【米津玄師】笛吹けども踊らずの歌詞の意味を解釈・考察

2018年6月28日

笛吹けども踊らずの曲にまつわる情報

笛吹けども踊らずは、米津玄師さんの記念すべきメジャーシングル1枚目「サンタマリア」のカップリングとして3曲目に収録されている楽曲で、かなりトリッキーな楽曲で、ほとんど打ち込みで歌詞も初期感たっぷりな難解な日本語がちりばめられている玄人好みな曲となっています。


サンタマリア [ 米津玄師 ]

ちなみに2曲目のカップリングには「百鬼夜行」が収録されています。こちらは2ndアルバムの「YANKEE」に収録されていますので聴いたことがある人も多いかと思いますが、こちらの笛吹けども踊らずの方は聴いたことがない人も少ないのではないでしょうか?

歌詞も色々気になるところの多いこの楽曲、早速曲にまつわる情報から見ていきましょう!

笛吹けども踊らずのPV

笛吹けども踊らずはカップリング曲なので、残念ながらPVはありません…。

そこで、今回は代わりに笛吹けども踊らずの原曲がそのまま使用されているこちらのMAD動画をアップします。

よく分からないMADとなっていますが、曲自体は特に何も変わらないのであまり気にせず聴いてもらえればと思います!

笛吹けども踊らずのギターコード

笛吹けども踊らずのギターコードをChordwikから引っ張ってきました!

https://ja.chordwiki.org/wiki/%E7%AC%9B%E5%90%B9%E3%81%91%E3%81%A9%E3%82%82%E8%B8%8A%E3%82%89%E3%81%9A

カポを3フレットに装着しての演奏となるようですが、Em,Bm,D,A,Cといった基本のコードが中心の曲となるので演奏自体はそこまで難しくないでしょう。

問題は歌とコードストロークを一緒に合わせることで、歌が結構難しい楽曲なのでギター初心者の人は結構苦戦するかもしれませんね…。

まずは歌をしっかり歌えるようにマスターして、そこからゆっくりコードをつけて弾き語りを完成させていきましょう!

笛吹けども踊らずのインタビュー記事

笛吹けども踊らずのインタビュー記事はネット上にはどこにもありませんでした…。

普通、シングル曲が出る時のインタビュー記事ではカップリング曲もある程度触れるものなのですが、サンタマリアがデビューシングル曲だったこともあって誌面の兼ね合いで割愛されたのかもしれませんね。

なので、参考になるかは分かりませんがサンタマリアのシングルが出た時のインタビュー記事をいくつかここではアップしておきます。

・M-ON! MUSIC

http://www.m-on.press/music/0000006473?page=2

・ナタリーミュージック

https://natalie.mu/music/pp/yonezukenshi02

笛吹けども踊らずの歌詞の意味を解釈・考察

笛吹けども踊らずは、元々の意味として「相手に何かさせようとしても、思う通りには動いてくれない」という意味の慣用句です。なので、米津さんの内面世界とこの慣用句の意味をリンクさせながら歌詞を解釈していくのが一番分かりやすいかなぁと考えております。

それでは早速見ていきましょう!

笛吹けども踊らず_1番Aメロ前半歌詞の意味・解釈

でもなんでこうなったんだ ここで今何してんだ

ギラギラの目の人たちにあらぬ疑いをかけられて

沢山の流言飛語が 息巻いて飛び交う部屋に

着の身着のまま放り込まれた俺は一体何をした?

(出典: 笛吹けども踊らず 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

電車の痴漢的な冤罪の歌のような入りですね。何もしていないのにあらぬ疑いをかけられて色々と取り締まり室で息巻いている警察的存在からやんややんやと言われている情景描写がされています。

この冤罪がそのまま痴漢のような意味合いでの文字通りの冤罪なのか、はたまた何かのメタファーとしての表現なのかはまだここでは分かりませんので、この先で色々と考察していきましょう。

「流言飛語」「着の身着のまま」という表現、非常に1stっぽい米津さんの表現でとても個人的に気に入っています!このような一見分かりにくい歌詞を最近の米津さんはあえて書かない(誰でも理解できるもので書くことが独りよがりな音楽にならないとのこと)ので、解釈は最近の曲の方が圧倒的にしやすいのですが、たまにこういう古い楽曲を解釈すると言葉の裏の意味を探るのが難しくも、意味を見出せた時の達成感がたまらないので、ついつい時間をかけてでもやってしまいますね。。

笛吹けども踊らず_1番Aメロ後半歌詞の意味・解釈

何らかの勘違いで 俺は今冤罪を背負って

身に覚えなどない言葉で埒のあかない押し問答

切り取った密室に浮かぶ 煩雑と食傷の空気

巡り巡れど罪もなし

(出典: 笛吹けども踊らず 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

何の冤罪かは分かりませんが、やはりこの曲は冤罪の歌でした。

何度も「やった」「やっていない」の水掛け論を繰り返すけれども、主人公としては「罪はなし」と言っているので無罪を主張しています。

切り取った密室は取調室のことでしょう。食傷とは「何度も繰り返して同じなことに嫌気がさすこと」を意味する日本語なので、先ほどと同様に取調室における主人公と警官のやりとりの様子に飽き飽きとしていることを指していることが分かります。

