【ハチP】Christmas Morgueの歌詞の意味を解釈・考察

2018年6月28日

Christmas Morgueの曲にまつわる情報

Christmas Morgueは、ハチP(米津玄師)さんの楽曲で、どのアルバムにも収録されていない楽曲となります…!

タイトルからしてクリスマス楽曲なのは分かりますが、Morgueという英単語の意味が「遺体安置所」という意味なので、色々と意味が深そうです。。

(サムネイル画像出典:https://www.youtube.com/watch?v=Ftx7tjZTpsw)

Christmas MorgueのPV

PVはこちら!

ハチPお得意の手書きのPVです。この頃は絵も曲も映像も、本当に自分1人で全て制作していた頃なので、とてつもない労力とこだわりが込められていることが分かります。

PVの内容は歌詞と連動している部分があり、歌詞解釈にも役立ちそうです。「あれから3年後のこと」という文字からスタートするのですが、「あれ」が意味することは詳細には語られていません。

どの曲がモチーフになったのかということについて、「Persona Alice」と 「恋人とランジェ」なのではないか?という声もありますね。

PVの詳細ですが、初音ミクが主人公となりながら、黒い影の人と手をつないだり抱き合ったりしながらも、最後は雪降る中で横たわっているという意味深なものとなっていて、静止画の繋ぎ合わせの映像に歌詞が映し出されるようなものとなっています。

色々と解釈の幅があると思うので、ぜひ皆さんも考えながら見てみてくださいね!

Christmas Morgueのギターコード

Christmas Morgueのギターコードはこちら!

https://ja.chordwiki.org/wiki/Christmas+Morgue

ChordWikiから持ってきましたが、E,F,G,Aあたりのコードを中心に、BやCなどのコードも織り交ぜられているので、コード表を見ずともそれぞれのコードを押さえられるようにまずはならないと演奏は結構大変かもしれません。

また、演奏方法ですが、1,2,3のリズムで表拍でダウンストロークをしながら歌うのが綺麗な演奏になりやすいかなぁと思います。(もちろんコードをアルペジオで弾いて、しっとり演奏するのもありかと!)

12月のクリスマスの日にぜひ弾いてみたい楽曲ですね〜。

Christmas Morgueの歌詞の意味・解釈を考察

Christmas Morgueは、冒頭に書いたように「遺体安置所」という意味があります。PVを見ていても墓地のような場所に初音ミクが入っていくような様子が見られるので、意味としても合っているのでしょう。

それでは早速、歌詞解釈をしていきたいと思います!

Christmas Morgue_1番Aメロ前半歌詞の意味・解釈

もしも二人の姿が これ程まで

歪じゃない 有り触れた何かなら

これ程素敵な雪も無かったでしょう

これ程愛し合うことも無かったでしょう

(出典: Christmas Morgue 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

自分たちがよくある普通なカップル(もしくは人間性?)であったのであれば、素敵な雪にもならないし、愛し合いもしなかったという表現から入っています。

逆説的に「自分たちは”異常”だから、愛し合えたのだろう」とも捉えることができますね。どう普通の形ではないのかは分かりませんが、ハチPの中身こと米津玄師さんが昔からインタビューで語っているような「自分は醜い姿の人間で、価値観も周りに合わせられることは無かった。学校も面白い場所ではなかった。」と話しているように、ハチP自体の過去もこの曲の主人公に投影されているのかもしれません。

Christmas Morgue_1番Bメロ歌詞の意味・解釈

秘密にしよう これからの事

疲れ果てた 祈り

(出典: Christmas Morgue 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

これからの事が何を表しているかはまだ分かりませんが、2人だけの秘密になることだけは理解できます。駆け落ちなのか、はたまたPVの感じ的に2人の心中なのか?などいろいろと推測することはできますが、ここに関してはもう少しあとで解釈するようにしましょう。

2行目の”祈り”の表現に関しては、ハチPでなく米津玄師名義で出された2ndアルバム「YANKEE」に収録されているサンタマリアに通ずるものがあると思われます(1番サビで同じフレーズがでてきますね)

もしかしたらこの頃は、”祈る”という言葉がハチPの中でのホットワードだったのかもしれません。

(Christmas Morgueの”祈り疲れる”は、上記の推測だけであれば「秘密がバレないように祈る」という意味合いになりそうですね!)

