【米津玄師】【色の意味は”心情と空模様”】灰色と青の歌詞の意味を解釈・考察

2018年6月28日

『灰色と青』、みなさんもう聞きましたか?いい曲すぎてニコニコ動画の古参のゲーム実況主たちも大騒ぎして完コピ動画まで作ってましたね(笑)

この曲、本編の歌詞の大まかなストーリーは分かるものの「タイトルの色の意味が分からない…」という人も多いかと思いましたので、今回はその点を含め歌詞全体を解釈していきながら、この「色」の由来についてを米津玄師ファン歴約10年の僕がガッツリと書いていこうかなと思います!

灰色と青の曲にまつわる情報

灰色と青は、米津玄師さん4枚目のアルバム「BOOTLEG」の最後の曲に収録されている曲で、昔の自分と大切な人との関係性をノスタルジックな雰囲気の中で歌っているミドルチューンです。


BOOTLEG (通常盤) [ 米津玄師 ]

 

ゲストボーカル(+?)はまさかの菅田将暉!

なんと、この曲にはゲストボーカルにあの俳優の菅田将暉さんを迎えています!

菅田将暉さんといえば、先日「見たこともない景色」というサッカー日本代表の応援歌として書き下ろされた楽曲をauのCMで本人が扮している鬼ちゃん役でMVをYoutubeでアップしたり、ミュージックステーションに出たりと、音楽関係にも話題に明るい俳優さんですよね。

代表曲としては「さよならエレジー」などがあります!

 

そんな菅田将暉さんがなぜ米津さんがゲストボーカルをお願いした経緯として、「もともと同じ年代で意識していたこともあるが、なぜか自分の人生の節目節目に菅田くんが現れるので、きっと何かあるのだろう」と声をかけたところからが始まりのようです。

米津さんが菅田将暉さんに直接ゲストボーカルをお願いした時に送った言葉がこちらの記事に掲載されているので、米津ファンも菅田将暉さんファンも要チェックです!

https://rockinon.com/news/detail/168188

 

「Fogbound」ツアーの武道館ファイナルには菅田さんがゲスト出演!

2018年6月23日放送の日テレ系列番組「バズリズム」に米津さんの「Fogbound」ツアーの映像が「ゲストサプライズ登場部門」で紹介されました!

公式チャンネルからアップされているTeaser映像には無かった菅田さんのソロパートがたくさん映っていて、ツイッター上でもファン大歓喜でした。

さらには「LOSER」の1番〜サビ終わりまでの映像も放映されていて、放送時間の短さの割には色々見れた方かなぁと!

 

「灰色と青」コラボが別の企画に繋がった??

2018/6/15追記:まさかの劇場版「僕のヒーローアカデミア」の主題歌に菅田将暉さんの楽曲「ロングホープ・フィリア」が起用されることになりました!

(参考:https://eiga.com/news/20180615/1/)

もともと「ピースサイン」が同アニメのオープニング曲として起用されていたので、そこを汲んだ上でのバトンタッチだと思われます。

映画制作側も分かってますね〜。

灰色と青のMV

そして、「灰色と青」はBOOTLEG最速先行試聴会で初めてMVが公開され、その日には全国的にもYoutubeで公開。

実際にBOOTLEG最速先行試聴会に僕も行ってきましたが、ものすごい騒めきようでした。。!

公式MVはYoutubeで現在も公開されていて2018年1月時点でなんと再生回数3,000万回以上というとんでもないMVとなっています。

 

ニコニコ動画で人気のあのゲーム実況者たちがMVを完コピ??

