【ハチP】Mrs.パンプキンの滑稽な夢の歌詞の意味を解釈・考察

2018年6月28日

Mrs.パンプキンの滑稽な夢の曲にまつわる情報

「Mrs.パンプキンの滑稽な夢」は、ハチP(米津玄師)さんの楽曲でアルバム「花束と水葬」に収録されています。


花束と水葬 [ ハチ ]

ハロウィンシーズンと言えば、確実にこれ!っていうハチPファン・米津玄師ファンのハロウィン時期の定番曲ですよね。

怪しさ・恐怖・かぼちゃ感が満載な楽曲となっているので、ぜひハロウィン気分で聞いてみてください!

(サムネイル画像出典:https://www.youtube.com/watch?v=t_cLwyUdqJ8)

Mrs.パンプキンの滑稽な夢のPV

Mrs.パンプキンの滑稽な夢のPVはこちらです!

パンダヒーローマトリョシカ同様、音楽もイラストも動画も全てハチさんが手がけています。

イラストの細かさが尋常じゃないですよね、歯車の部分とかどれだけ細かいところまでしっかり書いているの…と自分で書くことを考えたら途方にくれるような仕上がりになっています。

個人的にこの山羊のイラストがすごい怪しさ満点で好きです。分かる人、いないかなぁ。。

Mrs.パンプキンの滑稽な夢のギターコード

ギターコードはこちらのChordwikiに載っていました!

https://ja.chordwiki.org/wiki/MrsPumpkin%E3%81%AE%E6%BB%91%E7%A8%BD%E3%81%AA%E5%A4%A2

7thコードとマイナーコードの使い分けによって、曲全体に怪しい雰囲気が醸し出されているのが分かりますね。

コード的にはCm,D7,G,A♭あたりが中心になっているのでそこまで複雑ではありませんが、運指には慣れておきたいところですね。

Mrs.パンプキンの滑稽な夢_歌詞の意味・解釈

ハロウィンに先駆けたというハチさんからのコメントもあるように、全面的にハロウィン色が押し出されていて、恐怖感を煽るような歌詞が目白押しです。

それでは歌詞を解釈していきましょう!

Mrs.パンプキンの滑稽な夢_1番Aメロ前半歌詞の意味・解釈

ジャカランダ咲いた 無礼を酌み交う演説会

何処へ行こうか? 愉快に泣いた歌

(出典:Mrs.パンプキンの滑稽な夢 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

ジャカランダとは、南米で咲く紫の花ですね。一応6月にも咲く花のようですが、日本では10月にも咲くということでハロウィンシーズンの花とも言えるでしょう。

お化けや骸骨が騒ぎ出すハロウィンでは無礼講もなんのそので、各々が騒ぎ出す様を「演説会」と比喩しているのではないかなと思われます。

続く歌詞ですが、パンダヒーローに引き続き「何処へも行けない米津さん」現象はこの曲にも入り込んでいました(笑)

米津さんが、ハチ時代からずーっとこの何処かに行きたいけど何処にも結局行けない閉塞感のようなものを持ち続けていることが分かります。

愉快に泣いた歌はハロウィンの愉快さと恐怖の涙を合わせて歌詞にしたものだと思われます。

Mrs.パンプキンの滑稽な夢_1番Aメロ後半歌詞の意味・解釈

ジャックは笑った 「異端な感情置いといて」

チョコレート頂戴 下賤に泣いた歌

(出典:Mrs.パンプキンの滑稽な夢 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

ハロウィンでジャックと言えば、ディズニーの「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」の主人公ジャックなので、おそらくあのガイコツがモチーフとなっているのでしょう。

「異端な感情」とは、ハロウィンという側面から考えると「幸せ・明るい・笑顔」といったようなポジティブな感情ではないでしょうか?

恐怖や悲しみなどのネガティブな感情でいっぱいにさせようとしてくるのがジャックたちなので、そういうように解釈すればジャックがそのように発言するのも納得できます。

「チョコレート頂戴」はトリック・オア・トリート(=お菓子をくれないとイタズラしちゃうぞ)のことですね。

下賤とは「身分が低く卑しい様」のことなので、トリック・オア・トリートという言葉はまるで物乞いのようで品がないと揶揄していることが分かります。

Mrs.パンプキンの滑稽な夢_1番Bメロ歌詞の意味・解釈

カカシがふらり 咽んで揺れた

食わず嫌いは カボチャのパイ

(出典:Mrs.パンプキンの滑稽な夢 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

カカシが咽んだ描写の後に、食わず嫌いの人はカボチャのパイにしてやるという意味合いの歌詞が続きます。

なので、カカシが咽んだのは「目の前に料理が運ばれてきたが、匂いがひどく咽んでしまった」という背景があったと考え、匂いがひどくてとてもじゃないが食べられないとカカシが言ったら「食わず嫌いはパイにしてやるぞ」と脅しているというストーリーがここから読み取れます。

