【ハチP】clock lock worksの歌詞の意味を解釈・考察

2018年6月28日

clock lock worksの曲にまつわる情報

clock lock worksは、ハチP(米津玄師)さんの楽曲で、1stアルバム「花束と水葬」に収録されているボカロ曲の中でも人気度の高い楽曲となっています。


花束と水葬

clock lock worksという名前から分かるように「時間に縛られた仕事」という既存の労働の概念に対するアンチテーゼ的な曲なのですが、それに反比例して曲調は時計やねじまき的なサウンドが散りばめられていて非常に可愛いものとなっているのが特徴です。

(サムネイル画像出典:https://www.youtube.com/watch?v=hEyvYm2YRXQ)

clock lock worksのPV

PVはこちら!このPVは南方研究所によるもので米津さんの手書きとはまた違うものとなっています(砂の惑星恋と病熱ワンダーランドと羊の歌などもこちらの南方研究所が制作しています!)。

yPVの解釈としては、黒い服を着た(サラリーマンの黒いスーツをイメージしているのでしょうか)初音ミクが主人公で、ひたすら俯いて下を見ながら歩いているAメロと、「ありえない夢」を表しているであろう馬車が出てくるBメロ、本当はサラリーマンではなくミュージシャンを志しているかのような心境が読み取れるサビといった構成のPVとなっています。

やりたくもないような労働をネガティブなものとして捉えていると下を向き、本当にやりたいことをやるとニコニコとしているミクの表情がまさにこの曲で伝えたいことを体現していますね。

いやー、PVのクオリティーが高いです。。

clock lock worksのギターコード

clock lock worksのギターコードはこちら!

http://www.ufret.jp/song.php?data=4388

カポを5フレットに装着して演奏するととても簡単になります。コードとしては、C,G,D,Emだけなので、これはFコードに苦しめられる初心者でも相当早く弾けるようになるのではないでしょうか?

こちらの動画の右下はコードストロークだけの演奏になっているので、参考になるかと思います(カポをつけていないので手元はあまり参考にはならないかもしれませんが…)。

clock lock worksの歌詞の意味を解釈・考察

clock lock worksは、冒頭に書いたように「やりがいのない仕事(=労働)に対するアンチテーゼ」としての投げかけ的な曲となっています。

人事コンサルタントをしている僕からすると、「とりあえず金のために働く」という人は人生の幸福度がかなり低いということも重々理解しているので、このような曲から「働くってなんだっけ?」と聞いた人が考え出すような曲にこれからもなっていってくれたらなぁなんていう風にも思っちゃいます。。

それでは早速、歌詞解釈をしていきたいと思います!

clock lock works_1番Aメロ前半歌詞の意味・解釈

パッパラ働く休む事なく

ロ ド ロ ド ランランラ

繰り返しの毎日

気がつけば迷子の猫の様

(出典: clock lock works 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

労働が美学になっている日本の働き方的な部分に対する切り込みですね。

ずーっと毎日働くサラリーマンは同じ毎日の繰り返しで、気がつけば「あれ、何してるんだっけ?」というように生きている意味に迷いを持ってしまうことを表現している歌詞です。

このパッパラの部分は、おもちゃの兵隊的なニュアンスも感じるので、サラリーマン=兵隊のような比喩的意味合いで歌詞になっているのでしょう。

clock lock works_1番Aメロ後半歌詞の意味・解釈

どっかで誰かが入れ替わろうと

マ ノ マ ノ ランランラ

誰も気付かない

ひたすらに数字を追っかけた

(出典: clock lock works 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

大企業のサラリーマンは誰でもできる仕事をしている人が多いことから、誰かが辞めても誰も気づきやしないという揶揄を表現しています。

数字を追っかけたは営業ノルマの数字みたいなものでしょうね。

ハチPが労働というものに対してどういう思いを抱いているかがよく分かります。

clock lock works_1番Bメロ歌詞の意味・解釈

心の奥底には 鍵をかけた扉

「馬鹿げてる」 そう言い聞かせては

ノックの音を無視した

(出典: clock lock works 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

少し静かな曲調になるBメロでは、このサラリーマンの心の奥底に閉じ込めた夢ややりたいことについて歌詞に落とし込まれています。

「〜をやりたい!」という夢や希望は大人になるにつれて「どうせ無理だから堅実に生きろ」と捨ててしまう人が多いですよね。もしかしたらこの記事を読んでいる人もそうかもしれませんね。。

