【ハチ/米津玄師】【曲名の由来はラスト歌詞!】演劇テレプシコーラの歌詞の意味を解釈を考察

2018年6月28日

演劇テレプシコーラの曲にまつわる情報

演劇テレプシコーラは、ハチP(米津玄師)の楽曲でアルバム「OFFICIAL ORANGE」に収録されているボカロ曲です。初音ミクがボーカロイドとして使用されていますね。


OFFICIAL ORANGE/ハチ[CD]【返品種別A】

曲調としては3拍子のリズムで中世ヨーロッパの舞踏会をイメージするようなものとなっていて、頭に残るメロディラインが特徴のボカロ曲です。米津玄師時代にはあまり無いような曲調なので、米津玄師からハチへ時代を戻って聞いた人には少し新鮮かもしれませんね。

米津さんのツイキャス弾き語りでも何度も歌われているので、ハチのボカロ曲の中でも認知度は高めな曲かと思われます!

(サムネイル画像出典:https://www.youtube.com/watch?v=IVmq6lP0HIY)

演劇テレプシコーラのPV

演劇テレプシコーラのPVはこちら!

基本的に1枚絵の中に歌詞がどんどん表示されていくようなPVなのですが、2番サビや最後のサビ頭にかけて主人公の影が主人公自体を飲み込んでいくようになっていて、とても意味を考えさせられるPVとなっています。。

曲後半になるほど主人公の死が近づくような歌詞になっているので、その意味合いからでしょうか…?

後述の歌詞解釈に応じて、みなさん自身でもぜひこのPVの解釈もしてみてくださいね!

演劇テレプシコーラのギターコード

演劇テレプシコーラのギターコードはこちら!

https://ja.chordwiki.org/wiki/%E6%BC%94%E5%8A%87%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%97%E3%82%B7%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%A9

演劇テレプシコーラは先ほども書いたように三拍子の曲なので、ギター初心者は歌いながら弾くのが最初は大変かもしれません。。

まずは歌とギターを別々に練習して、どちらもできるようになったら、そこからゆっくりテンポを落とした状態で歌とギターを合わせていきましょう。コードとしては難しいものは無いので、リズムの部分だけ注意です。2番Bメロだけ3拍子の表拍のリズム通りに1.2.3に合わせてジャッジャッジャッと刻むようにストロークをするといいでしょう。

演劇テレプシコーラの歌詞の意味を解釈・考察

テレプシコーラはギリシャ神話の「舞踏の女神」の意味です。そこに演劇がつくので、まさに歌詞は踊りや舞台の世界観を意識したもので構成されています。

その演劇の舞台で主人公が迎える結末はとても残酷なものですが、それまでの背景は歌詞を表面的に読み取るだけではよく分かりません。

なので、なるべくこの演劇テレプシコーラの歌詞背景のストーリーを抑えていけるような解釈をしていければと思いますのでここからさらにお付き合いくださいませ!

演劇テレプシコーラ_1番Aメロ前半歌詞の意味・解釈

揺れて 傾く 照明の灯

ここは 童話の 世界さ

踵 鳴らして 踊ってる

君の 手に 忘れた

(出典: 演劇テレプシコーラ 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

踊っている且つ照明があるので舞台ステージにいることが分かります。照明が「揺れている」のはこの後の解釈に大きく関わってくるので覚えておいてください。

また、童話の世界ということから、いわゆる「むかしむかしのお話」というニュアンスも醸し出されています。おそらく僕が冒頭に書いたようなこの曲の印象はこの歌詞からも影響を受けているのでしょう。

このパートの歌詞全体として、情景描写で一気に世界観にリスナーを惹きつけつつ、「君の手に忘れた」という先の気になる歌詞で締めて次のパートへと移っていきます。

演劇テレプシコーラ_1番Aメロ後半歌詞の意味・解釈

林檎 片手に 狼が

「落とした のは 君か?」と

揺れる 世界に 耐えかねて

枯葉の 様に 落ちた

(出典: 演劇テレプシコーラ 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

林檎を片手に拾った狼は、赤ずきんや白雪姫のような童話的な存在として登場しています。

「揺れる世界」は先ほどの照明の火と同じように”揺れて”います。この”揺れる”という表現が繰り返されているあたりに、演劇テレプシコーラの意味が何か深く解釈できそうな予感がします

なので、それを深く考察するために「揺れる世界」を「米津さんにとって不都合な世界」と試しに仮定すると色々と解釈に幅が出てくることが分かります(後述)。

そうすると続く歌詞も、そんな世界に耐えかねずに枯葉のように落ちる(=死を迎える)という解釈ができるのかなとも思えますよね。どんどんこの仮定で解釈を進めてみましょう!

