【米津玄師】ホラ吹き猫野郎の歌詞の意味を解釈・考察

2018年6月28日

 ホラ吹き猫野郎の曲にまつわる情報

ホラ吹き猫野郎は米津玄師さんの2ndアルバム「YANKEE」の11曲目に収録されている曲で、YANKEEに収録されている曲に代表される「祭り囃子的サウンドの曲」となっています。


YANKEE [ 米津玄師 ]

これは他の「海と山椒魚」の歌詞解釈記事でも話題にしましたが、米津さんの徳島出身だからこその「阿波踊り的リズム感」に由来するものであり、どこか懐かしさを感じさせるメロディやリズムなのだろうと僕は解釈しています。

前作のアルバムdioramaでいえば、「駄菓子屋商売」のような曲調のニュアンスですかね。

非常に聞いていてノスタルジックな感じになる曲調となっています。

ホラ吹き猫野郎のPV

さて、この曲はアルバム曲なので公式PVはありません。なので、例によってYoutubeから歌ってみた動画を引っ張ってきましたので、こちらでまずはホラ吹き猫野郎を聞いてみてください。

ホラ吹き猫野郎のインタビュー記事

インタビュー記事もアルバム曲なのであまりありません。

YANKEEのアルバムインタビュー記事をあげておきますが、あまりこちらのインタビュー記事の中でもこの曲についての言及はありません…。

米津さんの本当の考えは分からないので、自力で歌詞解釈を進めていくしかありません。

・ナタリーミュージック

https://natalie.mu/music/pp/yonezukenshi04

 

ホラ吹き猫野郎の歌詞の意味を解釈・考察

ホラ吹き猫野郎は、一言で言えば「プレイボーイとそれに遊ばれる女の人の歌」です。

全て歌詞を読んだ後にタイトルを読むと、なるほど自己中心的な猫みたいな野郎だ!となることうけ合い。

それでは1番Aメロから歌詞の解釈を進めていきましょう。

ホラ吹き猫野郎_1番Aメロ歌詞の意味・解釈

そんなこんな言う間に日が落ちて スチャラカどこ行く帰り道

恋は水色 鳴く蛙 豆腐のラッパ 声が遠く

さんざ待たせておいてそりゃないわ スチャラカほら吹き猫野郎

あたし何処にも行かないの あなたは知っておいて知らん顔

(出典: ホラ吹き猫野郎 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

「日が落ちて」というので夕方くらいの時刻でしょうか、蛙が鳴いたり豆腐屋のラッパが響くような田舎の場所が舞台だとイメージできます。

主人公と相手の人は待ち合わせをしていたようですが、相手は約束だけして現れない「とんだホラ吹き野郎」のようです。相手は主人公がずっと待っているような性分だということを知っているにもかかわらず、知らん顔で約束を破ったようですね。

恋は水色とありますが、「恋はみずいろ」というフランスの1967年にヒットした曲があり、それをオマージュしているものだと推察できます。

その推察で言えば、おそらく「恋=水色=ブルー=うまくいかない恋」と婉曲的に理解することができるため、相手と自分の恋愛関係がうまくいっていない様子をここの歌詞から読み取ることができます。

さらに続けてBメロの歌詞を解釈していきましょう。

ホラ吹き猫野郎_1番Bメロ歌詞の意味・解釈

たんとご賞味くださいな 猫も杓子もラリパッパ

ああ もう嫌になっちゃうわ

どんな言葉をあてがっても やはりあなたにゃ似合いません

ああ どうしたらいいの 教えてよ

(出典: ホラ吹き猫野郎 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

「たんとご賞味ください」というのは、相手に恋い焦がれている主人公の気持ちを歌っているのでしょうか?ここのBメロだけではあまり細かく理解することはできませんね。

続く、「猫も杓子も」はもともと「猫でもしゃもじでもなんでもいいから」という慣用句の意味合いですので、それがラリパッパということは「あなたの前ではどんなものも使い物になりません」というように解釈することができます。

そのあとにも「どんな言葉をあなたにあてがっても似合わない(=意味がない)」と言った歌詞が続くので、自由気ままなネコのようなあなたにどのように接すればベストなのかわからないので、誰か教えて欲しいという主人公の心境をここから理解できますね。

こういう自由気ままで相手のことを考えない自己中心的な男って実際にいるし、そういう人に女の人は変に惹かれてしまうというのもよく見るので、いろいろととてもよく分かるような気がするなぁと解釈を進めながら感じてしまいます。

ホラ吹き猫野郎_1番サビ歌詞の意味・解釈

酩酊上々 雄雌違わずお尻を振って踊る

目眩くらくら曼荼羅の空見てぼったくり露天に放火して

上等 ゲラゲラ笑いの止まらぬ明日になあれ!

つまり1、2の3の4で手を叩き

こんなしょうもない日々にバイバイバイ

きっといつかはピカピカ花道

そんじゃまた明日ねバイバイバイ

(出典: ホラ吹き猫野郎 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

酩酊とは「酔っぱらった状態」のことを指します。酔っぱらった状態で雄雌関係なく尻を振るという表現は、おそらく性交渉のことを指しているのではないかと推測できます。

快楽からめまいでクラクラしてしまい、空は曼荼羅のようにぼやけるような意味なのかなとも。

ぼったくりの露天商に放火をするというのは、むかつくもの全てを快楽で一時的にでもなかったことにしてしまうような意味合いでしょうか?

