【米津玄師】Moonlightの歌詞の意味を解釈・考察

2018年6月28日

Moonlightの曲にまつわる情報

Moonlightは、米津玄師さんの4枚目のアルバム「BOOTLEG」に収録されている楽曲で、BOOTLEGに最後の最後に急遽追加で収録された楽曲ということで有名です。


BOOTLEG (通常盤) [ 米津玄師 ]

MoonlightはBeatles(ビートルズ)の「Mr.Moonlight」などにもあるように結構多くのアーティストの作品名としても使われているんですよね。

では、そんなMoonlightがどんな曲なのか、早速見ていきましょう!

MoonlightのPV

Moonlightはアルバム曲で残念ながらPVはありません。
歌詞がかなりセンセーショナルな分、PVがあればぜひ見てみたかったですね。

代わりにこちらのYoutubeの弾き語り動画をアップしておきます!後述のギターコードの部分でも大変参考になる動画ですので、ギタリストの皆さんはぜひチェックしてみてください!

Moonlightのギターコード

MoonlightのギターコードはこちらのUフレットに上がっていました!
http://www.ufret.jp/song.php?data=41580

この曲はかなり静かなので、全編アルペジオで弾ききってしまってもいいでしょう。4拍子の表拍でリズムをとれば上手く弾き語りができるかなと思います。

先ほどのだっちさんの弾き語り動画を見ながらぜひ練習してみてください!

Moonlightのインタビュー記事

MoonlightはBOOTLEGのコンセプトを表すような曲でもあるので、インタビュー中でもよく取り上げられていますね。

どんな音楽も過去の集積であって、全く新しいものをやろうとするとノイズミュージックにしか落ち着かないのでは?という観点を元に、昨今の「オリジナル原理主義」のようなものへのアンチテーゼをこの曲やアルバムに込めたようです。

曲の音源もほとんどサンプリングで作ったようなので、もうその時点から全てオリジナリティという言葉へのある種の反逆精神的なものが感じられますね。

・ナタリーミュージック
https://natalie.mu/music/pp/yonezukenshi11

・bilcboard JAPAN
http://www.billboard-japan.com/special/detail/2134

Moonlightの歌詞の意味を解釈・考察

Moonlightは先ほども書いたように、BOOTLEGの核となるような曲で「本物なんて1つもない」というアルバムコンセプトである「海賊版」をそのまま曲にした楽曲となっています。

なかなか難解な歌詞ですが、早速解釈していきましょう!

Moonlight_1番Aメロ歌詞の意味・解釈

あなたこそが地獄の始まりだと

思わなければ説明がつかない

心根だけじゃ上手く鍵が刺さらない

愛し合いたい 意味になりたい

(出典: Moonlight 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

曲の始まりがえげつないぐらいセンセーショナルですね。。
あなたが地獄ということは、あなたという存在が自分にとって最低最悪の存在であるということであることは自明です。

心根は、文字通り「心の根本の部分のこと」。これだけでは扉の鍵穴に上手く刺さらないということは、この曲のコンセプトに合わせて考えると「自分の言いたいことだけをそのまま伝えて作品にしたとしても中々世間の人の気持ちには合わない。なので、彼らの気持ちに合うような過去の作品群の形をオマージュしないとならない」という意味になるような気がします。

だからこそ、愛し合いたいという対象は”世間一般の人たちの気持ち”になり、その気持ちが分かって自分の作品が初めて”意味を持つ”という歌詞で最後は締めくくられているのだと解釈します。

Moonlight_1番Bメロ歌詞の意味・解釈

どこへ行ってもアウトサイダー

夜通し読んだハンターハンター

本物なんて一つもない でも心地いい

文化祭の支度みたいに

ダイナマイトを作ってみようぜ

本物なんて一つもない

(出典: Moonlight 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

自分という存在が部外者であることを歌詞にしていますが、これは自分という人間が色んな音楽をブレンドして出来上がった人間であるため、歴史あるミュージシャンと比較した際にオリジナリティの無い人間であるという意味合いのようにもとれますし、単純に米津さん自身が今までうまく友達をつくったりなどの行為ができずに、仲間の輪に入れなかった様子を言葉にしているようにも捉えられます。

