【米津玄師】首なし閑古鳥の歌詞の意味を解釈・考察

2018年6月28日

首なし閑古鳥の曲にまつわる情報

首なし閑古鳥は、米津玄師さんの1stアルバム「diorama」に収録されている楽曲で、アコースティック調な複雑なイントロリフを特徴としつつ、どこか祭囃子調のような懐かしいようなという何とも不思議な雰囲気のアップテンポ気味な曲となっています。

diorama [ 米津玄師 ]

首なし閑古鳥のPV

PVに関してですが、首なし閑古鳥はアルバム曲でPVは残念ながらありません。なので、今回はYouTubeからこちらのドラムを叩いてみた動画をアップします。

こちらの動画のバックではバッチリ原曲の首なし閑古鳥がかかっていますので、聴いたことの無い人は今すぐチェックしてみてくださいね!

首なし閑古鳥のギターコード

ギターコードはこちら!

https://ja.chordwiki.org/wiki/%E9%A6%96%E3%81%AA%E3%81%97%E9%96%91%E5%8F%A4%E9%B3%A5

イントロは複雑で弾けるとかなりかっこいいのですが、いかんせん難しいです。。

ただ細かいtab譜はネットには落ちていなかったので、知りたい人はぜひdioramaの公式スコアを買って練習することをおすすめします!


米津玄師「diorama」SCORE BOOK

この曲はAメロをコードブラッシング、Bメロをアルペジオ、サビを強めのストロークで小気味好く刻んでいくといい感じに演奏ができるかと思います。

意外と暗めな歌詞ですが、それをより一層きわだてるようにあえて楽しそうに音楽を鳴らすというのがdioramaの米津さんの特徴なので、ぜひそれを意識しながら弾いてみましょう!

 

首なし閑古鳥のインタビュー記事

インタビュー記事はこちら!

首なし閑古鳥はマイナーな曲且つdiorama時代の曲であることから、そこまでインタビューに取り上げられていることは無いようです…。

なので、ここでは代わりに収録アルバムであるdioramaのインタビューをいくつかアップしておきます。

・ナタリーミュージック

https://natalie.mu/music/pp/yonezukenshi/page/2

・TOWER RECORDS ONLINE

http://tower.jp/article/interview/2012/05/05/TOWER342-2

首なし閑古鳥の歌詞の意味を解釈・考察

首がない閑古鳥という時点でかなりパンチが効いていますよね(笑)

では、この首のない閑古鳥を通して米津さんは一体何を私たちリスナーに届けようとしているのか、そのメッセージを解釈していきます。

首なし閑古鳥_1番Aメロ前半歌詞の意味・解釈

さあさあさあ 踊りましょうか

とり急いでは 脚が絡んだ

騒々しい音を晒して

赤い瑪瑙と積み木の家

(出典: 首なし閑古鳥 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

米津さん、取り急ぎの「とり」と「鳥」の言葉をかけて遊んでいますね。祭囃子のような楽曲だからか、少し騒がしい音の中で、鳥が踊りを踊っていて足が少し絡まってしまっている風景描写から首なし閑古鳥はスタートを切ります。

「瑪瑙」は「めのう」という赤い石のことです。

赤い瑪瑙

なぜこの瑪瑙と積み木の家が出てきたの子はまだ分からないので、このまま歌詞を見続けていきます。

首なし閑古鳥_1番Aメロ後半歌詞の意味・解釈

欄干の傍に立つ虚

青い光が抜けていくようだ

誰だって心が重い

忘れられないことばかり

(出典: 首なし閑古鳥 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

首なし閑古鳥は難しい言葉がいっぱいですね。。笑

欄干とはこのような橋の側面の部分のことを指します。

欄干の傍に立つ虚

ここに「虚(うつろ)=幻影」が立っていて、青い光が抜けていくというかなりスピリチュアルな世界観が描かれています。

後半部分は、誰もが悩みを抱えていて心が重いという普遍的なことを歌っているのでここからはその理由を探っていきたいと思います。。

首なし閑古鳥_1番Bメロ前半歌詞の意味・解釈

やい、やい、お前の頭はどこだい?

頭はどこだい?目玉とくちばしは?

やい、やい、お前の感情はどこだい

泣いて見せてみろ

笑ってみせてみろよ

(出典: 首なし閑古鳥 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

首なし閑古鳥は、その名の通り首が無いので頭や顔がありません。そこに対して、周りが首が無いことを馬鹿にしているようです。

顔が無いから感情がわからないという部分と、米津さんのインタビューによく出てくる過去を照らし合わせると、おそらくこの首なし閑古鳥は米津玄師そのものを指しているのだと推測することができます。

昔から何を考えているかわからない・周りとは違う感覚を持っていたという米津さんなので、この閑古鳥と同じような扱いや言葉を受けてきたことがこの作詞の原体験となっているのではないでしょうか?

