【米津玄師は憎悪を愛とした理由は?】MAD HEAD LOVEの歌詞の意味を解釈・考察

2018年6月28日

MAD HEAD LOVEの歌詞の意味、みなさん速攻で分かりましたか?

僕は正直最初聞いた時は意味が全くわかりませんでした。。

米津ファンでもポッピンアパシーと合わせてこの両A面シングルは「メロディはいいんだけど、歌詞で言っていることが分からない…」という人も大勢いるかと思いますので、今回はかなり詳しくこの曲の歌詞を解釈していきたいと思います!

 

 MAD HEAD LOVEの曲にまつわる情報

「MAD HEAD LOVE」は、米津玄師さんの2nd両A面シングルで、2ndアルバム「YANKEE」にも収録されているイントロの部分から最後の最後までハイテンションなナンバーです。


MAD HEAD LOVE/ポッピンアパシー [ 米津玄師 ]

バンドメンバーと収録をされたようですが、ロックの音の中に米津さんらしい不協和音やよく分からない謎の効果音などもちりばめられていて、まるでおもちゃ箱のような雰囲気を醸し出している一曲となっています。

また、ポッピンアパシーとの両A面ですので、過去に書いたこちらのポッピンアパシーの解釈記事もアップしておきます。

 

MAD HEAD LOVEのPV

さて、PVですがMAD HEAD LOVEのPVは公式からYoutubeで公開されています。

2人の人が喧嘩をしながらも愛し合っているように見える、とても不思議なPVですね。

婉曲的ではあるもののPV全体を通して男女の性の交わりをモチーフにしていて、1:16〜あたりはピストン運動を比喩した動きになっていたり、2番サビに出てくる機械やメトロノームなんかも小道具も全てそのような動きをするものばかりが出てきます。

そう考えると、指相撲のからみあいや葡萄の擦り付け合いも愛情表現を表しているのでしょうし、ダンベルも男根を表しているように見えます。

なかなかに米津さんらしく生々しい人間の性と愛情をうまく作品として表出させたPVとなっているなぁと感心してしまいますね…!

一部ポッピンアパシーで作られたアイテムがこちらのPVにも登場しているので、その点も要チェックです。

また、米津さんが持っている赤いギターは同じく2ndアルバムYANKEE収録の「リビングデッド・ユース」でも使用されているテレキャスターで、カッティングの際に非常に良い音を出しています。

MAD HEAD LOVEのギターコード

ギターコードはおなじみのUフレットから持ってきました!

カポを2フレットに装着して弾くことでかなり簡単なコードだけで演奏できるようになります。

http://www.ufret.jp/song.php?data=17067

弾き語りの場合、この曲はとにかく歌の方がかなり速く歌詞数も多いので、弾く方よりも歌う方が大変かもしれませんね。。

8分音符のリズムでストロークを上下させるシンプルな弾き方で基本的に弾いていき、Cメロの部分だけルート音をミュートピッキングで弾きながら歌うのが個人的にはオススメです!

こちらの動画はエレキギターで弾く場合にはかなり参考になると思うので、バンドで演奏しようと思っている方はぜひこちら参考にしてみてください!

MAD HEAD LOVEのインタビュー記事

インタビュー記事はこちら!

MAD HEAD LOVEはシングル曲なのでインタビューも豊富に揃っていて、どんな気持ちで米津さんが曲を作ったのかを詳しく考察することができます。

人と愛し合うということが必ずしも慈しみ合うということではなく、「お前が間違っている!」と言い合ったり殴り合ったりするのも愛なのだろうと定義しているくだりが非常に面白いですね。

・ナタリーミュージック

https://natalie.mu/music/pp/yonezukenshi03

・BARKS

https://www.barks.jp/news/?id=1000095414

・M-ON MUSIC

https://www.m-on-music.jp/0000104818/

 

MAD HEAD LOVEの歌詞の意味を解釈・考察

MAD HEAD LOVEの歌詞ですが、米津さんがインタビューで一貫して話しているのは、「単純な愛ではなく、自分と違う価値観の誰かと言い合いをするような関係性を持ってしても”愛”とする」という言葉が曲解釈の中心にあるように考えられます。