次のハンターハンターは、言わずもがな週刊少年ジャンプ連載の漫画ですね。このハンターハンターすらも過去の漫画やアート作品の蓄積の結果として出来た作品であるので、続く歌詞で一纏めに「本物なんて1つもない」という1番この曲の言いたいことが書かれています。

ダイナマイトのくだりですが、ご存知の通りダイナマイトは大爆発するものですね。

解釈の仕方は色々あると思いますが、自分はこの特徴から、「ヒットチャートを賑わす曲(=人気爆発する曲)」と解釈し、そのダイナマイトを文化祭の支度のようにみんな(=世間一般)でワイワイ作り上げるというように読み取りました。

ただ、そのダイナマイトすらももちろんオリジナリティあるものではなく、過去の集積の結果の1つなので”本物ではない”と米津さんは表現しています。

Moonlight_1番サビ前半歌詞の意味・解釈

ムーンライト 爪が伸び放題 使う予定もない

差し出されたレーズンパイ

オールライト 「自分の思うように

あるがままでいなさい」

ありがとう でもお腹いっぱい

(出典: Moonlight 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

ムーンライトというタイトルと共に、いきなり歌詞が難解になるのがこのサビです。

使う予定もなく爪が伸び放題ということは、全く何もせずに野放しにされている状態なので、全てが無気力になって爪を切ることすら面倒な主人公の姿がイメージされます。

これがある意味で自分らしくある状態であり、心根の状態でいるというAメロで描写された人の状態なのだと思われます。

そしていきなり現れるレーズンパイ。このレーズンパイは葡萄が元になっていますが、これはLOSERの「酸っぱい葡萄」にあるような、イソップ寓話の「酸っぱい葡萄」のことを指しているものと仮説立てると、面白い解釈をすることができますりすなわち、落ち込んだ心理状態の時はあらゆる物事にし否定的になってしまうということをこの「レーズンパイ」に込め、それを米津さんが受け取らないでいる構図のように見ることができ、ここから過去の米津さんの鬱病のことなどを含めて考えると、過去の自分への決別の意思を読み取ることができるのでは?というのが僕の持論です。

合っているかは定かではありませんが、このように解釈すると米津さんの人となり自体に立脚した解釈となり、納得度は増すかなと…。

Moonlight_1番サビ後半歌詞の意味・解釈

イメージしよう 心から幸せなあの未来

イメージしよう イメージ

教えてよ そこまで来たら迎えに行くから

教えてよ

(出典: Moonlight 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

突然、先ほどと打って変わって幸せな未来をイメージしようという肯定的な歌詞が出てきます。そして、同時に米津さんの近くに近づいたら迎えにいくという言葉を投げかけています。

これが意味することとしては、過去の自分のような存在の人(=酸っぱい葡萄に出てくる狐のような人)がもし自分の近くに来たら、その悲観的な物の見方を少し変えてあげるから、近づいたら教えてね。というような米津さんからのメッセージのようなものではないかなと推測します。

Moonlight_2番Aメロ歌詞の意味・解釈

わたしこそが地獄を望んだんだと

認めなければそろそろいけない

自分の頭今すぐ引っこ抜いて

それであなたとバスケがしたい

(出典: Moonlight 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

あなたが悪いと相手のせいにするのではなく、自分があなたを選んでしまったという内省の意を表しています。

そんな自分の不甲斐なさから、自分の頭を引っこ抜いて目の前の相手と正面切って相対峙したいという思いを「バスケ」という比喩を用いて歌詞にしているこの歌詞はかなり斬新に見えますが、多分RADWIMPSの五月の蝿という曲の歌詞をオマージュしているのでしょう。

かなり近しい表現に「あなたの溢れた腑(はらわた)で縄跳びをしたい」という表現があります。

溢れた腑で縄跳びをするんだ

僕は君を許さない もう許さない もう許さないから

(出典: 五月の蠅 作詞:野田洋次郎 作曲:野田洋次郎)

これが該当箇所の歌詞の引用ですね。見れば一目瞭然ですが、おそらくここから影響を受けて歌詞を書いているのだと推測されます。

RADWIMPSの「五月の蠅」、Moonlightより中々エグいですね…(笑)

Moonlight_2番Bメロ歌詞の意味・解釈

どこへ行ってもアウトサイダー

継接ぎだらけのハングライダー

本物なんて一つもない でも心地いい

ビニールハウスで育ったアベリア

偽物なんだってだからどうした?

