【米津玄師】【曲名の由来は絵??】Nighthawks(ナイトホークス)の歌詞の意味を解釈・考察

2018年6月28日

NIghthawks、「BOOTLEG」の中でもかなりどストレートなロックチューンでめっちゃいい曲ですよね?

僕も大のお気に入りなのですが、米津さん曰く「おの曲はオマージュソングだ」と言っていて、歌詞やメロディに何かが隠されていることが自明なものの、いかんせん分かりづらいかなと…。

なので、今回は僕がこのNighthawksの歌詞やメロディの意味を分かりづらいという人のために、徹底的に解釈していきたいと思います!

Nighthawksの曲にまつわる情報

Nighthawksは、米津玄師さんの4枚目のアルバム「BOOTLEG」に収録されている楽曲です。
本人曰く、今まで米津さん自身が影響を受けてきたBUMP OF CHICKENRADWIMPSのオマージュとしてこのNighthawksは作曲されたそうです。


BOOTLEG (通常盤) [ 米津玄師 ]

そして、曲名は画家のエドワード・ホッパーの「Nihthawks」からとっているとのこと。ちなみに絵がこちらでBOOTLEGのジャケットとかなり近しいニュアンスで描かれています。多分BOOTLEGのフクロウのようなものは、Nighthawksをそのまま和訳した際の「夜鷹」=フクロウと米津さんは表現したのでしょう。

そして、このNighthawksの意味は「夜更かしする人」という意味だそうです。歌詞の中身を見ても眠れずに家から抜け出そうとする主人公が描かれているのと、米津さん自身が夜行性の人なので、おそらくそれらの意味合いを全て重ねてNighthawksという曲名にしたのだと推測できます。

 

NighthawksのPV

Nighthawksは残念ながらPVはありません…!なので、今回はこちらの歌ってみた動画をアップしておきます。

こちらの動画は歌ももちろんいいのですが、楽器の音が原曲にかなり近いので、その点でもまだ聞いたことのない人がもしいたらぜひこちらを聞いてみてくださいね!

Nighthawksのギターコード

ギターコードはいつものUフレットからまた持ってきました!

http://www.ufret.jp/song.php?data=41579

Nighthawksはカポを3フレットにつけて演奏すれば簡単なコードだけで弾ける曲なので、初心者はこちらで弾いてみましょう。なかなかコードがコロコロと切り替わったり、サビ前のコードの素早い移りが特徴的で難易度が高い部分なので、コード進行の感覚が自分の身体に馴染むくらいまでまずは練習することをオススメします。

アコギでの弾き語りはこのブログでもお馴染みのだっちさんの弾き語り動画を以下に貼るので、こちらもぜひ参考にしてみてください!

Nighthawksのインタビュー記事

Nighthawksのインタビュー記事を探してみたのですが、ほとんどネットには落ちていなく収録アルバムの「BOOTLEG」のアルバムインタビューがほとんどでした。

ただ、Nighthawksの曲を解釈していく上でBOOTLEGのコンセプト自体は欠かせない知識となっていきますので、こちらも歌詞解釈を読む前にぜひ読んでみてくださいね!

・ナタリーミュージック

https://natalie.mu/music/pp/yonezukenshi11

・Billboard JAPAN

http://www.billboard-japan.com/special/detail/2134

Nighthawksの歌詞の意味を解釈・考察

Nighthawksの歌詞はなんと言っても「どこがバンプやラッドのオマージュになっているのか」を考察するのが一番のポイントですよね。なるべく「ここはオマージュ部分なのでは?」というポイントを多めにピックアップして解釈していきます!

もちろんいつも通り曲全体の歌詞解釈もしていきますので、そちらもお楽しみにしていてください!

Nighthawks_1番Aメロ歌詞の意味・解釈

あの日 眠れずに眺めてた螺旋のフィラメント

退屈な映画のワンカット 半開きのドア

もしも このまんま明日が来ないならどうしようか?