ただ、この夢ややりたいことを現実にしないでやらないままの人生の方が本当に幸せなのか?というハチPからの問いかけが、ここには詰められている気がしてなりません。

ハチPもアーティストやミュージシャンなんて無理だと言われ続けて生きてきた人だと思いますので、そういった心の叫びが、このBメロの歌詞になっているものだと考えられます。

clock lock works_1番サビ歌詞の意味・解釈

「変わらない」と 諦めて

佇(たたず)む時計の針に急(せ)かされる

夢ならば 喜んで

「星に願い事を」と 真面目な顔で

(出典: clock lock works 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

曲名のclock lock worksの意味合いがここでそのまま文字として表れています。

労働という名の時計の針に自分の人生をロックされてしまった人が「働き続けても人生なんて何も変わりやしない」と嘆いている様子が脳裏に浮かびますね。

こんな人生が夢だったらよかったし、星に願い事を真面目にして人生を「自分のやりたいことでできる人生」に変えられたなら良かったのに…という後悔の念をここから解釈することができます。

1番をザッと考察していきましたが、clock lock worksは1番だけでも曲のコンセプトが分かりやすく、ハチPの曲の中でも非常にストレートで理解しやすい曲で、解釈する僕にとっては大変ありがたい曲です。。!

clock lock works_2番Aメロ前半歌詞の意味・解釈

チクタク働け馬鹿げた兵士

ガッタン ガッタン ランランラ

取捨選択 よーいどん

気がつけば真っ黒 屑の様

(出典: clock lock works 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

1番Aメロで考察した通り、やはりサラリーマンを兵士(兵隊)に例えています。

働き過ぎて気がつけば「あれ、何してるんだっけ?」と迷いに迷ってしまう様子を”屑のよう”と歌詞にしているのは中々に尖っていますよね(笑)

働き過ぎて「燃え切った屑」になってしまったというようにも解釈することもできるような気がします…。

取捨選択は「働く意味も分からずに働き続ける選択を取った人」のことを指していると解釈することができます。

clock lock works_2番Aメロ後半歌詞の意味・解釈

朝と夜とが入れ替わろうと

ノ マ ノ マ ランランラ

誰も気にしない

貪欲に数字を追っかけた

(出典: clock lock works 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

朝から晩までずっと働く日本人。

だからこそ、誰もがずっと働くことに慣れているので朝なのか晩なのかが分からなくなってしまい、1番のAメロ後半のように営業ノルマの数字に再度追いかけられてしまいます。

米津さん自身の思う”労働への想い”が強く出ている歌詞ですね。

clock lock works_2番Bメロ歌詞の意味・解釈

扉の向こうから 微かに漏れる声

(出典: clock lock works 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

先ほどの1番Bメロの扉の向こうにある自分の本音(=夢・やりたいこと)という声が漏れているという、シンプルにそれだけが歌詞になっています。

余談ですが、ハチPが米津玄師微名義になってからではありますが、ゴーゴー幽霊船Moonlightという曲の中では微かという言葉が幽かというように漢字が違うんですよね。

こういう細かな点からも米津さんのこだわりを解釈することができるので、ファンの方はぜひこういった点までチェックするようにしてみてくださいね!

clock lock works_2番サビ歌詞の意味・解釈

「仕方ない」と 膝立てて

部屋の隅っこで小さく罵声を吐く

何処でもいい 連れ出して

王子様なんて 来るはずも無く

(出典: clock lock works 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

やりたいことを我慢してでもとりあえず働くというこんな人生は誰もが送っているのだから仕方がないということを部屋の隅で嘆いている主人公の様子が描かれている歌詞です。

この毎日の繰り返しから、どこでもいいから王子様でも誰でも私を連れ出してほしいという願望が続くこの歌詞は、現代日本人には中々鋭く刺さる歌詞となっているのではないでしょうか?