本物なんて一つもない

(出典: Moonlight 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

アウトサイダーの意味は1番歌詞で解釈した通りですが、ハングライダーは新しいですね。

継ぎ接ぎだらけ、というのがポイントで「自分の作品は何かと何かの継ぎ接ぎのようなものである」といつ解釈がここは当てはまるかなと思われます。

アベリアは公園などに咲いているような花で、本来ビニールハウスで育てるものではありません。そのために、そんなアベリアは偽物だと世間的には言われるだろうが、オリジナリティなんて幻想であると考えている米津さんからすると「だからどうしたの?」という言葉が自然と口をつく訳ですね。

色んな表現でBOOTLEG(=海賊版)のコンセプトを体現していますが、この表現の引き出しはどこから出てきているのかとても気になります…。

Moonlight_2番サビ前半歌詞の意味・解釈

ムーンライト 幽かに明るい部屋

なだらかなノイズ

効き目薄いボルタレン

オールライト テーブルの向こうに

裏返しのアイフォン

今回は誰のスパイ?

(出典: Moonlight 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

幽かに明るい部屋に関して、BOOTLEGのCDジャケットがまさにその部屋だと思われます。この部屋でエアコンや換気扇、もしくは流している音楽が「なだらかなノイズ」であると理解できます。

さて、1番目を引くボルタレンとアイフォンですが、まずボルタレンは炎症を抑える薬のことでアイフォンと同じように固有の商品名です。おそらくは、固有の商品名を挙げることによって「他にも同じような薬や携帯電話はあるだろうが、どれも本質的には同じものであって、それに対して「本物か偽物かといった議論は無意味なのではないだろうか」という米津さんからのメッセージがこの歌詞に含まれているのではないだろうかと解釈することができるのではないでしょうか?

Moonlight_2番サビ後半歌詞の意味・解釈

イメージしよう プールの底で眺める水面

イメージしよう イメージ

教えてよ 何もかも終わらせる言葉を

教えてよ

(出典: Moonlight 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

プールの底で眺める水面は、1番サビ後半と照らし合わせて考えるとプールの底というある種のどん底のようなものから頭上の天井に当たる水面を見ているという構図を示す言葉だと考えることができます。つまり、1番下の最悪な状況から最高の状況をイメージしているという状態であることが分かりますね。

続く「教えてよ」以降は、水面にいる側の人の言葉であって米津さんの言葉では恐らくありません。どうせ無理だから全て終わらせたいという酸っぱい葡萄側の人間の言葉なのかなと思われます。

底辺のどん底と現在の心境の両方の立場を経験したことのある米津さんだからこそ書ける歌詞ですよね。

Moonlight_アウトロ歌詞の意味・解釈

鳴り止まないカーテンコール そこにあなたはいない

鳴り止まないカーテンコール そこにわたしはいない

(出典: Moonlight 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

カーテンコールは閉幕した後に巻き起こる拍手のことです。

このカーテンコールを受けるような素晴らしい楽曲をどれだけ世に出したとしても、結局自分も他の人もその楽曲をつくるに当たってオリジナリティというものはなく、過去に見聞きしてきたものの集合と再構築であるということがこの歌詞から解釈することができます。

まとめ|Moonlightの歌詞の意味を解釈・考察

Moonlightの歌詞を解釈してみましたが、いかがだったでしょうか?
正直、歌詞を解釈する立場からすると解釈が激ムズなことこの上無かったのでした(笑)

徹底的にオリジナリティとは何か?それは幻想ではなのではないか?ということを歌っている歌でしたね。
BOOTLEGのコンセプトを体現しているからこそ、この曲を最後にアルバムに追加させたいと思った米津さんの気持ちがよく分かります。

 

↓こちらの記事も読まれています!↓

【米津玄師の好きな人?】春雷の歌詞の意味を解釈・考察

【米津玄師】【色に隠された意味とは?】灰色と青の歌詞の意味を解釈・考察

 

↓米津ファンなら絶対知っておきたい米津さん自身に関する記事も要チェック!↓

【生い立ち・過去を完全解説】米津玄師の経歴とそこから見える才能とは

米津玄師が「長い前髪で前が見えないのはなぜか?」を考察する

米津玄師のファッションブランドを全部リストにしてみた

 


BOOTLEG (通常盤) [ 米津玄師 ]