【米津玄師】街の歌詞の意味を解釈・考察

2018年6月28日

街の曲にまつわる情報

街は米津玄師さんの1stアルバム「diorama」の1曲目に習得されている曲です。


diorama [ 米津玄師 ]

「diorama」というアルバムタイトルが示しているように、アルバム全体のコンセプトは「街」で、米津さんはそこに「様々な人が住んで息をして、様々な想いや行動が含まれる場所」という意味合いを込めています。(この解釈は以前記事にしたviviの歌詞解釈でも紹介したものになります。)

そして、まさにその「街」をこれからリスナーに見せていこうとなった時のオープニングのような曲がこの「街」という楽曲です。

エンディングの「抄本」はこの曲と対になるような曲で、「街」という言葉を繰り返すサビや音使いも「街」ととても似ているので、ぜひ一緒に聞いてみると新たな発見があるかもしれません。

米津さんも多大な影響を受けたBUMP OF CHICKENの「THE LIVING DEAD」や「ユグドラシル」なども同様にアルバムのオープニングとエンディング曲があったので、そのオマージュとしてこの2曲は作られたのかもしれませんね。

街のPV

街はアルバム曲でリード曲でもないためPVはありません。

なので、今回ここではYoutubeからPVの代わりにこちらをアップします!

この弾き語りカバーの主の人も声が割と低くて優しくていい感じですね。街をアコギ1本で弾き語りするのもいいなぁと感じる動画です。

街のギターコード

ギターコードはこちら!

先ほど紹介した動画のように割とジャカジャカ弾きながら街の喧騒感を出してみるといいかもしれません。

2フレットにカポをつけなければならないので、その点ビギナーの方は注意してくださいね。

コードは難しいものがあまりないので弾きやすいかと思います!

https://ja.chordwiki.org/wiki/%E8%A1%97%28%E7%B1%B3%E6%B4%A5%E7%8E%84%E5%B8%AB%29

街のインタビュー記事

インタビュー記事はこちら!街がコンセプトだからこそ、リードトラックでないにもかかわらずインタビューでは少し「街」のことが話題にあげられていますね。最初はCDジャケットを普通の街にしようと思ったけれど2011年の東日本大震災を受けてナマズの絵を追加したそうです。

・ナタリーミュージック

https://natalie.mu/music/pp/yonezukenshi/page/2

・HMV&BOOKS online

http://www.hmv.co.jp/news/article/1205090012/

街の歌詞の意味を解釈・考察

米津さんのインタビュー曰く、街は「箱庭」のようなイメージだそうです。その箱庭の中には様々な人やキャラクターが生きていて、それぞれが繋がっているのか繋がっていないのかという関係性の希薄さの微妙なニュアンスを表現したかったと米津さん本人は口にしています。

その点を踏まえた上で、街の歌詞を解釈していきましょう。

街_1番Aメロ歌詞の意味・解釈

街の真ん中で

息を吸った 魚が泣いた

全て変わってしまった

砂が落ちた 生活が落ちた

(出典: 街 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

街からスタートする曲ですが、1番のAメロは全てがネガティブな表現ですね。泣いた、落ちたのオンパレード。

魚が泣いたとありますが、dioramaの中で何度も出てくる魚のことでしょう。この時期の米津さんはひたすら魚にはまっていたので、あめふり婦人viviなどにも魚が登場していますね。

砂が落ちたというところを解釈すると、砂が表すものとしては「何かが崩壊して砂になる」または「砂時計の砂が落ちていくことによる時間の経過とそれによる物事の劣化・風化」があると思われ、もしくはその両方だと読み取ることができます。

続く歌詞は、その結果として、生活までもが落ちていったというように読み取ることもできますね。

この時期の米津さんはだいぶ心が病んだ状態のままの時で、自分の良しとするもののみを良しとする価値観にあった時期なので(とは言っても20歳くらいですが…)、自分が受け入れられない社会や世間に順応できずに鬱になっていった経験からくる「生活の落ち度」をここでは表現しているのかもしれません。

そもそもとして、先ほどのviviの解釈記事のラストサビでも解釈したように、この街=dioramaは「人間社会全体」を表しているものだと思われるため、上記の推測はかなり的を得ているものだと自負しています。

