【米津玄師】ララバイさよならの歌詞の意味を解釈・考察

2018年6月28日

ララバイさよならの曲にまつわる情報

ララバイさよならは、米津玄師さんの6thシングル「orion」のカップリング曲として収録されている、orionとは対称的なヘビーな歌詞とバンドサウンドとなった曲です。

インタビュー記事を読めば分かるように、米津さんの心の声をかなり皮肉交じりに曲として昇華させた楽曲となっているので、歌詞解釈のしがいがありそうな1曲ですね…!

ララバイさよならのPV

ララバイさよならはカップリング曲なので、残念ながらPVはありません。。

なので、今回は代わりにこちらの動画をYouTubeから持ってきましたのでアップします!女性が歌うっていうのもなかなか似合ってていい感じですね。

この曲はわりと単調な方なので、米津ファンであればかなりカラオケでも歌いやすいのではないでしょうか??

ララバイさよならのギターコード

ララバイさよならのギターコードはこちらです!

https://ja.chordwiki.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%A9%E3%83%90%E3%82%A4%E3%81%95%E3%82%88%E3%81%AA%E3%82%89

カポを1フレットにつけると、Am,C,G,F,Dmといった簡単なコードだけになるので初心者でもかなり弾きやすいかと思われます。

ララバイさよならは相当ゆっくりな曲なので、AメロやBメロはアルペジオで弾き、サビの部分はしっかりとコードストロークをする形で進めると雰囲気が出やすいかなと。

こちらのだっちさんの弾き語り動画も参考になるので、ぜひ参考にしてみてください!

※動画内のコードは原曲キーなので、先ほどのURLのコードとは半音違くなります。

ララバイさよならのインタビュー記事

ララバイさよならはカップリング曲なので、orionのシングルインタビュー記事でも色々と取り上げられる機会が多く、曲の制作背景についての米津さんのコメントを見ることができます。

怒りというよりも失望感的なものをテーマにララバイさよならは作られたようですので、その辺りを元に紐解いていけたらなと思います。

・ナタリーミュージック

https://natalie.mu/music/pp/yonezukenshi09

・Real Sound

http://realsound.jp/2017/02/post-11340_2.html

ララバイさよならの歌詞の意味を解釈・考察

ララバイさよならは、米津さんの諦めや失望感といったものがかなり暗めな歌詞とメロディに乗って歌われています。

ララバイは「子守唄」という意味なので、この点もどういう意味合いで曲中で使用されているかは大変気になるところですね…。

それでは早速歌詞の解釈をしていきましょう!

ララバイさよなら_サビ歌詞の意味・解釈

痛みも孤独も全て お前になんかやるもんか

もったいなくて笑けた帰り道

学芸会でもあるまいに

(出典: ララバイさよなら 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

インタビュー記事を参考にして考えると割とこのサビの歌詞解釈はすんなりと行うことができます。

自分の過去の痛みや孤独といった「悲しみ」を元に曲を作ることの多い米津さんだからこそ、その自分の過去や楽曲を軽く扱われてしまうことに対する失望感的なものを感じるのがこのサビです。

自分の悲しみを簡単に扱おうとする人というのを想像すると、「米津玄師の音楽は売れるからとりあえずこんな感じで作ってもらおう」と思っている業界関係者の顔が浮かび、彼らに対して自分の楽曲を提供するのがもったいなくてもはや阿呆らしくて笑えてきてしまうというようにもこの歌詞を解釈することができます。

確かに学芸会であればこの悲しみを誰もが題材としてライトに扱えるものであるだろうが、自分の悲しみのストーリーはそんな簡単には扱えるものじゃないという皮肉がここに表出されています。

※1番サビと2番サビもこの歌詞と全く同じなので解釈は割愛します。

ララバイさよなら_1番Aメロ前半歌詞の意味・解釈

後ろ暗いものを本音と呼んで

ありがたがる驢馬の耳に

ささくれだらけのありのまま

どうぞ美味しく召し上がれ

(出典: ララバイさよなら 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

驢馬は「ロバ」と読みます。あの馬に少し近い動物のことですね。

この驢馬はイソップ童話の「王様の耳はロバの耳」のあのストーリーを皮肉交じりにモチーフとして使用しているのでしょう。

この業界人たちは、米津さんの過去を聞いては「ああ、暗い過去があったからこういう音楽ができたのですね」と”米津玄師の本音”的なものだと勝手に解釈して、それを「王様の耳はロバの耳」土曜に世の中に広め、しかもそれが売れるものなので大変ありがたがるというとても厄介な存在として描かれています。

