【米津玄師/DAOKO】打上花火の歌詞の意味を解釈・考察

2018年6月28日

打上花火の曲にまつわる情報

打上花火は、米津玄師さんとDAOKOさんのコラボ曲で、岩井俊二監督原作の映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』の主題歌として書き下ろされた楽曲となっています。

米津玄師名義の4thアルバム「BOOTLEG」には、米津さん自身がこの曲をセルフカバーしたバージョンの曲が収録されていて、DAOKOさんとのコラボとはまた全然違う雰囲気の曲となっているので、こちらも要チェックです。


BOOTLEG (通常盤) [ 米津玄師 ]

※こちらの「米津玄師 2018 LIVE / Fogbound Teaser」動画の0:38〜で米津玄師セルフカバーの打上花火のサビを一瞬聞くことができます!

 

RADWIMPSの「前前前世」と同様に、アニメ映画から再度2017年を代表する楽曲が登場したと各種メディアで取り上げられ、DAOKOさんはミュージックステーションやCDTVなど様々なテレビ番組でこの打上花火を歌っていたのは、記憶に新しいかと思われます。

 

「打上花火」という題材をモチーフに、一夏の甘くも切ない恋心を男性目線・女性目線からそれぞれ歌っていて、楽曲の中でも米津さんとDAOKOさんの掛け合いパートがあったりと話題に事欠かないこの楽曲を今回は深く解釈していこうと思います!

では、まずは打上花火の楽曲にまつわる情報から!

(サムネイル画像出典:https://www.youtube.com/watch?v=-tKVN2mAKRI)

打上花火のPV

打上花火のPVは映画のシーンカットを繋ぎ合わせたものとなっています。

さすがの豪華クリエイター陣で作られたアニメだけありますね…映像美のレベルが段違いです。

特に水の表現がすごくいいですね。プールが活き活きとして躍動感と幻想感を持っているように見えます。

打上花火のギターコード

U-フレットからギターコードを持ってきました!

http://www.ufret.jp/song.php?data=38923

カポを4フレットにつけるのが簡単コードとして紹介されていますが、おそらく半音下げチューニングにしてC→D→Em7→Gと弾いていく方が簡単だと思われます。

こちらのだっちさんのYouTubeの弾き語り動画でも同様のコード進行となっているので、ぜひこちらのコードで初心者の方は演奏してもらえればなと!

演奏のスタイルとしては、やはりイントロ〜Bメロまでがかなり静かな曲なので、そこまではアルペジオで切なく弾き、サビのタイミングでしっかりとコードストロークをして迫力を出していく形が綺麗なのかなと個人的には思います。

この曲、弾き語りで歌えたらだいぶかっこいいと思うので、ぜひチャレンジしてみてくださいね!

打上花火のインタビュー記事

やはりアニメ映画のタイアップ且つ米津さんとDAOKOさんのコラボ曲ということで、数多くのインタビュー記事がネット上で見つかりました。

米津さんがどういう思いでこの曲を制作したのかについて、ぜひこれらのインタビュー記事から感じ取ってみてくださいね。

・ナタリーミュージック

https://natalie.mu/music/pp/daoko04

・animate Times

https://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1502772092

・okmusic

https://okmusic.jp/news/198624

打上花火の歌詞の意味を解釈・考察

打上花火は、映画の世界観・主人公とヒロインの心情描写を綺麗なメロディで歌い上げた楽曲となっています。

なので、映画を見ないと多少歌詞の意味が分かりにくい部分がありますので、そこは事前にご了承ください。(※一部映画のネタバレ的な要素が入っていますので、それでも構わないという人のみ先をお読みください。)

では、早速歌詞を見ていきましょう!