様々な人がいて、様々な価値観があって、喜びも愛も憎しみも悲しみも渦巻くようなそんなカオスをある種綺麗にまとめて「街」と表現しているのがこのdioramaというアルバムなのだろうと解釈します。

街_1番Bメロ歌詞の意味・解釈

透明な朝に心像と

何でもないような情操を

愛を食べて動けない君へと

大きすぎる灯りに

逃げ出さない憔悴に

抗わない日常を返したい

(出典: 街 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

心像は「心像放映」の心像と同じことを表していると思われます。心の像なので、意味としては「心の形」ですね。

「情操」は実は難しい言葉なのですが「尊敬や軽蔑、宗教や芸術などへの感覚など観念的なもの」を指す言葉です。これもある種、心の形(考えの形?)のようなものと捉えることができます。

これは2番の歌詞とも重なるのですが、米津さんのこの初期の時期は基本的に「ネガティブな米津さん」から曲が全て生まれているため、インタビューをよく読んでいる人には分かるように「愛情をあまり感じずに孤独に生きてきた米津さん」と、真反対に「愛情を受けてきた(=食べてきた)君」という対比の構図でこの曲は成り立っていると解釈すると、割とすんなり腑に落ちるところに理解を持っていけます。

続く歌詞を見ていきます。

憔悴は「身や心がやつれてしまうこと」。ここでは”逃げ出さない”憔悴とあるので、大きすぎる灯りや身も心もやつれてしまうことに対して「なにくそ」と反発するのではなく、それを何なりと受け入れるような日常を送りたいという心の安定を求める米津さんの気持ちをここの歌詞から読み解くことができます。

街_1番サビ歌詞の意味・解釈

その献身の先へ 心は行く 強く

その諦観の奥へ 言葉は行く 深く

ほら 君の疑うものすべて

いつの間にか

君から抜け出した君だ

(出典: 街 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

自分の身を犠牲にした先に心は行き、諦める気持ちの奥に言葉は行く。

これらは米津さんのネガティブな気持ち、とりわけ彼が鬱だった時のことを歌っているように解釈することができます

自分のことをひたすらにダメだと思いながらも、必死で言葉を紡いだり曲を作ったりとする中で、その作業はどんどんと深いところまでたどり着いていきます。

そして後半部分の歌詞に関しても、鬱病の人は自分の気持ちすらも信じられないので常に疑っているというその様子も描いているように感じます。

その疑うもの全てが間違いなく自分そのもので、ただ鬱というネガティブさから抜け出した自分であるという点だけは今までと違う自分だと捉えることができます。

街_2番Aメロ歌詞の意味・解釈

街の真ん中で

息を吐いた 魚が泣いた

喉を締めあげて 歌を歌った

星の様に降った

(出典: 街 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

前半は1番Aメロと同じですが、「息を吐いた」に今度は変わっています。1番で吸った息を吐いていますが、それでも魚は泣いたままです。

喉を締め上げて歌っているのは、これは米津さん自身でしょう

初期の米津さんはBUMPの藤くんのような歌い方にかなり近い(歌心はあるけど歌唱法としては上手くない)ので、おそらく喉を締め上げている自分を自虐して表現しているんだと思われます。

最後の「星の様に降った」のは何なのかはここには明記されていません。

dioramaの歌を歌ったあとなのだとしたら、各曲のストーリーがこの街に降ったというようにも解釈することはできます。ここの部分がかなり曖昧なので、正解を米津さん本人の口からぜひ聞いてみたいですね…!

街_2番Bメロ歌詞の意味・解釈

曖昧な夜の喧騒も

耐え切れない日の働哭も

愛を食べて動けない君へと

小さくなった言葉も

ぼんやり飛んだ電波も

知りたくないことを押し付けてさ

(出典: 街 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

慟哭とは「大声をあげて泣き叫ぶこと」を指す言葉です。難しい日本語をこの時期の米津さんは多用しますね…。

誰かと喧嘩をしてしちゃうような夜だったり、怒りや悲しみに耐えられない日といったような苦しいことを味わう米津さんは、米津さんと真逆な愛情を一心に受けて育った「君」という対照的な存在にその苦しみを対比させています。