記事の冒頭にも書きましたが、MV公開から数ヶ月後に突如YouTubeの検索欄に謎の動画が登場しました…。

それがニコニコ動画でものすごい人気を誇る最強兵器俺達の”こーすけさん”と”もこうさん”による「灰色と青」の動画です。

 

2人ともニコニコ動画のゲーム実況のカテゴリーで常にトップランカーを走り続ける人たちで、昔からニコニコにいることからどちらもハチP最盛期から米津さんのことを知っていたと思われ、その流れから悪ふざけ的な動画を作ったのだと思われます。

動画を見れば一瞬で笑ってしまうのですが、完コピ率が高すぎて悪ふざけだとしてもこれは認めざるを得ません(笑)

微妙に何かが違うけれどオリジナルMVの米津さんと同様に電車の窓を眺めるこーすけさんや、ブランコの上での挙動が菅田将暉さんと全く同じもこうさんがシュールすぎて面白いです。

歌まで本人たちが歌っているので、「これ何日かけてロケしてレコーディングしたんだろう…」と思うとまた一段と苦労している様子が笑えてきますw

ボカロPの米津さんなら絶対にこの2人のことを知っているはずなので、本人からこの動画についてのコメントを聞いてみたいですね!笑

 

灰色と青のギターコード

ギターコードはこちら!

こちらのサイトであれば動画付きでギターの弾き方まで教えてくれているので非常に初心者にはありがたい設計になっています。。

http://www.ufret.jp/song.php?data=39758

こちらの動画説明しているように4フレットにカポをつけて弾くとだいぶ弾きやすいでしょう。G#dimというコードはちょっと難しいように見えるかもしれませんが実はほとんど押さえるところが少ないので心配ご無用。

Aメロはアルペジオ、Bメロは弱めのコードストローク、サビは強めのコードストロークで弾いていくのが個人的にオススメです!

 

灰色と青のインタビュー記事

インタビュー記事はこちら!やはりコラボ楽曲ということで色々とインタビュー記事が充実していますね〜。

・rockin’on.com

https://rockinon.com/blog/yamazaki/168893

・Real Sound

http://realsound.jp/2017/10/post-116039.html

・ナタリーミュージック(こちらはBOOTLEG全体のアルバムインタビューとなっています)

https://natalie.mu/music/pp/yonezukenshi11

灰色と青の歌詞の意味を解釈・考察

この曲は終始、子供の頃の懐かしさがこみ上げてくる歌詞・サウンドで、その雰囲気の中で「大人になった自分と大切な人との関係性と、子供の頃の自分と大切な人との関係性」を比較しているような楽曲となります。

(個人的にはもうイントロの音からしてノスタルジック感が溢れていて、超絶好みです。コードの和音だけでターン、ターンってなるところからのメロディラインが弾かれるところがたまりませんね。。)

灰色と青_1番Aメロ歌詞の意味・解釈

袖丈が覚束ない夏の終わり

明け方の電車に揺られて思い出した

懐かしいあの風景

たくさんの遠回りを繰り返して

同じような街並みがただ通り過ぎた

窓に僕が映ってる

(出典: 灰色と青 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

曲の歌詞の入りが綺麗すぎてびっくりしますよね。

季節感が夏のままなのか秋に入ってきて少し寒いのか、という季節の移り変わりを「袖丈が覚束ない」という7文字だけで表現してくる米津さんの文才がもはや憎いです。。

明け方の電車はなかなか乗るものではないので、ではどのよな時に乗るものなのかなと想像を巡らせてみると「帰省する時」ではないかな?と推測しました。

米津さんが徳島出身であることも考えつつ、子供時代に過ごした故郷に戻る中で、この電車というのが時間軸を行ったり来たりするような役割なのかなと。

自分が故郷から離れた分、その距離に応じてたくさんの色んなこと(=遠回り)があったけれど、何か特別すごかったかというとそんなことはなく、日々同じような毎日が過ぎ去るだけ(=同じような街並みが通り過ぎる)で、そんな自分を過去への時間軸へ移動する中で見つめ直している。

このようなストーリーと情景描写から「灰色と青」は始まるのではないかな?と思います。

灰色と青_1番Bメロ歌詞の意味・解釈

君は今もあの頃みたいにいるのだろうか
ひしゃげて曲がったあの自転車で走り回った
馬鹿ばかしい綱渡り 膝に滲んだ血
今はなんだかひどく虚しい

(出典: 灰色と青 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

大切な友人との子供時代の思い出を語っています。

ここで着目したいのが、歌詞の一般的なBメロの機能を踏襲しながらもAメロで普通行われる情景描写の機能盛り込まれているという点です。

普通のBメロであれば心情描写がくるだけなのですが、「灰色と青」のBメロは「Aメロが現在の自分の時間軸での情景描写、Bメロが主人公の心の中の思い出の中の”情景描写”という見え方の”心情描写”」という、なかなか他の曲では見られないようなBメロとなっています。

