【米津玄師】Neon Signの歌詞の意味を解釈・考察

2018年6月28日

 Neon Signの曲にまつわる情報

Neon Signは米津玄師さんの3rdアルバム「Bremen」の8曲目に収録されている曲で、とてもヘビーなギターリフから始まる楽曲となっています。


Bremen [通常盤][CD] / 米津玄師

少しダークで重い雰囲気がありながらも、サビは「バイバイ」や「行こう」など、少し軽めのポップな歌詞なのでその絶妙なバランスがどこか中毒性を増す、そんな曲となっています。

 

Neon SignのPV

Neon SignはPVがないので、Youtubeから女性版の歌ってみた動画を引っ張ってきました!

キーが違くてもとてもかっこいいですね。

 

Neon Signのインタビュー記事

Neon Signのインタビュー記事はなかなか見当たらず、以下に挙げたBremenのアルバムインタビューの中でもそこまで目につきませんでした。。

もしこの曲のインタビュー記事の情報をお持ちの方はぜひ教えてくださいませー!

・ナタリーミュージック

https://natalie.mu/music/pp/yonezukenshi07

・歌ネット

https://www.uta-net.com/user/interview/1510_kenshi_yonezu/index.html

・rockin’on.com 山崎洋一郎の「総編集長日記」

https://rockinon.com/blog/yamazaki/131898

 Neon Signの歌詞の意味を解釈・考察

Neon Signは基本的には別れの歌です。

結構暗めな曲調もおそらくこの「別れ」を意識したところから、そうなっているのでしょう。

米津さんは果たしてどのような思いでこの曲を作っていったのか、早速歌詞を解釈していきましょう。

Neon Sign_1番Aメロ歌詞の意味・解釈

探し求めた感情が どこにも見つからず 途方に暮れた正午に

変わっちゃった二人が 分かち合うことなどあり得ないと気づいた

遠いあの日の思い出じゃ 僕らは友達 笑い合って過ごしていた

どうしてそれがこんなにも 違う言葉で歌い 傷つけあってしまうのか

(出典: Neon Sign 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

昔は気が合っていたのにいつの間にか価値観がお互いに違っていて、言葉を交わせば傷つけ合ってしまうという状況がここの歌詞では描かれています。

「違う言葉で歌い」とあるので、もしかしたら米津さんの音楽関係の友人との話なのかもしれませんね。バンドマンでいうと音楽性の違い的な。

果たして友達同士だった二人はなぜ喧嘩のようになってしまっているのか、はたまたここからどのようにストーリーは進んでいくのか。

続きの歌詞を見ていきましょう。

Neon Sign_1番Bメロ歌詞の意味・解釈

確かめ合って 誓い合って 作り上げたのに 崩れに崩れたバベルの塔

僕らはどうか これ以上は 悲しまないように 別々に歩き出した

(出典: Neon Sign 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

この登場人物の2人は、せっかくお互い話し合って何かを作り上げてきたのに先ほどのように喧嘩になってしまって、最終的に作ってきたものが崩れてしまったということを歌っています。

バベルの塔は物語的にもそこまでNeon Signの世界観とは関係がないので、あくまで「作って来たものの崩壊」を比喩しつつ、歌詞のはまりとして良かったのでこのワードをチョイスしたのだと思われます。

(バベルの塔の物語がはこちらのウィキペディアにて!)

お互いこれ以上傷つけ合うことの内容、バラバラの道を歩いていきながらサビへと突入していきます。

Neon Sign_1番サビ歌詞の意味・解釈

バイバイいつの日かまた出会おうぜ いつになるのかは知らないけど

どうでもいいことを取り決めて今 別れのそばで笑いあった

このまま行こう あの日の思いを 引きずりながらそれでも行こう

(出典: Neon Sign 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

価値観の合わない2人はそのまま別れてしまい、「いつの日か分からないけれどまた合流しよう」と軽い約束をして笑い合っています。

最後の一行を見るに、とても主人公側は後悔をしているようですが、なんとか前を向いていると行ったところ心情を読み取ることができます。

ところで、米津さんは今回のBremenのアルバムでメトロノームにも見られるのですが「別れ」に関する曲が多いような気が個人的にはしています。。

そして、米津さんおなじみの「何処か遠くへ行きたい米津さん」もこの辺りの時期からよく見かけるようになったので、もしかしたら何か嫌なこととかがあったのかもわかりませんね。

