【米津玄師】翡翠の狼の歌詞の意味を解釈・考察

2018年6月28日

翡翠の狼の曲にまつわる情報

翡翠の狼は、米津玄師さんのメジャーシングル「orion」のカップリング曲として収録されている楽曲で、とても牧歌的な楽曲かつ米津さんの過去がとてもよく分かる楽曲となっています!


orion (初回限定ライオン盤 CD+DVD) [ 米津玄師 ]

なかなか取り上げられることは少ない楽曲ですが、なかなかこの曲の歌詞は解釈が米津ファンにとっては面白いものかと思われるので、これはマストでチェックです!

翡翠の狼のPV

残念ながら翡翠の狼はカップリング曲なので、PVはありません…。

なので、今回は翡翠の狼を使ったMAD動画を代わりにアップしておきます!狼だけど3月のライオンのアニメ動画が使われているという獣違いな構成ですが、意外と合っているような微妙に合っていないような…笑

翡翠の狼のギターコード

なんと、まさかの翡翠の狼はギターコードが見つかりませんでした…(本ブログにおいてギターコードがないのは初めての出来事)。

なので、代わりにこちらの手元がよく見える弾き語りの動画をアップしておきます。

カポ1でコードを押さえればうまく弾けそうですね。Uフレットあたりから早くギターコードが出ることを願っております…!

翡翠の狼のインタビュー記事

翡翠の狼はシングル曲のカップリングなので、インタビュー記事にも取り上げられていることが多いですね!

インタビューを読むと、どうも翡翠の狼は米津さん自身のことを歌った歌詞だということが分かるので、それも意識しながら後ほど歌詞を解釈していこうと思います!

・ナタリーミュージック

https://natalie.mu/music/pp/yonezukenshi09

・Real Sound

http://realsound.jp/2017/02/post-11340_2.html

翡翠の狼の歌詞の意味を解釈・考察

翡翠の狼は、先ほど書いたように米津さん曰く「自分のことを歌った」というほどなので、狼が米津さんの比喩であることを念頭に歌詞を解釈していけば、かなり分かりやすい歌詞になっていると思われます。

それでは早速歌詞を解釈していきましょう!

翡翠の狼_1番Aメロ歌詞の意味・解釈

孤独の寂しさ噛み砕いて 沸き立つ思いに耳を傾けて

泥濘踏みつけ歩いていけ 嵐の中涙流しながら

翡翠の狼はまた嘆く その身に宿す美しさも知らず

高めの崖を前にほら嘆く 誰かの力借りりゃ楽なのに

(出典: 翡翠の狼 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

米津さんは元々、周りとの価値観の違いからかなり孤独な人生を送ってきた背景があるので、この狼自体が米津さんだとやはり捉えて考えるので間違いありません。

自分の心の声に耳を傾けて、周りとは違う価値観・キャリアを進むというある種の嵐の中を懸命に歩く米津さんの姿が浮かんでくるのが歌詞の前半部分です。

後半も似たような情景描写が続きます。自分に宿っているアーティストとしての才能に気づかずに次のステップへ進もうとしているものの、1人の力では中々いまの位置からは上がることが出来ないという歌詞です。

米津玄師名義になってからバンドで音楽を作り出したり、最近だとdaokoさんや池田エライザさん、菅田将暉さんとのコラボをして、米津さんが他人との協調から音楽性に幅を持たせることに成功した経験から、もしかしたら「誰かの力を借りる」と表現しているのかもしれませんね。

翡翠の狼_1番Bメロ歌詞の意味・解釈

もうじき誰か友だちがくるさ

口笛吹きながら夢を見ていた

(出典: 翡翠の狼 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

自分と同じような感性を持った人が必ず自分の元へ来るはずだと、狼が孤独ながらに思っている心情描写が描かれています。米津さんの孤独感が滲み出ていますね

口笛吹きながら、というところに狼の意地っ張りさというか強がり的なものを感じます。本当は独りで不安だけど心配なんかしてないさ、的な感じのニュアンスですね。

翡翠の狼_1番サビ歌詞の意味・解釈

どこまで行くのか決めてなんかないが

ひたすらあなたに会いたいだけ

知らない間に遠くまで来たが

暖かい場所はまだ向こうか

(出典: 翡翠の狼 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

ファンお馴染みの「どこかへ行きたい米津さん」は、翡翠の狼でも出てきます。

自分がどこへたどり着くかは分からないが、目の前の道をとにかく進んでいるのは、いつか自分と同じ価値観を持つ「あなた」に出会うためだというのが歌詞の意味ですね。ここの「あなた」は、米津さんのメッセージに共感する一ファンのように思われます。

