【米津玄師】【さらば掲げろとは?】ピースサインの歌詞の意味を解釈・考察

2018年7月25日

ピースサイン、アニメの効果もあってかめちゃめちゃ人気になりましたよね。

YouTubeでは海外の人が1人で全パートの楽器をコピーするという動画も出てきて話題になったりと、国内外問わず評価されているこの楽曲です。

ただ、Twitterなどを見ていてすごく多いのが「さらば掲げろ」という歌詞の意味が分からないという方!

そんな人のために、今回はこのピースサインの歌詞の意味を徹底解釈していこうと思います!

さらば掲げろはもちろん、歌詞の全パートの解説をしますので、長いですが最後までお付き合いくださいませ!

(サムネイル画像出典:https://www.youtube.com/watch?v=9aJVr5tTTWk)

 

ピースサインの曲にまつわる情報

2017年6月17日に発売された米津玄師さんの4thシングルがこの「ピースサイン」です。

曲調としてはかなりストレートなロックミュージックになっていますが、アニメのタイアップということもあり、ゴリゴリのロックというよりもポップで爽やかな感じのする曲調に仕上がっているのが特徴です。

カップリングには「Neighbourhood」「ゆめくいしょうじょ」の2曲が収録されていて、この2曲も超絶良いので絶対シングルを借りてカップリングまで聞いたほうが良いです!

さらにピースサイン単体で言えば、4thアルバムの「BOOTLEG」にも収録されています。


ピースサイン [ 米津玄師 ]

 

アニメ『僕のヒーローアカデミア』のタイアップ曲!

このピースサインは、読売テレビ系列アニメ『僕のヒーローアカデミア』の第2期オープニングテーマとして起用された楽曲です。

第1期にはポルノグラフィティ、第3期にはamazarashiが起用されるなど、かなりオープニングテーマが豪華なアニメです…!

僕のヒーローアカデミア

(画像出典:https://www.shonenjump.com/j/rensai/myhero.html)

 

この曲が出来た経緯ですが、米津さん自身はアニメ「デジモンアドベンチャー」のオープニング曲「Butter-fly」に影響を受けて制作に当たったとのこと。

デジモンは、20代中盤がほぼ全員見ていたと言っても過言ではないアニメで、そのオープニングの”Butter-Fly”は放送終了から15年近く経った今もなお、カラオケで様々な世代から歌われるほどの人気ぶりです。

そんな「子どもたちがこの曲を聴いて、アニメの様々なシーンを想起してもらえれば」という想いを込めて作られたのが、「ピースサイン」

後ほど歌詞解説をしていきますが、「ピースサイン」にはまさに「Butter-fly」と同様にいわゆる「少年らしさ」がふんだんに詰まっている作品となっています。

 

2018/6/15追記:まさかの劇場版の主題歌に「灰色と青」で米津さんとコラボした菅田将暉さんの楽曲「ロングホープ・フィリア」が起用されることになりました!

(参考:https://eiga.com/news/20180615/1/)

まさかのバトンタッチで米津ファンも大歓喜でしたね(秒速で20いいねがつきました笑)

他にもアニメ以外にCMやドラマなどにも米津さんの楽曲は起用されているので、どんな作品にタイアップされているかチェックしてみてください!

 

ピースサインのPV

「ピースサイン」の公式PVはこちら。

バンド形式で歌う様子や、大きな白い壁に色鮮やかなペンキで抽象的な絵を描いていく米津さんの様子を映しています。

白い大きなキャンバスに様々な色のペンキを塗りたくっていく米津さんを見ていると、まるで「まだ何も知らない少年が様々な経験をして自分だけの人生を描いていく様子」にも見えてきますね!

ピースサインのギターコード

ギターコードはいつものU-フレットから持ってきました!

http://www.ufret.jp/song.php?data=38276

カポを3フレットに装着して演奏するとコードが簡単になり、F,G,C,Am,Dm7などのコードだけでで弾くことができるようになります。

弾き語りでももちろん良いですし、原曲のようにがっつりロックサウンドでバンドでコピーするのも楽しいでしょう。

バンドサウンドの場合で演奏する際の参考になるようにこちらの動画を貼っておきます。

ピースサインのインタビュー記事

シングルとして発売されたり、人気アニメのタイアップ曲として起用されていることから数多くのインタビュー記事を見つけることができました!

