【米津玄師流、憂鬱の料理法】メランコリーキッチンの歌詞の意味を解釈・考察

2018年6月28日

メランコリーキッチンの曲にまつわる情報

メランコリーキッチン米津玄師さんの2ndアルバム「YANKEE」の5曲目に収録されている曲で、アルバム曲にもかかわらず米津ファンの中でも人気の楽曲です。

YANKEE [ 米津玄師 ]

メランコリー=憂鬱、キッチン=台所というわけで、少しダークでありつつもそれを暗くさせすぎない米津さんらしいポップさとロックを兼ね備えた1曲となっています。

食べ物系の楽曲で言えば「こころにくだもの」「Lemon」「クランベリーとパンケーキ」などは表題曲として使われていますが(Lemonは曲中で食べるものとしては使われていませんが…笑)、今回のメランコリーキッチンのように「台所」というものを大きく扱っている楽曲は他にないので、その点でも要チェックですね。

個人的にですが、この曲はギターの動き方がすごく好きなので、この曲を聴く際は是非サウンド面にも耳を澄ましていただければと思います!

メランコリーキッチンのPV

PVに関してですが、メランコリーキッチンはアルバム曲でPVがないので代わりにこちらのYoutubeの「弾いてみた動画」をあげておきます。

しかしこの人ギターめちゃ上手いですね。。

メランコリーキッチンのギターコード

ギターコードはUフレットから持ってきました!

http://www.ufret.jp/song.php?data=13330

メランコリーキッチンはカポを2フレットに装着してプレイするのがどうやら簡単なようですね。個人的にはカポ無しでバレーコードでBmやC#m7などを押さえてカッティングしながら弾き語りする方が格好よくて好きなので、もし中級者以上の人がいたらそのようにプレイしてみてはいかがでしょうか??

メランコリーキッチンの弾き語り動画はこちらのだっちさんのギター動画が手元のコードも見やすくとても参考になるのでぜひチェックしてみてくださいね!

メランコリーキッチンのインタビュー記事

また、インタビュー記事に関してですがアルバム曲ということもあって、そこまで詳しいものはネットには多くありませんでした…!

ただ、米津さん自身は様々なインタビューで「食べるという行為は生きる行為とかなり密接につながっていると思う」という発言を残しているので、この点も今回の楽曲の解釈にもしかしたら繋がってくるかもしれませんね。

「YANKEE」のアルバム全体に関するインタビュー記事があったので、こちらに少し載っているメランコリーキッチンの部分を是非チェックしてみてください!

・ナタリーミュージック

http://natalie.mu/music/pp/yonezukenshi04/page/2

それでは歌詞解釈を始めていきましょう!

メランコリーキッチンの歌詞の意味を解釈・考察

メランコリーキッチンは、主人公の男性の憂鬱な気持ちが原因で病んでしまい、パートナーの女性が一旦離れてしまった状況をなんとかしたいということを”料理”をモチーフに歌っている歌です。

一見すると、歌詞に料理名を適当に当てはめているように見えるかもしれませんが、実はそれらにいろいろなヒントが隠されていて、それらを総合的に考えると「メランコリーキッチン」というタイトルの理由が見えてくるわけです。

まずはAメロからいってみましょう。

メランコリーキッチン_1番Aメロ前半歌詞の意味・解釈

あなたの横顔や髪の色が

静かな机に並んで見えた

少し薄味のポテトの中

塩っけ多すぎたパスタの中

(出典:メランコリーキッチン 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

【米津玄師】メランコリーキッチンの歌詞・メロディの意味・解釈を考察①

料理の中に相手の横顔や髪の色が見えるという、最初からなかなか読めない歌詞で展開されていきます。

これは1番のサビから遡ってここにたどり着くと意味が取れるのですが、自分の憂鬱さを料理に見立てています。

ちょうどいいバランスの味付けにならない料理とちょうどいいバランスにならない自分と相手の関係性を比喩しているのではないかなと読み取れますね。

メランコリーキッチン_1番Aメロ後半歌詞の意味・解釈

あなたがそばにいない夜の底で

嫌ってほど自分の小ささを見た

下らない諍いや涙の中

おどけて笑ったその顔の中

(出典:メランコリーキッチン 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

【米津玄師】メランコリーキッチンの歌詞・メロディの意味・解釈を考察②

一時的か永久にかは分かりませんが、自分にとって大切な相手はどうやらいなくなってしまったようです。あなたがいたから、いろいろと頑張れていたけれども、いなくなった途端に誰かとの口論や空気を読まなければならない時のストレスが重なって、自分がどんどん憂鬱になっていったのでしょう。