後半は、ついていない自分への応援的な意味合いになるのでしょうか。ホラ吹き野郎に遊ばれてしまう私もいつかはまともな人と付き合ってorまともにそのホラ吹き野郎と付き合って笑っていられる日々を過ごしたいという意味を読み取ることができます。

ホラ吹き猫野郎_2番Aメロ歌詞の意味・解釈

じっとできなくなりあなたは言う「ここで花火を打ち上げよう」

やけど塗れの左手に ボロ絹みたいなブリキのバケツ

そんなもんで話も碌々なし 夜のあばら屋突き上げて

尾根の彼方に目を据えて 間抜けに口をぽかんとして

(出典: ホラ吹き猫野郎 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

花火を急にしようと言う相手ですが、正直ここだけでは意味が全くわからないです。

ですが、読み進めていくと1番サビと同じような意味合いのことを歌っているのだなということがよくわかります。

碌々なしは「ろくに挨拶もできない」という意味の「ろく」と同じ意味です。急に花火の話題をされてろくに話もできない様子を指しています。

あばら家は隙間があるような作りの荒い家のことで、その家が夜に”突き上げられる”とあります。この”突き上げられる”はまさに1番サビでの「性交渉」のことを意味し、行為中に男性器を見て(=谷と谷の間の突出物という意味の尾根)、快楽から口を間抜けに開けている様子をイメージすることができます。

つまり、2番Aメロの最初の花火とは、そのまま「性交渉」という意味合いで、それさえ捉えてしまえばあとは簡単にこの歌詞を理解することができるというわけです。

左手がやけどだらけだったのは、「他の女ともたくさん遊んで(=花火をして)いたから」とも理解することができます。

直接的でないにしろ、こういった表現を古めかしい言葉などを用いて表現できる米津さんはさすがの一言ですね。

ホラ吹き猫野郎_2番Bメロ歌詞の意味・解釈

たんとご覧にあそばせて 猫も杓子もラリパッパ

ああ もう嫌になっちゃうわ

どうであなたは見てもしない こんな睫毛に意味などない

ああ どうしようもないのね 馬鹿みたい

(出典: ホラ吹き猫野郎 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

ここでは「あそばせて」で、1番Bメロでは「ご賞味」と言っていたのも肉体関係のことを前提におけばすんなり理解できます

主人公がどれだけめかしこんで睫毛をメイクしたとしても相手はそんなことお構いなし。

そんな様子から、「相手がそういう人だっていうことをわかっているのに気に入られようと頑張っている私って馬鹿みたい」と歌っている主人公の様子が脳裏に浮かびます。

ホラ吹き猫野郎_2番サビ歌詞の意味・解釈

酩酊上々 白黒構わず踵鳴らして踊る

身なりチャラチャラ痛みの足りないバンカラの鼠を退治して

上等 ゲラゲラ笑いの止まらぬ明日になあれ!

ここで生まれちゃ宵越しの金要らず

どんな子も構わず寄っといで

そぞろ歩いてどうしようもないときは

何も構わんままに寄っといで

(出典: ホラ吹き猫野郎 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

ハイカラの反対語であるバンカラと鼠を形容してそれを退治しています。流行とは逆の硬派な人(=恋愛するなら一人だけ、というような昔気質の人)を追いやってしまう軟派でハイカラな猫の様子ですかね?

続く「どんな子でもおいで、意味もなく歩き回っているならばこちらにおいで」という言葉も、ホラ吹き野郎のプレイボーイ的な言葉のように解釈することができます。

得てして、2番サビの歌詞ではプレイボーイな男性のことをずっと歌っているように感じますね。

ホラ吹き猫野郎_Cメロ歌詞の意味・解釈

緑青の匂い 夕日が沈む

あの日の香り あなたは遠い

(出典: ホラ吹き猫野郎 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

舞台設定の時刻である夕方が終わりを迎えようとしています。

ここでは、今までの相手の行動を主人公の目線から走馬灯的に思い出しつつ、来ることのないであろう相手に思いを馳せていることが読み取れます。

あまり普通の曲のように大きなメッセージをCメロに込めてはいませんが、どこか主人公の相手に対する愛情やそれが報われない哀しさがそこはかとなく表現されているのが情緒的でいい味を出していますよね。

※ラストサビの歌詞は1番サビと全く同じなので歌詞解釈は割愛します。

まとめ| ホラ吹き猫野郎の歌詞の意味を解釈・考察

ホラ吹き猫野郎の歌詞解釈をしてみましたが、いかがだったでしょうか?

ひたすらに女好きなプレイボーイの相手に振り回される主人公のことを歌っている、そんな歌のように感じました。

少しエッチな話題だとしても、古い言葉にしてみたり明治・大正ロマン的なニュアンスで表現するとエロも一つの「文化」として理解できるのが不思議ですよね。

その感覚を利用して米津さんは今回のようなストーリーをうまく紡ぎ出しているように感じました。

 

↓こちらの歌詞解釈記事もよく読まれています!↓

【米津玄師】百鬼夜行の歌詞の意味を解釈・考察

【米津玄師】【深すぎる】TOXIC BOYの歌詞の意味を解釈・考察

 

↓米津ファンなら絶対知っておきたい米津さん自身に関する記事も要チェック!↓

米津玄師のプロフィールをファン目線でコアなとこまでまとめてみた

米津玄師のファッションブランドを全部リストにしてみた

 


YANKEE [ 米津玄師 ]