米津さんがどのような想いでこの楽曲を制作したのかについてしっかりと知りたい人は絶対にチェックな記事ですね。

 

・『僕のヒーローアカデミア』公式サイト「堀越耕平×米津玄師 スペシャル対談」

http://heroaca.com/special/talk.html

・『音楽ナタリー』

http://natalie.mu/music/pp/yonezukenshi10

・『リアルサウンド』

http://realsound.jp/2017/06/post-84263.html

 

ピースサインの歌詞の意味を解釈・考察

ピースサインはテーマとして「アニメの主人公の気持ちや物語」を取り上げています。

アニメのタイアップ曲ということもあり、まさに王道のヒーロー漫画の世界観が歌詞から読み取れるでしょう。

子どもが聞くということもあって歌詞も非常に分かりやすいものになっていますね。

1stアルバム「diorama」2ndアルバム「YANKEE」時代の普段の米津さんの曲よりも理解がスムーズにできるのではないかと思われます。

ただ、やはり一部の歌詞において「情景は浮かぶけど、なぜこの歌詞なんだろう?」と思ってしまう場面は出てきますので、今回はそこの部分を重点的にピックアップして歌詞を考察していきます。

 

ピースサイン_1番Aメロ歌詞の意味・解釈

いつか僕らの上をスレスレに 通りすぎていったあの飛行機を

不思議なくらいに憶えてる 意味もないのに何故か

不甲斐なくて泣いた日の夜に ただ強くなりたいと願ってた

そのために必要な勇気を探し求めていた

(出典:ピースサイン 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

(画像出典:https://www.youtube.com/watch?v=9aJVr5tTTWk)

 

このようにAメロの前半歌詞は風景描写に重きを置いていますね

一般的な歌詞の機能性から見ても王道の流れです。

 

まず前半は誰もが持つような「少年の頃の思い出」を歌ったところからはスタートします。

「スレスレに通り過ぎていった飛行機」という表現で、リスナー全員の頭の中のイメージを一気にその空の風景に持っていき、最後に「意味もないのに なぜか」と主人公が子供の頃の気持ちに戻る感情を添えるように表現しています。

 

一方、Aメロ後半歌詞では逆に心情描写が強くなっています

普通の曲であれば、Aメロはもっと風景描写をして世界観を出すのがセオリーですが、米津さんのことですからあえて心情描写に寄せているのでしょう。

少年漫画のタイアップということで、それに共通するような「弱い自分から強い自分になるための気持ち」を言葉にしています。

もう少し具体的に解釈すると、誰もが子どもの頃にスポーツや勉強などを通して、心のどこかで自分の弱さについて考え、それをどうにか克服したいと努力をするような感覚に近いですかね。

 

ピースサイン_1番Bメロ歌詞の意味・解釈

残酷な運命が定まっているとして

それがいつの日か僕の前に現れるとして

ただ一瞬 この一瞬 息ができるなら

どうでもいいと思えたその心を

(出典:ピースサイン 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

(画像出典:https://www.youtube.com/watch?v=9aJVr5tTTWk)

 

Bメロに入ると、さらに一層主人公の心の声を強く表現しています。

細かく解説すると、「大変な困難や変えようのない運命がいつかきっと自分の前に現れるけれども、この今という一瞬の時間に呼吸ができる(=生きている)のであれば、そんなネガティブな未来予想は今は関係ない」といったような解釈になるでしょう。

筆者は「僕のヒーローアカデミア」を読んだことがないので、もしかしたら歌詞にもこの作品の解釈が含まれているかもしれませんね!(誰かコメントでそのような歌詞の一節があったら教えてくださいませ…!)

