【ハチP/米津玄師】マトリョシカの歌詞の意味を解釈・考察

2018年6月28日

マトリョシカの曲にまつわる情報

マトリョシカは、ハチP(米津玄師)の楽曲で「OFFICIAL ORANGE」に収録されているボカロ界を代表するレジェンド的な1曲です。


OFFICIAL ORANGE/ハチ[CD]【返品種別A】

超中毒性が高く、ここからハチさんの人気は爆発的に上昇していくことになりました。

近年では米津玄師名義のライブでも生バンドでセルフカバーとして演奏されるなど、本人もライブの盛り上げ時にセトリにパンダヒーローなどと一緒によく入れてくる楽曲となっています。

(サムネイル画像出典:https://www.youtube.com/watch?v=HOz-9FzIDf0)

マトリョシカのPV

この楽曲のPVは、かなり狂ってしまっている様子の初音ミクとGUMIの2人のボーカロイドが登場し、文字もWikipediaからの引用で大量の文字が画面いっぱいに広がったりとカオス感満載のPVに仕上がっています。

これ、音楽と絵と映像と全部19歳くらいの頃に作っているんですよね…。鬼才としか言いようがない。。

マトリョシカのギターコード

ギターコードはこちら!弾き語りでマトリョシカは中々難しいですが挑戦してみるのも全然ありでしょう。

http://www.ufret.jp/song.php?data=1555

マトリョシカはバンド演奏が似合うので、今回は弾き語りではなくこちらの弾いてみた動画をアップします。

曲のカオス感を忠実に再現するためには、ギターのメロディラインとカッティングノイズが肝となるので、ギターに慣れている人でも結構練習しないと上手くニュアンスを出しながら弾くことが出来ません。

マトリョシカ_歌詞の意味・解釈

マトリョシカはとにかくカオスなので、歌詞も一見何を言っているのか分かりません。

これだけ数多くの米津玄師&ハチPの歌詞を解釈してきた自分ですら「絶対マトリョシカの歌詞解釈は難しいだろうなぁ…後でやろう…」と解釈をかなり後回しにしてしまっていたので。。笑

ですが、なんとか根気強く解釈していこうと思いますので、最後までお付き合いくださいませ!

マトリョシカ_1番Aメロ前半歌詞の意味・解釈

1・2・3・4

考え過ぎのメッセージ

誰に届くかも知らないで

きっと私はいつでもそう

継ぎ接ぎ狂ったマトリョシカ

(出典: マトリョシカ 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

最初は曲のスタートのカウントですね。そういえば、ゴーゴー幽霊船でも同じような始まりの仕方でしたね。

さて、マトリョシカは中身が見えるまで時間がかかるロシア人形のことです。

なので、ハチさんが考えた挙句のメッセージの本質的な意味をきちんと理解できる人は少なく、きちんと届くかどうかは分からないという意味合いで「誰に届くかも知らない」という表現になっているのでしょう。

また「狂った」というところにも、このハチさんの曲の音楽や歌詞の複雑性を表現されています。

深く潜って思考を重ねた結果として表出される「作品の深み」が理解できる人が少ないことへの嘆き的な歌詞が初っ端から来ていて尖っていますね〜。

マトリョシカ_1番Aメロ後半歌詞の意味・解釈

頭痛が歌うパッケージ

いつまで経っても針は四時

誰も教えてくれないで

世界は逆さに回り出す

(出典: マトリョシカ 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

1行目はおそらく「ハチさんの曲」のことでしょう。

パッケージはCDのパッケージのことで、頭痛については次の”4時”の解釈とも繋がっているのでまとめて解説します。

朝の4時に目が覚めて、もう一度起きても夕方の4時ということだとしたら、主人公は明らかに“過眠”ですね。

ハチさんもとい米津玄師さんは元々うつ病で、症状としてこの過眠は昔にあったと本人が公言しているので、おそらくはそちらの症状のことを歌詞にしているのだと思われます。

(※米津さんの病気については以前記事にまとめました)

 

そして、先ほどの頭痛もこの症状に付随して起きている現象なのかなと…(実際にうつ病で頭の右側の扁桃体の辺りが痛くなることは僕もありました)。

歌詞後半ですが、寝ている間に昼夜が逆転しているので、それが「世界が逆さに回る」という表現に結びつくのかなと思われます。

寝ている意識の無い間にその逆転現象が起きているので、「誰も教えてくれない」のも納得ですね。

マトリョシカ_1番Bメロ歌詞の意味・解釈

あぁ、割れそうだ 記憶も全部投げ出して

あぁ、知りたいな 深くまで

(出典: マトリョシカ 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

割れそうなのは頭のことでしょう。

頭痛で頭が割れそうになっている中で、それに合わせて過去の記憶すらも全て吐き出してなかったことにしようとしています。

知りたいのは相手のこととも取れますが、先ほどのマトリョシカの意味で考えると「曲の本当のメッセージ」のことかもしれません。

そうすると、歌詞の意味を理解するには当然作詞者のことを知らないとなぜこういう歌詞が出てくるのかが分からないので、その人の経歴や過去を必然的にある程度知っている必要があるということになりますので、1行目の「記憶」はもしかしたら“作詞者の過去の記憶”のことを指している可能性もありますね。

