【米津玄師の想いが隠された】ゴーゴー幽霊船の歌詞の意味を解釈・考察

2018年6月28日

ゴーゴー幽霊船、みなさん歌詞の意味は分かりますか?

米津さんの初期楽曲特有の「一見すると支離滅裂に見える歌詞」の特徴が表れている楽曲でもありますが、実はきちんと歌詞に意味が込められています。

そこで、今回は米津玄師オフ会企画主でもある僕が、この人気楽曲の歌詞を徹底的に解釈していこうと思います!

(サムネイル画像出典:https://www.youtube.com/watch?v=2PqxOytUjz0)

ゴーゴー幽霊船の曲にまつわる情報

ゴーゴー幽霊船は、米津玄師さんの1stアルバム「diorama」に収録されている曲で、耳に残るギターロックに乗せてノイズやリズムに全く合っていないギターチョーキングの音などが織り混ざるかなりカオスな曲となっています。


diorama [ 米津玄師 ]

もう昔から人気な曲で、「diorama」が発売されて6周年になった日にはTwitterなどでもこうしたファンからのお祝いツイートにイラストが添えられているものが多かったのが印象的なくらいの定番ソングですね。

それではゴーゴー幽霊船にまつわる情報を見ていきましょう!

 

ゴーゴー幽霊船のPV

米津さん直筆のイラストPVとなっており、歌詞に出てくる17歳の少女とアナログテレビをモチーフにした主人公的キャラクターのやり取りを描いたPVとなっています。

この曲はハチ〜米津玄師へのまさに移行期間中の楽曲だということができ、ボカロっぽさがまだまだ感じられますね~。

アナログテレビの方は同じく「diorama」に収録されている心像放映だったり街の「ぼんやり飛んだ電波」だったりのキャラクター化したものなのかなぁとも思っています。

漫画風のコマ割もいい味が出ていますよね。

ゴーゴー幽霊船のギターコード

曲全体のコードはこちらのURLから見ることができます!

https://ja.chordwiki.org/amp/%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%82%B3%E3%83%90%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%B3

 

イントロからAメロにかけては3フレット3弦と4弦を人差し指でセーハで押さえて他の弦は軽く触れてミュートさせて弾き、そのまま5フレットに移動させます。

その後、6フレットの1弦と2弦を中指で同じようにセーハして弾くと、米津さんがツイキャスなどで弾いているような弾き語り的なニュアンスで弾くことができるようになります

これを弾きながら歌うのはなかなか骨が折れるかもしれませんが、決して出来なくはないのでしっかり右手にリズムを叩き込んで練習してみてくださいね。

 

こちらのだっちさんの弾き語り動画も参考になるのでぜひ!

(※カポ付きでキーが微妙に違うので注意してください!)

 

ゴーゴー幽霊船のインタビュー記事

ゴーゴー幽霊船は普段からライブでもよく1曲目に演奏されることも多く、PVもある曲なのですがあまり米津さんのインタビューは見つかりませんでした。。

そのため、収録アルバム「diorama」のアルバムインタビューをアップします!

・ナタリーミュージック

https://natalie.mu/music/pp/yonezukenshi/page/2?nosp=1

・TOER RECORDS ONLINE

http://tower.jp/article/interview/2012/05/05/TOWER342-2

 

ゴーゴー幽霊船の歌詞の意味を解釈・考察

ゴーゴー幽霊船は歌詞の解釈が難解な楽曲で有名です。

この曲に関しては歌詞だけだと意味が読み取りづらいので、PVのキャラクターやイラストなども解釈した上で、ゴーゴー幽霊船に込めた米津さんの隠されたメッセージを紐解いていきます!