Christmas Morgue_1番サビ歌詞の意味・解釈

君と笑う 痛みなんてないままに

小さな街は まだ幼く

「今にみなよ アネモネが咲くだろう」

埋まりながら 嘘をついた

(出典: Christmas Morgue 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

痛みが伴う状態にもかかわらず、痛みがないままにあなたと笑っているのであれば心中として2人で自殺を試みている可能性があります。

「小さな街はまだ幼い」というのは、この2人の死の意味を理解することができないような幼い子のような街ということでしょうか?あとで2人の死体が見つかったとしても、「どうして死んだんだろう?」と疑問に思うものの、その意味を理解することは出来ないという意味合いからの「幼さ」であれば理解できるような気がします。

続く歌詞に関して、アネモネは9月末〜11月ごろに植えるので、絶対に12月に咲くことはありません。なので、咲かないのに「咲くだろう」という嘘をついていることになるわけですね。

アネモネの花言葉は「儚い夢」「儚い恋」「真実」などになるので、それらが「咲くだろう」というのは「この2人の儚い恋が実るように見えて、2人とも死んでしまうので実ることはない」というなんとも悲しい結末に帰結するのではないかなと。

「埋まりながら」は、「死んで土に埋まる」こと、もしくは「雪の地面に埋まる」のどちらかだと思われますが、どちらにせよ「死」を表現していることが分かります。

Christmas Morgue、非常に切なく悲しい歌詞ですね。。

Christmas Morgue_2番Aメロ歌詞の意味・解釈

足跡だけが二人を追い越していく

ベロニカはモルグの門を叩く

折れた傘を振りながら何も言えず

繋いだ左手も解(ほど)けずにいる

(出典: Christmas Morgue 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

足跡はベロニカの足跡でしょうか、彼女は先に進んでモルグ(=遺体安置所)の門を叩いているようです。

ちなみに、ベロニカはイエス・キリストが十字架を負って刑場に向かう途中、汗をぬぐう布を捧げ、キリストがその布で顔を拭くとキリストの顔が描かれたという聖女のことを表します。

このブログのサムネイル画像の初音ミクもよく見ると洋服に十字架が印刷されているので、もしかしたらこの初音ミクは「イエス・キリストの比喩」なのかもしれないなという新たな推測をすることも可能になってきますね。

歌詞解釈に戻ると、これからミクとその愛すべき相手もモルグに向かうということがこの足跡の存在からわかってきますね。

続く歌詞を見ていくと、WORLD’S END UMBRELLAのことを「折れた傘」と言っているのか、急に傘を振り出します。確かにモルグ=死を連想するならば、「死=世界の終わり」となるので、この傘がWORLD’S END UMBRELLAを指していることが理解できますね。

最後の、「繋いだ左手」はPVを見ると黒い影が常にミクの左手を握っているので、これはそのまま相手と離れられはしないということを表現しているとストレートに捉えてしまっても問題なさそうです。

Christmas Morgue_2番Bメロ歌詞の意味・解釈

見えないまま 足跡を追う

祈りを蹂躙した

(出典: Christmas Morgue 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

足跡は先ほど推測したものが合っているのであれば、ベロニカの足跡ということになり、そのままモルグへ向かっている情景描写がこの2番Bメロには表現されています。

後半の歌詞ですが、蹂躙は「じゅうりん」と読み、「〜を踏みにじる」という意味があります。つまり、「祈りを踏みにじる」という意味になるということです。

これは、モルグへ向かうという”2人の死”を暗喩する行為が、クリスマスというキリストの生誕を祝う日に重なったことに対して、「踏みにじる」という反逆行為の一つとして捉えられていることを表現している歌詞のようにも解釈をすることができます。

Christmas Morgue_2番サビ歌詞の意味・解釈

何処へ行こう? 何処へでも行けるでしょう

いつだってここは世界の果て

「今にみなよ アネモネが咲くだろう」

メリークリスマス もう二度と 帰らない

もしも二人の姿が…

(出典: Christmas Morgue 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

何処へも行けない米津さん現象はこの頃からスタートしています。(前に書いた遊園市街にも出てきましたね。笑)

世界の果てとあるので、先ほどの傘はやはりWORLD’S END UMBRELLAであると推測しても良さそうです。

話を戻すと、2人がクリスマスの日に死んで「もう二度と帰らない」という表現になっていることが分かります。死の世界=世界の果て、というさっきの解釈も合っていそうですね。

具体的にどういう背景で彼らが死に至ったかは明確に分からないものの、なんとも心が切なくなる歌詞です。。

まとめ_Christmas Morgueの歌詞の意味を解釈・考察

Christmas Morgueの歌詞を解釈してみましたが、いかがだったでしょうか?

なかなか初期の頃のハチPの曲はストーリー性が感じられるものの、いざ解釈するとなると相当難しいので、ブログを書く側としても根気が要りますね…(面白いので好きでやっているからいいのですが)。

もしこういう解釈ができるのでは?という人がいましたら、ぜひコメントをお願いします!

 

↓他の人気記事はこちら!↓

【ハチP】Persona Aliceの歌詞の意味を解釈・考察

【ハチ/米津玄師】【曲名の由来はラスト歌詞!】演劇テレプシコーラの歌詞の意味を解釈・考察

 

↓米津ファンなら絶対知っておきたい米津さん自身に関する記事も要チェック!↓

米津玄師が影響を受けたアーティストから見る音楽のルーツ

米津玄師とハチは同一人物だけど「楽曲・歌詞のつくり」がどこか違う?

【男でも声が出るのはこの曲!】米津玄師の音域の幅とカラオケで歌いやすい曲

 


OFFICIAL ORANGE