打上花火_1番Aメロ歌詞の意味・解釈

あの日見渡した渚を 今も思い出すんだ

砂の上に刻んだ言葉 君の後ろ姿

(出典: 打上花火 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

「渚」「砂の上」というワードが散りばめられていることから、海の情景が一気に浮かぶ歌詞ですね。

「今も思い出す」というところに”過去を顧みるニュアンス”を読み取ることができます。映画の中に照らし合わせて考えた時に、典道となずなのどちらの目線からも歌われているように感じますね。

そして、その渚には砂浜に書かれた言葉と相手の後ろ姿の情景も同時に描かれています。

最初から一気に「気になっている相手との思い出への懐古的感情」を描いて、世界観に一気に引き込んでいるAメロ前半ですね。

打上花火_1番Bメロ歌詞の意味・解釈

寄り返す波が 足元をよぎり何かを攫う

夕凪の中 日暮れだけが通り過ぎて行く

(出典: 打上花火 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

主人公たちの足元に波が何度も押し寄せ”何か”を攫っていくようです。この”何か”はおそらく色々な解釈ができると思いますが、個人的には映画と照らし合わせて「2人の平穏な時間」のことだと解釈しています。

特にヒロインのなずなは親の影響でかなり振り回されていますので、彼女の時間の方がニュアンスとしては強いかもしれません。

そして歌詞後半の「夕凪」は夕方に海風が一切なくなる時間帯の意味で、風音も全てが無くなった中で、ただただ日が暮れていくという儚く切ない風景描写をより際立たせていると考えられます。

すごく具体的な言葉が今のところあるわけではありませんが、リスナーに対して夏の切なさを胸いっぱいに感じさせるこのAメロの歌詞は、やはり米津さんだからこその歌詞だなぁと感心してしまいます。

打上花火_1番サビ歌詞の意味・解釈

パッと光って咲いた 花火を見ていた

きっとまだ 終わらない夏が

曖昧な心を 解かして繋いだ

この夜が 続いて欲しかった

(出典: 打上花火 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

「打上花火」が題材なだけあって、サビは花火の描写を中心に主人公たちの切ない心中について表現されています。

花火が咲いても主人公たちの夏は終わらずに続き、なずなの親や裕介の目をかいくぐって逃げていく場面を想起させますね。

続く「曖昧な心」は、典道となずなの互いを想う淡い恋心とも捉えられますし、この街から逃げようかどうしようかという迷い的な心境のようにも捉えることができます。

(個人的には、”繋がった”という表現が続くことから、ここでは前者の2人の気持ちが繋がったというように捉える方がベターかなぁと思っています。)

最後の「夜」は、2人きりで駆け落ちして街から逃げようとする夜のことでしょう。

打上花火_2番Cメロ歌詞の意味・解釈

「あと何度君と同じ花火を見られるかな」って

笑う顔に何ができるだろうか

傷つくこと 喜ぶこと 繰り返す波と情動

焦燥 最終列車の音

(出典: 打上花火 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

この2番のパートからボーカルがDAOKOさんから米津さんにバトンタッチされます。

そして、この歌詞のセリフ的に2番の歌詞は主人公の典道目線で描かれているものだと思われます。

「情動」という言葉は気持ちが動くことを指す言葉で、「傷つく・喜ぶ」という相反する気持ちの揺れ幅を表現し、それが波の寄せては返す様子と被るので歌詞として並べていることが分かります。

※余談ですが「情動」という言葉は、過去に2ndアルバム「YANKEE」に収録されている「リビングデッド・ユース」という言葉にも出てきます。

そして、歌詞最後の「焦燥」と「最終列車」は言わずもがな、映画後半で2人が周囲の目をかいくぐって駆け落ちしようとする「焦り」の感情と、2人を乗せて海の上を走る電車のことですね。

特筆すべきはこれらの歌詞を全て韻を踏んで表現し切っている米津さんのセンスなんですよね。。

打上花火_2番Dメロ前半歌詞の意味・解釈

何度でも 言葉にして君を呼ぶよ

波間を選び もう一度

もう二度と悲しまずに済むように

(出典: 打上花火 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

もしも玉で主人公たちが時間を巻き戻す描写が映画にあるかと思いますが、ここではその時間の繰り返しを「何度でも」という歌詞で表現しているのではないかなと個人的には思っています。

