【米津玄師のスタンスが垣間見える??】KARMA CITYの歌詞の意味を解釈・考察

2018年6月28日

KARMA CITYの曲にまつわる情報

KARMA CITYは米津玄師さんの2ndアルバム「YANKEE」に収録されている楽曲で、追っかけで微妙に違う歌詞が歌われる少し珍しい曲となっています。


YANKEE [ 米津玄師 ]

そして、歌詞もサウンドもめちゃめちゃ暗めな曲です…。ちょっと1stアルバム「diorama」の『Black Sheep』に似ているような感じがしますよね。

そんなこの曲にまつわる情報をまずはチェックしていきましょう!

KARMA CITYのPV

KARMA CITYはPVがないアルバム曲なので、こちらの「YANKEE」のクロスフェードの最後に少しだけサビが入っている部分のみしか動画がありませんでした。。

追っかけが入るからか、歌ってみた動画もない珍しい曲なので、ぜひ聞いてみてください!

KARMA CITYのギターコード

ギターコードはこちら!

https://ja.chordwiki.org/wiki/KARMA+CITY

コードを見ると一目瞭然なのですが、KARMA CITYのダークな雰囲気はコードの中での半音の上がり下がりから来ていることが分かります。

AメロではA#→B、サビではF#→Gというコード進行がそれに当たりますね。

音楽をやっている人であれば分かるかと思いますが、半音階はかなり不安定なメロディイメージを曲に与えることができます。おそらく米津さんはこの不安定さを曲に色付けするためにKARMA CITYのコードをこのような進行にあえてしたのではないかな?と推測することができます。

KARMA CITYのインタビュー記事

インタビューはこちら!KARMA CITYはかなりマイナーな楽曲なので、インタビューで取り上げられることはほとんどありませんでした。。

なので収録アルバムである「YANKEE」のインタビューをここではアップします!

ナタリーミュージック

https://natalie.mu/music/pp/yonezukenshi04

EMTG MUSIC

http://music.emtg.jp/special/20140403791690bb3

rockin’on ライブレポ(KARMA CITYを演奏したレアなライブのセトリです!)

https://rockinon.com/live/detail/153310

KARMA CITYの歌詞の意味を解釈・考察

KARMAとはカルマのこと。カルマは仏教用語で”業”を表す言葉で「人間の欲望」という意味を持ちます。

BUMP OF CHICKENでも「カルマ」という曲があるので、こちらの曲からも着想を得ている可能性はありますね。

それでは早速、歌詞の解釈をしていきましょう!

KARMA CITY_1番Aメロ歌詞の意味・解釈

沈んでいく街の中溶けていったあの子は

その髪を小さく結いながら 退屈な顔で笑った

(沈み行く街並みに溶けていくあの子はいつだって

その髪を小さく結って 退屈そうに笑った)

思い出せなくなっちゃう前に僕と遊びに行こうぜって

ついにはもう言えないまんま あの子は消えていったんだ

(思い出せなくなってしまう前に遊びに行こうぜって

ついには言えないまんま あの子は消えていった)

(出典: KARMA CITY 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

Aメロの情景描写では登場人物として、僕とあの子がいることが分かります。

「沈んでいく街の中」の沈んでいく街とはタイトルのKARMA CITYのことを指していることがサビ歌詞の解釈から分かります。

そして、髪の毛を結うという表現から「あの子」は女の子であることが分かり、その子と遊ぼうと言う主人公の前から消えていってしまったことがこのAメロ歌詞から読み取ることができます。

「思い出せなくなってしまう前に」という歌詞は、おそらく大人になってお互いの幼い日のことを思い出せなくなってしまう前にという意味かと思われます。

追っかけの歌詞は最初に歌われる歌詞と微妙に違うものの、意味は同じように捉えられます。が、おそらくこの微妙な違いは「時間軸」であることが歌詞の助詞を丁寧に読んでいくと分かります。

この時間軸についての解説はサビ歌詞の解釈パートでしっかり説明します!

KARMA CITY_1番サビ歌詞の意味・解釈

この感情は生まれ持っていたって

気付いた頃に 君は何処にもいないなんて

寄る辺なく夜に落ちていく

ここは一瞬を繋いで作った

過去と未来の 僅かな隙間 カーマシティ

君はほら街を外れて 消えていく

(出典: KARMA CITY 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

先ほどの時間軸のことをここで説明しましょう。

仏教の考えに基づいて解釈をするのであれば、仏教はそもそも「過去と未来のことを考えない、”今”にだけ視点を向けた考え」を基調とした教えがあります。おそらくそのことをサビ後半の歌詞では歌っているのでしょう。

今という刹那的な瞬間の連続を「カーマシティ=KARMA CITY(業の街=人間の街)」として、そこから外れていく君という存在を表現しています。

サビ最初の歌詞の「この感情」はこの時点ではまだどのような感情かは明確に読み取ることはできません。ただ、気づいた頃にはもうあの子はいなくなってしまっているので、「あの子に対する好意」のようなものなのかなと推測することはできます。(結局「遊びに行こうとは言えなかった」と言っているのでおそらくそうかなと。。)

