【ハチP】眩暈電話の歌詞の意味を解釈・考察

2018年6月28日

眩暈電話の曲にまつわる情報

眩暈電話は、ハチP(米津玄師)さんの「OFFICIAL ORANGE」に収録されている楽曲です。


OFFICIAL ORANGE/ハチ[CD]【返品種別A】

耳に残るメロディと不思議なふわふわとした雰囲気が演出される曲となっていますが、なかなかマイナーな曲なので、昨今の米津玄師フィーバーの中で新しくファンになった方の中にはまだ聞いたことのない人も多いのではないでしょうか?

眩暈電話のPV

眩暈電話はハチP曲なのですが、PVがありません。。結構他の曲はあることが多いのに。。

こちらのOFFICIAL ORANGEのクロスフェード動画の2:59から、眩暈電話の原曲の一部を聞くことができるので、まずはこちらから聞いてみてください。

YouTubeで他にも探しましたがこちらも1つしか動画が見当たらず、ピアノでのカバー動画だけでした…。

とりあえず、PV代わりにそちらの動画をアップします!

眩暈電話のギターコード

ギターコードはChordwikiに載っていました。

https://ja.chordwiki.org/wiki/%E7%9C%A9%E6%9A%88%E9%9B%BB%E8%A9%B1

Am7,C,F,,Emのコード進行を中心にした曲で、ゆっくり目の曲なのでギター初心者でも弾きやすいかなと思います。

基本的に静か目のアルペジオで進めていき、サビだけストロークでジャカジャカと弾くようにすると弾き語りにも合うかなと!

眩暈電話_歌詞の意味を解釈・考察

眩暈電話は「主人公の鬱屈とした気持ち」を様々な風景描写・心情描写から表現されているが曲です。

今の米津さんと比べると圧倒的に歌詞の解釈が難しいので、個人的に勝手にプレッシャーを感じています…(笑)

それでは、早速歌詞の意味を解釈していきましょう!

眩暈電話_1番Aメロ歌詞の意味・解釈

電話のベルが

鳴り出して尚 何もない部屋

受話器を伝う

(出典: 眩暈電話 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

曲の始めは、まず何もない部屋で電話が鳴ります。

ただ鳴ったとしても呼び鈴以外に何も反応するものはなく、静寂が続いているようです。

歌詞最後の部分で、受話器を伝っているのは電話口の相手の声のことでしょう。この声だけが部屋にも伝っていることが分かります。

眩暈電話_1番Bメロ歌詞の意味・解釈

誰かの声が言葉を呼んだ

「もしもし、あと三時間だよ。君はどうする?」

(出典: 眩暈電話 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

おそらく先ほどの電話の向こうで声がしているのでしょう。

何かが残り3時間でそれまでに主人公は何かを決めなければならないようですが、一体何が話題になっているかはまだ分かりません。

先の歌詞を見ていきましょう。

眩暈電話_1番サビ歌詞の意味・解釈

そんなあなたと話がしたいな

些細な事 教えておくれよ 二人繋いでる

眩暈はスピカ ずっと待っていたんだから

(出典: 眩暈電話 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

主人公は電話口のあなたと話をしたいようで、何か些細なことでもいいから教えて欲しいと伝えています。

今のところ2人を繋いでいるのは”電話”のはずですが、ここでは”眩暈”となっていて、さらにその眩暈は”スピカ”であるという謎の表現がされています。

まず知識として、スピカは「乙女座の恒星の中で1番明るい恒星」のことです。

実は1番サビ時点ではこのスピカが何を表しているかは分かりませんが、最後のサビでこの星の知識を元に全てが理解できるようになるので、ここではとにかくスピカが「明るい星」だということだけここでは覚えておいてください。

眩暈電話_2番Aメロ歌詞の意味・解釈

裸のポプラ 焦げた瓶底 五月の終わり

碧い雨降り 塗り潰された 朧気な歌

(出典: 眩暈電話 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

ポプラは米津玄師名義で出された1stアルバムdioramaの「トイパトリオット」にも出てくる言葉ですね。緑生い茂るポプラに葉がついていなかったり、瓶底が焦げていたりと退廃的な風景描写が続きます。

また、五月の終わりという季節性がここで分かります。

なので、続く歌詞で雨が降るのは梅雨が近いからだというように解釈することができます。

最後の歌詞では、上記の憂鬱な要素によってこそ、ハチPの歌は生まれ、その歌が憂鬱さによって塗り潰されていくので、結果として曲がボヤボヤと朧気なネガティブさの多い歌になっていくのではないかなと推測されます。

眩暈電話_2番Bメロ歌詞の意味・解釈

「もういいよ」 隠れんぼの途中 呼吸を止めて

「もしもし、あと一時間だよ 君はどうする?」

(出典: 眩暈電話 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

隠れんぼ、ということは主人公は何かから隠れているのでしょうか?

