【米津玄師】百鬼夜行の歌詞の意味を解釈・考察

2018年6月28日

百鬼夜行の曲にまつわる情報

百鬼夜行は、米津玄師さんの2ndアルバム「YANKEE」の13曲目に収録されている楽曲で、「ホラ吹き猫野郎」「海と山椒魚」のような和風テイストの楽曲となっています。

YANKEE [ 米津玄師 ]

米津さんの歌い方も「ようそろ」の歌い方などがまさに和な感じで、個人的にはツボです!

百鬼夜行のPV

PVに関して、百鬼夜行のPVはないので、Youtubeにあがっていた叩いてみた動画をアップします!

若干音割れしていますが、あまり気にせずどうぞ!

百鬼夜行のギターコード

百鬼夜行のギターコードはこちら!

https://ja.chordwiki.org/wiki/%E7%99%BE%E9%AC%BC%E5%A4%9C%E8%A1%8C

7thコードのオンパレードですね、この曲は。。笑

あの曲のなんとも言えない哀愁はおそらくこのコード感から出ているのでしょう。弾き語りは中々に実は難しい楽曲なので(特にサビ)、まずは裏のメロディをしっかり覚えて、そこからコードストロークと一緒に歌えるように練習してみてください。

こちらの弾き語り動画は手元のコードもよく見えるので練習の参考になるかと思われます。カポはChordwikiだと1フレットにと書いてありますが、こちらの動画では2フレットについています。ただ、動画を見る限りは特にコードは変わらないようなので、自分の歌いやすいキーに合わせてもらえればいいかと思われます!

百鬼夜行のインタビュー記事

インタビュー記事はこちら!

EMTG MUSICの記事に百鬼夜行の歌詞が一部取り上げられているのでこちらはぜひ見ておきたいところですね〜。

・ナタリーミュージック

https://natalie.mu/music/pp/yonezukenshi04

・EMTG MUSIC

http://music.emtg.jp/special/20140403791690bb3

百鬼夜行の歌詞の意味を解釈・考察

百鬼夜行は、一般的な人間とは違う見た目・中身をした人のことを”妖怪”に例え、彼らの気持ちを少し妖怪らしいポップな歌にして歌っているような楽曲です。

早速歌詞の中身を見ていきましょう!

百鬼夜行_1番Aメロ前半歌詞の意味・解釈

ちゃんちゃらおかしな出で立ちで  また酒呑み呷れど日は暮れず

つまらん顔して街を行く  ほらあれこれ言うては酔い散らす

いや どだいもどだいに面倒で  おかしな飲ん兵衛だ

(出典: 百鬼夜行 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

おそらく米津さんは自分のことを妖怪のように例えて、この曲でそんな妖怪から見た世界のことを歌っていたのでしょう。

様々なインタビューで自分のことを「醜い存在・他の人とは違った人間と思っていた」と表現してるので、きっとその想いを妖怪というファンタジーなモチーフを用いてこの歌では歌っているのでは?と考えられます。

お酒もアサヒスーパードライをよく米津さんは飲んでますしね(笑)

「どだいに」は「そもそも初めから、もとより」という意味なので、ここの歌詞ではかなり面倒という意味ですね。

人とは違う見た目で酒を飲みながら、一般の世界にいろいろと文句をつける面倒な妖怪の様を描いています。

百鬼夜行_1番Aメロ後半歌詞の意味・解釈

オンボロ錦の更紗模様  その洒落たお顔には金魚の絵

腰やら股やら働かせ  またお手軽欲望貪れば

今どこへも聞こえる声出した  「私さみしいの」

(出典: 百鬼夜行 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

錦に模様がついていたり、顔に金魚の絵が書かれていたりというのはどこか昔の「ヤクザ」的なものを感じますね。

そして、そんな厄介者のような見た目をしている主人公は女にも触手を伸ばしています。続く「腰やら股やら」の部分は、そんな分かりやすい人間の性欲の部分を表現しています。

私さみしいの、という言葉を口にするのは妖怪だからこそ他の誰にも相手をされないが故の寂しさを表現しているように感じます。先ほどの男女の交わりはもしかしたらお金を払って手に入れた関係なのかもしれませんね。

百鬼夜行_1番Bメロ歌詞の意味・解釈

呼ばれて飛び出てこの世に参上 皆様よろしくどうぞ

楽しくなったり哀しくなったり 忙しのない日ばかりだ

帳を上げろや昼行灯ほら ここらでおひとつどうだ

我らは現代の妖怪だ!