その憂鬱さを持つ自分を見て、「あぁ、みんなが苦しんでいるこんなことも私は独りで処理しきれないなんて」とさらにネガティブになっていく、そんな主人公の様子が脳裏に浮かびます。

メランコリーキッチン_1番Bメロ歌詞の意味・解釈

誰もいないキッチン 靡かないカーテン

いえない いえないな

独りでいいやなんて

話そう声を出して 明るい未来について

間違えて凍えてもそばにいれるように

(出典:メランコリーキッチン 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

【米津玄師】メランコリーキッチンの歌詞・メロディの意味・解釈を考察③

誰もいないキッチンで食事の用意をしているのでしょうか?

ここで「やっぱり独りは嫌だ、あなたといたい」と主人公は本音を漏らします。ここの誰もいないキッチンにプラスして「靡かないカーテン」というのがとてもいいですよね。人1人だけでも存在していたら少しは部屋内の移動などでカーテンも靡きそうなものですが靡かないという静寂さの表現が素晴らしいです。

そして、「明るい未来=あなたのそばにいれる未来」に想いを馳せて、そこに至るためにたとえ苦しくても話さなければならないと気持ちを高く持っていきます。

メランコリーキッチン_1番サビ歌詞の意味・解釈

笑って 笑って 笑って そうやって

きっと魔法にかかったように世界は作り変わって

この部屋に立ちこめた救えない憂鬱を

おいしそうによく噛んであなたはのみ込んだ

それにどれだけ救われたことか 多分あなたは知らないな

明日会えたらそのときは 素直になれたらいいな

(出典:メランコリーキッチン 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

【米津玄師】メランコリーキッチンの歌詞・メロディの意味・解釈を考察④

歌詞を逆から解釈していきます。

「明日会えたらそのときは素直になれたらいいな」とあるように、会えるということはどうやら主人公と相手は喧嘩か何かで一時的に離れていたようです。

そして、その相手が主人公と一緒にいる時は、主人公の日々のストレスとして持っていた憂鬱とした気持ちを相手がしっかりと聞いて解消していたのでしょう。その様子を「憂鬱をおいしそうによく噛んで飲み込む」と表現しています。大切な人がいなくなってそこからその人の大切さに気づいていく、そんなことを1番を通じて感じることができました。

続いて2番の歌詞を解釈していきましょう。

メランコリーキッチン_2番Aメロ歌詞の意味・解釈

あなたの頬や鼻筋が今

静かな机に並んで見えた

部屋に残してった甘いチェリーボンボン

無理して焼き上げたタルトタタン

(出典:メランコリーキッチン 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

【米津玄師】メランコリーキッチンの歌詞・メロディの意味・解釈を考察⑤

前半は1番Aメロとほぼ変わりありません。

相手のことが部分部分で頭の中に浮かぶ主人公の様子を描いています。

チェリーボンボンはさくらんぼの形をしたチョコレートのお菓子のことで、ここでは「あなたの優しさ」を比喩しているのではないかと筆者は考えます。

そして、タルトタタンを無理して焼き上げたのは、相手の帰りを思い相手が喜ぶと思って普段不慣れなお菓子作りを行ったからではないのかな?とも同時に解釈しています。

ちなみにチェリーボンボンは同じアルバム曲の中にある「TOXIC BOY」という曲の歌詞にも登場するので、この歌詞とTOXIC BOYの歌詞はリンクしているかもしれません!