その隠れている主人公に電話の相手は電話をかけていることが分かりますが、何のための電話なのかはこのあとのサビでやっと分かります。

歌詞を見てみると、2番Aメロが終わる頃には1番の歌詞よりも2時間という時が経過しているようですので、主人公はあと少しで返答をしなければならないようです。

眩暈電話_2番サビ歌詞の意味・解釈

そんなあなたの名前を教えて

私を映す鏡になって

細い電話線 漂うスピカ

きっと頑迷な嘘になって

(出典: 眩暈電話 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

主人公は電話口の相手の名前をまだ知らないことがここで分かります。にもかかわらず、主人公を映す鏡になってほしいと相手に伝えています。

これは「頑迷な嘘」という歌詞の意味を先に解釈すると分かるようになってくるので、先にこちらを解釈しましょう。

頑迷とは「頑固で柔軟さを欠く様子」を指す言葉です。

なので、おそらく主人公は誰かに、誰もが一度は人生で感じるような自分の弱さやつらさを吐露したくても、「誰も分かってくれない」と一方的に塞ぎ込んでしまっているのだと思われます。

この吐露したいという気持ちこそが「誰かに分かってもらいたい」という気持ちに繋がり、その気持ちが「主人公の気持ちを映す鏡」という歌詞に反映されているという訳です。

なので、先ほどまでの電話は「主人公が電話口の人に対して助けを求める行為」であることが分かります。

ただ、「眩暈」「スピカ」は未だに理解が難しいままとなっていますね。。この歌詞の意味に関しては、ラストサビで明らかになるので、最後までこのまま一気に進めていきます!

眩暈電話_Cメロ歌詞の意味・解釈

空が砕けた 地面に落ちた

昏い話の結末を

誰か教えて 何処へ行くのか

もしくは帰る矛先か

(出典: 眩暈電話 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

空が砕けて地面に落ちるのは、退廃的な世界観の演出のための歌詞でしょう。

続く「昏い話」は、主人公のネガティブな話のことだと思われます。

この主人公の話が何処かへ向かうのか、はたまた逆に何処かから帰ってくるものなのか…。

ちょっと余談ですが、米津さんはこのハチP時代から「何処かへ行く」と言っていたのがここから分かりますね。

米津ファンおなじみの「何処かへ行きたい米津さん」はLOSER鳥にでもなりたいなどの曲の歌詞でも見ることができるので、気になる方はこれらの記事もチェックしてみてください!

眩暈電話_ラストサビ直前歌詞の意味・解釈

「時間だよ、どうする?」

(出典: 眩暈電話 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

ついに最後の1時間も経ってしまいました。

最終的に主人公はどんな言葉を電話の相手へ返すのでしょうか?

眩暈電話_ラストサビ前半歌詞の意味・解釈

そんなあなたと手を繋ぎたいな

惑う私を確かめさせて

二人繋いでる 眩暈はスピカ

眠気の奥に会いに行くんだ

(出典: 眩暈電話 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

独りきりで悩みを抱えるのではなく、手を繋ぎたいという答えを主人公は最後に出します。

二人のことを電話が繋いでいるはずが、ここでは「目眩」が繋いでいると歌詞になっているのが気がかりですね。

ここを解釈する前に次の歌詞を解釈しておきましょう。

最後の1行の「眠気の奥に会いに行く」とは「夢の中で会う」という意味と捉えることができます。

つまり総合して推測すると、目眩を起こすと意識が遠のき夢の世界に行くことができ、そこで電話口の相手とコミュニケーションすることができるのではないかなと。

そして、明るい恒星のスピカもこの意味の延長線上であれば「悩みを抱える暗闇の中で光る希望の星」と捉えることができますね。

なぜ何度もスピカがこの曲に出てきたのかの意味がやっと最後の最後で分かりました…。

眩暈電話_ラストサビ後半歌詞の意味・解釈

もしも 淡くとも出会えるのなら

それは瞳を引き裂く様に

新しい夢に涙流して

電話のベルを鳴らさぬ様に

二度と忘れてしまわぬように

(出典: 眩暈電話 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

新しい夢であなたと出会えるのであれば、それほど嬉しいことはなく涙を流してしまうという主人公の様子が歌詞となっています。

涙を流す際の表現を「瞳を引き裂くように」とグロテスクな感じに形容しているのは、この頃のハチPならではな感じがしますね。

そして、もう二度と眩暈という電話のベルを鳴らさないようにして、眩暈というルートでなく、まっとうな夢のルートの方で会いましょうと主人公に伝えているように解釈できる歌詞が続いていきます。

二度と忘れてしまわないようにと最後に添えてあることから、おそらく眩暈電話の夢の中でコミュニケーションを取っても主人公は都度忘れてしまうという設定なのが分かります。

ここまでで曲全体のストーリーを考えると、気持ちがつらい時の防衛本能的に眩暈という電話を起こして、夢の中でそのつらさを分かってくれる相手とコミュニケーションを取る主人公の姿が曲全体を通して見ることができました。

吸い込まれるようなとても不思議な曲ですよね。。

まとめ|眩暈電話の歌詞の意味を解釈・考察

目眩電話の歌詞の意味を解釈してみましたが、いかがだったでしょうか?

OFFICIAL ORANGEの中でもPVもなければ他のサイトでもあまり取り上げられないという超ニッチ曲ですので、なかなか解釈が大変でした。。

他のハチPのボカロ曲の解釈にも、引き続き挑戦していきたいと思います!

 

↓他の人気記事はこちら!↓

【ハチ/米津玄師】遊園市街の歌詞の意味を解釈・考察

【ハチP】Persona Aliceの歌詞の意味を解釈・考察

 

↓米津ファンなら絶対知っておきたい米津さん自身に関する記事も要チェック!↓

【現在までの過去を完全解説】米津玄師の経歴とそこから見える才能とは

【これで完璧!】米津玄師の髪型・セット大全

米津玄師のファッションブランドを全部リストにしてみた

 


OFFICIAL ORANGE/ハチ[CD]【返品種別A】