ゴーゴー幽霊船_1番Aメロ前半歌詞の意味・解釈

ちょっと病弱なセブンティーン

枯れたインクとペンで絵を描いて

継いで接いでまたマザーグース

夜は何度も泣いてまた明日

回る発条のアンドロイド

僕の声と頭はがらんどう

いつも最低な気分さ

君に愛されたいと願っていたい

(出典: ゴーゴー幽霊船 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

PVに出てくるこの17歳の少女、おそらくこのゴーゴー幽霊船が公開されたのが米津さんが18歳頃のはずなので、かなり米津さん本人に近い存在として重ね合わせられている可能性が高いと思われます。

それを踏まえて解釈をしていくと、「枯れたインクとペンで絵を描いて」という部分がもともと漫画家を目指していたり美術学校に通っていた米津さんに重なって見えてきます。(このPVもまさに漫画調ですしね。)

 

さて、一見意味不明に見える”マザーグース”という単語は「英語の伝承童謡の総称」のことです。

これを継ぎ接ぎすると言っているのは、音楽や絵などの自分の作品を毎日毎日継ぎ接ぎするかのように作っている様子を指しているのではないかなと思われます。

それを踏まえた上で次の歌詞の意味を考えていくと、米津さんは夜行性な人なので、毎晩作りながらも「なんかうまくいかないなぁ…」と悩んでは朝を迎えるといった経験をしていたのかなと推測することができます。

 

そして後半の歌詞ですが、自分のことを好きでないと言っていた米津さんのインタビューを読んだ上でだと、この「いつも最低な気分」であることは理解できますし、「声と頭もよくない(=がらんどう)」と揶揄しているのも分かります。

アンドロイドに関しては、おそらく初音ミクをはじめとしたボーカロイドのことを指していると思われ、米津さんが自分の身体を使ってうまく歌えない曲でもボーカロイドならばプログラミングで指示さえすれば(=発条を回せば)、綺麗に歌うことができるという自虐的な表現に結果としてなっています。

「がらんどう」と似たような耳障りの良い韻を踏んだ言葉として「アンドロイド」という単語をチョイスしつつ、曲で伝えたい”自分のアーティストとしての身体性の至らなさ”も表現できているのが見事です…!

 

「愛されたいと願っていたい」という最後の一行は、diorama全体で米津さんが様々な曲で口にしている歌詞ですね。

「抄本」「恋と病熱」「首なし閑古鳥」など多くの曲で同じように「愛されたい」という歌詞が出てきますが、これは「米津さんが世間一般の価値観とはズレた価値観・感性を持っているが故に今まで認めてもらえてこなかった」ことに対する心の本音を示しているのだという見解を僕はしています。

ゴーゴー幽霊船_1番Aメロ後半歌詞の意味・解釈

ずっと病欠のセブンティーン

曇らないまま今日を空き缶に

空の雷管とペーパーバッグ

馬鹿みたいに呼吸を詰め入れた

あいも変わらずにアンドロイド

君を本当の嘘で騙すんだ

僕は幽霊だ 本当さ

君の目には見えないだろうけど

(出典: ゴーゴー幽霊船 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

前半と同じように17歳の少女が出てきました。今度はずっと病欠ということなので、白くて細身の米津さんがまたしても自分に似た存在を自虐・揶揄しているように読み取ることができます。

次の歌詞が難しいんですよね。。雷管とは下の写真のような「銃弾のお尻部分にある突起のようなもの」です。

雷管_ゴーゴー幽霊船

で、ペーパーバッグはこれです。

ゴーゴー幽霊船_ペーパーバッグ

この2つに対して「馬鹿みたいに呼吸を詰め入れた」と歌っています。

今日を空き缶に入れてしまうようなマイナスの空気感から察するに、これらに空気を込めるというのは「ため息を込める」ということなのではないでしょうか?

後半歌詞に「僕は幽霊さ」とあるので、先ほどのセブンティーンの少女は米津さん(=主人公)とは違う存在ということが確定しました。ただ、先ほど見たようにかなり米津さんに近い存在ではあるので、多分ですが「アーティスト」の比喩的存在なのかなと思われます。

そうすると、「本当の嘘」という歌詞もアーティスト的生き方だということが分かります。確かに本当に生き方の1つではあるものの、一般人の感覚からするとそんな生き方は「嘘」みたいな生き方なので、そのような意味で米津さんはここの歌詞を書いたのでしょう。

最後の歌詞の「君の目には見えない」というのは、君という存在がまだ一般人的な価値観を持ち続けているからアーティストになりきれていないという意味合いだと思われます。

 