朝が来て全部終わってたら 僕はどこへ行こう

(出典:Nighthawks 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

フィラメントは電球の中に巡らされている電線のようなものですね。続く情景描写も、退屈な毎日から抜け出したい主人公の様子が描かれているように見えます。

冒頭に書いたように「Nighthawks=夜更かしをする人」なので、歌詞の1行目がすでに主人公のことをNighthawksだと比喩していることが分かります。

また、その延長線上の表現であるとは分かりつつも、米津さんお馴染みの「朝が来る」「どこかへ行きたい」という歌詞が出てきているところにもファンだったら目がいきますね(笑)

Nighthawks_1番Bメロ歌詞の意味・解釈

完璧だと思える夜を探していたんだ

今はとにかく星が見たい 君の隣で

(出典:Nighthawks 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

夜を探しに行く、これはバンプで言えば天体観測(宇宙・天体関連の曲が多いのでこれだけではありませんが)でしょうし、ラッドで言えばトレモロにあたるので、この辺りが特にオマージュ的な部分なのかなーと推測できます。

歌詞の物語を考察してみても、非常にバンプの「天体観測」に近いイメージがあるので、その部分もオマージュなのかなと。

余談ですが、「完璧だと思える夜」っていう表現が意外と他のアーティストの曲で見かけないので、個人的にはこの歌詞も気に入っています。

Nighthawks_1番サビ歌詞の意味・解釈

何もないこの手で掴めるのが残りあと一つだけなら

それが伸ばされた君の手であってほしいと思う

あまりに綺麗だと恐ろしいから汚れているくらいがいい

ああ それくらいでいい 僕らの願う未来

(出典:Nighthawks 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

いやー、サビのメロディがいかにもバンプやラッドにありそうな感じがしてなりません(笑)

歌詞の意味としては、自己肯定感の低い主人公が大切な人と一緒にいたいということを歌っているというシンプルなものだと思われます。

ここで考察すべきは、「不完全さ」です。完璧な夜を探しているとはいえ、最後に掴みたいのは「少し汚れているくらいのもの」。何も持っていない自分の手だったり、未来に対してそれくらいでいいと妥協をするくらいの不安を抱えている主人公だからこそ、相手に対しても完璧なものではなく少し足りないくらいの人が良いんだと歌っています。

この「自己肯定感の低さ」や「不完全さ」に関しては、とても米津さん自身と被る要素があるように思えますね。。

そして、多分、歌詞の中の「ああ」がバンプの天体観測の「イェーエーイ アハーン」の部分と似たようなニュアンスになっているのだと思われます(笑)

Nighthawks_2番Aメロ歌詞の意味・解釈

あの日 夢の中暮らしてた架空のストリート

本当にあるんだと信じ込み 探した地図の上

上手く伝わらない想いだけが胸に残った

寂しさが喉にこみ上げて 言葉を探している

(出典:Nighthawks 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

1番サビで相手への想いの強さが分かりましたが、どうやら相手への想いを伝えようと思っても「寂しさ」が喉にこみ上げて言いあぐねているようです。

さて、ここで考察すべきは「寂しさ」という描写です。相手が近くにいない1人の寂しさを表現しているのでしょうが、米津さんの過去のロングインタビュー記事を読んで覚えていることとして、「ほとんど誰にも相手にされず、友達の少ない幼少期だった」という内容があったので、こことリンクさせるともしかしたら「米津さん的には特定の1人ではなく、自分を大切にしてくれる存在全てが”君”になっている」のかもしれないなと解釈することも出来ます。

そう考えると、そのインタビューで書かれていた別のことと歌詞の前半部分がリンクしてくるようにも見えます。というのも、「誰も友達がいないから、空想のキャラクターを路上のストリートの上に見出す」という行為がここに当たってくるように見えるからです。