さらに、最後の一行でスッと綺麗に現在の時間軸に戻った上での「(その友人が今はいなくて)虚しい」という心情表現になっているので、サビに入っても時間軸のズレをリスナーがカンンジルことはあまりないでしょう。

これは一見シンプルに見えて、非常に練られた歌詞だと僕は考察します。

米津さんが大好きなBUMP OF CHICKENにも子供時代と現在を比較したノスタルジックな曲「RIP」がありますが、この曲はAメロで子供時代の思い出を描写しているので、同じように見えて「灰色と青」とは違う機能になっているので、これと比較しながら聞くのもオススメです。

灰色と青_1番サビ歌詞の意味・解釈

どれだけ背丈が変わろうとも

変わらない何かがありますように

くだらない面影に励まされ

今も歌う今も歌う今も歌う

(出典: 灰色と青 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

今までずっと静かめだったのですが、ここにきていきなりエモーショナルな迫力あるサウンドに切り替わります。

自分がどれだけ大きくなったとしても、子供時代から変わらない何かが残っていますようにと歌いますが、その「何か」は「子供の頃の純粋な気持ちだったり、変わらない街並みや景色だったり、家族や友人たち」だったりと様々なものをリスナーに想起させるために、あえて曖昧にしているのだと思います。

そして、Bメロに出てきた友人は今はいないので、「面影」だけとなって、でも自分のそばにいつも寄り添ってくれるようなそんな存在として歌を歌う自分を応援してくれている、

灰色と青_2番Aメロ歌詞の意味・解釈

忙しなく街を走るタクシーに

ぼんやりと背負われたままくしゃみをした

窓の外を眺める

心から震えたあの瞬間に

もう一度出会えたらいいと強く思う

忘れることはないんだ

(出典: 灰色と青 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

2番は菅田将暉さんがボーカルを務めます。

いやー、この人も声がかっこいいですね。少し気怠そうに歌うのがちょっとだけ米津さんっぽいです。

歌詞に関して、忙しなく街を走るタクシーは「急いでいる現代人」を表しているのでしょう。ぼんやりと背負われているとあるので、タクシーの後部座席に乗っていることが分かります

心から震えたあの瞬間がここまでの歌詞で特に書かれていないので推測となりますが、続くBメロの歌詞を見る限り「大切な人からの言葉で、自分も何か出来るのではないか?」と自己肯定感が高まった幼い頃の主人公の気持ちのことを指しているのではないかなと思います。

Bメロをこのまま見ていきましょう。

灰色と青_2番Bメロ歌詞の意味・解釈

君は今もあの頃みたいにいるのだろうか

靴を片方茂みに落として探し回った

「何があろうと僕らはきっと上手くいく」と

無邪気に笑えた 日々を憶えている

(出典: 灰色と青 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

靴を片方茂みに落として走り回ったという昔の光景と、子どもだからこその無知の無知から自分たちは何が起こっても上手くいくと思い込んでいる2人の様子が映し出され、今もその大切な人は同じように自信満々で今もいるのかどうかがふと気になっているというようです。

この2人の様子を見るに、先ほどの2番Aメロの意味を推測できるのではないかなと考えているのですが、いかがでしょうか??

灰色と青_2番サビ歌詞の意味・解釈

どれだけ無様に傷つこうとも

終わらない毎日に花束を

くだらない面影を追いかけて

今も歌う今も歌う今も歌う

(出典: 灰色と青 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

「終わらない毎日に花束を」という表現がとても綺麗ですね。

ここの歌詞は、先ほどの「何があろうと僕らはきっと上手くいく」の反対の意味を持った歌詞となっているので、大人になってからの辛い現実を”無様に傷つく”という言葉で表現しているのではないかなと解釈します。

そんな辛いことに対しても、「辛いことはずっと続くから終わらないけど、きっと最後は上手くいく」という意味合い“花束”という言葉がここにきているのではないでしょうか。