マトリョシカ_1番サビ歌詞の意味・解釈

あのね、もっといっぱい舞って頂戴

カリンカ?マリンカ?弦を弾いて

こんな感情どうしようか?

ちょっと教えてくれないか?

(出典: マトリョシカ 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

カリンカはロシアの歌でもありますが、意味としては「渋みのある酸っぱい果実」で、一方のマリンカは「甘い果実」を意味する言葉です。

マトリョシカもロシア語なので、ロシア語で揃えてくる辺りに世界観の統一性を感じますね。

いわゆる「まだ何も経験していない少女」か「様々な経験をして熟女」かという意味合いになりますが、これは後述の「ランデブー」「アバンチュール」というワードを誘発するための言葉でもあるのでしょう。

で、弦を弾くのは普通に解釈すればギターのことですかね。

歌詞後半は、「みんなきちんと本質的に理解してくれるか分からない中で、自分の思っている感情をどう表現すればいいんだ?なぁ、教えてくれよ?」というハチさんの心の言葉になっているのかなと僕は解釈してみました。

こう見ると解釈に一貫性が増してきますよね。

マトリョシカ_1番サビ後半歌詞の意味・解釈

感度良好 524(ファイブトゥフォ)

フロイト?ケロイド?

鍵を叩いて 全部全部笑っちゃおうぜ

さっさと踊れよ馬鹿溜り

(出典: マトリョシカ 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

524ですが、12345の中で1と3だけがないので「13なし=意味無し」というように捉えれば、「馬鹿っぽい曲を作った」という米津さんの発言や、先ほどの歌詞でリズム先行でつけてあまり意味を成していない歌詞の部分なども全てひっくるめて理解できます。

フロイトはオーストリアの有名な精神分析学者ですね。高校の倫理とかで出てきた気がします。

ケロイドは病気になっていた箇所の皮膚が過剰増殖して盛り上がって回復した部分という、少しだけグロテスクなものです。手術跡とかはケロイド状になりやすいです。

ただ、これらも先ほどのマリンカ等と同様にあまり意味は見受けられません。

「鍵を叩いて」は鍵盤を叩いて音楽を鳴らすことなので、音楽を通して楽しくなって馬鹿ばかりの世の中全員踊ってしまえという意味合いになるのでしょう。

本当にカオスな曲ですね。。

マトリョシカ_2番Aメロ前半歌詞の意味・解釈

てんで幼稚な手を叩こう

わざと狂った調子でほら

きっと私はどうでもいい

世界の温度が溶けて行く

(出典: マトリョシカ 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

逆からここのパートは解釈していきます。

最後の1行はおそらく同じくボカロ曲でマトリョシカよりも前に大人気となった「ワールズエンド・ダンスホール(=世界)」「メルト(=溶ける)」を表しているのではないでしょうか?

それらの人気楽曲に対してハチさんは「自分の曲なんてきっとどうでもいい存在だ」と自虐的に揶揄して、自分はこんなすごい曲は作れないからこそ”わざと”狂った楽曲でこれらの曲と勝負しているんだという作曲スタンスの表明にも解釈次第では見て取れないこともありません。

そう考えると、幼稚な手を叩くというのも「自分の曲は未熟だ」という暗喩として捉えられるかもしれませんね。

マトリョシカ_2番Cメロ歌詞の意味・解釈

あなたと私でランデブー?

ランデブー?ほらランデブー?

あらま飛んでったアバンチュール?

