【米津玄師の過去からの肯定】飛燕(ひえん)の歌詞の意味を解釈・考察

2018年6月28日

飛燕、めちゃめちゃ爽快な楽曲でかっこいいですよね。

なんだかHONDA JADEのCMにLOSERよりもこちらの飛燕の方が合うのではないかという声もファンの中では上がってきており、最近また一段と注目を受けるようになってきたのがこの曲。

今回は、そんな飛燕の歌詞に込められた本当の意味を徹底解釈していきたいと思います!

 

飛燕の曲にまつわる情報

飛燕は、米津玄師さんの4枚目のアルバム「BOOTLEG」に収録されている楽曲で、アルバムのトップを飾る疾走感溢れる楽曲です。

リフの音やどこか和風らしさを感じさせる曲調、前向きな歌詞からナルト辺りのアニソンにもなりそうな一曲となっています。


BOOTLEG (通常盤) [ 米津玄師 ]

飛燕のPV

飛燕はアルバム曲で残念ながらPVはありません…。

なので、今回はYouTubeからだっちさんの弾き語り動画をアップします。後述のギターコードの部分でも、この動画はかなり参考になるので、その意味でも視聴してみてくださいね!

飛燕のギターコード

ギターコードはいつもの見やすいU-フラットから持ってきました!

http://www.ufret.jp/song.php?data=41582

カポを2フレット装着で弾けば、だいぶ王道なC,G,F,Am,Em中心のコードになるので、弾き語り初心者にもオススメです。

8分音符と16分音符の組み合わせでリズムよくストローク回数多めな演奏をすると、原曲の疾走感を出すことができます。

先ほどのだっちさんのギター動画を参考に練習してみてくださいね!

飛燕のインタビュー記事

飛燕のインタビュー記事はこちらです。

飛燕はアルバムの制作中盤にジブリの「風の谷のナウシカ」に影響を受けた背景から制作された曲だということや、「悲観的にずっとなっていても仕方がない」という前向きなメッセージを込めたことがインタビュー記事から分かるので、米津ファンはぜひチェックしてみてください!

・ナタリーミュージック
https://natalie.mu/music/pp/yonezukenshi11

・bilcboard JAPAN
http://www.billboard-japan.com/special/detail/2134

・Real Sound

http://realsound.jp/2017/10/post-122911.html

飛燕の歌詞の意味を解釈・考察

飛燕は、米津さん自身を燕に例え、世間の一般的な価値観に対する米津さんのアーティストとしてのスタンスやあり方を歌った歌となっています。

それでは早速歌詞を解釈していきましょう!

飛燕_1番Aメロ歌詞の意味・解釈

翼さえあればと 灰を前に嘆いていた

鳥のように飛んでいく あの雲に憧れて

慰めも追いつかない 一人きり空の果て

傷に傷を重ねて まだ誰かが泣いている

(出典: 飛燕 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

灰は何かネガティブな事象のことでしょう、雲という自分の憧れのような場所に至るには何か奇跡のようなことが起きなければ無理であるという描写が歌詞の前半です。

そして後半は、一人きりで孤独なまま周りからの支えや慰めも届かず、自分で自分のことを責め続ける悲観的な人を前半からの流れで書いているものと解釈することができます。

米津さんの過去のインタビューなどを読めば分かりますが、米津さんが過去に苛まれていたのはこの孤独感です

「自分がペシミストであると言われればそうなのかもしれない」と、先ほど上にあったインタビュー記事でも答えているように、元々米津さんはこの悲観的側面を強く抱えている人です。

以上から、1番Aメロはそんな人に向けた曲なんだよというターゲットの特定の機能が強く現れているパートであることが分かります。

飛燕_1番Bメロ歌詞の意味・解釈

夜の底に 朝の淵に こそ響く歌があると

呼ぶ声が聞こえたら それが羽になる

(出典: 飛燕 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

先ほどのAメロを鑑みると、米津さんのように夜型で朝まで起きていて、そこからやっと寝るという生活を送っているという人に向けた歌があり、それを臨むならそういった人たちを肯定する曲を作って彼らの羽としていきたいという米津さんの心情がこのBメロなのだと解釈することができます。