Neon Sign_2番Aメロ歌詞の意味・解釈

数えきれない感情が 止めどなく湧いて途方に暮れた夕間に

理由が欲しくなったんだ 「誰かが悪い」って言い放ってしまえるような

(出典: Neon Sign 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

時間が経ち、1番Aメロでは正午だった時間帯が夕暮れ時になっています。

本当の心の奥底では「自分でなく向こうが悪い」と言いたいのですが、そこはさすがに関係上言えはしないので、あえてそこの本音と建前のような部分を歌詞で描くことで、主人公のモヤモヤ感を引き出すことができています

またこの時間帯というのもなんともモヤモヤしがちな時間帯で、いいですよね。

Neon Sign_2番Bメロ歌詞の意味・解釈

手をとり合って 想い合って 指切りしたのに 振り返ってしまい塩の柱

僕らはどうか これ以上は 疑わないように もう一度指切りした

(出典: Neon Sign 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

2人の関係性が見えてきました。「手を取り合って」とあるので、これは「恋愛関係のカップル」だと考えても良さそうです。(先ほどのバンドの仲違いの予想とは全然違いましたね。すみません。)

また、塩の柱というのは1番Bメロのバベルの塔と同じく、旧約聖書に出てくる「ロトの妻の塩柱」の話です。

振り返ると大切な人が塩の柱になってしまうというストーリーに今回の失恋の様子を重ねて米津さんは表現しています。

(ロトの妻の塩柱のストーリーが気になる方はこちら!)

これ以上は疑わないようにというところから、おそらくどちらかが浮気をしただのと言った「嘘」をついたのが今回の事の始まりだったのでしょう。

Neon Sign_2番サビ歌詞の意味・解釈

バイバイこんな日もこれで最後だ どうかこれ以上何も言うな

あんな指切りはしたくなかったよ それは僕だけかもしらんが

このまま行こう あの日の思いを 引きずりながらそれでも行こう

(出典: Neon Sign 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

今日でここまで相手のことを疑うという辛い日は終わりにしたいという主人公の気持ちが見えますね。

先ほどした指切りも自分としては嫌だったが、向こうからしたら望んでいたものなのかもしれないというなんとも言えない悲しい気持ちが伝わってきます。

引きずると言っているので、主人公側はかなり後悔の念を持っているようですね。。

Neon Sign_ラストサビ歌詞の意味・解釈

バイバイいつの日かまた出会おうぜ いつになるのかは知らないけど

どうでもいいことを取り決めて今 別れのそばで笑いあった

このまま行こう あの日の思いを 引きずりながらそれでも行こう

来世の向こう 生まれ変わって 出会えるときはよろしく願う

(出典: Neon Sign 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

ラスト1行以外は1番サビと全く同じなので割愛します。

最後の1行だけは新しい歌詞で、来世の向こうで生まれ変わったらまたよろしくというなんとも諦めがいいのか悪いのかわからない主人公の気持ちが表れていますね。

いやー、これもし米津さんの体験談的なところから歌詞を書いているのだとしたら、中々にヘビーな恋愛をされていますね。。

まとめ| Neon Signの歌詞の意味を解釈・考察

Neon Signの歌詞解釈をしていきましたが、いかがだったでしょうか?

なぜこの曲のタイトルがNeon Signかを触れないまままとめまできてしまったので、改めてここの部分を考察するのであれば、おそらくですが「ネオンサイン=暗闇に光るもの(暗闇で落ち込んでいる主人公)」という歌詞解釈からのストーリーコンセプトがこの言葉に詰められているのではないでしょうか?

もしくは単純にこの頃に見えていた景色がたまたまネオンサインだったという話なのかもしれませんが、その点はちょっと推測の域を出ないですね。。

 

↓他の人気記事はこちら!↓

【米津玄師】【儚い歌詞の裏側】メトロノームの歌詞の意味を解釈・考察

【米津玄師】LOSER(ルーザー)の歌詞の意味を解釈・考察

【ハチP】恋人のランジェの歌詞の意味を解釈・考察

 

↓米津ファンなら絶対知っておきたい米津さん自身に関する記事も要チェック!↓

【徹底分析】米津玄師の音域の幅とカラオケで歌いやすい曲

【現在までの過去を完全解説】米津玄師の経歴とそこから見える才能とは


Bremen [通常盤][CD] / 米津玄師