首なし閑古鳥_1番サビ歌詞の意味・解釈

愛されたいのは 悲しくなるから

見つめていたくはないけれど

あなたによく似た 言葉探しては

灯りを焚いて話がしたい

なんとも歪な 形で産まれて

成す術なんてなかったけど

あなたによく似た 心があるのさ

それさえ確かであればいい

(出典: 首なし閑古鳥 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

先に後半から解釈して恐縮ですが、歪な形で産まれてきたというのも、米津さんが生後に赤ちゃんにしてはとてつも無い大きさで産まれてきたことと重なりますので、やはり先ほどの「首なし閑古鳥=米津玄師」という解釈は真実味を帯びてきているように捉えられますね。

そんな見た目が周りと違うものであっても、内面の心の部分は他の人と似たようなものになっているからそれだけ確かなら大丈夫だとここでは言っています。「あなたによく似た言葉探しては」という歌詞もここの部分と同じような意味合いかもしれませんね。

「愛されたいのは 悲しくなるから」とありますが、これも米津さんと閑古鳥が同じ関係性であることを表していますね。他の人とは見た目が違うし、人からの愛情をもらうことはほとんどない1人寂しい存在。そんな自分のような存在を見つめていたくはないとも米津さんは伝えています。

灯りを焚いて〜という部分はなんとなくYANKEEの「眼福」にも似たような表現があるので、何か親和性を感じますね。

首なし閑古鳥_2番Aメロ歌詞の意味・解釈

曖昧な歌ばかり積んで

声が震えて仕方がないが

そんなのもうどうでもよくて

黒い涙で雨曝し

(出典: 首なし閑古鳥 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

曖昧な歌は今まで米津さんが作ってきた歌を自虐的に比喩しているのでしょう。

米津さんは自分に自信が元々ないので、声が震えて仕方がないというところからその自己肯定感の低さを感じることができます。

もしかしたら今までボカロ曲ばかり作ってきたからこそ、自分の口で自分の歌を歌うことに対して自信がなくて震えを感じているのかもしれません。

最後の行の「黒い涙で雨曝し」という歌詞は一見分かりにくいですが、涙は「誰かが感動したものの結果」でそれが黒いということは「感動したものが黒で表現されている=コメントやインタビュー記事、売上枚数など」ということなのではないかなと推測します(雨曝しは”世間に曝される”という意味合い)。

これからメジャーデビューしていくという自分に対する皮肉のように僕は捉えましたが、若干無理やり感があるかもしれないので、この点もしもっと深く考察できる人がいたらぜひコメントしてください。

首なし閑古鳥_2番Bメロ歌詞の意味・解釈

ああ ああ

口を開けば灰になっちゃった

冷たい灰になっちゃった

言葉にならないな

ああ ああ

いつか頭は呆けて落ちてった

小さいまんまで落ちてった

恥ずかしくなるような

(出典: 首なし閑古鳥 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

見た目がおかしい自分は他の人に何も言い返せないという様子を「口を開けば灰になる」という表現で表しているのでしょうか?

後半部分を見ると「頭が落ちていった」とあるので、ここから首なし閑古鳥の由来を見ることができます。やはりここでも「恥ずかしくなる」とあるように、首なし閑古鳥が自分という存在に対してかなりの否定感を持っていることが分かります。

小さいまんまで落ちていったというのは「小さい頃にすでに首無し閑古鳥だった」と米津さんが自信を表現しているように思えてなりません。。

首なし閑古鳥_2番サビ歌詞の意味・解釈

愛されてるのは 確かでないから

形になって欲しいけれど

どうにもこうにも あんまりな嘘だ

一つになんてなれないまま

きっとわかってる 汚れた酸素が

二つの間にあることを

どうにもこうにも 心があるのさ

優しい梅雨が降ればいい

(出典: 首なし閑古鳥 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

米津さんがインタビューでこの頃しきりに口にしている言葉として「人は他人の気持ちを理解することができない」というものがありました。これは噛み砕くと「どうやったって自分は相手になれないし、相手は自分になれることなんてないのだから、お互いが真に分かり合えることなんてできない」という意味です。

つまり、ここの歌詞にある「一つになんてなれない」「汚れた酸素が二つの間にある」という表現は、まさにこの米津さんの思いをそのまま言葉にしている歌詞なのだと解釈することができます。

これらを踏まえた上でサビの歌詞を読んでいくと、「愛されていることは形になんてできない・見えないから、本当に愛されているかなんて分からない。まして、相手の気持ちになることなんて到底出来やしないのだから、相手の気持ちが分かるなんていうのは嘘だろう」というように考察することができます。

ただ、そうはいってもそうしたって1人1人に心はあるのだから、それはそれで向き合わざるをえない現実でもあることを最後の2行で米津さんは歌っています。

ただ悔しいことに、最後の歌詞の締めがなぜ梅雨なのかだけが調べても考えてもあまりよく分からなかったんですよね。。

何かを洗い流すにしてもただの雨でなく「梅雨」である理由が思いつかないので、ここももし誰か理由が分かる人がいれば教えてください。。

※ラストサビは一番サビと全く同じなので歌詞の解釈は割愛します。

まとめ|首なし閑古鳥の歌詞の意味を解釈・考察

首なし閑古鳥の歌詞を解釈していきましたが、いかがだったでしょうか?

米津さんの過去インタビューをrockin’onのインタビューなどでがっつり読み込んでいた米津ファンの方にとってはかなり歌詞の理解がしやすい内容だったのではと思います。

しかし、閑古鳥の首が無い状態をどうやって米津さんは思いついたのでしょうか?

この曲を作った時の精神状態がすごく気になりますね。。

 

↓他の人気記事はこちら!↓

【米津玄師が隠した本当の意味】乾涸びたバスひとつの歌詞の意味を解釈・考察

【米津玄師】caribouの歌詞の意味を解釈・考察

 

↓米津ファンなら絶対知っておきたい米津さん自身に関する記事も要チェック!↓

米津玄師の病気「高機能性自閉症」と「うつ病」の症状をガッツリまとめてみた

米津玄師のプロフィールをファン目線でコアなとこまでまとめてみた

米津玄師が「長い前髪で前が見えないのはなぜか?」を考察する

 


diorama [ 米津玄師 ]