【米津玄師】クランベリーとパンケーキの歌詞の意味を解釈・考察

2018年6月28日

クランベリーとパンケーキの曲にまつわる情報

クランベリーとパンケーキは、米津玄師さんの大人気シングル「Lemon」に収録されているカップリング曲で、非常にユニークで可愛い歌詞と歌謡曲的なメロディが特徴的な楽曲です。


Lemon (初回限定映像盤 CD+DVD) [ 米津玄師 ]

タイトルがインスタ映えしそうな感じの楽曲なので、Twitterなどでも「”クランベリーとパンケーキ”を作ってみた!」というツイートが散見されます。

ちなみに3曲目に収録されている同じくカップリング曲の「Paper Flower」もとても良い楽曲かつ歌詞が意味深なので、米津ファンの方は是非歌詞について考えてみるのをオススメします!

クランベリーとパンケーキのPV

クランベリーとパンケーキはカップリング曲なので、PVは残念ながら存在していません。。

代わりにこちらの歌ってみた動画をアップしておきます。

声が米津さんとはまた違った感じで低めな人の歌なので苦手な人は苦手かもですが、歌は上手な方なので、もしまだこの曲を聞いたことがないよ!という人は是非聞いてみてはいかがでしょうか?

クランベリーとパンケーキのギターコード

ギターコードはこちらのUフレットから持ってきました!

http://www.ufret.jp/song.php?data=42222

カポは2フレットにつけて演奏します。コードはAm,C,F,D7で基本的に構成されて、ちょこちょこA#やG,Emが出てくる感じですね。

初心者にとっては何よりもリズミカルにストロークをしなければならないのに加え、コード移動が多いことが結構大変な点かなと。。

歌自体はそこまで難しくないので、徹底的にまずはギターを練習してコード移動を自分の体に染み込ませるのが良いと思われます。

こちらの弾き語り動画は手元のコードもしっかり見えるので、かなり練習の際に参考になるかと思われます!

クランベリーとパンケーキのインタビュー記事

Lemonがあれだけ大ヒットした影響でシングル曲としてのインタビュー記事が多く(えげつなくおいです!)、その中にカップリング曲に関しての記述が付随して含まれているので、是非いろんな記事を見てみてくださいね。

・Billboard JAPN

http://www.billboard-japan.com/special/detail/2270

・ナタリーミュージック

https://natalie.mu/music/pp/yonezukenshi12

・rockin’on.com

https://rockinon.com/news/detail/174218

・T-SITE NEWS

http://top.tsite.jp/entertainment/j-pop/i/39109727/index

・ORICON NEWS

https://www.oricon.co.jp/special/50876/2/

クランベリーとパンケーキの歌詞の意味を解釈・考察

インタビュー記事での米津さんのコメント曰く「酒を毎晩飲んでは朝帰ってダルいなぁという感じの雰囲気を曲にした」ということでかなり曲調からしてもだるだるな雰囲気は出ていますよね。

歌詞の詳細はあまり語られていないので、自分なりに解釈していこうと思います。(たまに勘違いしている人もいますが、歌詞解釈を書いたとしてもあくまで一個人の意見なので悪しからず。。)

クランベリーとパンケーキ_1番Aメロ前半歌詞の意味・解釈

不意に見かけたブロンズの女神の

お臍に煙草擦り付けて笑う

思い返せば馬鹿げている

大体そんな毎日

(出典: クランベリーとパンケーキ 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

ブロンズの女神は駅前とかによく見かけるような銅像のことでしょう。歩行者としてはその像の臍(へそ)辺りに手が届きやすいので、そこに吸っていた煙草の火を消すがてら擦り付けて笑っている主人公の情景描写がなされています。

ここの歌詞に関しては、「退廃的なものの中にこそ美しさ」はあるという米津さんの価値観が表出しているのかもしれません。ブロンズ像というある種すでに完成されているものに対して、煙草を擦り付けて汚すという行為

歌詞後半の「ろくでもない馬鹿げた毎日を思い返せば過ごしていたな」という主人公の考えは、まさに米津さんがインタビュー記事で語っていたかのような”気怠い空気感の毎日”そのものだと思われます。

クランベリーとパンケーキ_1番Aメロ後半歌詞の意味・解釈

その日限りの甘い夜を抜け

今じゃ彷徨う惨めなストーリーライター

誰かわたしと踊りましょう

なんてその気もないのに

(出典: クランベリーとパンケーキ 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

その日限りの甘い夜とは、お酒を飲んで気持ちのいい感じになった夜を連想させ、それが終わって朝を迎えれば、自分は街を彷徨うだけのただの物書きなんだと言う米津さん自身の表現なのだと解釈出来ます。