ゴーゴー幽霊船_1番Bメロ歌詞の意味・解釈

そんなこんなで歌っては

行進する幽霊船だ

善いも悪いもいよいよ無い

閑静な街を行く

(出典: ゴーゴー幽霊船 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

「幽霊船」はPVを見る限り、自分が幽霊であると言っていて似たようなキャラクターが主人公の周りに何体も集まっていることから、「米津さんと似たような存在の集合体」と考えることができます。

この集合体が何を表すかといえば、dioramaのコンセプトを考えると「アーティストとしての生き方とそれとは真逆をいく世間一般の安定した生き方をする人たち」のうちのアーティスト側を表しているものだと捉えることができます。

人生は一度きりだから、やりたいことに対してそういった思い切った生き方をするという価値観と俗に言う普通の生き方をするという価値観の双方に「善いも悪いもなく」、ただこのアーティストたちは安全な道を行って静かに暮らしている人たちの”街”を通り過ぎていきますよという米津さんからのメッセージを感じることができます。

やはりここでも”街”がこのような使われ方をされているのがとても印象的ですね。

ゴーゴー幽霊船_1番サビ歌詞の意味・解釈

電光板の言葉になれ

それゆけ幽かな言葉捜せ

沿線上の扉壊せ

見えない僕を信じてくれ

少年兵は声を紡げ

そこのけ粒子の出口隠せ

遠い昔のおまじないが

あんまり急に笑うので

(出典: ゴーゴー幽霊船 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

「電光板の言葉」は直接的な口からの言葉でなく、別のものを媒介して言葉を伝えるということなので「ボカロ(=電子)」を使って自分の歌を歌わせていることに重ねているのでしょうか?

幽かなと「幽霊の”幽”」の漢字をあえて使っているあたり細かいですよね〜。

続く「沿線上の扉」はいわゆる「レールに沿った生き方への入り口」のことでしょう。アーティストとして生きる米津さんは「そんなものは壊してしまって、幽霊(=アーティスト)の僕を信じてくれ」と声高に歌います。

この解釈を持ってすると、沿線上の扉から入ってそれの”出口”から粒子(=一般的な価値観の人)が出てくることをPVに出てくる幽霊の少年兵たちに食い止めろと指示する主人公のことを表している歌詞が続いていると解釈することができます。

最後の歌詞ですが、先ほどのBメロでの解釈を考えると、「遠い昔のおまじない」は「昔から言われているような”安定した生き方が良い”という考え方」のことを指していて、それが急に大人になると若者の前に如実に出てくることを「笑う」と表現しているように解釈することができます。

ゴーゴー幽霊船_2番Aメロ歌詞の意味・解釈

ちょっと病弱なセブンティーン

今日も映画みたいな夢うつつ

愛も絶え絶えの景色だ

そこでどんな夢見てもしょうがない

回る発条のアンドロイド

汚物 ヤンキー 公害 メランコリー

知ってほしいんだ全部

そう君の手を引き連れて戻すのさ

(出典: ゴーゴー幽霊船 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

ここでのセブンティーンも先ほど同様に米津さんに似た少女でしょう、「愛も絶え絶え」というあたりにdioramaで多くの曲に使われた歌詞である「愛して欲しい」という米津さんの根本的な愛への欲求が見えます。ただ、そこで絶望したり夢だけ見てるだけでは意味がないのでアーティストとして動こうぜというメッセージがさらに読み取れます。

ネガティブワードのオンパレードな後半歌詞ですが、これは多分米津さんの負の感情全てを比喩したものだと思います。それら全てが自分の中にあるからこそ、アーティストであるということを少女に知ってもらいたいという心情描写が隠れているように見えますね。

ゴーゴー幽霊船_2番Bメロ歌詞の意味・解釈

そんなこんなで歌っては

目を剥く幽霊船だ

前も後ろもいよいよ無い

なら全部忘れて

ワアワアワアワア

(出典: ゴーゴー幽霊船 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

前も後ろもないは「過去」も「未来」も考えないというKARMA CITYで解釈をした「米津さんのアーティスト的生き方+仏教の時間の捉え方」だったり、caribouで解釈をした「メメント・モリ」的な生き方だったりするのでしょう。

周りを気にしない生き方を表したいのは分かるのですが、ここのワアワアワアって可愛いですよね(笑)