この冤罪がどういう結末になるのか非常に気になりますね。。

笛吹けども踊らず_1番サビ歌詞の意味・解釈

もういいかい、もういいかい

すっからかんになったしさあ さあ

そんなもんはやっちゃないさ 放っておいてや

充分さ、充分だ

悪いのは誰だろうなあ なあ

立ち込んだ青い吐息 白々しい

目を向けられている

(出典: 笛吹けども踊らず 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

サビまで来てもまだまだ冤罪の取り締まり室の話ですね。

すっからかんは「もう話せることは話し切ったぞ」という意味合いでしょう、もう話し合いは充分だというニュアンスがこのサビからは伺えます。

とはいうものの、主人公の「青い吐息」「白々しい」というところが少し引っかかりますね。特に白々しいとは「嘘が見え見えで吐かれている様子」を表す言葉なので、もしかしたら主人公は自分がやらかしてしまったと自覚している可能性があります。

自分で自覚しているからこそ「この局面をどうしたら逃げ切れるだろうか?」と顔が青くなり吐息も青くなっているのではないかなと解釈することができます。

笛吹けども踊らず_2番Aメロ前半歌詞の意味・解釈

でもなんでこうなったんだ ここで今何してんだ

ヘトヘトの目の人たちは昨日の夜のことばかり問う

俺は酒を呑んだんだ 夜の淵踊ったんだ

そしたら靴が脱げ落ちて 夜の魚に食べられた

(出典: 笛吹けども踊らず 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

先ほどの解釈がもし合っていたら、もしかしたら「なんでこうなった?」と自問しつつも、自分で自分を騙している可能性があります。

ヘトヘトになるまで昨晩何をしていたのかを質問してくる警官たちに対して、主人公は「酒を飲んでいてベロベロになって靴が脱げて夜の魚に食べられた」と答えます。

ここの「夜の魚」が何なのかを少し踏み込んで解釈をしていくと、「魚=水」という部分の連想から「水商売の女の人」という文脈で読み取ることができなくはないことに気づきます。あえてもしここの歌詞を他の動物でなく”魚”にしたのであれば、この解釈はかなり辻褄が合ってくるのではないかと。

水商売の店の中でも種類によってはいわゆる「ルール」があるので、店内での禁止行為というものがあります。しかし、酒に飲まれてへべれけになっていた主人公はおそらくそのルールを破ってしまったのでしょう。その結果として「何もしていない」と主張しつつも相手方からは「犯罪を犯した」と訴えられて警察に突きつけられているのが、この現状に繋がるのではないかな?と解釈することができます。

笛吹けども踊らず_2番Aメロ後半歌詞の意味・解釈

その後は…その後は

それは確かに覚えてない!

(出典: 笛吹けども踊らず 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

あれだけ否定しておいて結局覚えていないんかい!といった感じですね(笑)

ここのパートの「その後は…」で記憶を無くしてしまっている様子を表す歌い方が良い感じに言いあぐねてしまっている描写を上手く歌で表現できているのが流石だなぁと思うのと同時に、どこかでこんな感じの楽曲聴いたことあったなとなりましたが、思い起こすと1stアルバムdioramaに収録されている「Black Sheep」という楽曲の意味不明な歌詞の部分のところと重なったのでしょう。どちらも似たような感じになっているので、僕は自然にそちらを思い出したようです。

※2番サビは1番サビの歌詞と同じなので、解釈を割愛します。

笛吹けども踊らず_ラストサビ歌詞の意味・解釈

もういいや、もういいや、

そろそろ終わりにしよう なあ

皆呼んで踊ろうや 手を叩いてさ

ハレルヤ、ハレルヤ

誰も悪くないだろうなあ なあ

円満で終わろうや 手を繋いでさ

笛吹けども踊らず

(出典: 笛吹けども踊らず 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

最後のサビでは、無理やりこの押し問答を終わらせようと主人公がその場の人たちに働きかける様子が描写されています。

「もう真実なんて分からないんだから、誰も悪くなかったってことで終わらせてみんな仲良く踊りましょう」と言えども、それでも最後が「笛吹けども踊らず」なので、結局誰も動かなかったのでしょう。これだけ上手い言葉遊びで曲が締められているので、おそらくはオチ的な意味合いで「踊る」「楽しむ」という言葉を最後のサビに逆算して米津さんは盛り込んだのだと思われます。

本当にこの人は言葉のチョイスとギミックの使い方が上手ですよね…。

まとめ|笛吹けども踊らずの歌詞の意味を解釈を考察

笛吹けども踊らずの歌詞を解釈してみましたが、いかがだったでしょうか?

お酒好きな米津さんと言えどもさすがに本人談では無いかと思いますが、このような冤罪のお話はストーリーとして先が気になるので、ついリスナーが耳を傾けるようにうまく物語を歌詞の中で組み立てているなぁと解釈をしながら感じました。

米津さんのカップリング曲はこうした面白い楽曲が多いので、これからも目が離せませんね!

 

↓こちらの歌詞解釈記事もよく読まれています!↓

【米津玄師】サンタマリアの歌詞の意味を解釈・考察

【米津玄師】【強すぎる愛への渇望】鳥にでもなりたいの歌詞の意味を解釈・考察

【米津玄師】【さらば掲げろとは?】ピースサインの歌詞の意味を解釈・考察

 

↓米津ファンなら絶対知っておきたい米津さん自身に関する記事も要チェック!↓

【これで完璧!】米津玄師の髪型・セット大全

【男でも声が出るのはこの曲!】米津玄師の音域の幅とカラオケで歌いやすい曲

【画像で徹底解説】米津玄師のギター・エフェクター機材!


サンタマリア [ 米津玄師 ]