 

ピースサイン_1番サビ歌詞の意味・解釈

もう一度 遠くへ行け 遠くへ行けと

僕の中で誰かが歌う どうしようもないほど熱烈に

いつだって目を腫らした君が二度と 悲しまないように笑える

そんなヒーローになるための歌

さらば掲げろ ピースサイン 転がっていくストーリーを

(出典:http://j-lyric.net/artist/a0579b7/l040db6.html)

(画像出典:https://www.youtube.com/watch?v=9aJVr5tTTWk)

 

悔しくても大変な困難が待ち受けていても「遠くへ行け(=また冒険へ出かける)」というメッセージが込められた、非常に力強いサビです。

「遠くへ行け」という歌詞の繰り返しがより一層メッセージ性を高めていることが分かります。

ちなみに、このサビは米津ファンおなじみの「遠くへ行きたい米津玄師」が存分に出ていますね。

この米津さんが出ているということは、主人公のヒーロー目線だけでなく米津さん自身の心の奥底にある「ここでない何処かへ行って自分の心の充足感を増していきたい」というスタンスも読み取ることができます。

(※米津さんは2015年〜2017年ごろの作品・インタビューの中で「自分がどこ遠くへ行く」という表現を多用していることを明かしていて、まとめ記事で「米津は遠くへ行けたのかいけなかったのか議論」が勃発するネタが発生したことがこの「遠くへ行きたい米津現象」の元ネタです。)

 

続く歌詞ですが、「目を腫らした」という表現から分かるように、助けたい大切な人が泣いているようで、その人を泣かせている悲しみの根元を断ち切ってずっと笑えるようにしたいという意味として理解することができます。

「そんなヒーローになるための歌」「さらば掲げろピースサイン」とあるのは、もうまさに「僕のヒーローアカデミア」のために”ピースサイン”があるということを示していますね。

ピースサインの歌詞・メロディの意味・解釈を考察

(画像出典:https://www.youtube.com/watch?v=9aJVr5tTTWk)

ピースサインはもともと勝利という意味の英語である”Victory”の“V”を指で表すサインなので、転じて「ヒーローが敵に勝つ」ということをこのピースサインで暗喩しているのでしょう。

このピースサインに対して「さらば」と直前に付いているのは、おそらく「遠くへ行け」という歌詞と呼応していると考えられ、「今回の勝負に勝って勝利のポーズを取ったら、次のストーリーへ進んでいく(=さらに遠くへ行く)」というように意味しているのだと考えられます。

米津さんのインタビューを読んでも「主人公が後ろ姿でピースサインを掲げている様子からこの歌詞が生まれた」と言葉にしているため、もしかしたら「目の前の敵に対して”さらば”と伝えている」という意味になっているとも捉えられるかもしれませんね。

この「さらば」に関しては、実はもう一つ解釈の仕方があり、国語の古典のように古語的な形で「さあらば(そうであるならば)」という読み方をして「ヒーローのようであるならば(ピースサインを掲げよ)」という意味として捉える解釈もあります。
「さ」は「そう」という意味になるのは意外と知らない人も多いのではないかなと思いますので、もし中高生でこの記事を読んでいる方がいれば、ぜひこの歌詞を元に知識を記憶してもらえればと思います!笑

 

また、このサビの締めが「転がっていくストーリーを」となっているのも格好いいですよね。

ストーリーを「転がる」という動詞と組み合わせるところから、「主人公がここから先も上手くいったりいかなかったりするようなハチャメチャなストーリーが続いていくことを書いているのだな」と解釈することができます。

とてもアニメのオープニング曲らしい歌詞に仕上がっていますよね。

 

ピースサイン_2番Aメロ歌詞の意味・解釈

「守りたい」だなんて言えるほど 君が弱くはないの分かってた

それ以上に僕は弱くてさ 君が大事だったんだ

「一人で生きていくんだ」なんてさ 口を突いて叫んだあの日から

変わっていく僕を笑えばいい 独りが怖い僕を

(出典:ピースサイン 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

(画像出典:https://www.youtube.com/watch?v=9aJVr5tTTWk)

 