つまり、何かしら自分以外の人間との関係性を持ったならば、それは思いやりも言い合いも全てひっくるめて”愛”であるとも言えるようにも捉えられるという通常のラブソングとは別観点からの米津流ラブソングであると理解出来るというわけですね。

まさに「MAD HEAD LOVE=とち狂った頭から生まれる”愛”」。

米津さん自身、作曲中などはずっと今まで一人で過ごしてきたので、その反動として「誰かと話がしたい」という想いが段々と強くなり、今回のような曲が出来上がってきたとのことなので、その背景も踏まえつつ、歌詞を細かく解釈していきましょう!

 

MAD HEAD LOVE_1番Aメロ歌詞の意味・解釈

ああ 煮えたぎる喉の奥

どんどろりんと言葉が溶けていく

もう愛から愛へ愛されて愛まで

脳みそ全部そんな感じ

ああ あの日のことを思えば

真っ黒焦げ痛みで目が冴える

もう愛から愛へ愛されて愛まで

年がら年も引っ切りなし

(出典: MAD HEAD LOVE 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

しかしまぁ、愛だらけのAメロ歌詞ですね(笑)

相手への憎悪すらも愛であるという米津さんのインタビューの言葉に沿って解釈をするのであれば、相手と自分以外は誰も存在しないという2人だけの世界で、いかに相手を罵倒してやろうかと考える主人公がいるところから物語がスタートすると仮定するのが良さそうです。

何か悔しいことが過去にあったのを「あの日のことを思えば〜」の歌詞で表現していて、そこから生まれる相手への想いをどう言葉にしようかと喉の奥で言葉をたぎらせているのが前半の歌詞と捉えられるでしょう。

相手に「間違っているぞお前は!」とダイレクトに言える関係性に深い愛を見出しているのが面白いですよね。

Twitterでも過去に以下のような「直接相手に思ったことを伝えることの大切さ・優しさ」についても言及しているので、このような思想がまさにこの楽曲にも反映されているのでしょう。

 

MAD HEAD LOVE_1番Bメロ歌詞の意味・解釈

呪われた僕らは虜になって

きっと愛だ恋だを忘れられないままでいる

愚かさに囚われもう戻れないな

そうさ修羅の庭にて君と二人きりで

殴り殴られ乱闘中!

(出典: MAD HEAD LOVE 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

怒りという愛が沸々と心の奥底で湧き上がるということは、ある意味「目の前の相手の虜」になってしまっているということですね。

殴り殴られという部分では「相手との言葉の取っ組み合い」を表現しているので、まさに普通の愛ではない、狂った頭で捉える愛=MAD HEAD LOVEですね。

 

「修羅の庭」という表現も、本来は”修羅の国”となるところに対して「庭」という言葉を当てることによって2人は愛し合う家族であるがゆえの「家庭感」を表しているように考えることが出来ます。

こういう細かいニュアンスにこだわっているところが米津さんのプロフェッショナルさを感じられるところですよね!

(※ちなみに”修羅”とは、仏教の六道の「阿修羅道」のことで「争いの世界」のことを指しています)

 

MAD HEAD LOVE_1番サビ歌詞の意味・解釈

ベイビーベイビビアイラービュー さらば 思い出せないような

呆然自失の毎晩を 君の全てで爆破して

単純明快 こんなもんだ スッカラカンの脳で歌うたって

迷妄醜態 全部そうだ ひっくるめて愛を注いでいたい

ベイビーベイビビアイラービュー 今は痣だらけの宇宙で

愛とも言うその暴力で 君と二人で喧嘩したい

(出典: MAD HEAD LOVE 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

サビはおそらくメロディのリズム先行で歌詞が作られたのでしょう。

というのも、「ベイビビ」という言葉は普通では存在しないので、ここではリズムの空白を埋めるための言葉として捉えるのが適切だと思われるからです。

 

歌詞の意味に関してですが、これは米津さんのインタビューでの「相手という存在そのものが、誰とも関わらないで作曲をし続けている自分にとっては、プラスであれマイナスであれ愛である」という言葉をそのまま表現してる歌詞となっています。

