【ハチP】恋人のランジェの歌詞の意味を解釈・考察

2018年6月28日

恋人のランジェの曲にまつわる情報

この曲はハチP(米津玄師)の1stアルバム『花束と水葬』に収録されている楽曲で、Persona Aliceの「アリス」と「エシラ」の内面世界の対話を描いた楽曲となっています。

 


花束と水葬 [ ハチ ]

ハチさんの動画説明文を読むと「Rangge Poppel」と名乗る少女が当たり前のように主人公の側にいて「遊びましょ」と言ってきて、何かに気づいたかのように彼女の存在を主人公は受け入れるという内容のようです。

この「Rangge Poppel」、「P」をひっくり返して「d」にして並び替えると「doppel gengar」となり日本語でいうドッペルゲンガーになります。

同一人物が出てくるというストーリーから考えても妥当性が高いですし、Persona Aliceで「真っ逆さまになる」「エシラ」という言葉があることからも「d」にひっくり返すことに無理も感じません。

もうこの時点でだいぶこの曲が面白くなってきていますね(笑)

(サムネイル画像出典:https://www.youtube.com/watch?v=CQT2K42GtjU)

恋人のランジェのPV

YouTubeには米津玄師名義のチャンネルでは載せていないようでしたので、ニコニコ動画か

ら引っ張ってきました!

http://www.nicovideo.jp/watch/sm9129998

一応YouTubeに中国語字幕をつけて別の人が載せていたので、こちらも貼っておきます。

やはり主人公の初音ミクと全く同じ見かけのドッペルゲンガーが登場し、椅子取りゲームの椅子が中心に置かれた絵が続くPVとなっています。

この曲を逆再生すると聞こえないはずの言葉も聞こえるという噂ですが、現在そのような逆再生動画はないので、実際にどんな言葉が聞こえるかは分かりません。。

もし分かる人がいたらコメントください!

 

恋人のランジェのギターコード

ギターコードはChordwikiに載っていました!

https://ja.chordwiki.org/wiki/%E6%81%8B%E4%BA%BA%E3%81%AE%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%82%A7

この曲、あまり馴染みの薄いコードばかりが多用されている上に変拍子なので、ギターで弾くのはなかなか骨が折れそうです。。

サビはまだ単純なコードなものの、AメロやBメロがGm,Adim,F#dimという難コードのラッシュなので、まず1つずつきっちりと覚えていくのがいいでしょう。

徐々にスムーズにつなげられるように運指を練習すれば弾けるようになりますので、根気強く練習してみてくださいね!

恋人のランジェ_歌詞の意味・解釈

物語の前提として「Persona Alice」の世界観があるので、自分ともう1人の自分という存在との対話というストーリー性があります。

さらにハチさんの説明文からしてもそのように受け取れるので、この2人がどのようなコミュニケーションを取って、そこからどのようなストーリーを紡いでいくのかを歌詞から解釈していきましょう!

恋人のランジェ_1番Aメロ前半歌詞の意味・解釈

二人きり 椅子取りゲーム

喜劇のように 開催を

彼女は言う 彼女に言う

「私には要らないわ」

(出典: 恋人のランジェ 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

椅子取りゲームということは2人のうちのどちらかしか座ることができません。

ということは、「同じ存在である私かあなたのどちらかしか最後は生き残れない」というように解釈ができるわけですね。

そしてどちらかがどちらに言ったのかは分かりませんが、自分はこの椅子には座らないと伝えたようです。

「彼女が彼女に言った」という書き方だとどちらがどちらに伝えたのかが良い意味で分からないので、作品に対してどういう意味だろう?とリスナーに疑問を持たせるフックになります。

恋人のランジェ_1番Aメロ後半歌詞の意味・解釈

猫の目に 黒い服

流れるは 滑稽な歌

まだ二人きり 椅子取りゲーム

そして どちらにも どちらにも

(出典: 恋人のランジェ 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

おそらく少女は黒い服を着て猫目なのでしょう。

変わらず椅子取りゲームが続き、椅子取りゲームに使われている楽曲はどうやら滑稽な曲のようです。もしかしたらこの「恋人のランジェ」の楽曲自体がそうなのかもしれないですね。