本当に燕というモチーフ・比喩に自分のメッセージを込めるのが上手な人ですよね。。

飛燕_1番サビ歌詞の意味・解釈

ずっと 風が吹いていた あの頃から 変わらぬまま

君のためならば何処へでも行こう 空を駆けて

(出典: 飛燕 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

悲観的な時も、肯定的な時も、常に時代という風が吹き続けている中、それに上手く乗れない人がいてもこの飛燕という曲を始めとして米津さんはリスナーへ曲を届け続けるという解釈がこのサビからはできると思われます。

いやー、昔ながらのファンからするとハチ時代やdiorama時代に比べて、こんなに力強く真っ直ぐな歌詞を書くようになるのかとなんだか感慨深くなってしまいます。。

飛燕_2番Aメロ歌詞の意味・解釈

美しさを追い求め 友さえも罵れば

這い回る修羅の道 代わりに何を得ただろう

猛り立つ声には 切なさが隠れている

誰がその背中を 撫でてやろうとしただろう

(出典: 飛燕 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

自分の美学(=こだわり)追い求め、それを分からない他人を責めると、自分のプライドは守れるが他の人からは自分が面倒なやつに見えるので、結果として四面楚歌のように周りが敵だらけの修羅の道になってしまうという歌詞ですね。

これは過去の米津さんのインタビューから考えるとよく分かるのですが、1stアルバムのdioramaを制作した頃は「これが日本のJ-POPだ」と思ってリリースしたものの、結果として自分のこだわりを世間へ押し付けてしまった形になってしまったこととこのサビの歌詞は重なります。

そして、このような押し付けになってしまった背景として米津さんは他の人から愛されたいという自分の寂しさや、世間への絶望感などから曲を作ることが多かったので、今となってはそのような人は単純に孤独感に襲われているだけだから同じような人がいたら背中をさすってあげようじゃないか、という応援的なスタンスへの解釈に繋げることが可能だと思われます。

飛燕_2番Bメロ歌詞の意味・解釈

流離うまま 嵐の中 まだ胸に夢を灯し

渦を巻いて飛ぶ鳥の 姿を倣えばいい

(出典: 飛燕 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

「嵐の中」は、悲観的になって自分を責め続ける状態でなにもかも上手くいかないことを表し、その状態の人でも心からやりたいことを”時代”という読めそうで読みきれない風の渦に上手く乗っかっていく燕(おそらく上手く成功したアーティスト?)に倣えばいいと結んでいるのが2番Bメロです。

渦を巻いて飛ぶ、というところから上記のメッセージを連想して込められるイメージ力は米津さんだからこそのものですよね。

飛燕_2番サビ歌詞の意味・解釈

ずっと 羽ばたいていた 未来へ向かう 旅路の中

道の正しさは風に託して ただ進んでいけ

(出典: 飛燕 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

2番のサビも1番サビと似たところではありますが、こちらの方がより未来という時間軸に対しての在り方について書かれているように思われます。

自分が進んだ道が正しいかどうかは時代と自分の努力が決めることだから、とりあえず愚直に進んでいこうという未来への後押しを歌っています。

飛燕_Cメロ歌詞の意味・解釈

夢を見ていたんだ風に煽られて

導いておくれあの空の果てへ

夢を見ていたんだ風に煽られて

導いておくれあの空の果てへ

(出典: 飛燕 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

心の奥底では純粋にまっすぐ肯定を望む自分がいて、その自分が憧れる場所へと追い風も向かい風も込みで向かっていきたいという想いがCメロで表現されています。

2回同じ歌詞を繰り返しているのでシンプルですが、あえて2回繰り返されているところに米津さんがこのメッセージを強くリスナーへ届けたいという意味が込められていると僕は解釈します。

※ラストサビは1番と2番のサビを合わせた歌詞になっているので、解釈は割愛します。

まとめ|飛燕の歌詞の意味を解釈・考察

飛燕の歌詞を解釈してみましたがいかがだったでしょうか?
米津さんの背景を知っていると、この前向きな歌詞の意味がより深く理解できるので、ぜひ米津さんのインタビューなどは色々読み漁ってみてくださいね!

 

↓他の人気記事はこちら!↓

【米津玄師】orionの歌詞の意味を解釈・考察

【米津玄師の失恋??】fogboundの歌詞の意味を解釈・考察

 

↓米津ファンなら絶対知っておきたい米津さん自身に関する記事も要チェック!↓

【生い立ち・過去を完全解説】米津玄師の経歴とそこから見える才能とは

【徹底分析】米津玄師の音域の幅とカラオケで歌いやすい曲


BOOTLEG (通常盤) [ 米津玄師 ]