「小さくなった言葉」は携帯電話やスマートフォンなどのメールやLINEと言ったコミュニケーションツールのことではないかなと推測します。そう捉えると、確かに手書きの文字よりもはるかに小さいインターネット上の文字サイズとして理解することができ、ネット文化に精通する米津さんらしさも同時に演出することができます。

ぼんやり飛んだ電波はまたもや心像放映のことを表しているような表現ですが、おそらくここでは違い、先ほどの「小さくなった言葉」を飛ばす電波そのものを指していると考えるのが妥当でしょう。もしかしたらインターネット回線だけでなく、電波なので分かりやすくTVのことを指しているのかもしれません。

どちらにせよ、その二つは情報過多の元になるので「どうでもいいような情報ばかりたくさん自分の中に入ってくる」ということを婉曲的に表現する意味合いで「知りたくないことを押し付けてさ」という歌詞が生まれたのだと思われます。

街_2番サビ歌詞の意味・解釈

その勾配の先へ 心は行く 強く

その幽閉の奥へ 言葉は行く 深く

ほら 君は一つずつ治しながら

生きているよ

今 懐かしい朝の為

(出典: 街 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

勾配はカーブのこと。勾配のきつい道などといいますよね。

1番のサビと同じように、米津さんのネガティブ感情から由来している曲がりくねった道も閉ざされているような道も、音楽という媒体があれば心も言葉も越えていけるとここでは歌われています。

そのネガティブを1つずつ消しながら(=治しながら)、あなたは生きていると歌詞は続きます。

「懐かしい朝」は、きっとそのネガティブを全く感じていなかったかつての平穏な日の朝のことを指しているのでしょう。鬱屈とした日々からの脱却を願う曲であることがよく分かりますね。

街(=diorama)全体を通して、米津さんはネガティブな気持ちを吐き出しつつ、それらを抜け出して行こうという気持ちも感じられる部分です。

街_ラストサビ歌詞の意味・解釈

その献身の先へ 心は行く 強く

その諦観の奥へ 言葉は行く 深く

ほら 君の疑うものすべて

いつの間にか

君から抜け出した君だ

意味なんてない 退屈で美しいんだ

今 変わらない朝の為

(出典: 街 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

最初の部分は1番サビと同じなので解釈は割愛しますね。

最後の2行は新しい歌詞です。先ほどと打って変わって「懐かしい朝」から「変わらない朝」になっています。

これは、どれだけ自分が懐古主義のようになって昔のいい記憶を思い出そうとしても、ここから先の現実は変わらないということを表しているのではないかなと考察します。

だからこそ、過去を振り返ることに意味なんてないといい、さらには鬱病を通して何も出来ないながらにただただ過ぎる時間にもきっと意味があるということを表すために「美しい」という形容詞を挿入しているのではないかと感じられます。

(※鬱病になるとずっと寝ていることが多くあっという間に時間が過ぎること、牛乳を買いにスーパーに行くのにも長時間かかってしまったとインタビューで米津さんは過去に発言しています。)

この2行に米津さんの「前向きさ」が最後感じられました。

ネガティブを吐き出す為のアルバムであるように見えて、きちんと最後はリスナーに希望を与えているところに米津さんの優しさを感じますね(本人はそうじゃないかもしれませんが…笑)

まとめ| 街の歌詞の意味を解釈・考察

街の歌詞を解釈していきましたが、いかがだったでしょうか?

街はかなり抽象的かつ難解な言葉が多い曲なので、シンプルに見えて歌詞の解釈をするのはめちゃくちゃに難しかったです…。

ただ、この曲がアルバムタイトルのdioramaと同じ意味合いなので、この曲に隠されている意味を読み解くことができれば、他の楽曲で米津さんが何を伝えたいかも見えてくるという”アルバムコンセプトを表現する曲”となっていますので要チェックですね。

 

↓他の人気記事はこちら!↓

【米津玄師の過去が読み取れる】恋と病熱の歌詞の意味を解釈・考察

【米津玄師】caribouの歌詞の意味を解釈・考察

 

↓米津ファンなら絶対知っておきたい米津さん自身に関する記事も要チェック!↓

米津玄師のプロフィールをファン目線でコアなとこまでまとめてみた

【画像で徹底解説】米津玄師のギター・エフェクター機材!

米津玄師が「長い前髪で前が見えないのはなぜか?」を考察する


diorama [ 米津玄師 ]