どちらにも与えられたものは続くBメロに書かれていますので、引き続き見ていきましょう。

恋人のランジェ_1番Bメロ歌詞の意味・解釈

与えられたのは羊皮紙の

契約書

(出典: 恋人のランジェ 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

「どちらがたった1つの「自分」というイスに座るのか」という内容の契約書のことでしょう。

たった一つの名詞だけでこのようにストーリーを想起させる作詞術は本当にすごいなと感じますね。

恋人のランジェ_1番サビ歌詞の意味・解釈

アナタの声が 私の声と

ひとつになることを 嫌がった

隠してみても 隠せないんだ

君と私は同じだから

さあ このゲームを終えようか

それは 二人の歌

(出典: 恋人のランジェ 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

どちらが「アナタ」でどちらが「私」なのかは、ここだけではちょっと分かりませんね。

ただ、「アナタ」の方が「私」をどうしても受け入れられないらしく、その気持ちを相手に伝えないよう隠そうとしても同一人物だから隠しても分かってしまうという悲しい事実も描かれています。

そしてこの椅子取りゲームを「Persona Alice」を歌うことで終えようとしています。

この曲の歌詞解釈はまだ書いていないので、それまでは歌詞検索をしてなぜこの曲が「2人の曲なのか」「この曲でゲームが終わるのか」というところを理解してみてくださいね。

恋人のランジェ_2番Aメロ前半歌詞の意味・解釈

窓の外 廃線を

辿り行くガゼルの群れ

蔦が巻く階段に

うずくまる お下げの子

(出典: 恋人のランジェ 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

ガゼルはこの鹿みたいな草食動物ですね。

もう使われなくなってしまった線路をガゼルの群れが進んでいくようですが、これは肉食動物から逃げるガゼルと、これから消えてしまうランジェを重ね合わせているのでしょう。

オリジナルに喰われてしまうというブラックジョークですね。

恋人とランジェ_ガゼル

蔦が巻いている階段という古びた建物の階段下にお下げの初音ミクがうずくまっているようです。

この世から消えてしまう悲しみでうずくまっているのでしょうか…?

恋人のランジェ_2番Aメロ後半歌詞の意味・解釈

彼女は言う 彼女に言う

「アナタとは居られないわ」

カラカラと 笑い出す

猫の目が 笛を吹く

(出典: 恋人のランジェ 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

1番同様に彼女が彼女に発言をしています。

「一緒にいられない」とどちらかが消えてしまうはずなのに、笑い出すのはなぜなのか?

これは続きはBメロに答えが書いてあります

2人のうちの片方の少女が口笛を吹く様子も描かれていますが、この行動の意味も同様に続きの歌詞で明らかになります。

恋人のランジェ_2番Bメロ歌詞の意味・解釈

本当は寂しいの 彼女は言う

(出典: 恋人のランジェ 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

先ほどは笑っていたものの、「本当は自分がいなくなってしまうのは悲しい」という本音を吐露していますね。

だからこそ、先ほど笑っていたり口笛を吹いていたのは「寂しくなんかないわ」という消えてしまう側の少女の「強がり」だったということが分かります。

すごい悲しい楽曲になってきましたね。。

恋人のランジェ_2番サビ歌詞の意味・解釈

この花束を 君に捧げよう

たおやかなまでに 赤い花

悲しげな顔 耳を塞いだ

触れると壊れてしまいそうで

ねぇ 君の声が聞きたいな

それは 二人の歌

(出典: 恋人のランジェ 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

消えていってしまう自分の片割れに対して花束を渡しつつ、その現実をどこか認めたくない様子を表しているのが2番サビの歌詞となっています。

この赤い花は、もう片方の自分の存在がいなくなってしまうことに対する寂しさや愛情を感じられますので、「愛」の花言葉を持つ「バラ」ではないでしょうか?