KARMA CITY_2番Aメロの意味・解釈

今を確かに欲しがっていた その末に手にとったのは

僕が欲しかった今じゃない 過去の色した別のもの

(今を掴もうとして握りしめた手に掴んだのは

僕が掴もうとした今とはまた違った今だ)

あの子はまた同じように 誰の手でもすり抜けて

いつもただ一人でいたんだ 諦めるように歌って

(同じようにあの子は誰の手もするりすり抜けて

いつも一人でいたんだ 諦めるように泣いて)

(出典: KARMA CITY 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

先ほどの仏教の解釈がかなり真実味を帯びてきました。「今」「過去」のオンパレードなので、時間軸に対する考察は合っていると言っても過言ではないと思われます。

歌詞を解釈すると、「今」というものが次の瞬間にはもう「過去」に変わっているという時間の儚さを描写し、いなくなってしまった子もそのような流れのようにするりすり抜けて誰とも合いはしなかったという意味の歌詞となっています。

この描写はもしかしたらですが「過去」と「未来」に合わない「今」というものはcaribouの歌詞に出てきた「メメント・モリ」としての「今」なのかもしれません。

だとすると、米津さんのアーティストとしての「今、この一瞬にかける」という意味合いとしても理解できますし、「過去や未来は過ぎ去ったものorまだ起こっていないもの」なので「他の人が過去にこうだったから」とか「将来のことを考えるとリスクを取らずに安全な道を行った方がいい」というようにも捉えることができます。

KARMA CITY_Bメロ歌詞の意味・解釈

戦うやつらはあの子を笑う 戦わない歌うたうから

(戦うやつらはあの子を笑う 戦わない歌うたうから)

(出典: KARMA CITY 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

この曲で初めて出てくるBメロです。

歌詞はシンプルに1行だけ。しかし、この歌詞はかなり米津さんのアーティストとしての生き方のスタンスを表しているように解釈することができます。

要するに「戦わない歌をうたうやつら」が「あの子」を笑っているわけです。つまり、先ほどのように「リスクを取らずに戦わないような生き方をしている人が、リスクをとってやりたいことをやって生きようとしている人を笑っている」と読み取ることができます。

これはかなり前作アルバム「diorama」のコンセプトに近いですね、ダークな雰囲気の曲調ももしかしたらdiorama的なものから来ているのかもしれません。

こう考えると「あの子」は米津さん自身を表しているようにも捉えることができます。果たしてこの後「あの子」はどうなるのでしょうか?

KARMA CITY_2番サビ歌詞の意味・解釈

あの街灯の上 座っていたんだ

君は灯に乗って街を見下ろしたアイロニー

風がそのスカートを撫でていく

ここは永遠を刻んで潰した

生者と死者の 確かな隙間 カーマシティ

君はほら街を外れて 消えていく

(出典: KARMA CITY 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

「あの子」は街灯の上に座って街を見下ろしていたようです。おそらくdioramaの中であった「街」の考えと近いのでしょう。

「世間一般の考え」を街とした時に、その考え・価値観に対して「皮肉交じりに自分のアーティストとしての価値観をぶつけていく」という姿勢が前作ではコンセプトとしてあったので、そういう意味合いで「アイロニー(=皮肉)」を歌詞に綴ったのかもしれません。(caribouでもそのような解釈をしています。)

続く歌詞後半に関して、もちろん単純な仏教的意味合いなのかもしれませんが、生きているのか死んでいるのかの微妙なラインである「うつ病」を経験した米津さんだからこそこのような表現が出てきているのかもしれません。

「今」を「永遠を刻んで潰したもの」と比喩する表現能力はさすが米津さん…と言ったところですね。

※ラストサビは1番サビと全く同じ歌詞なので、解釈は割愛させていただきます。

まとめ| KARMA CITYの歌詞の意味を解釈・考察

KARMA CITYの歌詞を解釈してみましたがいかがだったでしょうか?

KARMA CITYがどこかdioramaっぽいなぁと思っていた理由が、歌詞解釈を通して僕自身理解できたのですごくスッキリしました。

これでYANKEEの楽曲解釈は全て終わりです!

ありがたいことにアイネクライネ海と山椒魚などがよく読まれている記事のようですので、まだ読まれていない方がいたら是非ご一読いただけますと嬉しい限りです!

 

↓こちらの歌詞解釈記事もよく読まれています!↓

米津玄師】【心の弱さを串刺しに】WOODEN DOLLの歌詞の意味を解釈・考察

【米津玄師】しとど晴天大迷惑の歌詞の意味を解釈・考察

 

↓米津ファンなら絶対知っておきたい米津さん自身に関する記事も要チェック!↓

米津玄師のプロフィールをファン目線でコアなとこまでまとめてみた

米津玄師のファッションブランドを全部リストにしてみた

 


YANKEE [ 米津玄師 ]