演劇テレプシコーラ_1番サビ歌詞の意味・解釈

フォリン

目が眩んでは立ち尽くしてる

アメイジン

観客はもう一人もいない

(出典: 演劇テレプシコーラ 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

目が眩むという歌詞ですが、先ほどの揺れる世界というところにも通じてきます(目が眩むと世界も揺れますので)。その揺らいだ世界に堕ちていってしまう自分の姿を「フォーリン(=falling)」と表現しているのではないでしょうか?

続く「自分を見る観客はもういない」という歌詞。これは自分に興味を持つ人が誰もいなくなってしまったという米津さん(ハチP)自身の当時の孤独感や既存の世界への反骨心から来ている歌詞なのではないかなと推測します。

米津玄師としてリリースした1stアルバム「diorama」時代の歌詞をいくつか見ても、首無し閑古鳥恋と病熱抄本などの歌詞は「自分は他の人とは違う見た目や感性を持っているので、孤独であり、それがゆえに周りの人に愛されたいし愛したい」というメッセージが強く出ているので、そことも繋がっていくのかなと。。

そして、アメイジンという歌詞ですが、これは英単語のamazingであることは分かりますので、「なんと、気がついたら1人になってしまっていた!」という意味合いでのアメイジンなのかなと上記の流れで推測ができます。

米津さん(ハチP)の過去のインタビューをいくつか読んでおくとこの辺りの話はわかりやすいので、ファンの方はrockin’on JAPANのバックナンバーをぜひ取り寄せましょう!

演劇テレプシコーラ_2番Aメロ前半歌詞の意味・解釈

小指に 繋がる 赤い糸

電線に 絡まり 解けない

喉の 途中で 引っかかる

台詞 一つ 飲み込んだ

(出典: 演劇テレプシコーラ 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

小指に繋がる赤い糸が解けないとのことで、ここの歌詞は「恋人」や「恋愛」を表す赤い糸があえて”電線”に引っかかっているのが気になるところですよね。

この”電線”は「インターネット」を指しているのではないかなと個人的に推測しています。米津さん(ハチP)はインターネット文化に造形の深い人なのと、ちょうど彼が高校生時代はモバゲーが流行ったり、ガラケーでメールを好きな人で送り合う文化があった頃。

なので、このインターネットにどっぷりはまった自分はうまく相手に「好き」という言葉が言えないのではないのかなと…(=先ほどの「愛してる」を周りの人に求めている姿にも通じてきますね)。

なので、喉の途中でひっかかる言葉が何なのか気になるところかと思いますが、個人的にこの言葉は「好き」もしくは「愛している」だと思っています。

演劇テレプシコーラ_Bメロ歌詞の意味・解釈

影絵になって

人形になって

踊り踊れ

言葉を吐け

拳銃を持って

拳銃を持って

世界を撃ち抜け

(出典: 演劇テレプシコーラ 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

1人で舞台に立っている主人公は、影絵になったり人形になったりと、何かの操り人形のように”踊らされています”。(これが意味する言葉は最後のラストの歌詞で全てが分かるのでお楽しみに!)

後半歌詞の、「拳銃を持って世界を撃ちぬけ」という歌詞。これは、先ほど説明した「揺れる世界(=米津さんと合わない世界)」をぶっ壊そうという意味の婉曲的な表現でしょう。

この世界を壊してしまうということはつまり…。

先の歌詞を読み込んでいきましょう。

演劇テレプシコーラ_2番サビ歌詞の意味・解釈

フォリン

その唇が吐き出さない様

アメイジン

全て無視して口付けをした

(出典: 演劇テレプシコーラ 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

Falling=フォーリン、なので何かに落ちていく様子が描かれています。1番とは違い、2番の歌詞は「恋」が色濃く出てきているので、落ちていく先は恋なのか、はたまた闇なのか。。と色々解釈ができそうです。

「口付け」とあるので恋と捉えるのがストレートな解釈ではありますが、この歌詞の時にPVでは主人公の顔が真っ黒に塗りつぶされているので、ここに関して、僕個人としては「闇に堕ちた」と解釈したいなと思います。