ここの部分は解釈が色々分かれそうですが、自分は今回そのように捉えてみました。

Nighthawks_2番Bメロ歌詞の意味・解釈

遠く離れたものは美しくみえてしまうから

思い出になってしまう前に 全て伝えたい

(出典:Nighthawks 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

「遠く離れたもの」、これはのことでもあるでしょうし、時間軸のことでもあると思われます。

orionの歌詞では星座を繋げるという表現がありましたが、そういった意味合いで星と星を繋げて星座にすることでその美しさが際立つという解釈がまず1つ。

もう1つは、今の自分から過去の自分への時間的距離が遠くなるほど思い出として美化されてしまい、ノスタルジー的美しさに昇華されてしまうという解釈です。

これらを総合した上で、「今、大切なあなたに自分の想いを届けたい」という非常にシンプルな命題に米津さんは言及しようとしているのかなと考察します。

Nighthawks_2番サビ歌詞の意味・解釈

当てのない未来ならいらないんだと目を閉じて叫んだ奥に

転げ回ってまで望む君との未来があった

くだらない世界でも「愛おしいよ」と君が言うこの世界がいい

ああ それくらいでいい だから届いて欲しい

(出典:Nighthawks 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

自分にとって大切な人が存在して、その人から愛を伝えられるのであれば、自分にとっては大して当てのない未来しか考えられないようなくだらない世界であっても生きていきたいという歌詞だと解釈することができますね。

「転げ回ってまで望む」という表現がすごく好きなのですが分かる人いらっしゃいますかね、、?

そしてこちらも僕の主観ではありますが、この歌詞にあるようなちょっと独特な愛の伝え方はラッドっぽい感じがしてならないんですよね。この辺までオマージュしているのでだとしたならばさすが米津さん。。

Nighthawks_Cメロ歌詞の意味・解釈

懐かしい音楽が頭のなかを駆け巡る

お前は大丈夫だってそう聴こえたんだ

終わらないよ僕たちは 歪なまま生きていける

あのカーブの向こうへ 手の鳴る方へ

(出典:Nighthawks 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

懐かしい音楽、これはオマージュされているバンプとラッドの音楽のことでしょう。

「お前は大丈夫」の歌詞はバンプのダイヤモンドの歌詞ですかね?単純なオマージュと同時に、今の米津さんを構成する2組の有名バンドの音楽が不安がっている米津さんを応援しているような歌詞は、この曲が収録されているアルバム「BOOTLEG」のコンセプトである「海賊版(=全ての作品に本物なんて1つもない)」という意味合いにも即していると考えられます。

ここから、本物なんて1つもないけど、そんないろいろな構成要素を合体したら新しいものができるという米津さんの世間へのアンチテーゼを感じます。

Cメロは曲の1番言いたいことが書かれやすいパートなので、ここにこの歌詞があるという点にも着目しないといけませんね。

※ラストサビに関して、最後の1行以外は1番サビと1番Aメロと全く同じ歌詞なので解釈は割愛します。

※最後の1行も「君に会いに行こう」という締めのような歌詞で、特段深い意味は読み取れないので、合わせて割愛します。

まとめ|Nighthawksの歌詞の意味を解釈・考察

Nighthawksの歌詞解釈をしてみましたがいかがだったでしょうか?

曲名の由来からしても深いですし、それがBOOTLEGの「本物なんて1つもない、全ては海賊版である」というメッセージに立脚しているのが作品としての強さを表しているなと個人的には感じました。

もしかしたらいろんな解釈ができる曲かもしれないので、「自分はこう解釈しましたよ!」というのがあればぜひコメント欄で教えてくださいませ!!

 

↓こちらの歌詞解釈記事も人気です!↓

【米津玄師】【さらば掲げろとは?】ピースサインの歌詞の意味を解釈・考察

【米津玄師】LOSERの歌詞の意味を解釈・考察

【米津玄師の過去からの肯定】飛燕(ひえん)の歌詞の意味を解釈・考察

 

↓米津ファンなら絶対知っておきたい米津さん自身に関する記事も要チェック!↓

米津玄師のプロフィールをファン目線でコアなとこまでまとめてみた

現在までの過去を完全解説】米津玄師の経歴とそこから見える才能とは

米津玄師のファッションブランドを全部リストにしてみた

 


BOOTLEG (通常盤) [ 米津玄師 ]