たった2行でストーリーを想起させるのはさすがハチさんですね。。

Mrs.パンプキンの滑稽な夢_1番サビ歌詞の意味・解釈

ねぇ ラルラルラ 私と踊ろうか

まだ眠る お月様

“「呼んだ?呼んだ?」と蕪頭”

ほら 棺は何処にも無くなった

つまらないや

(出典:Mrs.パンプキンの滑稽な夢 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

月がまだ眠る真夜中に私と踊ろうと言ってくるのはジャックでしょうか?こちらと共にハロウィンを踊って楽しもうと誘ってきています。

そして、続く歌詞の蕪頭は「かぶあたま」と読みます。これは20世紀に作られたジャックオランタンのことでしょう。

この写真のように、今ではカボチャをくりぬいて目と口を作り、中に灯りをともす手提げ提灯みたいな感じのやつが主流ですが昔は蕪の頭でも作ったそうです。

ジャックオランタン

最後の歌詞ですが、棺から出てきた死体も起き上がってハロウィンを楽しんでいるので「棺が無くなった」と言っているのかなと解釈することができます。

「つまらないや」と呟いているのは、先ほどの踊りの誘いを断ったことへの反応ですかね。とても残念そうにする様子がこの歌詞から伺えます。

Mrs.パンプキンの滑稽な夢_2番Aメロ前半歌詞の意味・解釈

でっち上げられた 魔法に敏感 鉄塔と

魔女は高架下 眩んだ様だった

(出典:Mrs.パンプキンの滑稽な夢 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

魔法に敏感な鉄塔と魔女は、でっち上げられた魔法によって眩んでしまったようです。

なぜ「でっち上げられた魔法」なのかが気になるところですが、これは「鉄塔と魔女に誰かが見張られていて、彼らの目を眩まして監視を避けた」というようなストーリーが隠されているからではないかなと推測しています。

後々の歌詞を解釈していくと、この部分は非常にクリアになっていきますので、引き続き読み進めていきましょう。

Mrs.パンプキンの滑稽な夢_2番Aメロ後半歌詞の意味・解釈

ジャックは気取った 「卑猥な感情持っといて!」

マンダラゲ咲いた 怨んだ様だった

(出典:Mrs.パンプキンの滑稽な夢 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

気取るということはカッコつけようとすることなので、つまりはモテようとするというように解釈をすることができます。

モテようとした上に卑猥な感情を持ってこいというのであれば、これは下心丸出しな感じのジャックの画が浮かびますね。。

2行目のマンダラゲはチョウセンアサガオのことです。漢字にすると曼荼羅華ですね。

この植物は食べると幻覚や妄想を引き起こす危険な植物なので、この怪しい雰囲気の楽曲にはぴったりな植物です。

Mrs.パンプキンの滑稽な夢_2番Bメロ歌詞の意味・解釈

山羊が何か企んで

“「受け入れろ、受け入れろ」”

電車を待つ

(出典:Mrs.パンプキンの滑稽な夢 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

山羊と電車と聞いて思い出すのが「リンネ」の歌詞ですね。

あの時は鈍色電車が通り去ったと思いますが、今回は何か企んでいるので、もしかしたら線路に誰かをおびき寄せて電車にはねられるように計算しているのかもしれません。

そしてそのはねられる人に対して「その悲しい運命を受け入れろ」と伝えているようにも見えなくもありません。

Mrs.パンプキンの滑稽な夢_2番サビ歌詞の意味・解釈

手を繋ごう 二つは許された

巡りつく 管の中

“優性劣性死屍累々?”

ほら 即売会

群らんだ 蟻の中

まだ眠る お月様

(出典:Mrs.パンプキンの滑稽な夢 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

この「許された二つ」が一体何なのか?

一つは「手を繋ぐ」という行為、もう一つは曲の最後の方で分かるのですが「人間界に来れたこと」なのかなと推測できます。

管は血管のことでしょうか、もしそうだとして、先ほどの「人間界に来れたという」推測が正しければ、赤い血管がまるで赤い糸のように見え、恋人同士が巡り合うかのようにも捉えられなくもないですね…。

さて、死屍累々という言葉ですが、これは「死体が積み重なっている様・おぞましい様」を指す四字熟語です。

優性も劣性も関係なく数多くの死体が山のようになっているのでしょう。

そして、死体がたくさん並んだ即売会には、なんでも食べようとする蟻が群がっているようです。セミの死骸とかも蟻はどんどん巣に運んでいきますので、それと同じような行動を指しているのでしょう。

死体の即売会なんてどういう発想をしたらそんな情景のアイディアが出てくるのか

Mrs.パンプキンの滑稽な夢_Cメロ歌詞の意味・解釈

「ああ!ミセスパンプキン!お迎えに上がりました!」

この夜はいつの間に 夢を壊したのだろう?