“ささくれだらけのまま”というのは、業界人の人達から見ると完璧に見えるものも、実は「全然完璧ではない」というある種の不完全さの比喩として歌詞に用いているものと思われます。

最後にその不完全さが分かっていながらも彼らに「美味しく召し上がれ」と米津さんが言っているのは中々に皮肉ですね(笑)

ララバイさよなら_1番Aメロ後半歌詞の意味・解釈

がみがみうるせえ面倒くせえや

たかが生きるか死ぬかだろ

どうせ誰もが皮の下に

髑髏を飼って生きてんだ

(出典: ララバイさよなら 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

人の生き方に対して物申してくる人たちに対するアンチテーゼ的な歌詞ですね。

どうせ人生生きるか死ぬかなんだから、どんな生き方をしたって別に勝手だろというストレートな反論を歌詞にしていることが分かります。

また、続く歌詞ですが「誰もが髑髏を飼っている」というパンチの効いた歌詞となっています。これは、誰もが死と隣り合わせになりながら生きているという、米津さん流の生死観の一つであり、この観点があるからこそ「人生生きるか死ぬ」というアーティスト的な発想になっているのではないのかなと解釈することができます。

ララバイさよなら_1番Bメロ歌詞の意味・解釈

さらば遠き日の22世紀

バスケ 天使 素面の猿

誰が忘れてくれるのか

ララバイ 千年後に起こして

(出典: ララバイさよなら 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

さらば22世紀と投げかけていますが、これはおそらく今現時点に向けて「さらば」と伝え、22世紀になったら起こしてほしいという意味合いで歌詞にしているのではないかと思われます。(もし22世紀に対してさらばと言って、23世紀になったとしても、そこに対して特に何も解釈ができませんし、裏の意味合いも見出せないので、このブログでは上記のように解釈をします)。

そして、ララバイさよならでおそらく一番意味不明であろう歌詞、「バスケ・天使・素面の猿」という単語の羅列ですが、これに対して米津さんは「誰が忘れてくれるのか」と言っているので、おそらく「忘れたくても忘れたくないもの」の比喩ということでしょう。

調べてみると、バスケと天使は現代文の教科書でもよく出てくる中原中也の詩「宿酔」に出てくる言葉のようです。

http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/701334/585772/72128687

つまり、世に出た名作は忘れたくても忘れられないという意味合いであり、作者本人の意向とは違った意味で世間に反映されたとしても、さきほどの王様の耳はロバの耳によろしく、勝手に流布されてしまうというアーティストならではの悲しみが書かれていると思われます。

素面の猿自体は詩の中に言葉として出て来ませんが、おそらくタイトルの「宿酔」から考えるに、二日酔いから元に戻った中原中也自身のことかもしれません。

上記をまとめた上で誰が忘れてくれるのかと言っているということは、どうか自分の作品が間違った形で広まってしまっても、そのことを千年後ならもう誰も覚えていないだろうからそのまま忘れておくれという米津玄師のアーティストゆえの心の叫びと解釈することができます。

ララバイは子守唄のことなので、21世紀の今から1000年後の22世紀まで起こさないでくれということを表す表現の一種だと思われます。

非常にこの歌詞は解釈が難しいというか、文学的知識が必要になる歌詞なので、普通に聞いているだけじゃ分からないですよね。。

米津さんがどれだけ日本の文豪の本を好きかどうかが分かる歌詞でもあるので、ファン心理的には結構たまらない歌詞ともなっています。

ララバイさよなら_2番Aメロ前半歌詞の意味・解釈

命は大事お金も大事

右脳で飯食う社会人

黄昏混じりの眼差しと

くたびれたシャツの襟

(出典: ララバイさよなら 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

右脳で飯食う社会人はデザイナーや音楽家などのクリエイティブで仕事をしている社会人のことを指しているのでしょう。

曲の最初のサビで解釈した通り、お金を稼ぐために自分の楽曲を使おうとする業界の人をおそらくここで形容していて、彼らからするとこの資本主義の世界の中で生きるとすると、確かにお金は稼がなければならない存在であるというところから「お金も大事」という歌詞が出てくるのかと思われます。