こんなお酒でベロベロの状態だからこそ、普段は言わないような「誰か踊ろうよ」という少々パリピ的発言を口にするものの、やっぱり本当の素面の自分からしてみれば「そんな気はないのにな」と少々冷めた感じで自分の気持ちを客観的に見つめているというのが歌詞の後半部分の考察となります。

インタビュー記事の言葉が結構そのまま歌詞になっている感じがしますね〜。

クランベリーとパンケーキ_1番サビ前半歌詞の意味・解釈

ヒッピヒッピシェイク

ダンディダンディドンで

クランベリーのジャムでも作ろうね

パンケーキと一緒に食べようね

ほら丁寧に切り分けて

(出典: クランベリーとパンケーキ 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

ヒッピヒッピシェイクの部分は、いわゆる1960年代に当時の当たり前とされていた社会通念に反対して自由に生きようとした若者達をヒッピーと総称したところからの「ヒッピ」だと思われ、彼らの反普通的なニュアンスを出しているものだと解釈できます。SMAPの曲のサビにも似たような歌詞が出てきますが、関連してるのでしょうか…。

続くダンディダンディドンは「dang ding dong」という英米圏で扉をノックする際に使用される擬音語のことです。

ただ、文脈上これらはあまり意味を見出せないので、おそらくこの2つのカタカナは、リズムに合う語呂のいい言葉を選んだという理由と同時に、米津さんが「歌謡曲」という昔ながらの世界観にリスナーをスリップさせるために引っ張ってきて載せたのではないかなと解釈しています。

クランベリーのジャムとパンケーキが何を比喩しているのかですが、まずクランベリーは花言葉で「癒し・慰める」という意味があります。これをパンケーキに載せるのですが、このパンケーキが何を指しているかはここではまだ分かり兼ねるので、サビ後半の歌詞を続けて見ていきます。

クランベリーとパンケーキ_1番サビ後半歌詞の意味・解釈

ヒッピヒッピシェイク

ダンディダンディドンで

全部頬張って隠してしまえ

やがて熱さにも耐えかねて

嗚呼きみは吐き出した

(出典: クランベリーとパンケーキ 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

前半の擬音語は先ほどと全く同じなので歌詞の解釈は割愛します。

パンケーキを頬張って「隠す」ということは、ネガティブな要素としてパンケーキを表していることが伺えますね。そしてこのパンケーキが熱すぎて口から吐き出してしまったと。

つまり、周りから「きみはそのままで大丈夫だよ」という慰めのソースを付けたとしても、自分自身が自分のネガティブな面・悪的な面に関して「そうは言っても、やっぱり自分が嫌いでダメなんだよ」とうまく対応することができずに吐き出してしまったと解釈することができます。

これは非常に自責感の強い人がうつ病になる時のプロセスと似ていて、ついこの過去の米津さんの知人の自殺に関するツイートを思い出してしまいました。

自責感の強い人間は自分が「このようにあるべきではならない」という思い込みが強い傾向にあり、いくら周りが「いや、きみはきちんと出来ているしそのままで大丈夫だよ」と言ったとしても「いや、そんなことはない。むしろそう言ってくれているのも、自分が出来ていないことを優しく慰めているだけなんだ」と思い込むことがあります。

なので、まさにこのクランベリーとパンケーキという歌詞の比喩していることはそのようなことではないのかなぁと。(少し深読みかもしれませんが…)

クランベリーとパンケーキ_2番Aメロ前半歌詞の意味・解釈

戯れ哀れハメ外すあまり

足滑らせて砂を噛むばかり

憶えちゃいない痣だらけ

大体そんな毎日

(出典: クランベリーとパンケーキ 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

お酒を飲んではハメを外して道に転んで痛い目を見るものの、そのことすらもお酒のせいで覚えていないので気がついたら痣だらけになってしまっていたという歌詞ですね。

もちろんこのままの意味合いでも解釈することもできますが、さらに一歩踏み込んで考えてみると「調子に乗って何事も進めていると、気がついたら周りが敵だらけになってしまっているかもしれない」ということの婉曲的な比喩なのかもしれないなと個人的には捉えました。いつの時代もそういう裸の王様的な人は存在しますよね。。

クランベリーとパンケーキ_2番Bメロ後半歌詞の意味・解釈

廃墟だらけのメルヘン市街じゃ

マセガキ達が隠れてキスする

涙交じりの恋になりませんように

(出典: クランベリーとパンケーキ 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

廃墟だらけのメルヘン市街は、おそらく飲屋街の近くによくあるようなラブホテルのことを言っているのでしょう。一人暮らしもしていなくて、実家に彼氏や彼女を呼べない男女たちが2人きりになれる場所を探して、そこで隠れるかのようにキスをしている様子を脇目に近くの飲み屋でお酒を飲みながらも目にしている様子が目に浮かびます。

