【ハチP】花束と水葬の歌詞の意味を解釈・考察

2018年6月28日

今回は「Persona Alice」「恋人のランジェ」「Qualia」「Christmas Morgue」の世界観を受け継いだ「花束と水葬」を解釈していきます。

逆再生でハチPの1stアルバムの楽曲が様々聞こえてくることでも有名な初期の名曲です。。

ということで、今回はこちらの楽曲の歌詞を解釈していこうと思います!

(サムネイル画像出典:http://reissuerecords.net/discography/%E8%8A%B1%E6%9D%9F%E3%81%A8%E6%B0%B4%E8%91%AC/)

花束と水葬の曲にまつわる情報

「花束と水葬」はハチP(米津玄師)の1stアルバム「花束と水葬」に収録されている楽曲です。


花束と水葬 [ ハチ ]

アルバムの最後の曲としても位置していることから、1stアルバムの総まとめ的な楽曲であることが分かりますね。

時計を巻き戻しているかのような「カチカチカチ」というネジを回している音と幻想的なピアノのメロディが特徴的な楽曲です。

花束と水葬のPV

花束と水葬は残念ながらPVはありません。

水葬の様子をぜひ見てみたかったところです。。

なので、今回はYouTubeにアップされている楽曲映像を紹介します!

花束と水葬のギターコード

ギターコードはこちら!

https://ja.chordwiki.org/wiki/%E8%8A%B1%E6%9D%9F%E3%81%A8%E6%B0%B4%E8%91%AC

B♭,A,C,Dmで基本的には弾けるようになりますし、楽曲自体もかなりゆっくりなので初心者でもギターで弾きやすいかなと思われます。

ただこの曲はギターよりもできればミュージシャンであればピアノで弾いてみたいところではありますよね…。

花束と水葬_歌詞の意味を解釈・考察

「花束と水葬」は、アルバムの各楽曲内で様々な経験をしてきたアリスが最後に辿り着いた場所と心情を歌っている楽曲です。

歌詞は短いのですが、「Persona Alice」からスタートして全ての楽曲を聴いてきた人であれば、それぞれの歌詞がどういう意味なのかに察しはつくと思います。

それでは早速、歌詞解釈をしていきましょう!

花束と水葬_1番Aメロ歌詞の意味・解釈

「もういいよ」

返事は無い

惑う星も見えなくなって

肌を刺す冷たさに 

灯台守と目が合って

(出典:花束と水葬 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

※基本的に「Persona Alice」「Qualia」の歌詞解釈を元に解釈を進めていきますので、もしまだ読んでいない方がいたら先に読んでからこちらの記事に戻ってくることをオススメします!

「もういいよ」というのはこのアルバムを通じてアリスが全てを悟った状態を表しているのでしょう。ただ、それに対して誰かが返事をすることはエシラもいなくなってしまったので、もうありません。

「滲む星」は「Qualia」に出てきた言葉なので、ここの「惑う星」はその星のことかもしれません。

アリスはもう目が見えなくなってしまっているので、その星が見えなくなってしまっていますが、不思議なことに灯台守とは目が合っています。

灯台の番人である灯台守は、「Persona Alice」で出てくる「灯台」のこととエシラとアリスを引き離した青年のことを指しているのではないかなと思われますので、彼とアリスはたとえ視力的に見えていなくても「ぬくもり」を介してお互いの存在を認識できているという解釈が1番綺麗でしょうか。

花束と水葬_1番Bメロ歌詞の意味・解釈

今は一人ここでひとり

瞑目に全部預けて来た

見たくないわ

(出典:花束と水葬 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

「ここで一人」と言っているということは、結局先ほどの青年とも別れて一人きりになったということですね。

そして次に登場する言葉の「瞑目」は「目を閉じること」を指す言葉でもありますが「安らかに死ぬこと」も表す言葉です。

Bメロだけで考えれば、前者の言葉の意味で理解できますが、この後のサビの歌詞を見てみると、もしかしたら後者での意味合いでも使われているかもしれないことが分かりますね。