歌詞後半の社会人の眼差しや服装の情景描写は、この業界関係者の汚れて切ってしまった心を婉曲的に描写している歌詞だと思われます。

ララバイさよなら_2番Aメロ後半歌詞の意味・解釈

うつろな心を見せびらかして

阿呆づら下げてどこへ行く

影しか見てねえあんたらを

愛してるぜ 心から

(出典: ララバイさよなら 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

お金になるような曲を作ればそれでいいという「うつろな心」をそのまま表に出している業界関係者の顔を「阿保づら」と形容している棘のある感じがたまらないですね。

影しか見ていないというのは表面的にしか米津さんのことや楽曲自体を理解していないということを表していると思われます。続く「あんたら」という暴力的な表現をしておいてからの愛しているぜというのは、明らかに米津さんがインタビュー内で答えていた”皮肉”ですよね。

徹底して米津玄師という人間を理解していない人のことを婉曲的にディスっていると解釈できる歌詞となっています。

ララバイさよなら_2番Bメロ歌詞の意味・解釈

メチル盲目の曽祖父に

船の絵を描いたホームレスに

さらば遠き日の22世紀

ララバイ 今生のお別れ

(出典: ララバイさよなら 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

メチルアルコールを飲みすぎると失明してしまうというのは中国で有名な話ですね、ビールなどにメチルアルコールを入れて薄めて出すことをよく中国人はするので、そのくだりからメチル盲目という言葉が出てきたのでしょう。曽祖父という昔の人の時代感も、当時中国に渡った日本人の感じが読み取れるのでおそらくこの解釈は合っているかと思われます。

また、船の絵を描いたホームレスですが、こちらの記事の人のことなのでしょうか?

https://tabi-labo.com/206377/homeless-paint

こちらだけ調べたものの少し自信が無いので、このモチーフになったホームレスの絵描きがもし何かの文豪の本などにあるのだとしたら、わかった人にぜひコメントで教えてもらいたいです…!

1番のBメロ同様にさらば22世紀という今の時代に別れを告げ、眠りにつこうとしますが、1番と歌詞が違うのは「今生の別れ」という「死」を連想させる言葉に成り代わっている点です。

1000年も時間が流れれば当たり前ですが人は死ぬので、おそらくそういったリアリティを歌詞に込めたのでしょう。

まとめ_ララバイさよならの歌詞の意味を解釈・考察

ララバイさよならの歌詞を解釈してみましたが、いかがだったでしょうか?

米津さんのこれでもかというほどの失望感や相手への皮肉が満載な歌詞だっとことがよく分かる楽曲で、解釈をしながら「これ、相当米津さんは相手にむかつきながら書いたんだろうな…」ということがひしひしと伝わってきました。

米津さんの内面を表す暗めなカップリングの楽曲で言えば、懺悔の街Amenあたりもオススメなので、まだこちらの記事を読んでいない方はぜひ読んでみることをオススメします!

 

↓こちらの歌詞解釈記事もよく読まれています!↓

【米津玄師】orionの歌詞の意味を解釈・考察

【米津玄師の心の弱さ】ペトリコールの歌詞の意味を解釈・考察

【米津玄師の好きな人?】春雷の歌詞の意味を解釈・考察

 

↓米津ファンなら絶対知っておきたい米津さん自身に関する記事も要チェック!↓

【これで完璧!】米津玄師の髪型・セット大全

【男でも声が出るのはこの曲!】米津玄師の音域の幅とカラオケで歌いやすい曲

【画像で徹底解説】米津玄師のギター・エフェクター機材!

 


orion(ライオン盤 初回限定)(CD+DVD+紙ジャケ)