足取り歪んで 1,2 1,2

(出典: マトリョシカ 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

ランデブーはフランス語で「デート」のことで、アバンチュールは「冒険的な恋」のことを意味する外来語です。

冒険的な恋は具体的に一夏の恋や一晩の恋、駆け落ち的な恋をイメージさせるので、「あらま飛んでった」はそういう非日常感を表すためにつけた歌詞なのでしょう。

上記を考えると、「この狂った楽曲とリスナーでぶっ飛んだ世界へ行きましょう?」というハチさんからのメッセージのように受け取れますね。

狂っているからこそ、ダンスする足取りもフラフラとおぼつかない形で歪んでいるというように解釈することが可能です。

マトリョシカ_2番Bメロ歌詞の意味・解釈

あぁ、吐きそうだ 私の全部受けとめて

あぁ、その両手で 受けとめて

(出典: マトリョシカ 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

ここの歌詞は案外ストレートに解釈できます。

「両手で、この自分のマトリョシカのように複雑で理解が難しい想い(=曲)を受け止めてほしい」とリスナーに伝えているように思えますね。

マトリョシカ_2番サビ前半歌詞の意味・解釈

あのね、ちょっと聞いてよ大事なこと

カリンカ?マリンカ?頬を抓って

だってだって我慢できないの

もっと素敵なことをしよう?

(出典: マトリョシカ 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

先ほどの歌詞の流れでいくと、聞いてほしい大事なことは「ハチさんの曲の本質的な意味」のことでしょう。

我慢できないのは「曲を表面的に理解されてしまうこと」で、だからこそ続く素敵なことも「本質的な作曲者の想いの理解」だと解釈することができます。

それらをカリンカやアバンチュールなどの女性を連想させるワードを散りばめている文脈から、ある種の”エロ”を感じられるようにアダルトなニュアンスを感じさせる歌詞表現にしているわけですね。

マトリョシカ_2番サビ後半歌詞の意味・解釈

痛い痛いなんて泣かないで

パレイド?マレイド?

もっと叩いて

待ってなんて言って待って待って

たった1人になる前に

(出典: マトリョシカ 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

まず用語解説ですが、パレイドはディズニーランドとかにある「パレード」かもしれませんが、ここではあえて「パレイド」としているので、空の雲や木目などが人の顔に見えたりするなどの視覚パターン認知の現象を指す”パレイドリア”のことかもしれません。

一方のマレイドは全く検討もつかなかったので、調べましたがアイルランドのバイオリニストだということが分かりました。

どちらも今まで同様、あまり意味をなさずに語呂を優先して歌詞にしたと思われます。

 

さて、「痛いって泣かないで」と言っているのに直後には「もっと叩いて」という逆のことを言っています。

これはおそらくですが「曲の本質的な部分は、”相手の心の弱いところを突く”ので、理解しようとすると痛いかもしれない」が、「理解するにはもっと痛い目を見なければならない(=叩かれなければならない)」という逆説的な意味も含めているのかなと。

 

続く歌詞ですが、たった1人になるということは他の人に自分の考えを受け入れてもらえない状況とイコールですよね?

なので、「待って」というのは「ちょっと待って、自分の考えを理解してよ!」というハチさんの願いになるのかなとも解釈することができます。

 

※この後のCメロは先ほどのCメロと歌詞が全く同じなので解釈は割愛します。

マトリョシカ_Dメロ歌詞の意味・解釈

酔い潰せ 歌いだせ 今日もほら

継ぎ接ぎ狂ったマトリョシカ

(出典: マトリョシカ 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

この頃はハチさんギリギリ未成年な気がしますが、米津玄師名義になってからは彼のお酒好きは周知の事実なので、もうその片鱗がここで出ていますね。

「私は、今日も狂ったように酒で潰れて理解されにくい歌を歌っているマトリョシカなんだ」というようにここのパートの歌詞は解釈することができます。

※大サビは最後の1行以外全て1番サビと同じなので解釈を割愛します。

最後の1行は曲の締めとして「この曲を聞いて狂ったなら全員いなくなってしまえ」というような意味合いだと解釈できます。

まとめ|マトリョシカの歌詞の意味を解釈・考察

マトリョシカの歌詞の意味を解釈してみましたが、いかがだったでしょうか?

非常にカオスな曲の中にもハチさんのメッセージがチラチラと垣間見える楽曲でしたね。

楽しかったですが、解釈が難しくてしんどかったです…(笑)

個人的には「ゆめくいしょうじょ」のような形で、米津玄師ボイスでセルフカバーしたものがシングルのカップリングで収録されないかなぁと心待ちにしております。。

 

↓他の人気記事はこちら!↓

【ハチP/米津玄師】砂の惑星の歌詞・PVの意味を解釈・考察

【ハチP】ワンダーランドと羊の歌・PVの意味を解釈・考察

 

↓米津ファンなら絶対知っておきたい米津さん自身に関する記事も要チェック!↓

米津玄師が影響を受けたアーティストから見る音楽のルーツ

【男でも声が出るのはこの曲!】米津玄師の音域の幅とカラオケで歌いやすい曲

米津玄師とハチは同一人物だけど「楽曲・歌詞のつくり」がどこか違う?

 


OFFICIAL ORANGE/ハチ[CD]【返品種別A】