呆然自失の毎晩というのは「自分1人でずっといて、誰かと関わりを持たないがために自分を見失ってしまっている日々のことを指し、その感情を”相手の存在”というシンプルなものだけで爆破する」という意味だと捉えることができます。

 

そこが理解できれば、後半のサビの歌詞もその流れを汲み取っていることが容易に理解できます。

「痣だらけの宇宙」というのは、「自分と相手しかいない亜空間=宇宙、そこで繰り広げられる言葉の応酬の結果=痣」というように理解をすれば、曲の世界観をそのまま忠実に歌詞にしていることが読み取れます。

米津さんもインタビューで「周りのことなど気にせずに、自分と相手しか見えていない状態で意見を言い合うという愚直な状態こそが美しいし、愛だと思う」といった旨のことを発言しているので、このように解釈するのがとても自然なんじゃないかなと…。

MAD HEAD LOVEは意外と複雑そうに見えて伝えたいことをシンプルに表現している楽曲であることが1番の時点でよく理解できましたので、この調子で2番も見ていきましょう。

MAD HEAD LOVE_2番Aメロ歌詞の意味・解釈

ああ 醜くも地を這って

チンチロリンと言葉を賭けていく

もう愛から愛へ愛されて愛まで

引いては押してとっちらかせ

(出典: MAD HEAD LOVE 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

1番Aメロよりも非常に短い歌詞になっていますね。

言葉を賭けていくというのは、おそらく相手にどのような言葉をかけようとしているのか「あっちの言葉の方がいいかな?こっちの方の言葉がいいかな?」と悩んでいる様子を指しているのでしょう。

余談ですが、「チンチロリン」というのがとても米津さんらしい言葉だなと個人的には思います。

少し近代文学的なニュアンスの古めな言葉を用いると途端に米津さんらしくなるのがとても不思議ですね。。

 

そして、その言葉を伝える相手との距離感やそこから先に予測される言葉の応酬を「引いては押す」というフレーズで表現しています。

言葉の殴り合いでぐちゃぐちゃになるのを「とっ散らかす」と言い換えているのも上手いなぁとつい感心してしまいます。

 

MAD HEAD LOVE_2番Bメロ歌詞の意味・解釈

君を見つめてから始まったのさ

こんな嘘も真も白魚の乾いた眼も

それまでの記憶はもう何にもないな

そうさ修羅の庭にて君と二人きりで

騙し騙され混乱中!

(出典: MAD HEAD LOVE 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

基本的には1番で歌われていることとほぼ同じですが、ここの歌詞でよくわからない部分といえば「白魚の乾いた眼も」という部分ですね。

ここの部分に関しては、もともと魚が好きな米津さんが用いた比喩であることはすぐに理解できますが、どうにもその比喩に込めた意味まではすぐに理解することが難しいですよね。

そこで、「嘘と真以外の要素というものが、そもそもこの世にあるのか?」とかなりメタ的というか客観的に考えを巡らせてみます。

そうすると、おそらく「自分が嘘かも真かも知りえないこと」という要素が出てくるかと思います。

「白魚の乾いた眼=死んでいる人の眼」と捉えると、「死んだ人が生前に見ていたものは、今となっては果たして嘘だったのか真だったのかは死んでしまっているのだから分からない」と理解することができますよね?

そのため、ここの歌詞は「嘘か真かもわからないどっちつかずのもの」という解釈をすることが出来ます。

続く歌詞の「騙し騙され混乱中」は先ほどの2番Aメロの「チンチロリン」の解釈で書いたことがそのまま如実に出ているように感じられます。

上記を総合的に考えると割と単純で、「浮気したでしょ?」「してないよ!」「嘘だ!」「本当だよ!」という恋人2人の喧嘩の様子がそのまま描かれていることが分かりますね。

 

MAD HEAD LOVE_2番サビ歌詞の意味・解釈

ベイビーベイビビアイオンチュー 彼方先までの道中の

バッテンハズレのトンチンカン 君の全てで爆破して

暗雲低迷 擦って揉んで こんがらがった脳で歌うたって

天真爛漫 蹴って泣いて どんがらがっしゃ愛憎混在の

ベイビーベイビビアイオンチュー 今はあばら屋の寝室で

恋とも言うその引力で

君と バカンスを謳歌したい

(出典: MAD HEAD LOVE 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

2番のサビはリズムに合った言葉選びに寄りつつも、かなり歌詞のコンセプトに沿った言葉をチョイスしていることがよくわかります。

 