(出典: 百鬼夜行 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

歌詞後半の「我らは現代の妖怪だ」は、米津さん曰く「妖怪なんだからしょうがないじゃないか」という開き直りだとのことです。

それを加味した上で考えると、皆様よろしくどうぞという言葉も、「こんな他の人とは違う妖怪みたいな自分が世の中に出ていきますよ」という挨拶のように見えますね。

帳とは幕のようなもので、昼行灯は妖怪の一種です。(昼行灯がどんな妖怪化が気になる方はこちら。)

まさに妖怪の集団のようなものを率いる親玉が子分の妖怪に命令をしている様子が描かれています。

百鬼夜行_1番サビ歌詞の意味・解釈

頓珍漢なことばかり まだ信じている

狸の背中に火を灯せば ほう

あんあん ぱっぱらぱの行進 やってやれほら

バケツ叩いては声上げろや ほう

明るい夜の到来だ ようそろ

(出典: 百鬼夜行 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

カチカチ山の狸の話を思い出すと、狸は「嘘つき」であることが思い出されます。頓珍漢なことばかり信じているのは「うさぎに金儲けの話を出しに連れ出された様子」を指しているのでしょうか?

一般の人に当てはめると「何も疑わずにただただ当たり前のように何かを信じている人」を揶揄しているように感じます。

そのあとは「ぱっぱらぱ」のようなリズムに合わせて世界観を表現するような擬音が多用されていきます。

最後の明るい「夜」は「世」とかけているのでしょう。非常に妖怪らしいポップな曲に1番の時点でなってきていますね。

百鬼夜行_2番Aメロ前半歌詞の意味・解釈

みなみな欲望詰め込んだ そのペラペラ少女とニヤケ猿

お願い全てを投げ付けて また一人で快楽部屋の隅

ほら頭と目ばっか肥えて行き 青白い顔

(出典: 百鬼夜行 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

少女と猿の時点でまた性欲絡みの表現であることがわかりますね。

おそらくペラペラとあるので、本当の人間でなく本か紙か何かでしょう。その証拠として自分でしていることが分かる「一人で快楽部屋の隅」とありますので、おそらくこの解釈は合っているかと思われます。

そういったものばかりで処理しているので、頭と目は肥えていくけれど、自分自身はモテないような青白い顔をしているという自虐も入れているのが米津さんらしいなぁと思います。(これが米津さんのことを表現しているかどうかは定かではありませんが)

百鬼夜行_2番Aメロ後半歌詞の意味・解釈

雨降る夜には傘になり その体で誰かと雨宿り

お歌を歌えば人を騙し また誰彼構わず慰める

ほら盲信者増やして傘下に置いて 孤独で遊説を

(出典: 百鬼夜行 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

傘に変化したり、歌を歌うと聞いた人の心を奪ったりと、まさに妖怪の業ですね。

そんなこんなで人の心を奪って自分の信者にすることを、政治家が全国各地を周って支援者を増やすことにかけて「遊説」という言葉で表現しています。

しかし、それでも「孤独」とついているのでやはりこの妖怪は1人きりの寂しい存在であることもきちんとここでも表現されていて丁寧だなぁとしみじみと感じます。。

百鬼夜行_2番Bメロ歌詞の意味・解釈

生まれて初めてこの世に登場 続きは表でどうぞ

嬉しくなったり怒り狂ったり 忙しのない日ばかりだ

その手を下ろせや用心棒ほら ここらでおひとつどうだ

我らは現代の妖怪だ!