その唇が吐き出さないようにしているのは先ほどのパートの「言葉を吐け」とリンクしているものだと思われますね。つまり、世界に踊らされてその操られるがままに言葉を発する存在に対して「もう誰かの言葉でなく、自分の好きな言葉で話しな(=自分の好きなように生きな)」という自己表現の許しのようなニュアンスを感じることができるということです。

少し考えすぎかもしれませんが、米津さんはこれぐらい深く考えて曲を作る人なのはよく分かっているので恐らく合っているのではないかなぁと。。

演劇テレプシコーラ_Cメロ前半歌詞の意味・解釈

アン ドゥ ジ ラ

(出典: 演劇テレプシコーラ 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

この歌詞ですが、フランス語で1,2,3を表す「アン,ドゥ,トロワ」を分解した歌詞ですね。トロワを分解するときに語呂がよくなかったのでジ・ラに分けたのか、米津さん(ハチP)のことなので何かの本などの文章のオマージュでジ・ラにしていると思われます。

曲も3拍子なのでこの言葉を使っているのもありますが、おそらく踊りの側面で言えばバレーでもよくこの「アン,ドゥ,トロワ」は使われるので、そこにもかけているのでしょう。

演劇テレプシコーラ_ラストサビ歌詞の意味・解釈

フォリン

世界が揺れる傾いていく

アメイジン

「最初の台詞思い出せるかい?」

フォリン

目が眩んでは泣きそうになる

アメイジン

観客はもうあなた一人だけ

(出典: 演劇テレプシコーラ 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

世界が揺れて傾いていく。これはどんどん米津さんに合わない既存世界という存在自体が壊れ始めている(もしくは米津さん自身が世界から消え始めている)ことを指していると解釈することができます。

続く「最初の台詞を思い出せるかい?」というのは、「この世に生まれてきた時に”演じ始めた”最初のキャラクターの最初の言葉を覚えているか?」というかなり文学的かつ婉曲的な自分の存在意義への問いかけを示していると推測されますね。

後半歌詞になると、また目が眩んで世界が揺れ出し、世界に合わない米津さんは泣き出しそうになってしまいます。

どんどん曲が最後に進むにつれ、揺れる世界と米津さん自身が磁石のように相反して距離ができ乖離していく様子が脳裏に浮かびますね…。

演劇テレプシコーラ_アウトロ歌詞の意味・解釈

「それでは皆さんさようなら」

舞台で彼女は微笑んで

頭に銃を突きつけた

(出典: 演劇テレプシコーラ 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

最後はまさかの自決シーンです。。

先ほどの拳銃で自身の頭を撃ち抜いて自殺する様子が最後の最後に描かれていますが、これは「この世界は変えられようがない自分と合わない腐った世界なんだから、だったら自分の方からこの世界とおさらばしてやる」という米津さん(ハチP)の個人的な想いが感じられますね。

自分という人間をこの世界において「演じていて」「世界に踊らされていた」から、「演劇テレプシコーラ」というタイトルになったのかなと、全体を通して解釈することができます。

まとめ_演劇テレプシコーラの歌詞の意味を解釈・考察

演劇テレプシコーラの歌詞解釈をしてみましたがいかがだったでしょうか?

最初は単純な童話ベースの楽曲なのかなと思いましたが、深く考えて考察してみると、米津さん自身の現実世界への反発の歌だったのだなと解釈することができました。

このハチP時代や米津玄師名義の「diorama」時代の楽曲は、こういう米津さんの過去の傷から生まれるアーティスティックな曲が多いので、気になる方はいくつか違う歌詞解釈の記事も読んでみることをオススメします!(個人的にviviとか良いかも。。)

 

↓他の人気記事はこちら!↓

【ハチP/鬼のように解釈】結ンデ開イテ羅刹ト骸の歌詞の意味を解釈・考察

【ハチP/米津玄師】WORLD’S END UMBRELLAの歌詞の意味を解釈・考察

 

↓米津ファンなら絶対知っておきたい米津さん自身に関する記事も要チェック!↓

【現在までの過去を完全解説】米津玄師の経歴とそこから見える才能とは

【男でも声が出るのはこの曲!】米津玄師の音域の幅とカラオケで歌いやすい曲

【これで完璧!】米津玄師の髪型・セット・おすすめワックス大全

 


OFFICIAL ORANGE/ハチ[CD]【返品種別A】