっと感じながらそれをどうにかしようと苦しんでいる時期がありましたので、おそらくその時期にcaribouが作られたのだろうと推測できます。

(ただ、絵本だとその自分を肯定しているように捉えもできるのですが…)

最後の歌詞は、角をもぎ取ってアルコールに漬けてとりあえず保存しておけば?という表現を遠回しに言っています。発想がエグいですね。。

caribou_2番Aメロ後半歌詞の意味・解釈

ああ、都合が悪くなるなら 直ぐに話し逸らすのだから

劣悪な頭の中にこびり付く苔 どうにかしなよ

強情だ強情だ強情だ そうやってなんだって

証明と論法がないな

くだらないな、自分のことだけ処理しきれたなら

それでいいんだろう?

(出典: Caribou 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

都合が悪くなると関係のない話をして逃げようとする、そんな相手の思考回路を「劣悪な頭にこびりつく苔」というとてつもなく文学的だけど強い言葉で批判しています。

何をどうしたらそんな歌詞が出てくるのか不思議でなりません…。

「強情だ〜論法がないな」の部分は1番の歌詞と同じですね。

最後の「自分のことだけ処理しきれたなら〜」は、結局自分のことしか考えていない利己主義な態度を突ついていますね。米津さんの怒りが強く感じられて個人的にはツボです。

caribou_2番サビ歌詞の意味・解釈

打算だ打算だ険悪だ

甲乙齟齬するアドバルーン

要因の相乗で重みに耐えきれず

二人はいよいよ落ちていく

言葉の弾丸が宙に浮く

ラララ

(出典: Caribou 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

自分と相手をまたまた甲乙にたとえて齟齬が生じている様子を歌詞にしています。diorama時代の米津さんは「アドバルーン」という言葉にはまっているようで、同じくdioramaに収録されている「ディスコバルーン」でもこの言葉は使われています。

おそらく1番の歌詞を作った後にサビ最後の「浮く」「落ちる」の表現を逆にするためにアドバルーンを登場させたかったのではないのかなと推測できますね。「要因の相乗」は相手へのイライラポイントのかけ算のことでしょう、相乗的にどんどん怒りが沸き立っている様子が伺えます。

そして、歌詞の最後は、先ほど説明したように二人が落ちて弾丸が浮いている描写で締めくくられています。

caribou _Cメロ歌詞の意味・解釈

ああ、カリブー!

どこへ行く?どこにある?

そこから何が見える?

見えるのはお互いの 醜いまでの銃口だけ

ああ、カリブー!

お化けは言う 「メメント・モリ」

楔外して歩きだせ

そんな口論 馬鹿みたい

不思議な銃痕が残っていく

(出典: Caribou 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

ここで出てくるのはviviのCメロに出てきた「宙に浮いたカリブー」のことでしょう。そこから何が見えるとあるので、遠くにいるカリブーをイメージするとしたらこのviviのカリブーが一番しっくりきます。

そして、宙に浮いたカリブーから見えるのは、主人公とあなたが言い合いをしている様子。その二人の罵り合いの言葉が生まれる「口」を「銃口」と表現しているのがCメロ前半です。

次に出てくるメメント・モリですが、これは「その一瞬に生きる」という中世ヨーロッパの生き方の思想のことです。この思想の出どころとしては、中世ヨーロッパ時代に街中に死体が転がっていたり、糞尿もうまく綺麗に処理できていなかったことから疫病が蔓延し、寿命が著しく短かった背景から「将来のことを考えずに、今この瞬間を懸命に生きよう」という言葉として生まれたようです。

なので、このお化けは「どうせみんな死ぬのだから、今この瞬間にかけてみたらどうだ」と言ってきて、将来のことを不安視して安全策ばかりを取るような考え方を「楔」と比喩して、それを外して好きなように生きろとリスナーに伝えていきます。

「あたしはゆうれい」のお化けとは全然違いますね…笑

だからこそ、「みんな死ぬのだから、こんな口論すら馬鹿みたいだ」と最後は言葉を結び、銃弾の傷はどちらかを傷つけるのではなく不思議な形として残っていったと米津さんは表現しているのでしょうね。

Cメロを総合して考えると、もしかしたらこの曲は、米津さんのようなクリエイターの「普通の人とは違ったキャリア」を頭ごなしに批判する一般的な「安定志向のキャリア」を絶対正義とするような世間の人との意見のぶつかり合いを表した曲なのかもしれません。

そう捉えると、世の中の人が考えもせずに口を揃えて言う「安定的に生きろ」という言葉が米津さんには「その言葉の本質もわかっていないくせに使わないでくれますか?」という反論を生んでいるような図にも解釈することができますね。

caribou_アウトロ歌詞の意味・解釈

ねぇ、あなたの言うことは

思慮深すぎて惚れ惚れとするわ

そうやってまた同じことをばかり

堂々巡りもうんざりだね

(出典: Caribou 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

この曲でずっと批判されたようなことを何度も繰り返すことに対する批判は、相手に対してもそうだし、どんな時代・どんな場所にもcaribouの歌詞に出てくるような人はいるので、きっとそういった広い意味合いでも「うんざり」と言っているのではないでしょうか?

まとめ| caribouの歌詞の意味を解釈・考察

caribouの歌詞を解釈してみましたが、いかがだったでしょうか?

この曲は絵本の解釈もあるのでなかなか読み応えのあるボリュームになってしまったのですが、最後まで読んでもらえれば嬉しい限りです。

初期衝動に溢れる米津さんを感じられるcaribou、ぜひじっくり歌詞を皆さんも考察してみてください!

 

↓こちらの歌詞解釈記事も人気です!↓

【米津玄師の想いが隠された】ゴーゴー幽霊船の歌詞の意味を解釈・考察

【米津玄師の世間への反逆】駄菓子屋商売の歌詞の意味を解釈・考察

 

↓米津ファンなら絶対知っておきたい米津さん自身に関する記事も要チェック!↓

米津玄師のプロフィールをファン目線でコアなとこまでまとめてみた

米津玄師のファッションブランドを全部リストにしてみた

米津玄師の病気「高機能性自閉症」と「うつ病」の症状をガッツリまとめてみた

 


diorama [ 米津玄師 ]