【米津玄師】Neighbourhoodの歌詞の意味を解釈・考察

2018年6月28日

Neighbourhoodの曲にまつわる情報

Neighbourhoodは米津玄師さんの7枚目のメジャーシングル「ピースサイン」のカップリング曲として収録されている楽曲です。


ピースサイン [ 米津玄師 ]

子供時代をテーマとして過去の子供の自分と今の大人になった自分の対話のような形で進んでいく楽曲となり、米津さん自身の過去も少し明らかになるような楽曲なので、米津ファンは必ず制作背景インタビューまでしっかりチェックしておきたい作品ですね!

NeighbourhoodのPV

Neighbourhoodはカップリング曲なので、残念ながらPVはありません…。

なので、今回は代わりにこちらの歌ってみた動画をアップします!この人は声こそ米津さんとはまた全然違いますが、歌はとても上手なので、聞いたことのない人はぜひ聞いてみてくださいね。

Neighbourhoodのギターコード

ギターコードは見やすいUフレットから今回は持ってきました!

http://www.ufret.jp/song.php?data=38316

非常にアコギでの演奏がぴったりな楽曲なので、アコギ弾き語りでチャレンジしてみてください。カポを4フレットに装着して演奏するとC,D,Gなどの基礎的なコードだけで弾き切ることができるので大変おすすめです。

こちらのアコギ弾き語り動画はギター初心者の方にはとても参考になるものだと思うので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

Neighbourhoodのインタビュー記事

Neighbourhoodのインタビュー記事はこちら!

Real Soundのインタビュー記事が特に深くこの曲の制作背景について述べられていて個人的には大変オススメです。米津ファンの方はぜひチェックしてみてくださいね!

・Real Sound

http://realsound.jp/2017/06/post-84263.html

・Uta-Net

https://sp.uta-net.com/today/news.php?id=7851

Neighbourhoodの歌詞の意味を解釈・考察

米津さんの子供の頃の風景を大人になった今の時間軸から改めて曲にするというのがコンセプトのこの楽曲。

カントリー調の楽曲でありつつ、歌詞の端々にどこか懐かしさを感じさせるものが登場したりと、非常に耳なじみのいい楽曲となっています。

Neighbourhood_1番Aメロ歌詞の意味・解釈

この頃ひどい夢を見る 子供の頃の風景

煙草の煙で満ちた 白い食卓だ

腐りかけの幸せ 一日一切れずつ

続く絶え間ないヒステリー あとは怠惰だけ

(出典:Neighbourhood 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

子供の頃の自分の思い出を思い出すところからNeighbourhoodはスタートします。

インタビュー内でも語られていますが、家の居間が煙草で真っ白だったというのは米津さん自身の実話のようです。

そして、あまり家族仲が良くないような印象を受ける「腐りかけの幸せ」という言葉。

ちょっとずつ大した量もない幸せを使うものの、家庭の中でのヒステリーがひどく、自分自身も何かに熱中をするということもない何とも不穏な空気感の家庭の様子がここには描かれています。

次のBメロにもかかってくる部分ではありますが、徳島県という何にもなくてつまらない田舎の土地だからこそ「怠惰」「平和」という言葉が出てきます。狭い世界の中で何もなくてただただ時間を過ごすだけ、何も起こらない平和がゆえの退屈さが米津さんは相当不満だったこともインタビュー内では語られています。

Neighbourhood_1番Bメロ歌詞の意味・解釈

平和も平和で反吐が出た

遠く聞こえるバーバラアレン

(出典:Neighbourhood 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

上述の通り、何もない平和な毎日だからこそ退屈でしょうがなく反吐が出るという意味合いの歌詞ですね。非常に米津さんらしい毒の吐き方だなぁと個人的には感じます。

バーバラアレンとはスコットランドの民謡のことで、この曲を作った当時、米津さんはこのバーバラアレンばかりを聞いていたそうです。

この郷愁を誘う楽曲のニュアンスというのが、今回のNeighbourhoodの子供時代の過去を思い出す”郷愁”と重なったようで、歌詞に用いられています。楽曲全体から感じられる懐かしさはこういった細かい歌詞1つからも解釈することができるので止められせんね…!

