【米津玄師の過去が読み取れる】恋と病熱の歌詞の意味を解釈・考察

2018年6月28日

恋と病熱の曲にまつわる情報

恋と病熱は、米津玄師さんの1stアルバム「diorama」の9曲目に収録されている曲で、米津さん初期曲ならではのイントロやアウトロのギミック性と歌詞の作り込みを感じられるミドルチューンです。

diorama [ 米津玄師 ]

この曲は、本当に米津ファンの中でも歌詞への共感レベルが高く、カラオケでも歌われる頻度の高い楽曲ですね(テンポがゆっくりなのもありますが)。

それでは恋と病熱の曲にまつわる詳細を見ていきましょう!

(サムネイル画像出典:https://www.youtube.com/watch?v=GiPdefbPa0k)

恋と病熱のPV

PVはYouTubeで公式アカウントから発表されています。

初期の頃の曲なので、ハチ時代のワンダーランドと羊の歌のPVと同じようにアニメーションのPVとなっています。(同様に南方研究所がPVを制作。)

曲の儚さとPVの主人公の苦悩感がいい感じにマッチしていて何度も見てしまいます。。

恋と病熱のギターコード

ギターコードはこちら!

http://www.ufret.jp/song.php?data=12188

恋と病熱はゆっくり目の曲なので弾き語りもしやすいですね。

Aメロは表拍で4拍子でブラッシングしつつ弾いたらすぐ右手でミュートすると小気味よく弾くことができます。大サビはアルペジオで、他は全部ブラッシングでいくと迫力が出て良いと思います!

恋と病熱のインタビュー記事

インタビュー記事はこちら!この曲にフォーカスしている記事はあまりありませんでした…!

なので、今回はdioramaのインタビュー記事をここではアップします。

・ナタリーミュージック
https://natalie.mu/music/pp/yonezukenshi?nosp=1

恋と病熱の歌詞の意味を解釈・考察

恋と病熱という、意味が取れるような取れないような微妙なラインの曲タイトルですが、読んでみないことには意味がわかりませんね。

何を「恋」としているのか、何を「病熱」としているのかを丁寧に読み解いていくことが非常に重要になっていくと思いますので、それが分かりやすいように歌詞の意味を読み取っていきます!

恋と病熱_1番Aメロ前半歌詞の意味・解釈

好きなことが 少なくなり

嫌いなことが 沢山増えた

窓に滲む雲を見ていた

皆の背中を見ていた

(出典: 恋と病熱 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

将来やりたいことがない、行きたい大学も会社もない。

歳を重ねるほどに好きなことをしてても周りからは「どうせ無理」と否定され、反面で人間関係を中心とした嫌いなことが増えていく。

自分以外の人は、そんな世界にうまいこと順応して生きているのに自分だけは未だにその波に乗れずに取り残された気がしている。

Aメロ前半はおそらくこのようなことを歌っているのでしょう。15〜25歳の人の多くが共感する歌詞ですね。。

ただ、恋と病熱という曲名ですが、その意味についてはまだ解釈できませんのでもう少し歌詞を見ていきます。

恋と病熱_1番Aメロ後半歌詞の意味・解釈

言いたいことが だんだん増えて

言えないことが 沢山増えた

空が濁る頃に見ていた

夜になろうとするばかり

(出典: 恋と病熱 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

先ほどの前半部分と似た感じですね。

自分の意見や本音は本当はあるのに、周りの目が怖くて気になって口にすることができないというジレンマの辛さについて歌詞が書かれています。

うーん、Aメロ後半もまだなぜ曲名が恋と病熱なのかまでは分かりませんね。

分かるまで解釈を続けていきましょう。

恋と病熱_1番Bメロ歌詞の意味・解釈

「何処にも行けない 私をどうする?」

(出典: 恋と病熱 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

このBメロは先ほどのAメロで出てきた「周りの目を気にしてしまう自分」の心情を言葉にしたものです。

ポイントは私”を”という、私という存在を目的語に置いている点です。

ここでは、自分以外の何者かが自分の運命をいかようにもするというある種、人生を他人任せなものとして捉えている主人公の気持ちが、この助詞1つから読み取ることができます。