続く「くだらない面影」は、もちろんもういなくなってしまった大切な人のことですね。頭から振り払おうとしても振り払えずについつい追いかけてしまう主人公の気持ちがここに見ることができます。

灰色と青_Cメロ歌詞の意味・解釈

朝日が昇る前の欠けた月を

君もどこかで見ているかな

何故か訳もないのに胸が痛くて

滲む顔 霞む色

(出典: 灰色と青 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

朝日が昇る前の欠けた月とあるので、時間軸は1番Aメロの明け方の時間軸のままということがわかります。

大切なあの人も同じように月をみているのだろうか?と考える主人公はどこか平安時代の歌人のようですね〜。

滲む顔と霞む色は涙で目の前がぼやけている様子を描写している一文です。
訳もなく胸が痛い、とありますが、これは大切な人と離れ離れになっている虚しさや悲しさからの痛みでしょう。

このCメロは普通の曲のように作曲者の伝えたいことを表す機能ではなく、続く大サビにその機能を渡し、且つその大サビに向けて雰囲気を作るための機能を持っているというなんともテクニカルな歌詞となっています。

灰色と青_ラストサビ歌詞の意味・解釈

今更悲しいと叫ぶには

あまりに全てが遅すぎたかな

もう一度初めから歩けるなら

すれ違うように君に会いたい

どれだけ背丈が変わろうとも

変わらない何かがありますように

くだらない面影に励まされ

今も歌う今も歌う今も歌う

朝日が昇る前の欠けた月を

君もどこかで見ているかな

何もないと笑える朝日がきて

始まりは青い色

(出典: 灰色と青 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

大サビは「側からいなくなってしまった大切な人のことを今さら嘆いても遅すぎたという心情」を歌っています。

後半の歌詞が秀逸ですね。すれ違うように会いたいって、会うはずなのにすれ違うという不思議な言葉の選び方をしています

これは、たとえもし初めから会ったとしてもキチンと出会ってコミュニケーションを取るのではなく、最初から最後に別れがあることを前提に、ある種、薄い関係値のまま出会いたかったという意味合いだと僕は推測します。

1番Aメロの出だしに加えてこのCメロのすれ違うように会いたいという歌詞も、めちゃくちゃ綺麗で「灰色と青」の歌詞は一体どうなってるんだ!と一人勝手に盛り上がっております。

最後のCメロと同じメロディ部分の歌詞ですが、こちらは最後の一節が微妙に違く、朝日が登ってきた時の青い空の情景を歌っています。

「何もない」というのは、大切な人がいないということを指しているのでしょう。

おそらく、明け方の灰色がかった空に対して朝日が上がってことで青くなっていくその様子と主人公の心の曇り具合の変化の様子を比喩して「灰色と青」という曲名がつけられたんだろうなぁということが理解できます。

まとめ|灰色と青の歌詞の意味を解釈・考察

灰色と青の歌詞を解釈してみましたが、いかがだったでしょうか?

米津さんの曲群の中でも、かなり綺麗な歌詞が紡がれていたなぁと個人的には感じています。

割と曲で言いたいこと自体はクリアに見えているにもかかわらず、一つ一つの歌詞やメロディのつけ方がものすごく綺麗で、米津さんがシンプルに見える中でとことんこだわって作っているんだなと感じることができる1曲だなと思いながら、ついついPVのリピート再生を押してしまいます。。

同じようにコラボ楽曲である『fogbound(+池田エライザ)』『打上花火』などもBOOTLEGには収録されていますので、こちらもぜひチェックしてみてくださいね!

 

↓他の人気記事はこちら!↓

【米津玄師】【徹底解説】Lemonの歌詞・PVの意味を解釈・考察

【米津玄師/DAOKO】打上花火の歌詞の意味を解釈・考察

 

↓米津ファンなら絶対知っておきたい米津さん自身に関する記事も要チェック!↓

【生い立ち・過去を完全解説】米津玄師の経歴とそこから見える才能とは

【徹底分析】米津玄師の音域の幅とカラオケで歌いやすい曲

米津玄師のファッションブランドを全部リストにしてみた

 


BOOTLEG (通常盤) [ 米津玄師 ]