Neighbourhood_1番サビ歌詞の意味・解釈

どうしたんだいなあ兄弟 俺がわかるかい?

お前が許せるくらいの 大人になれたかな

もういいかいなあ兄弟 ここらでおしまいで

なんて甘えてちゃお前にも 嫌われちゃうのかな

(出典:Neighbourhood 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

兄弟は言わずもがな「過去の自分」のことを指しています。

もともと自分自身が将来なりたいと思っている自分自身の姿に25歳になった自分がなれているだろうか?と投げかけています。

「もういいかな?」というのは、「今のこんな自分でもまぁいいかな?(=許してくれるかな?)」という意味合いでしょう。それに対して「そんなんで満足するのか?って子供時代の自分は今の自分を責めるんじゃなかろうか?」という意味合いで、「甘えたら子供のお前にも嫌われてしまうのかな?」という歌詞になっているわけですね。

この感覚は誰もが大人になるとふとした時に思ったりするのではないでしょうか?そういう誰もが共感をする歌詞だからこそ米津さんの楽曲は様々な年代の人に響くのだと思われます。

Neighbourhood_2番Aメロ前半歌詞の意味・解釈

肩を寄せ合って生きていく 小さな日陰の虫

新聞の文字は小さく テレビは煩い

右曲がりのトラックに 巻き込まれたらしいよ

あの子がくれたガンダム まだ残ってるかな

(出典:Neighbourhood 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

小さな日陰の虫は米津さんの家庭のことを比喩しているのではないでしょうか?肩を抱き寄せあってという辺りに個人でなく複数の人間を感じることができるので、そのように捉えるのがセオリー通りかなぁと。。

続く歌詞ですが、新聞やテレビといった日常感を感じさせるモチーフが出てくると一気に家の中のノスタルジックさを感じることができますね。

ガンダムという固有名詞も同様です。アルバム「BOOTLEG」に収録されている「Moonlight」でも”ハンターハンター”という固有名詞を出したりしていて、この頃の米津さんは自分と同じ世代の人たちをターゲットに絞っているのではないかなと解釈することもできます。

このパートの歌詞後半は、おそらく米津さんの友達の子がトラックに轢かれてしまった交通事故のことを書いていて、その子にもらったガンダムのことを思い出してるという非常になんとも言い難い少年時代の記憶を想起しています。

この感じはどことなくですが、「アンビリーバーズ」のカップリング曲である「こころにくだもの」の歌詞にも通ずるようなものがある気が個人的にはしています。どちらも子供時代のことを楽曲にしているのでその点で似ているのでしょうね。

Neighbourhood_2番Aメロ後半歌詞の意味・解釈

有り余ってる時間を 悪戯に溶かしていく

どうすればいいのかわからない それもわからない

この頃ひどい夢を見る 子供の頃の風景

煙草の煙で満ちた 白い食卓だ

(出典:Neighbourhood 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

退屈でやることもないからこそ時間が無駄に余ってしまっていて、それをむやみやたらに消費している少年時代の米津さんの様子が描かれています。

ここで面白いギミックになっているのが、後半で1番Aメロの入りの歌詞と全く同じ歌詞に戻るという点です。これは、自分の内面の不満に近づきすぎたので、再度情景描写の歌詞に戻る機能を挟むことで、主人公の米津さんの状態を再度俯瞰して見ることへ意図的に回帰するという意味合いの歌詞なのではないかなと個人的に解釈しています。

こういう構成の歌詞は他の米津さんの楽曲にはほとんどないので、非常に特徴的ですよね。

Neighbourhood_2番Bメロ歌詞の意味・解釈

平和も平和で泣けてきた

耳に残るバーバラアレン

(出典:Neighbourhood 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

1番Bメロとはほぼ同じ歌詞ではありますが、少し違う点としては「泣けてきた」という歌詞になっている点があげられます。

これはそのままではありますが、徳島という田舎が平和すぎて退屈で米津さん自身が泣けてきてしまったという歌詞だと思われます。

Neighbourhood_2番サビ歌詞の意味・解釈

どうしたんだいなあ兄弟 どこで泣いてんだい?

