【コツは3つだけ!】カラオケでいかに早口のLOSERをうまく歌うための攻略術

こんにちは、米津玄師オフ会”ぼっち会”の中の人(@yonedu_bochi)です!

今回はアイネクライネLemonの歌のコツに加えて、LOSERの早口をいかに攻略して歌うかについてのコツを考えていきたいと思います。

春雷もそうなのですが、多くの人が米津さんの歌をカラオケで歌う際にネックになるのが「早口でまくしたてるラップ調の曲」なようです。
(個人的な感覚ですが、特に女性の方は苦手に感じている方が多いような気がします…!)

もともと昔から邦楽ロックに加えてKREVAやSOUL’d OUT、RIP SLIMEなどの懐かしいJ-POP系ヒップホップを聞いていたのもあり、早口にはかなり慣れているので、今回はその時にどのようにして早口ソングを攻略していったかの経験とコツについて書いていこうと思います!

(サムネイル画像出典:https://www.youtube.com/watch?v=Dx_fKPBPYUI)

LOSERを歌う前に絶対知っておきたいこと

LOSER以外にも言えることですが、しっかり歌で曲を表現するに当たって楽曲の意味や特徴を知らないとなかなか原曲のような「負け犬からの遠吠え」感を出すことはできません。

そこで、まずは歌い方の前に歌詞の意味や楽曲の特徴をしっかり捉えていきましょう!!

歌詞の意味

LOSERの歌詞解釈記事にものすごく細かく書きましたが、ざっくり要約すれば「何をやってもうまく行かない上にいつも独りきりでダメな人生を送っていると思っている人(=LOSER・負け犬)の応援歌」です。

米津さん自身、過去の人生経験病気・障害などから「普通の人とは違う異形の存在でうまく普通に生きていけない負け犬」だと考えていて、そんな自分と近しい人に対して「それでも負け犬の人生だからこそここからのし上がっていこうじゃないか」といった寄り添うようなメッセージ性がこのLOSERには込められています。

MVのダンスにも負け犬で苦しんでいるような振り付けが入っていたりしているので、映像からもぜひその曲の真意を感じ取ってみてください!

LOSER_MV
(画像出典:https://www.youtube.com/watch?v=Dx_fKPBPYUI)

LOSERの曲特徴

この曲は基本的にAメロとBメロ以外はかなり低いので喉には優しいものの、先ほど紹介した通りに早口なため息継ぎが難しく、反対にサビとCメロは高音が多くなってくるので歌いにくいという非常に歌う側としては大変な曲となっています。

音域に関してですが、mid1C#〜hiA#(低いド#〜高いラ#)となっています。
米津さんの曲の音域としては特段高いというわけでもなく普通な感じですね。

ただ、もうとにもかくにもリズムに乗るのが大変だと思うので、今回は高い声(ミックスボイス)の出し方などは一旦置いておき、徹底的にあの早口パートを攻略することだけを書いていきたいと思います!
(※ミックスボイスの出し方が気になる方はぜひこちらのLemonの歌い方の記事を参考にしてみてください。)

LOSERの早口を攻略するコツは「リズム」と「hの音」と「押韻場所の理解」

LOSERをカラオケで歌う際の3つポイントは「リズム」「hの音」「押韻場所の理解」

リズムを掴む

まず絶対に押さえなければいけないのはリズムに乗って言葉を発することができるかどうかです。

そもそもの部分でリズムを捉えられていないとそこに言葉を乗せることはほぼ不可能なので、自信のない人はまず曲の入りの部分などを「たったた たたたた」のように何かしらの音を当ててリズムに乗れるよう練習しましょう。

「hの音」に注意!

基本的に早口の言葉の難しい理由は母音子音の連続による舌の動きの変速感です。

日本人は母語が日本語なので、割と他の言語に比べると話す速度はゆっくり且つアクセントも英語などに比べ平坦な点から、舌を高速で動かして音を乗せる言葉を発することにそもそもとして慣れていません。

そして、なんと言っても「息の入る音」が僕ら日本人は苦手。

かきくけこ、ち・つ、などの音は喉の奥で息を一瞬溜めてそれを押し出すように発音する子音です。
実際の発音にするとkha・khiのようになるのが分かるでしょうか?