王子様、という言葉を使うことでさらにこの曲の童話感が増すので、PVの絵のタッチとの親和性も同時により増していきますね。

clock lock works_Cメロ歌詞の意味・解釈

「こんばんは おはようございます」

扉の向こうで誰かが言う

「大丈夫、鍵は開けずとも」

「ここからアナタに届くでしょ?」

(出典: clock lock works 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

この扉は先ほどから出てきている「やりたいことをやって生きる世界」に繋がる扉ですね。
その扉の向こうの世界の住人から、この扉を開けずとも声は主人公に届くでしょ?と確認している場面がこのパートの歌詞です。

「こんばんは おはようございます」というのは、1日中働いている主人公に向けた挨拶だからこそ、朝でも夜でもどのタイミングでも対応可能な挨拶という意味合いで使われている歌詞だと解釈することができます。

clock lock works_Dメロ歌詞の意味・解釈

そんな話は聞きたくない

聞きたくない 嫌 聞きたくない

ねぇねぇ 何処にも行かないで

側にいて 話を聞かせて

(出典: clock lock works 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

このDメロの歌詞は中々面白い構造になっていて、このたった前半後半の16小節ずつだけで主人公の気持ちが真逆に変わっていくという歌詞になっているのです。

やりたいことをやって生きる世界の人の話は、今の自分の耳に入るにはつらいもの。ただ、やはり主人公の本心としてはやりたいことをやって生きていくことをしたいので、やっぱりその話を側で聞かせてほしいという心の移り変わりをこのDメロでハチPは描き切っています。

clock lock works_ラストサビ前半歌詞の意味・解釈

「下らない」と 嘘吐(つ)いて

それでも誰かに気付いて欲しくて

冷たくて 触れたくない

いつまで経っても鍵は開けられずに

(出典: clock lock works 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

やりたいことをやって生きる人生なんて下らないと自分の本心を隠した嘘をつくものの、その本心を持っている自分に誰か気づいて「やりたいことがあるならやればいいじゃん!」と自分の気持ちを後押しされたいことへのメッセージを感じます。

やりたいことができる世界への扉を開ける勇気はまだまだ主人公にはなく、それが「冷たくて触れたくない」という歌詞へと繋がっていることが分かりますね。

clock lock works_ラストサビ後半歌詞の意味・解釈

棺の中 働いて

「それでもまあ」なんて言いたくはないわ

針は回る いつまでも

優しいノックの音で泣いてしまう

(出典: clock lock works 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

棺は死んだ後のことを指す比喩なので、死んだ後も働くような奴隷的生き方をしたにも関わらず、「それでもまあ、そういう生き方するのが普通だからしょうがないよね」と言いたくはないという解釈が歌詞前半ではできます。

曲の結びですが、「時間はひたすら進んでいくので、後悔するなら今から好きに生きてみたらどうだ?」と、やりたいことができる世界の扉の向こうの人がノックを主人公に向けてしてくる、というところでclock lock worksの物語は終わります。

続きが気になるものの、あらかたこの後のイメージはつきますし、曲のコンセプトはしっかり歌詞内の起承転結でリスナーに届いているので、特にモヤモヤ感無く曲を理解して終わることができますね。

まとめ_clock lock worksの歌詞の意味を解釈・考察

clock lock worksの歌詞を解釈してみましたが、いかがだったでしょうか?

ハチPの曲の中でも、かなり理解がしやすくメッセージも分かりやすい楽曲だったのではないかなと思われます。

僕たちも、「働く」ということに対して単純なネガティブイメージを持つものでなく、「やっていて楽しい」と思える仕事に就けるように、自分の本音で生きていくよう心がけましょう!

 

↓他の人気記事はこちら!↓

【ハチP】ワンダーランドと羊の歌の歌詞・PVの意味を解釈・考察

【ハチ/米津玄師】遊園市街の歌詞の意味を解釈・考察

 

↓米津ファンなら絶対知っておきたい米津さん自身に関する記事も要チェック!↓

【現在までの過去を完全解説】米津玄師の経歴とそこから見える才能とは

【男でも声が出るのはこの曲!】米津玄師の音域の幅とカラオケで歌いやすい曲

【これで完璧!】米津玄師の髪型・セット・おすすめワックス大全

 


花束と水葬