そして、続く歌詞の「波間を選ぶ」という表現。これは、君の名前が波の音にかき消されないように声が聞こえるタイミングを縫って呼びかけるという意味合いになるのではないかなと解釈できます。

君という存在が悲しみを感じてしまうことを阻止するため、懸命に何度も必死に相手の名前を呼んでいる様子は、映画のストーリーにも合っていますね。

打上花火_2番サビ歌詞の意味・解釈

はっと息を飲めば 消えちゃいそうな光が

きっとまだ 胸に住んでいた

手を伸ばせば触れた あったかい未来は

ひそかに二人を見ていた

(出典: 打上花火 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

“一瞬で”光って消えてしまう打上花火の光が2人の心に”ずっと”まだ残っているという時間軸の相反性が歌詞の美しさを際立てます。

また、一夏の思い出としては一生忘れないような行動を主人公たちはしているので、映画の一連の流れもまとめて思い出として胸にまだ残っているというように解釈をすることもできそうです。

歌詞後半の「あったかい未来」は「2人で一緒にずっといる未来」のことで、その未来には様々な障害が邪魔をしてなかなか辿り着けないというところから「ひそかに見ている」という擬人法で上手く表現をしています。

米津さんの使う擬人法は本当に心にグッとくるものが多くて、今までだと「春雷」「あめふり婦人」などでそういった擬人法の表現が個人的にはたまらなく好きです。

打上花火_Eメロ前半歌詞の意味・解釈

パッと花火が 夜に咲いた

夜に咲いて 静かに消えた

離さないで もう少しだけ

もう少しだけ このままで

(出典: 打上花火 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

ここは掛け合いが中心で、歌詞の内容というよりも曲の最後の盛り上がりに向けての助走的な意味合いでのパートというように捉えるのが解釈的には合ってるんじゃないかなーと思います。

打上花火が咲いては消えるという刹那的な儚さの中で、主人公の2人が離れ離れにならないでずっと手を握り合っていたいという心情を米津さんとDAOKOさんの掛け合いで表現しています。

歌詞と映画の関連を解釈すると、映画でのヒロインのなずなは親の影響で2学期から転校するため、「次はいつ会えるかな?」と映画後半で典道に投げかける名場面と重ねた歌詞であることがすぐに分かりますね。

※ラストサビは1番Aメロ・1番サビの歌詞と全く同じなので、解釈は割愛します。

 

まとめ|打上花火の歌詞の意味を解釈・考察

打上花火の歌詞の解釈をしてみましたが、いかがだったでしょうか?

映画の主人公たちの目線を含ませつつ、誰もが頭に想像できるような夏の儚いノスタルジックな風景を美しく描写している楽曲でした。

このように作品のコンセプトを楽曲で表すことに米津さんは長けているので、他にも数多くのアニメやCM、ドラマで楽曲が使用されています。

また、BOOTLEGでは、他にも初音ミクに当初歌わせていた「砂の惑星」のセルフカバーもこの打上花火同様に収録されていますので、そちらもぜひチェックしてみてくださいね!

 

↓こちらの記事もよく読まれています↓

【米津玄師】【徹底解説】Lemonの歌詞・PVの意味を解釈・考察

【米津玄師が込めた真の意味とは】アイネクライネの歌詞の意味を解釈・考察

 

↓米津ファンなら絶対知っておきたい米津さん自身に関する記事も要チェック!↓

米津玄師のプロフィールをファン目線でコアなとこまでまとめてみた

【これで完璧!】米津玄師の髪型・セット大全

米津玄師のファッションブランドを全部リストにしてみた

 


BOOTLEG (通常盤) [ 米津玄師 ]