(出典: 百鬼夜行 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

「続きは表でどうぞ」というのは、今まで妖怪として裏の世界で幅を利かせていたのを表の世界でもやってやるぞという意味合いでの”表”なのでしょう。

そして、昼行灯の次は、妖怪・用心棒の登場です。歌詞の機能としては1番のBメロとほぼ同じですね。

百鬼夜行_2番サビ歌詞の意味・解釈

どんでんひっくり返し行こうや

スチャラカほいさ

狐の頭に水被せば ほう

あんあん ぱっぱらぱの行進

やってやれほら

薬缶鳴らしては声合わせや ほう

明るい夜の到来だ ようそろ

(出典: 百鬼夜行 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

狸の背中に火をつけたと思ったら2番では狐の頭に水を被せるという、まさに“どんでんひっくり返し”な歌詞となっています。

こういった遊び心が米津さんの面白い歌詞の作り方の秘訣的な部分ですよね。

バケツがヤカンになっていますが、どちらも和テイストで昭和な妖怪の世界観を演出しているアイテムがチョイスされています。

あとは「ぱっぱらぱ」の部分や「明るい〜」以降の歌詞は、ほぼほぼ1番と同じような感じですね。

百鬼夜行_Cメロ歌詞の意味・解釈

こんな具合になったのは 誰のお陰だろうか

こんな具合になったのは ああいまさらどうでもええわ

(出典: 百鬼夜行 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

もうどうでもいいや、とあるのは1番Bメロで説明した米津さんのインタビューの言葉にある「開き直り」的な表現だと思われます。

「自分がこんな妖怪になりたくてなったわけじゃないけれど、じゃあ誰のせいでこんな妖怪になってしまったのか?まぁ、もうそんなこと考えるのもいいや」といったようなニュアンスがここのCメロで伝わってきます。

百鬼夜行_ラストサビ歌詞の意味・解釈

頓珍漢なことばかり まだ信じている

狸の背中に火を灯せば ほう

あんあん ぱっぱらぱの行進 やってやれほら

バケツ叩いては声上げろや ほう

明るい夜の到来だ ようそろ

 

ちゃんちゃらおかしな世の中だ その平和と愛とをうたえども

心にあるのはそれではない また僕らに自由はそれほどない

ほら 得意の炎で焼いてくれ あなたの言う愛で

(出典: 百鬼夜行 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

前半部分は1番歌詞と全く同じなので歌詞の解釈は割愛しますが、最後の後半部分はラストサビだけにしか出てこない歌詞となっていますので、ここに着目して意味を読み取っていきましょう。

おそらく「みんな平等がいい」とか「差別なんかない世の中に」のような言葉が”平和”や”愛”のような言葉で世の中にはびこるけれども、実は心にあるのはみんなそんな綺麗事じゃなくてもっと卑しいものなのではないか?」と疑っているようにここの歌詞を解釈することができます。

「僕らに自由はそれほどない」という歌詞も、「結局そんな平和や愛をうたっていたって、未だに妖怪のように一般の人間と違う異形の自分に自由はそれほどないじゃないか」という米津さんの訴えのように読み取ることができます。

最後は非常に皮肉的ですが、「その綺麗事の愛の炎で妖怪の自分を焼き殺して、普通の人間にしてくれ」というとても米津さんらしい歌詞で曲が締めくくられています。

まとめ|百鬼夜行の歌詞の意味を解釈・考察

百鬼夜行の歌詞を歌詞を解釈してみましたが、いかがだったでしょうか?

普通の人とは違う自分を”妖怪”に見立てて、その自分を開き直って一般の人たちに表現する主人公の姿が描かれた曲でした。

米津さんの過去をインタビューを読んで知っている人は「ウンウン」とうなづきながら米津さんに共感できる曲の歌詞なのではないかなぁと思いますので、ぜひしっかりと隅々まで歌詞を吟味してみてくださいね。

 

↓こちらの歌詞解釈記事もよく読まれています!↓

【米津玄師のスタンスが垣間見える??】KARMA CITYの歌詞の意味を解釈・考察

【米津玄師】ドーナツホールの歌詞の意味を解釈・考察

 

↓米津ファンなら絶対知っておきたい米津さん自身に関する記事も要チェック!↓

米津玄師のプロフィールをファン目線でコアなとこまでまとめてみた

【徹底分析】米津玄師の音域の幅とカラオケで歌いやすい曲

 


YANKEE [ 米津玄師 ]