この喉の一瞬のためと押し出しという2つのアクションがあるため、「機関車トーマス」のような言葉を早口で言うとその意外な難しさに気づくと思います。

これが2番目の原因です。

押印の場所の理解

最後に「押韻の場所」についてです。

押韻とは「韻を踏むこと」で、いわゆるラップのライミングという技術ですが、LOSERだとこのような歌詞が押韻として分かりやすく乗っています。

いつも通り通り独り こんな日々もはやこりごり

(出典:LOSER 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

赤字にしたところと青字にしたところかそれぞれ韻を踏んでいるところです。

お気付きの通り、「韻を踏む」とは色のついた文字をローマ字にした時に「それぞれの言葉の母音が同じであること」を指します。

itsumo tori no tori hitori
konna hibi mohaya korigori

このように「どこで何が踏まれているのか」を理解しておくと次に来る音を直感的にイメージすることができるため、口と舌が次の歌詞を歌うモードへと無意識的に構えやすくなります。

もちろんいきなり原曲のスピードでこの作業をやると大変なので、少しスピードを落として口ずさめるレベルのスピードから徐々に速くしていくと上手く歌えるようになります。

最近だとYouTubeの動画も設定で再生速度を遅められるので、その機能を使ってもいいかもしれませんね!

滑舌をよくする方法

まず絶対に押さえなければいけないのはリズムに乗って言葉を発することができるかどうかです。

そもそもの部分でリズムを捉えられていないとそこに言葉を乗せることはほぼ不可能なので、自信のない人はまず曲の入りの部分などを「たったた たたたた」のように何かしらの音を当ててまずはリズムに乗れるよう練習しましょう

とは言ってもまだまだ不安…という人のためにさらに滑舌を良くする方法をご紹介します!

ハキハキと普段から話す

僕らが普段話している言葉は語尾が聞こえなくても、それまで話していた文脈で聞こえなかった言葉を脳内で補完することができます。

なので、ごにょごにょ話しているような滑舌の悪い人でもなんとなく何を言っているかは分かったりすることも多いですよね?

ただ、歌はそれとは違います。
わざと曖昧に発音していない限りは、1つひとつの言葉をしっかり聞き取りやすいように歌う必要が基本的にあるので、普段から滑舌悪いな…と思っている人は、ぜひ普段からしっかり1つひとつの母音と子音を綺麗に発音するように意識しましょう。

LOSERの歌えない部分を何度も聞き返し歌い直す

丸々一曲だと長いので、自分がいつも噛むところやうまくリズムに乗れない部分を切り出して何度も口ずさみましょう。

だいたい噛んでくるところは決まってくるので、そこの部分を米津さんがどのように歌っているのか再度しっかり聞き込んで、それを完コピします。

リズムに音がうまくはまらないorリズムの速度に合わないのどちらかのパターンにだいたいなるかと思いますので、傾向がわかったら上記の方法でぜひ練習してみてくださいね!

参考になりそうな動画や楽譜・教則本

上記以外で参考になるようなもの教則本や動画をここでは紹介したいと思います。

まずはミックスボイスの教則本になります。
サビの高音が出なくて困っている…という人はぜひこちらに目を通しておくことをおすすめします!
ボーカル教室に通うと高いお金を払わなければいけないのですが、こちらの教則本はCD付きなので自宅でも一人で練習することができますよ!


プログラムCD付き ミックスボイストレーニングで必ず歌がうまくなる本

こちらはLOSERの楽譜

バンドスコアピースBP1902 LOSER / 米津玄師 (Band Score Piece)

Shougo TVの動画もこの記事に書いていることを視覚的に話してくれているので、こちらもぜひチェックしてみてくださいね!

まとめ

LOSERの歌い方のコツについてまとめてみましたがいかがだったでしょうか?

なかなか普段からカラオケでこういう歌を歌わないと慣れないうちは滑舌良く歌えないかと思いますので、ぜひ米津さんの楽曲で何度も練習してみてくださいね!

↓こちらの記事もよく読まれています!↓

【米津玄師の”孤独の脱却”】アイネクライネの歌詞の意味を解釈・考察

【ハチP/米津玄師】マトリョシカの歌詞の意味を解釈・考察

【米津玄師が殻を破った】サンタマリアの歌詞の意味を解釈・考察

 

↓米津ファンなら絶対知っておきたい米津さん自身に関する記事も要チェック!↓

【生い立ち・過去を完全解説】米津玄師の経歴とそこから見える才能とは

【男でも声が出るのはこの曲!】米津玄師の音域の幅とカラオケで歌いやすい曲

米津玄師のファッションブランドを全部リストにしてみた


ボーカリストのための 高い声の出し方 ~ミックスボイス・ホイッスルボイスをマスター!!~ (レッスンCD付)