全然恋と病熱が出てこない。。笑

恋と病熱_1番サビ歌詞の意味・解釈

眩暈に溺れて夢を見ていた

白昼夢に全てを押し込んで

愛していたいこと 愛されたいこと

空っぽになるまで 詰め込んで

(出典: 恋と病熱 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

サビでやっと、恋と病熱の恋らしき部分が出てきました!その前にまず前半の歌詞の解説を。

白昼夢とは「真昼に夢を見るような、非現実的な空想」の意味合いです。

1番の歌詞全体で表現されていた自分の苦しみだなんだというネガティブな感情を非現実的な空想に押し込んでいると。

これは、米津さんの過去のインタビューの発言にあった「小さい頃はどこにも自分の居場所がなかったから、空想の中で生きていて、何もないところからキャラクターが出てきては彼らと遊んでいた」という米津さんの幼少期の経験から来ている歌詞だと思われます。

上記の歌詞を踏まえた上で、続く「愛していたいこと 愛されたいこと」というのは、そうした米津さんの他人への愛情の飢えの訴えなのではないかと読み取ることができます。

そして、空っぽになるまで詰め込むという真逆の表現で、よりその愛情への飢えを強く表現しています。

恋と病熱の「恋」の部分は今のところ、他人への愛情と定義できるかと思いますが、まだ病熱の部分は分かりませんね。。

恋と病熱_2番Aメロ前半歌詞の意味・解釈

覚えたことが 沢山増えて

忘れたことも 沢山増えた

バスに揺られながら見ていた

君はカメラで何を撮る

(出典: 恋と病熱 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

ここの歌詞も1番と同じような構造で、歳を経るごとに覚えることも増えれば昔のことは忘れていくという時間の経過の虚しさを表しています。

バスとあるのはdioramaに同じく収録されている「乾涸びたバス一つ」のあのバスかもしれません。カメラという言葉も、あの曲にはピンホールや写真などといったカメラに共通する言葉が散りばめられているので、今度もし機会があったら恋と病熱と乾涸びたバス一つの比較解釈記事も書いてみます。

覚えたことを忘れないように写真に撮ろうとする「君」に、何を記憶にずっと残しておきたい?と主人公は問います。この「君」の存在に関する重要性はここから歌詞の意味を理解する上でかなり重要になるので注意して解釈を読んでみてくださいね。

恋と病熱_2番Aメロ後半歌詞の意味・解釈

「秘密にしてね、約束しよう」

それすらいつか一人になって

ボタン一つふいに千切れた

夜になろうとするばかり

(出典: 恋と病熱 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

秘密の約束を交わす間柄の大切な人もいなくなってしまい、結局また一人きりになってしまった主人公。

ボタンはその大切な人を比喩しているのでしょう、遠く離れてしまったことを「千切れた」と表現しています。

夜、というのも一人きりの寂しさを表すための情景描写の歌詞として読み取ることができます。

恋と病熱_2番Bメロ歌詞の意味・解釈

「似ている二人を あなたはどうする?」

(出典: 恋と病熱 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

似ている二人は、主人公と離れてしまった君のことでしょう。

そして、その二人をどうするかを誰かに米津さんは問いています。

もしかすると、このあなたはリスナーかもしれませんし、シンプルに神様かもしれません。もう一度自分と引き合わせるのか、離れ離れのままにするのか。

読み手の解釈に委ねているメタ的視点がたまらなく良いですね。。

恋と病熱_2番サビ歌詞の意味・解釈

些細な嘘から炎症が起きた

ずっと微熱みたいに纏わりついて

愛していたいこと 愛されたいこと

棄てられないまま 赦しを請う

(出典: 恋と病熱 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

先ほどの「秘密にしてね、約束しよう」という言葉が嘘になってしまった悲しみに苛まれている様子を病熱に例えています。やっと病熱の意味が分かってホッとしました(笑)

一人の寂しさを「病熱」その寂しさを満たすための愛を求めることが「恋」。だから、曲のタイトルが「恋と病熱」になっていたと。いやー、歌詞と曲の作り込みが本当にきめ細かいですね。。