涙交じりの恋というのは「悲しみを含んだ恋」という意味合いですが、これに関しては「簡単に体を許して一晩限りの仲になったとしても「女性が男にホイホイついていって心も体も傷ついた」みたいな形になりませんように」という意味合いでの歌詞でしょう。

新宿の歌舞伎町あたりでよく見かけるような光景な感じがしてなりません(笑)

クランベリーとパンケーキ_2番サビ前半歌詞の意味・解釈

ヒッピヒッピシェイク

ダンディダンディドンで

ランドリーまで歩いてこうね

汚れたシーツを洗おうね

ほら丁寧に取り分けて

(出典: クランベリーとパンケーキ 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

※最初の方の歌詞は1番サビと同じ歌詞なので解釈は割愛します。

ランドリーまで歩いていき汚れたシーツを洗うということですが、これは1番のことを考えると「洗う=クランベリー」「汚れたシーツ=パンケーキ」というようにそれぞれ解釈をすることができ、結果として自分という存在に対しての優しさや慰め的なものを相手からかけてくれているという表現に繋がっていくのではないのかなと。

また、2番サビまできて思ったこととして、この曲のサビ歌詞はほとんどが「〜しようね」という今までの曲ではあまり見られない相手への投げかけであるということが挙げられます。

WOODEN DOLLなどでも相手への投げかけは行われていましたが、「〜しようね」という表現はあまり見当たらず、今回のこの表現だとなんだか「自分より小さい子への言葉遣い」のような気が個人的にはしていて、一体誰を対象にこの歌を届けようとしているんだろうと気になってしまいました(もしかしたら、あまり関係ないのかもしれませんが)

クランベリーとパンケーキ_2番サビ後半歌詞の意味・解釈

ヒッピヒッピシェイク

ダンディダンディドンで

もう一度浮かれた祈りの方へ

こんな馬鹿な歌ですいません

嗚呼毎度ありがたし

(出典: クランベリーとパンケーキ 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

「浮かれた祈り」に関してですが、「浮かれた」はお酒を飲んだ勢い的な意味での「浮かれ」だという意味でしょう。「祈り」はCメロで「微睡んでいたい」というある種の願望的な部分が書かれているので、その点に関する”祈り”のことなのかもしれません。

こんな歌ですみませんという米津さんの自虐で締められているのが良いですね。ちゃんと「とはいえ、こんな自分の楽曲にいつも付き合ってくれてありがとう」というリスナーへの感謝も添えられているのがまた米津さんっぽい感じがします。

クランベリーとパンケーキ_Cメロ歌詞の意味・解釈

微睡んでいたい きみみたいに

この宇宙が 終わるまで

微睡んでいたい きみと一緒に

この世界が 終わるまで

(出典: クランベリーとパンケーキ 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

この宇宙や世界が終わるまで微睡(まどろ)んでいたいということが繰り返し歌われる不思議なCメロです。

一見するとお酒を飲んで眠たくなるのは主人公自身な気もしますが、「きみ」という存在が微睡んえいるんですよね。これは深読み前提での解釈ですが、1番サビで考察したような「うつ病」の中の「非定型うつ病」の症状に見られるような”過眠”の表現なのかなととも考えられます。

(追記:米津さんの病気についてまとめた記事を書きましたので、こちらも参考にしてみてください!)

眠たそうにする相手に寄り添う表現がどこかそのように感じるものの、あくまで深読みなので実際はどうなのかは図りかねますね。

※ラストサビは1番と2番のサビの歌詞を合わせたものとなっているので解釈は割愛します。

まとめ|クランベリーとパンケーキの歌詞の意味を解釈・考察

クランベリーとパンケーキの歌詞を解釈してみましたが、いかがだったでしょうか?

朝までお酒を飲みながらベロベロになる米津さんの気怠い日々が歌詞にそのままなったような楽曲でしたね。

A面とは違い、カップリング曲だと米津さんの毒の混じったような本音や音楽性などが出てくるので解釈する側としても非常に楽しく面白いですね。

 

↓こちらの歌詞解釈記事もよく読まれています!↓

【米津玄師の自己否定】Paper Flower(ペーパーフラワー)の歌詞の意味を解釈・考察

【米津玄師】【徹底解説】Lemonの歌詞・PVの意味を解釈・考察

【米津玄師の好きな人?】春雷の歌詞の意味を解釈・考察

 

↓米津ファンなら絶対知っておきたい米津さん自身に関する記事も要チェック!↓

【現在までの過去を完全解説】米津玄師の経歴とそこから見える才能とは

【これで完璧!】米津玄師の髪型・セット大全

【男でも声が出るのはこの曲!】米津玄師の音域の幅とカラオケで歌いやすい曲

 


Lemon (初回限定映像盤 CD+DVD) [ 米津玄師 ]