【米津玄師】ミラージュソングの歌詞の意味を解釈・考察

2018年6月28日

こんにちは、米津玄師オフ会”ぼっち会”の中の人(@yonedu_bochi)です!

 

さて、今回はミラージュソングの歌詞解釈をしていきます。

それこそ蜃気楼のように掴みどころのない歌詞となっているので、意味を見出せない人も多いかと思いますが、ぜひこの記事を参考にしてくだされば幸いです!

ミラージュソングの曲にまつわる情報

ミラージュソングは、米津玄師さんの3rdアルバム「Bremen」の12曲目に収録されている楽曲で、もともとアルバム発売前のツイキャスでの弾き語りの時から「ミラージュソング」という名前でずっと米津さんが歌っていた歌です。


Bremen [通常盤][CD] / 米津玄師

ミラージュとは「蜃気楼」という意味なので、歌詞を解釈していく時にあの蜃気楼の揺らめく感じがヒントになってくるのかもしれませんね。

メロディはとても明るくポップでリズミカル、サビが少し伸びやかな曲となっているので、カラオケで歌うのは意外と難しいかもしれません。

では、まずはミラージュソングにまつわる曲情報からどうぞ!

ミラージュソングのPV

PVですが、ミラージュソングはアルバム曲なので公式PVはありません。

なので、今回はYoutubeにバンドアレンジのカバーがありましたのでこちらをアップします!

ミラージュソングのギターコード

ギターコードはこちらのUフレットから持ってきました!

http://www.ufret.jp/song.php?data=27353

コードはD,A,Bm,E,F#m7,C#と言った王道のコード進行となっているので、似たような曲を弾いたことのある人はすぐにマスターできるかと思われます。

ただ、曲のテンポ自体はゆっくりではあるものの、歌メロが早口でかなり難しいので先に歌をマスターしてからでないと弾き語りはなかなか大変なものとなってしまいますので注意してください。

こちらの弾き語り動画が非常に参考になるので、ぜひ練習の際にチェックしてみてください。

ミラージュソングのインタビュー記事

ミラージュソングのインタビュー記事はこちら!

・・・と思いましたが、ミラージュソングはあまりインタビュー記事でも取り上げられていないので、Bremenのアルバムインタビューを載せておきますね。

rockin’on.comのライブレポを見ると、「はうる」のライブツアーでもきちんとミラージュソングは歌われているようです。

・ナタリーミュージック

https://natalie.mu/music/pp/yonezukenshi07

・歌ネット

https://www.uta-net.com/user/interview/1510_kenshi_yonezu/index.html

・rockin’on.com

https://rockinon.com/live/detail/153310

 

ミラージュソングの歌詞の意味を解釈・考察

ミラージュソングは歌詞の文字数がとても多いので、Aメロは前半と後半に分けて解釈しています。ラップとまでいかないものの、「春雷」のように言葉数が多いので分けないと読みづらいかなと。。

(※ツイキャスの頃から歌われていたものとは一部歌詞が違うようですが、そちらは今調べてもあまり出てきませんでしたので、割愛させていただきます。)