続く歌詞を見ていきます。

「棄てられないまま赦しを請う」、というのは米津さん自身が過去に周りとは価値観が違いすぎて世間からは許されない存在だと感じていた経験から出た歌詞だと思われます。

つまり、人への愛情の受け渡しの望みを棄てられず、どうかその望みを叶えさせてくださいという意味合いでここの歌詞は解釈できますね。

恋と病熱_Cメロ歌詞の意味・解釈

誰も嫌いたくないから

ひたすら嫌いでいただけだ

皆のこと 自分のこと

君のこと 自分のこと

(出典: 恋と病熱 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

「誰も嫌いたくない」のは、自分が否定されることが嫌なように、世間一般の価値観で生きる人たちの価値観を否定したくないという意味合いだと思われます。

では、どのように否定しないようにするかというと逆説的ですが「その人たちと距離を置く」という意味合いで嫌いになるという行動をこの主人公は取っているわけです。

そして、嫌いなことの中で自分が二回繰り返されているところに注目しなければなりません。これは、過去に米津さんが他人よりも何よりも自分自身を責め続けていたことを暗示していると解釈することができます。

恋と病熱、米津さんの繊細な気持ちと他人をあくまで傷つけまいとする優しさを感じられる曲ですね…。

恋と病熱_大サビ歌詞の意味・解釈

君がいないと 色んなことが

色んな風に嫌いになって

(出典: 恋と病熱 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

「君」がいないといけない理由はお分かりの通りかと思いますが、主人公を愛してくれるただ一人の存在だからです。

そうした心許せる存在がいなくなってしまうと、全てのことが嫌になって距離を置こうとしてしまうという主人公の心情が描かれています。

サウンド面で言えば、恋と病熱の中で唯一ボーカルにラジオエフェクトらしいものがかかっていて、より主人公の儚い気持ちを表現しているように感じます。

個人的に曲の中でも好きなパートです。。

恋と病熱_ラストサビ歌詞の意味・解釈

病熱を孕ませ夢を見ていた

盲いた目にみえた落ちていく陽

愛していたいこと 愛されたいこと

望んで生きることを 許してほしい

(出典: 恋と病熱 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

ついに恋と病熱、ラストです。

病熱を出してしまった主人公は、望んで生きることを許してほしいは、2番サビの歌詞解釈で書いたことがそのまま如実に反映されているように感じます。

「盲いた」は、目が見えなくった状態の意味なので、悲しみにくれた状態で外界とを遮断している様子が読み取れます。

最後の望んで生きることを以降の音がぶつ切りになっているのも、もしかしたらサウンド面からこの心情を表そうとしているのかもしれません。

恋と病熱を通して見た時に、この「許してほしい」と、自分の欲求をダイレクトに他人へ伝えている箇所が他にないことも見逃せません。やっとのやっとで自分の気持ちを強く表現できたと捉えるべきでしょうか。

また、2番のサビでは「赦す」、ラストサビでは「許す」になっている意味も解釈していきまょう。

これは、「赦す」が罪悪感を感じるものへの懺悔を意味し、「許す」が単純な許可を意味します。つまり、前者は米津さんの過去や現在に対するもの後者はシンプルに生きることをお願いしているというように意味を捉えるといいでしょう。

まとめ| 恋と病熱の歌詞の意味を解釈・考察

恋と病熱の歌詞を解釈してみましたが、いかがだったでしょうか?
初期の頃の曲なので、かなり深めに考察しないと歌詞の意味が読み取れないので非常に苦労しました。。笑

恋と病熱のPVも今度時間のある時に意味を解釈してみようかなと思うので、また追記更新します!

 

↓こちらの歌詞解釈記事も人気です!↓

【米津玄師による”出会いと別れ”】アイネクライネの歌詞の意味を解釈・考察

【米津玄師】【徹底解説】Lemonの歌詞・PVの意味を解釈・考察

【米津玄師の想いが隠された】ゴーゴー幽霊船の歌詞の意味を解釈・考察

 

↓米津ファンなら絶対知っておきたい米津さん自身に関する記事も要チェック!↓

米津玄師のプロフィールをファン目線でコアなとこまでまとめてみた

米津玄師の病気「高機能性自閉症」と「うつ病」の症状をガッツリまとめてみた

米津玄師のファッションブランドを全部リストにしてみた

 


diorama [ 米津玄師 ]