(出典:Mrs.パンプキンの滑稽な夢 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

ついにMrs.パンプキンの登場です。

「夢を壊した」とありますが、ここではまず夢の種類を考えます。

いわゆるポジティブな意味での夢かもしれませんし、寝ている時に見るような夢かもしれませんが今回はおそらく後者の方でしょう。

このハロウィンの恐怖感でおちおち寝つけやしないし、ジャックは「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」から出てきていると考えると「ナイトメア=悪夢」なので、それは夢も壊れるよなぁといった具合に解釈することができます。

さて、お迎えに上がったとのことですが、Mrs.パンプキンは後の歌詞を見るとどうも迎えに上がられたものの「帰りたくない」ようです。

そのまま、その大サビ部分を見ていきます。

Mrs.パンプキンの滑稽な夢_大サビ前半歌詞の意味・解釈

まだここで 踊っていたいのよ!

夢のような 錯乱を

“劣性劣性馬鹿溜まり”

ほら 吐き出した快楽と

火が燈る ランタンは

(出典:Mrs.パンプキンの滑稽な夢 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

ここで分かるのは「いたいのよ」という女性風の言い回しから、実はサビで出てくる人物はジャックでなくMrs.パンプキンであったことが分かります。

「まだここにいたい!」という言葉があるので、本当はMrs.パンプキンは帰らなければならないはずなのですが、どうも帰りたくないようです。

続く歌詞ですが、さっき夢を壊したばかりであえて「夢のような」とここで使ってくるあたりがいやらしいですね(笑)

ハロウィンで踊るお化けたちの様子はまさに現実から考えると錯乱状態で、人間から見るとネガティブな存在のお化けたちは「劣性」と言われてしまってもしょうがない存在です。

余談ですが、「馬鹿溜まり」はマトリョシカにも出てきた歌詞ですね。この頃のハチさんはこのワードが好きだったのでしょうか?

ランタンは先に出てきたジャック・オ・ランタンのことですね。

Mrs.パンプキンの滑稽な夢_大サビ後半歌詞の意味・解釈

ねぇ ラルラルラ 私と踊ろうか

返事なんか 来る筈も

“「残念!無念!」と蕪頭”

ほら 棺は何処にも無くなった つまらないや

(出典:Mrs.パンプキンの滑稽な夢 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

ほとんどの歌詞が1番サビと同じなので、そこの部分は解釈を割愛します。

誰かに踊ろうと言っても誰からも返事が来ず、蕪頭からも「残念、無念」と言われてしまっています。

今までの流れを汲み取って考えると、Mrs.パンプキンはどうも誰かと手を繋いで踊りたかったようですが、おそらくハロウィンの日の夜にしか人間世界に来ることができず、朝が近づくにあたってお迎えが来てしまったというようにストーリーを解釈すると全て綺麗に辻褄が合います。

Mrs.パンプキンの滑稽な夢_アウトロ歌詞の意味・解釈

沈み込んだ 泥の中

朝を待った 藪の中

電車の中

ああ ミセスパンプキン

ああ ミセスパンプキン

(出典:Mrs.パンプキンの滑稽な夢 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

曲の締めは情景描写で終わります。

ハロウィンで大騒ぎをした怪物たちが泥の中に沈んだり、藪の中で朝を待ったりといったような宴の終焉の意味合いとして歌詞を読み取るのが適切ですかね…。

最後の「ああ〜」の部分は、アウトロにひっそり紛れ込んでいるような感じのニュアンスで、ミセスパンプキンが去っていくような画が想像できます。

まとめ| Mrs.パンプキンの滑稽な夢の歌詞の意味を解釈・考察

Mrs.パンプキンの滑稽な夢の歌詞を解釈してみましたが、いかがだったでしょうか?

いつもの曲解釈と違い、何か曲を通してメッセージを伝えるという楽曲でなく、あくまでハロウィンのどんちゃん騒ぎの世界観をそのまま楽曲にしたような曲でしたね。

10月後半はリピート必至です!

 

↓こちらの記事もよく読まれています!↓

【ハチP/米津玄師】マトリョシカの歌詞の意味を解釈・考察

【ハチP】【薬物中毒者の歌??】パンダヒーローの歌詞の意味を解釈・考察

 

↓米津ファンなら絶対知っておきたい米津さん自身に関する記事も要チェック!↓

米津玄師のプロフィールをファン目線でコアなとこまでまとめてみた

【画像で徹底解説】米津玄師のギター・エフェクター機材!

米津玄師のファッションブランドを全部リストにしてみた


花束と水葬 [ ハチ ]