色々と音楽のキャリアを進めてきて、気づけば長いこと経験を積んだが、まだ満足をする境地には辿り着いていないというのが歌詞後半の意味になってくるのかなと。

とりあえず1番まで解釈しましたが、翡翠の狼は非常に分かりやすく米津さんの今までのアーティスト人生を曲にしているなと感じさせる一曲に仕上がっていることが分かりますね。

翡翠の狼_2番Aメロ歌詞の意味・解釈

りんごの花咲く春の日まで 心の目印曇らせないように

吹雪に曝され歩いていけ 虚しさ抱え混沌の最中まで

翡翠の狼は絶え間なく 我が身に怒りを向けては歌を歌う

戦え誰にも知られぬまま それで自分を愛せるのならば

(出典: 翡翠の狼 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

1番サビ終わりの暖かい場所と同じだとは思いますが、花が咲く春の日という表現を使い、その日まで例え吹雪と虚しさの2つの辛さを噛み締めながらもまっすぐ進んでいく情景描写をしています。ここの構造は1番Aメロとほぼ同じですね。

そして、米津玄師という翡翠の狼は、自分自身を醜い存在として責め続け、その怒りと悲しみから出てくる「他者からの愛」を歌にして歌い続けているのが歌詞の後半です。

この辺りの自分の醜さへの悲しみは、首なし閑古鳥などの初期の曲によく表れているので、こちらの歌詞の意味なども理解しておくと、さらに深く米津玄師というアーティストを理解することができるかもしれませんね。

翡翠の狼_2番Bメロ歌詞の意味・解釈

かけがえのないものはなんだろな

踵鳴らしながら待ちぼうけだ

(出典: 翡翠の狼 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

踵鳴らしながら待っているのは1番の歌詞から分かるように「仲間」でしょう。

自分と同じ価値観を持つ人と出会うことで、今持っている自身の孤独感から脱却したいという心情が綴られています。

翡翠の狼_2番サビ歌詞の意味・解釈

消せない記憶と苦しみの中で

終わりが来るのをただ待つだけ

この世で誰より綺麗なあなたに

愛しているよと伝えるまで

(出典: 翡翠の狼 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

自分が醜いと責め続ける部分や周りとの価値観の相違といった記憶や苦しみの結果、米津さんはうつ病になった経験もあることから「死んでしまいたい」と思ったことがきっとあるのでしょう。それがそのまま「終わりが来るのを〜」という歌詞に紐付いているものだと思われます。

また、醜い自分と比較するかのように”綺麗な”という形容詞の元、再度「あなた」という存在が出てきます。

これは先ほどの解釈で言えば「あなた」は米津さんのファンということになりますが、ここの歌詞から察するに「俺と同じように自分のことを嫌いでいるようなあなたかもしれないけれど、誰にも持っていないような良い部分がきっとあるはずだ」という励ましのような意味合いでこの歌詞を米津さんは書いたのではないかなと。

そして、そんなあなたを愛していると最後に伝えてこの曲を締めるという流れになっているあたりに、やはり初期の米津さんのviviなどから見える「誰かを愛する」という言葉や想いに繋がっている様子を見て取ることができます。

※ラストサビの歌詞は、1番サビの歌詞と2番サビの歌詞を合わせたものなので、解釈を割愛します。

まとめ_翡翠の狼の歌詞の意味を解釈・考察

翡翠の狼の歌詞を解釈してみましたが、いかがだったでしょうか?

この曲は、米津さんの音楽のルーツであるBUMP OF CHICKENのダンデライオンという曲に似ているなと個人的には思っています。特に、歌詞の物語調の部分や牧歌的サウンドの部分、何よりもうタイトルの獣つながりな感じなど、様々な部分に影響を受けた跡が見られるなと。。

米津さんのカップリングは、こんな感じに色濃く彼の好きな音楽ニュアンスが出てくるので、非常に解釈のしがいがありますね!

 

↓こちらの歌詞解釈記事もよく読まれています!↓

【米津玄師】orionの歌詞の意味を解釈・考察

【米津玄師】ララバイさよならの歌詞の意味を解釈・考察

【米津玄師の好きな人?】春雷の歌詞の意味を解釈・考察

 

↓米津ファンなら絶対知っておきたい米津さん自身に関する記事も要チェック!↓

【これで完璧!】米津玄師の髪型・セット大全

【男でも声が出るのはこの曲!】米津玄師の音域の幅とカラオケで歌いやすい曲

【画像で徹底解説】米津玄師のギター・エフェクター機材!


orion (初回限定ライオン盤 CD+DVD) [ 米津玄師 ]