【米津玄師】ディスコバルーンの歌詞の意味を解釈・考察

2018年6月28日

ディスコバルーンの曲にまつわる情報

ディスコバルーンは、米津玄師さんの1stアルバム「diorama」に収録されている曲でギターロックに乗せた中々怪しめなメロディが特徴の楽曲です。

あめふり婦人と同じようなダークな中に鬱屈とした米津さんの想いを感じるような曲ですね〜。

diorama [ 米津玄師 ]

ディスコバルーンのPV

この曲、PVがないので代わりにこちらの動画をアップしておきます!

ディスコバルーンのギターコード

ギターコードはこちら!
コードさえ掴めば、あとはひたすらAメロとリフはあのリズムを刻んでいくだけです。
Bメロはミュートピッキングにしてサビで大きく弾き鳴らすといいでしょう。

https://ja.chordwiki.org/amp/%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%82%B3%E3%83%90%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%B3

ディスコバルーンのインタビュー

インタビューはこちら!

ディスコバルーンは中々ライブでもやらないですし、dioramaのアルバム曲の中でも知名度は低い方なのでインタビューで取り上げられることはほとんどありませんでした。。

・ナタリーミュージック
https://natalie.mu/music/pp/yonezukenshi/page/2?nosp=1

ディスコバルーンの歌詞の意味・解釈を考察

ディスコバルーンは、ディスコとバルーンの造語となっています。

「ディスコ」はダンスフロア、「バルーン」は風船という歌詞に紐付いていきますが、果たしてそれぞれどういう意味合いで使われているのでしょうか…?

早速歌詞を考察していきましょう!

※この曲は1番Aメロと2番メロの歌詞が同じなので、1番Aメロの歌詞解釈のみこの記事では取り上げます。

ディスコバルーン_1番Aメロ前半歌詞の意味・解釈

嫌いだ嫌いだ あなたが嫌いだ

何処かへ消えてしまえばいい

嫌いなあなたは風船みたいだ

どうせどこへまでも

空っぽなのだろう

(出典: ディスコバルーン 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

あなたのことが嫌いだという表現の比喩として、目の前の相手に対して頭も中身も空っぽなんだからそのまま飛んでいなくなってしまえと前半では歌っています。

シンプルですが、風船で相手のことを表現しているのは非常にわかりやすいですね。

別のアーティストですが、BIGMAMAの曲にも「 Mr. & Mrs. Balloon」という曲があり、その中ではポジティブな意味合いですが「頭からっぽにすれば高く飛べる」という意味の歌詞があります。

このように同じ風船でも別の捉え方をすることができるのは不思議ですね〜。

ディスコバルーン_1番Aメロ後半歌詞の意味・解釈

あなたのコインの 表裏は

どちらも同じであるようだ

アンテナが折れた ダンスフロアには

安価なつくりの ビニール風船ばかりいる

(出典: ディスコバルーン 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

裏表が一緒というのは、「人の性格」のことではないでしょうか?もしかしたら自分は表裏があるにもかかわらず、相手はそれがない純真ピュアな人間であることに対しての嫉妬の可能性もあります。

ダンスフロアという言葉が出てきたので、これはタイトルの「ディスコ」と密接につながっていると見ていいでしょう。

「ビニール風船ばかりある」というのは、先ほどの前半歌詞の流れを汲み取れば「風船=からっぽのダメなやつ」という意味合いで捉えるのが自然な流れだと思われます。

アンテナが折れたというので、「相手の気持ちに敏感になれない大したことのない人」を揶揄しているのでしょうか、ビニール風船と組み合わせると相当相手のことを批判している曲のようにディスコバルーンを捉えることができますね。

ディスコバルーン_1番Bメロ歌詞の意味・解釈

かたっぽの靴脱げて何処かへ消えた

光って回る地球儀から

振り下ろされて

(出典: ディスコバルーン 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

歌詞が短いので意味は深く読み取ることができませんが、ディスコで踊っていたら自分の靴が脱げたのでしょう。その靴がどこかへ消えたということは、ディスコ(=世間の波)に飲み込まれていったと読み取ることができます。

そして続く「光って回る地球儀」という歌詞で、dioramaで米津さんがリスナーに伝えたいメッセージが解釈できます。

光って回る地球儀とは「大多数の世の中の人が光っている=優位である」という意味合いで捉えるとするのであれば、ディスコバルーンはやはり「世間の何も考えていないで暮らしている人たちの価値観に合わせて生きることができない米津さん自身の葛藤」が表現されていると考えることができます。

