【米津玄師】こころにくだものの歌詞の意味を解釈・考察

2018年6月28日

こころにくだものの曲にまつわる情報

「こころにくだもの」は、米津玄師さんのシングル「アンビリーバーズ」のカップリング曲として3曲目に収録されている楽曲です。


アンビリーバーズ [ 米津玄師 ]

イントロのタンタンタンタン…という音もそうですし、サビのくだものの名前をひたすら歌っている歌詞もとても可愛いです

BOOTLEGに収録されている「かいじゅうのマーチ」のようにNHKのみんなの歌とかにいかにも使われそうな楽曲だなと。。

ただ最後のサビ前のギターがとてもテクニカルかつメロディラインがとても綺麗で、すごく米津さんのミュージシャンとしての職人魂を感じます。

こころにくだもののPV

PVはカップリング曲なのでありません。そのため、Youtubeからこちらの歌ってみた動画をアップします。女性の声で「こころにくだもの」が歌われるのもまた良いですね!

こころにくだもののギターコード

こころにくだもののギターコードはこちら!

http://www.ufret.jp/song.php?data=28240

弾き語りで歌うのにはテンポもちょうどいいですし、メロディも分かりやすくてとても歌いやすいです。コードも特に難しいものはないようですので、初心者にも向いていますね。

カポを1フレットにセットしないといけないので、もし持っていなければ購入するようにしましょう!

こころにくだもののインタビュー記事

インタビュー記事はこちら!

・ナタリーミュージック

https://natalie.mu/music/pp/yonezukenshi06/page/4

・EMTG MUSIC

http://music.emtg.jp/special/2015080622469783e

・M-ON! MUSIC

https://www.m-on-music.jp/0000115481/

こころにくだものの歌詞の意味を解釈・考察

こころにくだものは、タイトルから察するに「こころにくだもの=こころに栄養」と解釈できるので、何か落ち込んだ時に聞くとこころが安らぐようなそんな世界観の歌詞なのかなと解釈します。

では、どんな歌詞が展開されていくのか、早速解釈をスタートさせましょう!

こころにくだもの_1番Aメロ歌詞の意味・解釈

泣きたいときは歌うのさ

美味しいくだもの言葉に乗せて

そしたら不思議なくらいにさ

気持ちが安らぐんだ

ピアノの音がしていたよ

今では全然聞こえないけど

あの子は聞くとこの間

遠くへ引っ越したって

(出典: こころにくだもの 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

泣きたい時にくだものの名前をサビの歌詞のようにのせて、主人公はよく歌うようです。

心に栄養を与えるという解釈を冒頭にしましたが、そのイメージにかなり近いのかもしれません。

では、なぜ悲しいのかという解釈ですが、主人公のおそらくすぐ近所に住んでいた子が引っ越ししてしまったからというのが理由のようです。

ピアノを趣味でやっていたのか、ずっと練習していた音が主人公のところまで届いていたのですが、いつの間にかその音はなくなり、その喪失感のようなものから主人公は寂しくなって悲しくなっていると推測出来ます。

アイネクライネメトロノームのように、この曲は子供の目線から見た「出会いと別れ」を描いた物語のようですね。

米津さんがずっといろいろな曲で描いていたものを幼い子供の目線からアプローチした曲だということが分かります。

こころにくだもの_1番Bメロ歌詞の意味・解釈

胸の奥 心の中にある

くだものが涙を吸い込み

少しずつ大きくなるんだ

その度に 僕もまた 大人になっていく

(出典: こころにくだもの 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

こころにくだものということで、口ずさんだくだものは自分の中で悲しみを糧にしてはドンドンと大きくなっていくようです。

そして、その悲しみを何度も味わっていくのと同時に、それが大人へなっていくことなんだと米津さんはここのBメロでリスナーヘ伝えています。

別れの悲しみを知る回数に応じて大人になる、とても深いですね…。

こころにくだもの_サビ歌詞の意味・解釈

りんご レモン ぶどう メロン

いちご バナナ みかん キウイ

(出典: こころにくだもの 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

こころにくだものというタイトルだけあって、サビはくだものだらけです(笑)

米津さんがくだものの名前をポップなメロディに乗せてずっと歌っているのがとても可愛らしいですよね。

「りんご」と「いちご」は最後が「ご」で終わるので合わせていることがわかりますが、「メロン」と「みかん」は同様に並列として歌詞が並んでいません。

これに関しては、メロディが微妙に前半と後半のこの3小節目の部分で異なるからだと僕は考えます。

とはいえ、もしかしたら米津さんの気まぐれで決まっているのかもしれませんが、歌詞を作った張本人に聞かないとこの部分は分かりませんね。

こころにくだもの_2番Aメロ歌詞の意味・解釈

泣きたいときは歌うのさ

美味しいくだもの言葉に乗せて

誰にも知られないように

木陰に隠れながら

同じとこで何回も

間違う下手なピアノの音でも

僕には特別だったよ

(出典: こころにくだもの 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

入りの歌詞は1番Aメロと同じです。今度は木陰に隠れていつも歌っているという新しい情報が入ってきましたが、こちらは「他の誰かに知られないように悲しみを緩和するために歌う」という主人公の少しシャイというか周りの目を機にする風景描写と解釈できるのではないでしょうか?

引っ越してしまった「君」は、ピアノの練習で何度も同じ場所を間違えていて、その音が自分にとっては特別だったというなんとも可愛らしい風景が頭にイメージ出来ます。絵本のようでとてもほっこりしますね。

こころにくだもの_2番Bメロ歌詞の意味・解釈

胸の奥 よりどりみどりの

くだものが悲しみを食べる

いま君は 何をしてるかな

君もまた 僕もまた 大人になっていく

(出典: こころにくだもの 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

ここは1番Bメロとほぼ同じですね。今度は悲しみを食べるという表現に変わっていて、さらにくだものという”食べ物”をイメージさせるような言葉に置き換わっています。

そして、別れた「君」という存在に対しても、先ほどの解釈のように「大人になっていく」ということを感じているのだろうか?とふと想いを馳せている主人公の心情がここでは描写されています。

※以下、サビと同じ歌詞がずっと繰り返されるため歌詞役は割愛させていただきます。

まとめ|こころにくだものの歌詞の意味を解釈・考察

こころにくだものの歌詞の解釈をしていきましたが、いかがだったでしょうか?

米津さんの曲の中でも、ここまでポップに仕上がっている曲も中々ないので新鮮でした。

余談ですが、『Lemon』『クランベリーとパンケーキ』など、ここ最近くだもの関係の曲が増えていますけど、何か米津さんの中で果物がホットなワードになっているのですかね…?

ぜひ米津さんの口からこのことについて言及されるのを心待ちにしています!

 

↓こちらの記事もよく読まれています!↓

【米津玄師】アンビリーバーズの歌詞の意味を解釈・考察

【米津玄師】旅人電燈の歌詞の意味を解釈・考察

【米津玄師】Flowerwallの歌詞の意味を解釈・考察

 

↓米津ファンなら絶対知っておきたい米津さん自身に関する記事も要チェック!↓

【徹底分析】米津玄師の音域の幅とカラオケで歌いやすい曲

米津玄師のあのCM・主題歌に使われている曲はこれだ!全11選

米津玄師とハチは同一人物だけど「楽曲・歌詞のつくり」がどこか違う?

 


アンビリーバーズ [ 米津玄師 ]