ミラージュソング_1番Aメロ前半歌詞の意味・解釈

いつだって僕は 君の髪の毛を撫でたいと思った

その声はいつか消えてしまうからさ

明日の世界がまた少し近づくたびに僕は

残された今日を感じくしゃみをする

(出典: ミラージュソング 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

登場人物は主人公と目の前の”君”の2人のようです。

声が消えてしまうという部分から、リスナーに対して「生死」を感じさせる歌詞となっていますね。

明日の世界が近づくというところからもどことなく寿命を感じさせます。

そのような終わりのある儚い世界の中で、自分は君の髪の毛を撫でて、君の存在を常に感じ取り続けようとする姿勢を見せています。

ミラージュソング_1番Aメロ前半歌詞の意味・解釈

照りだした太陽 逃げ水で濡れた道路を歩いた

不思議なくらいの静けさに塗れて

過ぎ去ってしまった日々は二度と戻らないと知った

あの日の記憶も 遠く触れないまま

(出典: ミラージュソング 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

ミラージュソングのミラージュの意味である「蜃気楼」の様子が、熱いアスファルトの道路にゆらゆらと揺らめくところに逃げ水を打ちつけるというここの歌詞に見られます。

この蜃気楼の現象と、自分と相手の間にあった何かの記憶を重ねて、どちらも触れることができないというように主人公は語っています。

まだ、ここまでの歌詞では物語の核心のようなものを読み取ることはできませんので、続いてBメロを解釈していきます。

ミラージュソング_1番Bメロ歌詞の意味・解釈

何を悲しむことがある? これほど明るい陽の射し込む場所で

何を疑うことがある? 隣にいつも君がいるのに

(出典: ミラージュソング 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

日が差して隣には君がいるという、ここまでプラスの空気感のある場所でなぜか主人公は悲しみ、疑っています。

Aメロで感じていた死生観のようなものでしょうか、今が満たされているにもかかわらず、いつか終わってしまうのならば、何かもっと満足感を得なければタイムアップになってしまうのではといった焦りをここの歌詞から感じ取ることができます。

ミラージュソング_1番サビ歌詞の意味・解釈

生きていけば今 生きていくほど

さわれないものが増える

何も手に入れちゃいないのに

失くしていく気がするんだ

どうして

(出典: ミラージュソング 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

先ほどのように死生観の話がサビにまで延長してきたので、十中八九このミラージュソングは「自分と君との間にあるどうしようもない死という別れを意識しだした主人公の気持ち」を表現した曲なのでしょう。

生きていくほど触れないものが増えるのは、時間が経つたびに多くの物事を知っては自分ではどうしようもできないことを知ってしまうから。

反対に、何も手に入れていないのに失くしていく気がするのは、自分の寿命が短くなっていってしまっているから。

このような何とも言えない虚しさ的なものがサビでは歌われています。

ミラージュソング_2番Aメロ歌詞の意味・解釈

いつだって僕は 君の髪の毛を撫でたいと思った

その声はいつか消えてしまうからさ

「明日の世界も同じように生きていられるのかな」

蜃気楼の中で昨日の僕が言う

(出典: ミラージュソング 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

前半部分は1番Aメロと同じですね。

後半部分では「蜃気楼」というキーワードを用いながら、1番サビで考察したような死生観に関する歌詞が出てきます。

明日の世界というものが確実に続くとは限らず、人間はいつでも死ぬ可能性がある。急に3秒後に心臓が止まってしまう可能性だって0ではない、なのに自分たちはさも当たり前のように明日が来ると思ってしまっている。

そのようなことを考えているけれども、昨日の僕から見たら今日の僕は確かに今も生きているので、「考えていることは確かに合ってはいるけれども、生きている可能性だって0ではないから不確かなものだ」という何とも言えない曖昧な感じをゆらりゆらりと燻るような蜃気楼に例えて歌詞にしているようにここでは感じます。

ミラージュソング_2番Bメロ歌詞の意味・解釈

何を怖がることがある? 奪いも与えもできない癖に

何を求めることがある? 隣にいつも君がいるのに

(出典: ミラージュソング 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

奪いも与えもできないのは、目の前の相手への愛でしょうか?それとも命でしょうか?

答えはないので正解はわかりませんが、どちらにせよ主人公は何をするにしても「相手にないか干渉する」ということが苦手でただただ立ちすくんでしまいがちな人であることが、「奪いも与えも、何もできないくせに」という歌詞から読み取ることができます。

また後半部分の歌詞では、君がいるのにさらに何を求めようとするのかというと何も出てこないけれども、どこか喪失感があるというか満足感が足りないというか…といった心持ちを見ることができます。

1番Bメロと同様にここでは、主人公が自分を責めている姿勢が感じられますね。

ミラージュソング_2番サビ歌詞の意味・解釈

近づけば今 近づくほど

知らない君が増える

何もいらないさ いらないのに

物足りない気がするんだ

どうして

(出典: ミラージュソング 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

知れば知るほど、知らない一面が見えてくることは恋愛でもよくありますよね?