この解釈ができたのであればサビ以降の歌詞解釈もかなりスムーズになるかもしれません、先を読んでいきましょう。

ディスコバルーン_1番サビ歌詞の意味・解釈

声を揃えて慄いで

ちょっと遊んで行こうぜ

何も知らない夢のまま

死んでいけたら幸せだ

(出典: ディスコバルーン 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

「慄いで」とは「恐れを感じて震えること」を表す日本語です。声を揃えてビビっている、というのは世間一般の人が横に倣えの感覚を美学としていることを揶揄しているように感じられます。

それに対して「真面目なままじゃなくて、ちょっと遊ぼうぜ」と言っているかのような…。

何も知らない夢のままというのは、「世間一般とは違う価値観を持たずに自分も何も考えないで他の人と同じように生きられたのであればもしかしたら幸せだったのかもしれない」という米津さんの気持ちが表現されています。

この曲でずっと繰り返されている「死んでいけたら幸せだ」という歌詞はそのような意味合いだったのが自分で理解できて自分ですごく腑に落ちました(笑)

ディスコバルーン_2番Bメロ歌詞の意味・解釈

美徳などありはしない

受け取る心もない

光って回る地球儀が落ちた

(出典: ディスコバルーン 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

「美徳などありやしない」。ここでは、アートを感じられるセンスもないし、それを分かるだけの器(=受け取る心)が世の中の人にはないと歌っています。

様々なアート作品もそうですし米津さん自身のことが理解されないことに怒りを感じているのがこの一行から理解することができますね。

なので、次に続く歌詞も「光って回る地球儀が落ちた=世間がダメになっていく」という様子を表現している歌詞であることが容易に読み取れます。

地球儀で世の中の大衆を表す表現というか発想は一体どこからくるのでしょうか…?

ディスコバルーン_2番サビ歌詞の意味・解釈

肥える産廃火を持って

ちょっと遊んで行こうぜ

何も知らない夢のまま

死んでいけたら幸せだ

(出典: ディスコバルーン 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

まず、産廃火という言葉はありません。これは米津さんの作った造語です。

ここで言っているのはおそらく「世の中の大衆が気づかないようなアート作品で出来上がったガラクタの産業廃棄物」を燃やした火を指しているのではないかなと推測します。

後半部分は1番と同じ歌詞ですね。何も知らないまま死んでいけたら幸せだったのにという微妙な後悔というか悲しみというかといった気持ちがここでは歌われています。

ディスコバルーン_ラストサビ歌詞の意味・解釈

声が西へと抜けていく

ちょっと遊んで行こうぜ

何も知らない夢のまま

死んでいけたら幸せだ

声を揃えて慄いで

ちょっと遊んで行こうぜ

何も知らない夢のまま

死んでいけたら幸せだ

(出典: ディスコバルーン 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

「声が西へと抜けていく」、西という言葉の由来は太陽が沈む様を表す「去し」という言葉なので、もしかしたら地球儀が落ちたという表現などから「太陽が沈む=絶望の方向」を西という方角で指しているのかもしれません。

※最後の4行は1番サビと同じ歌詞なので解釈は割愛します。

まとめ|ディスコバルーンの歌詞の意味を解釈・考察

ディスコバルーンの歌詞を解釈してみましたがいかがだったでしょうか?

dioramaのほとんどの曲でも表現されていた米津さんの「世の中に対する不満・ネガティブな気持ち」がこのディスコバルーンでも表現されていましたね。

2018年現在の米津さんの歌詞などからはあまり感じられないメッセージ性なので、とても米津玄師20歳!という若さを感じることができますね。

 

↓こちらの記事も読まれています!↓

【米津玄師による”出会いと別れ”】アイネクライネの歌詞の意味を解釈・考察

【米津玄師】【徹底解説】Lemonの歌詞・PVの意味を解釈・考察

↓米津ファンなら絶対知っておきたい米津さん自身に関する記事も要チェック!↓

【徹底分析】米津玄師の音域の幅とカラオケで歌いやすい曲

【現在までの過去を完全解説】米津玄師の経歴とそこから見える才能とは


diorama [ 米津玄師 ]