【米津玄師】ホープランドの歌詞の意味を解釈・考察

2018年6月28日

 ホープランドの曲にまつわる情報

ホープランドは米津玄師さんの3rdアルバム「Bremen」の13番目に収録されている曲で、ゆったりなメロディの中に多幸感溢れる夢の国・おとぎの国のような、まさにホープランド(=希望の国)的な曲となっています。


Bremen [通常盤][CD] / 米津玄師

Bremenの曲全体に言えることですが、米津さんのdioramaやYANKEEで作ってきた曲よりもBremenの曲の方が圧倒的にポップで歌詞もわかりやすくなっています。

このことに関して、米津さん自身は「誰かのための音楽を作りたく、そのためには伝わりやすい・分かりやすい音楽を作らなければいけない」といった趣旨の言葉もこの頃は多く残しているため、ホープランドの歌詞自体もとても機器や好き、理解しやすい歌詞となっています。

ホープランドのPV

公式PVはアルバム曲のためありませんが、Youtubeからホープランドをカラオケで歌われた方の動画がアップされていたのでこちらの動画を紹介しておきます。
歌のレベルは普通ですが、曲の雰囲気を知ることはできるのでクオリティには目をつぶっていただければと…!

ホープランドのギターコード

ギターコードはこちらのChordwikiにありました!

https://ja.chordwiki.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89

AメロまではAm,B♭,C,Dmと進み、サビも王道のコード進行で「恋と病熱」と同じようなコード進行になっています。

バレーコードさえ弾ければこの曲はかなり簡単に弾けるようなると思いますので、初心者の方もぜひ挑戦してみてくださいね!

ホープランドのインタビュー記事

ホープランドのインタビュー記事はこちら!

ホープランドは実質上のBremen最後の曲だったそうですが、ホープランドで歌われている「ここにおいで」の「ここ」がどこだかリスナーが分からないまま幻想の世界でふわふわと終わってしまうのが良くないと思い、米津さんは追加で14曲目のBlue Jasminを作曲したそうです。

・ナタリーミュージック

https://natalie.mu/music/pp/yonezukenshi07

・ 歌ネット

https://www.uta-net.com/user/interview/1510_kenshi_yonezu/index.html

・リアルサウンド

http://realsound.jp/2015/10/post-4852_2.html

ホープランドの歌詞の意味を解釈・考察

ホープランドは、まさにブレーメンの音楽隊の目指した理想郷のような意味合いの曲です。

その理想郷とはいったいどんなところなのか?

Bremenで米津さんが伝えたかったことが実はこの曲には凝縮されているので、しっかりと歌詞の意味を味わって、米津さんからのメッセージを理解してみてくださいね。

ホープランド_1番Aメロ歌詞の意味・解釈

誰かが歪であることを 誰もが許せない場所で

君は今どこにも行けないで 息を殺していたんでしょう

どんなに当たり前のことも 君を苦しめてしまうから

ひたすら素直に生きていた それだけのことだったのに

(出典:ホープランド 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

米津さんがデビューの頃から普遍的に歌い続けている「周りの人と違う自分」について書かれています。

見た目や価値観など、独自の個性的な部分がみんなと違うからという理由だけで許されないという閉鎖的な場所は日本ではとても多くありますよね。

その中で、どこにも行けないで周りと無理やり合わせていたんでしょう?と語りかけます。当たり前のことをその通りにやるのが自分の個性に合わないから素直にやらないでいただけなのに、そのような価値観を認められない世間の価値観がとても窮屈で辛いものだということを、ここのAメロでは歌い続けています。

ホープランド_1番Bメロ歌詞の意味・解釈

いわれのない噂や 穢れきったあの言葉に

惑わされないでおくれ それが世界の全てじゃない

(出典:ホープランド 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

全員が全員自分の味方であることは基本的にはありません。

周りの誰かはきっと自分のことについてあれやこれやと悪い噂を立てたり、傷つくような言葉を口にしたりしますが、反面で必ず自分を応援してくれる・認めてくれる存在もいるので、必ずしも悪口の方ばかりに目を向けるのでなく、自分を応援してくれる世界もあるということを忘れないでほしい。

そのようなメッセージを込めたBメロとなっています。

ホープランド_1番サビ歌詞の意味・解釈

ソングフォーユー 聴こえている?