付き合ってみてからわかること、結婚してから見えてくる側面。そのような”知らない君”がいることを前半では歌っています。

そして、先ほどからどこか満足感のない主人公はやはり目の前の相手のことを知っても知っても満足することはなく、でも、引き続き「止められない時の経過から、死が近づいている」という観点から物足りなさを感じているというなんとも言えない気持ちを持ち合わせています。

ミラージュソング_Cメロ歌詞の意味・解釈

どんだけ確かめてみたって

どんだけ呼びかけてみたって

いつだって君はそこにいて

微笑んでくれるのに

僕たちが生きるここは今

失望で満ちているだなんて

そんなこと言いたくはないんだ

それだけさ 本当さ

(出典: ミラージュソング 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

Cメロはコーラス的な意味合いも含まれているので、他の曲に比べるとかなり長いです。

君という存在は絶対にそこにあるにもかかわらず、そして微笑んでくれているにもかかわらず、自分の内心では「生きてはいるけれども、いつか訪れる死を考えると失望感で満ち溢れている」という矛盾した気持ちがあり、それを”君”には悲しませてしまうから言いたくはないという気持ちを読み取ることができます。

たしかに僕も、どれだけ幸せで自分が他の人と比べた時に満ち足りた存在であるのだなと感じていても、母親が急逝していることから「いつかはこんな幸せも全部消えて無くなってしまうのだから、どれだけ頑張ってもお金を稼いでも名声を得ても、意味がないんじゃないかな?」と思ってしまうことがあり、この歌詞にとても共感を覚えてしまいます。

もしかしたら、いろんな人も同じように”幸せな中での失望感”を感じているのかもしれませんね。

ミラージュソング_ラストサビ歌詞の意味・解釈

生きていけば今 生きていくほど

さわれないものが増える

何も手に入れちゃいないのに

失くしていくとしても

生きていけば今 生きていくほど

愛おしい今も増える

何も手に入れちゃいないけど

失くせないものがあるんだ

ミラージュソング

(出典: ミラージュソング 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

触れないものも増えて、無くし続けていくとしても、「今」というかけがえのない確かに存在する瞬間は手触り感がある。

そこには、大好きな”君”も確かに存在していて、どこか愛おしく感じられるし、それは失くしてはいけないものだとポジティブな感情で捉えているのがラストサビの歌詞です。

『Flowerwall』でも同様に「今この状況をポジティブに受け取るか?ネガティブに受け取るか?」ということを歌っていたので、このミラージュソングも同じようなニュアンスが込められているのかもしれませんね。

きっと、dioramaやYANKEEの頃であればこのラストサビの歌詞もネガティブなままで終わっていたのでしょうが、インタビュー記事を読めばわかるようにBremenで米津さんはリスナーに何かプラスのものを与えたい・伝えたいと言葉にしているので、きっとその一面がミラージュソングの最後の最後に顔をのぞかせたのでしょう。

まとめ| ミラージュソングの歌詞の意味を解釈・考察

ミラージュソングの歌詞を解釈してみましたが、いかがだったでしょうか?

多幸感の中でふとした瞬間に感じる失望感のことを歌にした曲でしたが、米津さんはきっと幸せに感じる瞬間の中でもどこかネガティブにドライに物事を考える癖があるような、哲学家的な一面があるのだなぁと改めて感じる一曲でした。

このプラスとマイナスを行ったり来たりするボヤボヤ感をミラージュソングと名付けたのならば、やはり米津さんのセンスはとんでもないなと感心しきっきりです。。

 

↓他の人気記事はこちら!↓

【米津玄師】シンデレラグレイの歌詞の意味を解釈・考察

【米津玄師】ホープランドの歌詞の意味を解釈・考察

 

↓米津ファンなら絶対知っておきたい米津さん自身に関する記事も要チェック!↓

【現在までの過去を完全解説】米津玄師の経歴とそこから見える才能とは

米津玄師のファッションブランドを全部リストにしてみた


Bremen [通常盤][CD] / 米津玄師