ゴーゴー幽霊船_2番サビ歌詞の意味・解釈

太陽系の奥へ進め

飛び込め一二の三で跨がれ

沿線上の扉壊せ

まんまの言葉信じてくれ

扁桃体の奥を使え

ほれ見ろそんなにせぐりあげて

遠い昔のおまじないが

たちまちのうちにはびこれば

(出典: ゴーゴー幽霊船 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

太陽系の奥…突然の宇宙についてです。地球だけの枠組みにとらわれるなということでしょうか。

そんな奥まで行く幽霊船に飛び込んで跨がれと米津さんはリスナーに伝えていきます。

沿線上の扉は先ほど1番で解釈した通りですね。意味合いは変わりません。

 

続く「扁桃体の奥を使え」は米津さんの過去の辛い経験のことだと思われます。

扁桃体は脳の中でも「恐怖や不安」を司る場所で、米津さんの過去にあるような「うつ病」などの原因箇所としてもよく知られている脳のパーツです。

僕自身もうつ病を経験したことがありますが、症状がひどい時はかなりこの扁桃体の辺りが痛くなっていたので、この表現に込められた意味が同じうつ病の羅患者として理解できるものがあるなぁ…と個人的に思っています。

diorama時代の米津さんは特に自身の過去の苦しみや辛さを楽曲に込めているので、逆に言えばこの経験を使って作品を生み出しているという点で「扁桃体の奥を使え」という歌詞が生まれたのだと解釈することができます。

 

最後の「遠い昔のおまじない」は先ほど解釈したように、世間一般の価値観の比喩です。

ここでは、それが世の中にはびこっている現状を歌詞にしていると思われます。

ゴーゴー幽霊船_ラストサビ歌詞の意味・解釈

三千年の恨み放て

飛べ飛べ皆で拡声器持て

沿線上の扉壊せ

本当のことさ信じてくれ

幽霊船は怒り散らせ

みてろよ今度は修羅に堕ちて

遠い昔のおまじないが

あんまりな嘘と知るのさ

(出典: ゴーゴー幽霊船 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

「三千年」は「駄菓子屋商売」でも出てきましたね。

長年の歴史の中でアーティスト的生き方が否定されがちだった「恨み」というものをアーティストの集合体である比喩の「幽霊船の乗組員」全員が拡声器で自分たちの生き方を肯定するために叫ぶと言う情景描写がここではされています。

そのように解釈すると、幽霊船が怒り散らしているのも納得ですし、その怒りの結果として、アーティスト的生き方を否定するような存在が「修羅に堕ちたり(=間違っていると否定される)」、「破壊される(=”沿線上の扉”が世間一般の価値観)」というのも腑に落ちます。

遠い昔のおまじないも最後は”嘘”となったという締めでこの曲は終わっています。

 

つまり、先ほど1番サビでも解釈したように「遠い昔のおまじない=親や世間が言うような安定志向の道を選ぶのが正しいという価値観」なので、そんな価値観は嘘であるという米津さんの考えがこの最後の歌詞から読み取ることができます。

 

まとめ|ゴーゴー幽霊船の歌詞の意味を解釈・考察

ゴーゴー幽霊船の歌詞を解釈してみましたが、いかがだったでしょうか?

この曲もやはり米津さんの持つアーティストとしての生き方の肯定を世の中にボールとして投げつけるようなそんな曲でしたね。

dioramaが「街」→「ゴーゴー幽霊船」→「caribou」と並んでいるあたりに、曲順として米津さんがかなりリスナーに対してかなり強めにコンセプトを実は打ち付けているということがここから良く見えました。

ぜひdioramaの他の曲の解釈記事も読みながら米津さんの考えを理解してみてくださいね!

↓こちらの記事も読まれています!↓

【米津玄師】ドーナツホールの歌詞の意味を解釈・考察

【ハチP/米津玄師】マトリョシカの歌詞の意味を解釈・考察

【ハチP/米津玄師】砂の惑星の歌詞・PVの意味を解釈・考察

 

↓米津ファンなら絶対知っておきたい米津さん自身に関する記事も要チェック!↓

米津玄師のプロフィールをファン目線でコアなとこまでまとめてみた

米津玄師の病気「高機能性自閉症」と「うつ病」の症状をガッツリまとめてみた

米津玄師のファッションブランドを全部リストにしてみた


diorama [ 米津玄師 ]