ちなみに、たおやかとは「しなやかで美しい様」を表す言葉で米津玄師名義の楽曲「春雷」でも使われていた言葉ですね。

 

恋人のランジェ_Cメロ歌詞の意味・解釈

世界で 一人だけ

美しい 君に言う

私を愛してよ

こんなにも こんなにも

(出典: 恋人のランジェ 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

世界で1人のオリジナルの存在として残るのはランジェじゃない方の存在ですので、この世界から消えてしまったのはランジェだということが分かります。

ランジェが消えていく中で「私も確かに存在したのだから、愛してほしい」という最後の願いがとても切ないですね…。

深読みかもしれませんが、ランジェもある種「自分」であることから、「自分を愛してやって欲しい」という想いのようにも解釈することができるのかなと。

余談ですが、ここのパート、「Never End」と聞こえるコーラスが入っているように聞こえるのですが、これは僕の耳が悪いのでしょうか…?

もしそうだとしたら「たとえランジェが消えたとしても、完全に消えたわけではなく、オリジナル側に生き続ける」という意味をここに含ませているのかなとも感じました。

恋人のランジェ_オチサビ歌詞の意味・解釈

私の声で あと少しだけ

君にこの歌を 歌おうか

何でもないわ 気にしないでね

私のことは

もう 忘れてね

(出典: 恋人のランジェ 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

「私の声」なのでランジェの声ですね。あと少ししたら消えてしまうので、あえてランジェ側の声で歌を歌うようです。

「この歌」はもしかしたらこの「恋人のランジェ」のことかもしれず、同じ声だったので気づきませんでしたが、今まで歌われてきたこの曲もどこからどこまでかを「オリジナル」が歌い、別のそれ以外の部分を「ランジェ」が歌っていたのかもしれません。

そして、もう消えてしまう自分のことはもう気にせずに忘れて欲しいとオリジナル側に伝えます。

恋人のランジェ_大サビ歌詞の意味・解釈

またいつの日か 会える時まで

その時はもっと 遊ぼうね

鳴り止んでいた この歌の中

椅子に座る君に幸せを

(出典: 恋人のランジェ 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

自分の方はもうこれで消えてしまうけれど、もしまた会えた日には一緒に遊ぼうとオリジナル側に呼びかけます。

椅子に座るオリジナル側が幸せであるようにとあるので、先ほどの花束もその「幸せ」を意味したメタファーだったのでしょう。

メロディに反して、非常に悲しい結末を迎えます。

恋人のランジェ_アウトロ歌詞の意味・解釈

世界で 一人だけ

美しい 君に言う

私を 愛してよ

こんなにも こんなにも

世界は 一つだけ

君が言う「一つだけ」

「あなたとは居られない」

「さようなら」

(出典: 恋人のランジェ 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

ついに最後の歌詞ですね。

世界で1人だけの方として存在し続けることが決まったオリジナル側に対して、先ほどのCメロと同様に「愛して欲しい」と伝えます。

そして後半の歌詞ですが、世界が1つだけである限り、同じ存在はどちらかしか存在することができないため、この2人は一緒にいられず、ランジェはついに最後の挨拶と共に消えていってしまいます。

まとめ|恋人のランジェの歌詞の意味を解釈・考察

恋人のランジェの歌詞を解釈してみましたが、いかがだったでしょうか?

歌詞はもちろん、説明文も解釈のしがいがあり大変想像を膨らませていただきました。

他の楽曲との関連ももっとありそうな気がするので、「Persona Alice」や「Qualia」あたりを解釈する時にでもまた考えてみます!

 

↓他の人気記事はこちら!↓

【ハチP】Christmas Morgueの歌詞の意味を解釈・考察

【ハチP】【薬物中毒者の歌??】パンダヒーローの歌詞の意味を解釈・考察

 

↓ファンなら合わせて読んでおきたい米津さんの記事はこちら!↓

【これで完璧!】米津玄師の髪型・セット大全

米津玄師のプロフィールをファン目線でコアなとこまでまとめてみた

【男でも声が出るのはこの曲!】米津玄師の音域の幅とカラオケで歌いやすい曲

 


花束と水葬 [ ハチ ]