「バッテンハズレ」「トンチンカン」は全てネガティブな意味の言葉であることがすぐにわかりますよね。

それらが「彼方先までの道中」で爆破されるということは、2人の恋人の間にあるわだかまりを直接本音でぶつかり合うコミュニケーションを持ってして爆破するというように解釈することができます。

また、「暗雲低迷〜愛憎混在の」までの歌詞も同じようにうまくいかない様子と、そこからくる相手へのコミュニケーションの様子を読み取ることができます。

 

より音楽のリズム的な部分でいうと「擦って揉んで」「蹴って泣いて」と「こんがらがった」と「どんがらがっしゃ」がそれぞれの歌詞がラップのように押韻されていることも注目しなければなりません。

米津さんのテンポが早い楽曲では、よくこういった押韻や言葉遊びがちりばめられていますが、それらがただ意味もなく押韻されているのでなく、歌詞で伝えたいことをしっかりと汲んでいることが米津さんの作詞力の根源となる部分なので、ファンであればその点も必ずチェックしなければなりませんね。

MAD HEAD LOVE_Cメロ歌詞の意味・解釈

いま一人二人愛の獣になって

傷だらけ 血で塗れ

疲れ果てまた傷つけて

ほら巡り巡る今を貪りあって

擦り切れて 擦り切れて

疲れ果て果て果てど愛している

(出典: MAD HEAD LOVE 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

「自分と相手という2人が口論をし、互いに傷つけ合いつつも、それがある種のコミュニケーション=”愛”となっている」という米津さんがMAD HEAD LOVEで伝えたいことがこのCメロに凝縮されています。

「ほら巡り巡る〜」の歌詞は少しわかりにくいですが、要は「2人が口論をして、どちらかが合っているor間違っていると決めようとしているまさにこの瞬間」という意味合いで「今を貪り合う」という表現をしているのです。

 

そして、そんな言い合いをすることにお互いとても疲れを感じるものの、それくらい本気で向かい合うほどに相手のことを考えていて、結果として愛し合っているということになるという表現で歌詞は締められています。

「直接こんなこと言ったら傷ついちゃうかなぁ」と思う人が多いこの現代の日本の中で、「いや、相手のことを思うなら直接言うことこそが本当の優しさや愛なのでは?」と提起している米津さんは非常に本質的だなと感心してしまいますね!

※ラストサビは1番サビと全く同じなので歌詞解釈は割愛します。

 

まとめ| MAD HEAD LOVEの歌詞の意味を解釈・考察

MAD HEAD LOVEの歌詞の解釈をしてみましたがいかがだったでしょうか?

通常のラブソングとは全く違う、「目の前の相手と自分の2人だけの世界で殴り合うかのように直接お互いの意見を言い合うコミュニケーション」というものを愛として解釈をした米津さん流のラブソングがMAD HEAD LOVEでした。

まさに傍からみれば”気が狂ったような2人”にしか見えないので、そういう意味合いで「狂った頭の愛」を英訳した言葉がそのままタイトルになっています。

喧嘩をするほど仲が良いとよく言いますが、そのような関係値にお互い常になれていたらベストですよね!

 

↓他の人気記事はこちら!↓

【米津玄師】ポッピンアパシーの歌詞の意味を解釈・考察

【米津玄師】笛吹けども踊らずの歌詞の意味を解釈・考察

【ハチP/米津玄師】砂の惑星の歌詞・PVの意味を解釈・考察

 

↓米津ファンなら絶対知っておきたい米津さん自身に関する記事も要チェック!↓

米津玄師の病気「高機能性自閉症」と「うつ病」の症状をガッツリまとめてみた

【現在までの過去を完全解説】米津玄師の経歴とそこから見える才能とは

 


MAD HEAD LOVE/ポッピンアパシー [ 米津玄師 ]