花束と水葬_1番サビ歌詞の意味・解釈

ねえ神様 私の事

殺してお願い

明日になる前に

ここから先 何も無い

私とよく似てる

ただの根 枯れた根

(出典:花束と水葬 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

一人きりでいることにもう疲れてしまったアリスは神様に「殺してほしい」と願います。

「明日になる前に」というのは、明日が来るとまた精神的に疲れる1日が始まってしまうので、今日中に殺してほしいというなんとも辛い気持ちをここから解釈することができます。

だからこそ、「もうここから先何も無い未来しか待っていない」と。

「根」はエシラのことですね。根っこがアリスと同じだからこの表現なのでしょう。

もちろん言葉として「ただの”ね”」というようになだめるような日本語としても機能しています。

花束と水葬_2番Bメロ歌詞の意味・解釈

今は一人 ここでひとり

排水溝に流れてく髪が

渦を巻いた

(出典:花束と水葬 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

2番はAメロはなく、Bメロだけとなっています。

ここの歌詞はかなり特徴的ですが、排水溝は「死」を表し、「髪の毛」はこの1stアルバムの楽曲の1曲1曲を表していると考えます。

というのも、この渦という言葉の後にPersona Aliceを中心に様々な楽曲の逆再生音が聞こえてきます。それをおそらく”渦”と比喩しているのでしょう。

そう考えるとその渦を作っているのは「1本1本の髪の毛」です。

この1曲1曲が消費されていき、最後に待っているのが先ほどのサビで出てきたような「死」であるのであれば、この解釈はある程度辻褄が合ってくるのかなと…。

花束と水葬_2番サビ歌詞の意味・解釈

明日になれ 天気になれ

そしたら笑い合える

一緒に歌おうね

(出典:花束と水葬 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

先ほど明日になる前に殺してくれと言っていたので、そこから明日になるということは「アリスが死後の世界」に行ったという解釈になります。

なので、天気になれ・笑い合おうとポジティブな表現が多く一気に出てくるわけですね。

あれだけ苦しんでいたアリスが楽になっているのを想像すると、このアルバム全体が本当に悲しくも美しい作品になっていることを改めて感じることができます。

花束と水葬_Cメロ歌詞の意味・解釈

冷たい床 眠れないわ

揺らめく水底

一人じゃ寂しい

 (出典:花束と水葬 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

やっとこの楽曲のタイトルの設定が出てきました。

冷たい床は死んだ後に遺体が横たわる床のことでしょう。

「水葬」なので、水の底にアリスの遺体は1人ポツンと置かれている情景を読み取ることができます。

死後は1人じゃないことが分かっているにしても、現時点の生きている今からするととても寂しいと最期に切なさを強調しているのが印象的ですね。

花束と水葬_大サビ歌詞の意味・解釈

ねえ神様 私の事

殺してお願い

明日になる前に

この上のない愛で私の

形も歪む色も

葬り消してよ

(出典:花束と水葬 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

前半は1番サビと同じなので解釈は割愛します。

後半部分の歌詞ですが、神様に殺してもらうことで、自分からは見えない自分の形と色を全て葬り去ってもらおうとしています。

その「殺す」という行為を「愛」と表現しているのは、死にたいという思いに対して応えてくれることでアリスの心が救われるという背景があるからですね。

とても切ない曲の終わりとなっています。。

まとめ| 花束と水葬の歌詞の意味を解釈・考察

花束と水葬の歌詞を解釈してみましたがいかがだったでしょうか?

アルバム全体のストーリーを全て総合した最後の曲にふさわしい美しい楽曲でしたね。

これを高校生で作り上げてしまうのですから、本当にハチさんの才能は末恐ろしいですよね…。

 

↓他の人気記事はこちら!↓

【ハチP】Christmas Morgueの歌詞の意味を解釈・考察

【ハチP】【薬物中毒者の歌??】パンダヒーローの歌詞の意味を解釈・考察

↓米津ファンなら絶対知っておきたい米津さん自身に関する記事も要チェック!↓

【現在までの過去を完全解説】米津玄師の経歴とそこから見える才能とは

【これで完璧!】米津玄師の髪型・セット・おすすめワックス大全

【男でも声が出るのはこの曲!】米津玄師の音域の幅とカラオケで歌いやすい曲

 


花束と水葬 [ ハチ ]