いつでもここにおいでよね

そんな歌 届いたら

あとは君次第

(出典:ホープランド 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

日本語にすると「あなたのための曲」という始まりからサビの歌詞はスタートします。

いつでもここにおいでよね、というのはまさしくホープランドのことを指しているのでしょう。そのホープランドとは、どんな自分でも肯定してくれる・認めてくれるような希望の国を意味しています。

でも、上記のインタビューで米津さんが言っていたように「そんな理想郷はない」のです。あくまで、自分を応援してくれる存在もいるということを知った上で、現実にどう向かっていくかはあなた次第だと。

言われてみても実際はそうですよね、自分自身が最後はなんとかしなければいけないというのはどこの世界でも同じだと思います。

自分の個性を殺さずにどのように生き延びていくのかを考える、というのはいじめられっ子や独自の感性を持ってクラスや会社で浮いてしまう人も、最後は自分がその”世間一般な価値観”とどう向き合っていくかどうかを決めるので。

ホープランド_2番Aメロ歌詞の意味・解釈

いつだってその手に丁度いい 憎める敵を探している

そうやって独りをつるし上げ 皆で笑い合うんでしょう

自分のことを愛せぬまま 何も選べないまま

逃げ出すことさえできない 君をいつも見ていた

(出典:ホープランド 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

前半部分は、「世間一般の価値観とずれた人をいじめのように批判する」という様子を描いた歌詞ですね。そして、その価値観と外れてしまっている”君”を主人公はただただ見ているという構図が説明されていきます。

おそらくここは米津さん自身の過去の経験や心に思ったことを書いているのでしょう。自分は他の人とは違う醜い生き物だという言葉や、クリエーターとしての一般の人とのズレの部分にくり死んだことは多くのインタビューで語っているので、そこの文脈でこの曲は書かれているのだろうなと思います。

また、後半部分は1番のメロディとまた少し毛色が変わった感じで、タ・タ・タとしたメロディと一緒に歌詞が流れていきます。

このメロディ感がオルゴール音楽のような感じがして、より曲にメルヘン感をプラスしていますね。

ホープランド_2番Bメロ歌詞の意味・解釈

善し悪しはみんな次第 悪い子は自由にしちゃいけない

そうやって作られたものに いくつも声を奪われて

(出典:ホープランド 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

ここもAメロと同じことを歌っています。価値観に正解はないのに、そこにいい・悪いの二元論を持ち込むことによって、悪いと判断される価値観・行動は撲滅させられてしまう(=声を奪われてしまう)。

もっともっと人間はみんな自由でいいじゃないかという米津さんの思想がここの歌詞から読み取れますね。

ホープランド_2番サビ歌詞の意味・解釈

ソングフォーユー 憶えている?

僕らは初めましてじゃない

同じものを持って

遠く繋がってる

(出典:ホープランド 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

同じものを持っているというところから、主人公は”君”の気持ちを理解していることが分かります。

あくまで推察ですが、実はどこかで自分の気持ちと同じような気持ちを目の前の”君”に伝えたことがあるけれど、”君”はその時はその主人公の言葉をはねのけていたのかもしれませんね。

ホープランド_Cメロ歌詞の意味・解釈

海が見えるあのテラスから声が聞こえる

気怠げな日陰の中で猫が鳴いている

青空を白く切り抜いた鳥が飛んでいる

この街は君の歌を歌う 君が何処にいようとも

いつまでも

(出典:ホープランド 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

Cメロは基本的に強い心情描写が描かれることが多いのですが、ホープランドのCメロはまさかのAメロに用いられるような風景描写の歌詞です。

ただ、この曲で米津さんが一番伝えたいことは「どんな価値観であっても、その価値観を肯定してくれる人や場所は必ずあって、それが君にとってのホープランドだ」ということです。

その側面でこのCメロを読み取ってみると、実はしっかりと米津さんの言いたいことが表現されているんですよね。

猫や鳥といった動物が登場しているのは、おそらくブレーメンの音楽隊をモチーフにしているからでしょう。そして彼らが最後に到達する理想郷のような場所、ホープランドでは世間一般からずれていると疎まれていると”君”を肯定してくれるというストーリーをこのCメロでは描いています。

米津さんの歌詞作りは一般のそれとは違うことが多いので、解釈していてとても勉強になるなというかアハ体験に近いような芸術性を感じます。

※ラストサビは1番サビと2番サビと全く同じなので歌詞解釈は割愛します。

まとめ|ホープランドの歌詞の意味を解釈・考察

ホープランドの歌詞の意味を解釈していきましたが、いかがだったでしょうか?

正解のないこの世界で、様々な価値観があるにもかかわらずそれに正解・不正解のレッテルをつけて、不正解の人やモノを排除しようとする画一的な枠組みからの脱却を柔らかい音楽でメッセージングしているのがホープランドの真の姿だと思います。

この曲で救われる人は、きっと多かったんでしょうね。

 

↓こちらの記事も読まれています!↓

【米津玄師】【儚い歌詞の裏側】メトロノームの歌詞の意味を解釈・考察

【米津玄師】Blue Jasminの歌詞の意味を解釈・考察

 

↓米津ファンなら絶対知っておきたい米津さん自身に関する記事も要チェック!↓

米津玄師のプロフィールをファン目線でコアなとこまでまとめてみた

【これで完璧!】米津玄師の髪型・セット大全

 


Bremen [通常盤][CD] / 米津玄師