【米津玄師が織り成す星座の意味】orionの歌詞の意味を解釈・考察

2018年6月28日

まさかの「orion」もアニメのタイアップソングになりましたね!みなさんもう聞きましたか?

ライブだと照明がPVの星空みたいにすごくきれいになることでもTwitterで話題になっていましたね。

この曲はサウンドもPVも世界観が強く打ち出されてはいますが、「肝心の歌詞の意味が分からない…」という人も多いかと思いますので、今回はこのorionの歌詞をガッツリ考察していこうと思います!

(サムネイル画像出典:https://www.youtube.com/watch?v=lzAyrgSqeeE)

orionの曲にまつわる情報

orionは米津玄師さんの6枚目のメジャーシングルで、NHKアニメ「3月のライオン」のテーマソングにもなった冬らしい楽曲です。

(後日発売された4thアルバムの「BOOTLEG」にも収録されています。)

「ピースサイン」に続いてのアニメタイアップ曲ですね!


orion [ 米津玄師 ]

曲も3月のライオンの主人公の雫に米津さん自身を重ねて書かれているようなので、その点にも注目ですね。

(他にも数多くのアニメやCMなどで米津さんの楽曲は使用されているので、そちらもぜひチェックです!)

この曲はしっとりしつつもサビがかなりドラマチックな盛り上がりを見せる楽曲なので、カラオケでも歌うのに持ってこいな楽曲だと思います。メロディや音程も複雑ではないので、米津ファンはぜひ歌ってみましょう!

 

orionのPVについて

orionのPVは「北極星を中心とした星の巡り」を「洗濯機の回転」に合わせて描かれています。

途中で出てくる電球は点いたり消えたりしている様から察するに、おそらく「星」や「天体」を表現していると思われます。

(そういえばBOOTLEGだと「Nighthawks」「fogbound」とかも星が1つのテーマになっていましたね…)

そして、裏コンセプトとして「自分を洗う」というものも含まれているように感じます。

というのも、「服を洗濯機で洗う」というところと、最後の場面で米津さん自身が「海の水に洗われている」というところが構造的に同じように捉えることができるからです。

星(後述の歌詞解釈内では”あなた”)を見て、自分という存在や自分の心が「洗われる」というような解釈をすれば、ここの部分でなぜ「洗う」というものがコンセプトなのかも腑に落ちた状態で理解することができますね。

 

orionのギターコード

ギターコードはいつものUフレットから持ってきました!カポは3フレットにつけるとC,G,Amなどかなり基本的で簡単なコードで弾けるようなので、初心者はまずこちらで弾いてみるといいかもしれません!

http://www.ufret.jp/song.php?data=36487

G#dimというコードだけあまり馴染みがないかもしれませんが、1フレットの1弦と3弦だけ押さえればいいだけのコードなのでそこまで難しくありません。

YouTubeの弾き語り動画を見てみると、だっちさんは1カポに着けてプレイしているようですね。もちろんこちらでも簡単には弾けるのですが、バレーコードを使う回数がやや多い気はするので、初心者はやはり3カポの方をおすすめします。

orionのインタビュー記事

インタビュー記事はこちら!3月のライオンのテーマソングになった背景があることから、orionはかなり多くのインタビュー記事が見つかりました!

orionの制作背景も踏まえた上で読むと、さらに歌詞の内容を深く汲み取ることができるので、米津ファンは必見です。

・ナタリーミュージック

https://natalie.mu/music/pp/yonezukenshi09

・Real Sound

http://realsound.jp/2017/02/post-11340.html

・ミーティア

http://meetia.net/interview/yonezu-kenshi-orion/

orionの歌詞の意味を解釈・考察

orionは先ほど冒頭にも書いたように「3月のライオン」のストーリーに基づいて書かれている楽曲なのですが、実は僕自身「3月のライオン」を読んだことがないのです…

なので、一旦あえて何も知らない人間が歌詞をどのように読み取るのかというスタンスで解釈を進めていきます。

もし「3月のライオン」を読んだら、それを踏まえた上でこの記事にさらに追記していこうと思うので、それまで「3月のライオン」目線の解釈はしばしお待ちくださいませ!

それでは、歌詞解釈を進めていきます。

orion_1番Aメロ歌詞の意味・解釈

あなたの指がその胸がその瞳が

眩しくて少し眩暈がする夜もある

それは不意に落ちてきて あまりにも暖かくて

飲み込んだ七色の星

弾ける火花みたいに ぎゅっと僕を困らせた

それでまだ歩いてゆけること 教わったんだ

(出典:orion 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

この曲はAメロとBメロで歌詞を分けるとAメロの歌詞の分量がかなり少なくなってしまい、解釈をするにできないので、あえてAメロとBメロを一緒にして解釈を進めていきます。