メランコリーキッチン_2番Bメロ歌詞の意味・解釈

張りつめたキッチン 電池の切れたタイマー

いえない いえないな

嫌いになったよなんて

話そう声を出して 二人の思いについて

恥ずかしがらないであなたに言えるように

(出典:メランコリーキッチン 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

【米津玄師】メランコリーキッチンの歌詞・メロディの意味・解釈を考察⑥

1番のBメロ同様に「独りが嫌だから、やっぱり嫌いになったなんて」

そして、前のBメロでは「二人の未来」だったところが「二人の思い」という同等の意味に変えられています。その思いについて、自分の考えを相手に伝えようとしている主人公の億劫ながらも勇気を持つ様子がとても人間らしくて思わず感情移入してしまいます。

メランコリーキッチン_2番サビ歌詞の意味・解釈

笑って 笑って 笑って そうやって

やっと自由に許すようになれた世界を持って

作り上げた食事のその一口目を掬って

嬉しそうに息を吹いて僕に差し出したんだ

それにどれだけ救われたことか もしもあなたが知ってても

明日会えたらそのときは 言葉にできたらいいな

(出典:メランコリーキッチン 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

【米津玄師】メランコリーキッチンの歌詞・メロディの意味・解釈を考察⑦

「やっと自由に許すようになれた世界を持って」、ここの一節から主人公は今まで随分独りよがりな発言や行動をしてしまっていたことを反省して改善していこうとする気持ちを読み取ることができます。

続いて、1番サビ同様に「主人公の憂鬱の緩和」を描きます。

なぜ食事の一口目に息を吹きかけて主人公に差し出すのか?それは、「主人公の憂鬱がアツアツの状態」を冷まして「ほら、冷静に考えたらそんなことで怒ったり悲しんだりする必要はないんだよ」と語りかける相手の優しさを、料理というモチーフを介して比喩しているのではないのかと筆者は解釈しました。

世界観とメッセージのかけ算が上手すぎて舌を思わず巻いてしまいますね。。

そして、主人公が初めて「僕」と名乗りましたので、主人公は男性であることが分かりました。(大きくはストーリーに影響しませんが)

「もし、自分の感謝の気持ちをあなたが知っていても、それでも改めてきちんと言葉にすることが大切だ」と明日相手に会う主人公は思い、2番サビは終わります。

メランコリーキッチン_ラストサビ歌詞の意味・解釈

もう一度!

笑って 笑って 笑って そうやって

きっと魔法にかかったように世界は作り変わって

この部屋に立ちこめた救えない憂鬱を

おいしそうによく噛んであなたはのみ込んだ

それにどれだけ救われたことか 多分あなたは知らないな

明日会えたらそのときは 素直になれたらいいな

(出典:メランコリーキッチン 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

ラストサビに関しては1番の歌詞と同じなので割愛します。

間奏からの「もう一度!」。これには、「間奏が終わってもう一回サビをやりますよ」という意味と、「もう一回あなたとやり直したい」という意味の2つが込められています。

歌詞の流れと曲構成としてのタイミングを考えた時の最適なフレーズ配置だと思い、ぴったり具合にとても感動しました。

びっくりマークがついているところからも、この主人公のもう一度やり直したいという意志の強さを感じることができますね。

まとめ|メランコリーキッチンの歌詞の意味を解釈・考察

メランコリーキッチンの歌詞解釈をしていきましたが、いかがだったでしょうか?

憂鬱を料理に見立てた主人公の相手に対する想いを歌った歌なので、メランコリーキッチンというタイトルになったことが深く理解できたかと思います。

比喩表現のレベルが高すぎてどうしてこのような切り口で物事を見ることができるのかと米津さんが天才であるが所以を改めて感じた歌詞解釈でした…。

 

↓こちらの歌詞解釈記事もよく読まれています!↓

【米津玄師による”出会いと別れ”】アイネクライネの歌詞の意味を解釈・考察

【米津玄師】【”花”の意味とは】花に嵐の歌詞の意味を解釈・考察

 

↓米津ファンなら絶対知っておきたい米津さん自身に関する記事も要チェック!↓

米津玄師のファッションブランドを全部リストにしてみた

【これで完璧!】米津玄師の髪型・セット大全

 


YANKEE [ 米津玄師 ]