それはお前には似合わない すぐに脱ぎ捨てとけ

もういいかいなあ兄弟 それでもやめらんない

にやけ笑いかまして午前四時 それはそれで楽しい

(出典:Neighbourhood 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

先ほど泣いていた子供時代の自分に対して「どこで泣いているのか?」と問いかけています。

次の1行に出てくる「それ」という代名詞は具体的に何なのかは示されていませんが、おそらくは過去の自分がミュージシャンのような服装をしていたり、もしくは楽曲をプロのように作ろうとしていたことだったりといったことで、それに対して「それはまだ幼いお前には似合わないよ」という今の米津さん目線から声をかけているのではないかなと感じられます。しかし、それでもやめられずに夢中になって午前四時まで好きなことをしている自分のことも、どこか微笑ましく見ている様子がこのサビからは感じることが出来ます。

午前四時という時間帯は米津さんの好きな「夜明け前」の時間帯ですね。他の曲でもたくさん出てくる時間帯で米津ファンにはお馴染みだとは思いますが、最近の楽曲の中だと「灰色と青」でも出てきますし、「Nighthawks」でも出てきます。

Neighbourhood_Cメロ歌詞の意味・解釈

生きられないなって トイレの鏡の前で泣いてた

逃げ出せその街を 飛ばせ飛ばせ飛ばせ 笑え笑え笑え

(出典:Neighbourhood 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

「こんな狭くて何もない場所では色々とやってみたい自分にとっては生きることが出来ない」ということを歌っています。

なので続く歌詞を見てみると、「逃げ出せ」「飛ばせ」という歌詞が繰り返されているので、おそらくこの歌詞は合っていると思われます。

余談ですが、解釈をしている僕自身は東京生まれ東京育ちなので、こんなにも田舎は何もない場所なのだなと初めてこの曲を聞いた時にびっくりしました。こうしたハングリー精神があるからこそ、米津さんの楽曲は非常に表現力の高いものが多いのかもしれませんね。

Neighbourhood_大サビ歌詞の意味・解釈

定期を買うくらいの まとまった金すらなくて

毎日切符で済まして むしろ金かかる

きっと夢は叶うなんて嘘を 初めから信じちゃいなかった

それでもなおここまでこれた お前はどうしたい?

(出典:Neighbourhood 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

単発でしか切符が買えないけど、合計額で考えたら定期が安いという経験から「売れない時代のミュージシャンの貧乏さ」が表現されています。おそらく18〜19歳の頃などはこういう生活を米津さんは送っていたのではないかなと思われます。

そして、自己肯定感がものすごい低い米津さんは「夢なんて叶うものじゃない」と思っていたものの、現在では実際にミュージシャンとして成功して夢を叶えているので、「そんなことを考えていた自分もいたけれど、今はここまでこれた。」と過去の自分に対して婉曲的なエールを送っているのではないかなと思います。

※ラストサビは1番サビと全て同じなので歌詞の解釈は割愛します。

まとめ_ Neighbourhoodの歌詞の意味を解釈・考察

Neighbourhoodの歌詞を解釈してみましたが、いかがだったでしょうか?

米津さんの子供時代のことが風景的にも心情的にも非常によく分かる楽曲でした。

こういう米津さんの過去を読み取ることができる楽曲を並べて、米津さん自身の心境の変化について考察してみるブログ記事を書いてみても面白いかもなぁ…と思ったので、気が向いたら書いてみようと思います!

 

↓こちらの歌詞解釈記事もよく読まれています!↓

【米津玄師】【さらば掲げろとは?】ピースサインの歌詞の意味を解釈・考察

【米津玄師】LOSERの歌詞の意味を解釈・考察

【米津玄師の好きな人?】春雷の歌詞の意味を解釈・考察

 

↓米津ファンなら絶対知っておきたい米津さん自身に関する記事も要チェック!↓

【これで完璧!】米津玄師の髪型・セット大全

【男でも声が出るのはこの曲!】米津玄師の音域の幅とカラオケで歌いやすい曲

【画像で徹底解説】米津玄師のギター・エフェクター機材!


ピースサイン [ 米津玄師 ]