まず1番の歌詞に関して、「あなた」という存在が自分にとってとても大きな存在で大切なものであることが全体的に読み取れる歌詞となっています。

突然降ってきた(=出会った)あなたの指や胸は目眩がするほど眩しく、暖かい。

そのまばゆさを七色の星に例えながらも、そのまばゆさゆえに自分の惨めさのようなものと比較して困ってしまう主人公の心境もここでは描かれています。

しかし、その暖かさが近くにあるからこそ、主人公は自分の足でまだ歩いていけることを再度自覚することができるようになり、また前に進めるようになったと。

「3月のライオン」のアニメにはこのような形の主人公にとっての大切なヒロインがいるのでしょうか?もしそのようなキーパーソンがいるのであれば、多分そのキャラクターと主人公の関係性についてを米津さんは歌詞にしたのだろうなと推測することができます。

orion_1番サビ歌詞の意味・解釈

神様 どうか 声を聞かせて

ほんのちょっとでいいから

もう二度と 離れないように

あなたと二人 あの星座のように

結んで欲しくて

(出典:orion 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

オリオン座が「orion」という曲のタイトル由来になっているのですが、星座だからこその星の結びつきを「自分」と「相手」の関係性に落とし込んで表現しているところがとても美しく綺麗ですよね。

ギリシャ神話的にオリオン座の話も色々ありますが、オリオンも神様の一種のようなものなので、おそらくこの「神様」はオリオン座のオリオン自身だと思われます。

歌詞はとてもシンプルで、言いたいことも明確な歌詞ですね。diorama時代の米津さんとはまたニュアンスが違うのでその点も感じながら聴けるとしみじみとするのかなぁと…(アニメのタイアップソングなのであえて分かりやすい歌詞にしているのかもしれませんが)。

orion_2番Aメロ歌詞の意味・解釈

夢の中でさえどうも上手じゃない心具合

気にしないでって嘆いたこと泣いていたこと

解れた袖の糸を引っぱって ふっと星座を作ってみたんだ

お互いの指を星として

それは酷くでたらめで 僕ら笑いあえたんだ

そこにあなたがいてくれたなら それでいいんだ

(出典:orion 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

主人公は悲しいことがあったけどそれを周りに言わずに強がっているようです。辛いのに「気にしないで」という言葉を言ってしまう様子を「上手じゃない心具合」と表現し、なんとも言えない主人公の心境を歌詞にしています。

続く歌詞に関しては、自分とあなたの繋がりについて描かれています。

おそらく2人は手を繋いでいて、その際にどちらかの少しほつれた袖口の服の糸を主人公か相手がが引っ張ったという様子を「星座を作る」という比喩にまとめています。

適当に糸を引っ張ってこんがらがったような星座になったとしても、「あなた」と繋がっているというその事実さえあれば問題ないというなんとも微笑ましい表現が、辛い心境のはずの主人公を励ましているようで、どこか切なさを感じますね。

orion_2番サビ歌詞の意味・解釈

今なら どんな 困難でさえも

愛して見せられるのに

あんまりに 柔くも澄んだ

夜明けの間 ただ眼を見ていた

淡い色の瞳だ

(出典:orion 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

2人が繋がっている今ならば、どんな困難に対しても相対することができるという主人公の想いが前半の歌詞には込められています。

そして、そんな主人公と繋がっている隣の「あなた」の瞳の様子と”夜明け”という時間帯を示すことで、凛と澄んだ冬の空気感と相手への想いの強さを後半の歌詞で表現しています。

このような感じで、orionは徹底的に冬の様子が脳裏に浮かぶように歌詞が描かれているので、聴き手側も主人公の様子がすぐにイメージできるようになっているのが良いところですよね。。

orion_Cメロ歌詞の意味・解釈

真白でいる 陶器みたいな

声をしていた 冬の匂いだ

心の中 静かに荒む

嵐を飼う 闇の途中で

落ちてきたんだ 僕の頭上に

煌めく星 泣きそうなくらいに

触れていたんだ

(出典:orion 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

とても綺麗で凛としていながらもあっさりと壊れてしまうような儚さを含んだ「あなたの声」というところからCメロはスタートします。

陶器みたいな声ってすごい美しい比喩ですよね。。どこからそんな表現が出てきたのかとても気になります。

中盤の歌詞では、2番Aメロで出てきた「主人公の心の中の不安や辛さ」を”闇の途中”や”嵐”という比喩に置き換えて表現し、そのネガティブな心境に対して「あなた」という存在が1番Aメロの歌詞と同じように”煌めく星”という天体の表現でされています。

orionという曲のコンセプトはやはり「星」「冬」なので、比喩表現もそれらに即す形で統一されていることで、よりorionの世界観が際立っていることがここから感じることができますね。

締めの歌詞は、その”煌めく星”の「あなた」に触れていたという繋がり感を表現して最後のサビに突入していく構成になっています。

※ラストサビは1番サビと歌詞が全く同じため、解釈を割愛します。

まとめ_orionの歌詞の意味を解釈・考察

orionの歌詞の解釈をしてみましたがいかがだったでしょうか?

冬らしさ満載の楽曲で、寒い日の夜の帰り道とかで聴きたい1曲ですよね。

僕自身は今度「3月のライオン」を読んで、より深い歌詞解釈ができるようにしたいなと思います…!

 

↓こちらの記事も読まれています!↓

【米津玄師】ナンバーナインの歌詞の意味を解釈・考察

【米津玄師】ララバイさよならの歌詞の意味を解釈・考察

 

↓米津ファンなら絶対知っておきたい米津さん自身に関する記事も要チェック!↓

米津玄師のプロフィールをファン目線でコアなとこまでまとめてみた

【画像で徹底解説】米津玄師のギター・エフェクター機材!

米津玄師のファッションブランドを全部リストにしてみた


orion [ 米津玄師 ]