2番のAメロ歌詞 は「君」という登場人物との対話を通じた「主人公の心の弱さ」を歌っていますね。

相手のことを守りたいというけれども、「まずは自分だろ」と言われてしまう。現実世界でも、優しい人がよく言われる言葉ですね。

そして、独りで生きていく自信がない自分だけれども、周りの人から「自分の足で立って生きていけないじゃないか」と言われて、「いや立てる!」と強がりで言っている様子を描写した歌詞が後半にきます。

「一人」と「独り」を漢字のニュアンスを使い分けて主人公の心を表現している歌詞が印象的ですね。

もしかしたらこういう言葉遊びからこのシーンの描写まで発展させたのかもしれないと思うと、さすが米津玄師…と思わずにはいられません。

 

ピースサイン_2番Bメロ歌詞の意味・解釈

蹴飛ばして 噛み付いて 息もできなくて

騒ぐ頭と 腹の奥が くしゃくしゃになったって

衒いも外連も消えてしまうくらいに

今は触っていたいんだ 君の心に

(出典:ピースサイン 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

(画像出典:https://www.youtube.com/watch?v=9aJVr5tTTWk)

 

“衒い”は「目立とうとする・ひけらかす」、”外連”は「はったり・ごまかし」という意味。

これらの意味を総合的に考えると「かっこをつけて誰かを助けようとする幼い心」がイメージできますよね。

しかし、その幼い心が消えてしまうほどに「君の心」に触れようと必死になる様子が描かれている歌詞が続きます。

 

個人的な解釈ですが、「蹴飛ばす・噛み付く」は主人公の幼さをさらに際立てた表現のように感じています。

攻撃を表す言葉ですが、攻撃性が「殴る」のような言葉よりも弱く感じられ、また「噛み付く」という行為をする主体は主に大人よりも子どもに多いようにイメージできます。

このような理由から、主人公の子どもらしさや幼さというものをどこか感じるというわけです。

 

ピースサイン_2番サビ歌詞の意味・解釈

僕たちはきっといつか 遠く離れた太陽にすら手が届いて

夜明け前を手に入れて笑おう

そうやって青く燃える色に染まり 朧げな街の向こうへ

手を繋いで走って行けるはずだ

君と未来を盗み描く 捻りのないストーリーを

(出典:ピースサイン 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

(画像出典:https://www.youtube.com/watch?v=9aJVr5tTTWk)

 

「夜明け前を手に入れて笑う」という歌詞表現が少し分かりづらいですね。

おそらくここでは、まず“太陽”を「希望」「ハッピーエンド」のように比喩していて、”遠く離れた”という歌詞は「ハッピーエンドまでの道のりの長さや険しさを表している」のだと推測できます。

そして、同じ遠く離れた太陽でも「日暮れ前」ではない理由は、おそらく「これから太陽が出るところ=未来が明るい」ということを連想させるためではないでしょうか?

 

このように理解すると後半の「青く燃える朧げな街」が「街がまだ夜明け前の色で、物語の最後もまだぼやけてでしか見えていない」というように解釈することができます。

そして、このような未来に対する表現のまとめとして「君と未来を盗み描く」と言葉を換えて繰り返しています。

少し余談ですが、4thアルバム「BOOTLEG」収録の灰色と青」 の歌詞にも「明け方」という表現がよく出てくるので、ここ最近の米津さんは時間帯的に「明け方」がブームになっているのかもしれません。

ピースサイン_Cメロ歌詞の意味・解釈

瘡蓋だらけ 荒くれた日々が 削り削られ 擦切れた今が

君の言葉で蘇る 鮮やかにも 現れてく

蛹のままで 眠る魂も 食べかけのまま 捨てたあの夢を

もう一度 取り戻せ

(出典:ピースサイン 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

(画像出典:https://www.youtube.com/watch?v=9aJVr5tTTWk)

 

Cメロは主人公の「主人公が困難な状態を乗り越える」ということを端的に時間軸で表している歌詞だと解釈できます。

「日々」に「瘡蓋だらけ」とつけたり、「今」に「削られる」「擦切れる」とつける言葉のセンスが絶妙ですね…。

米津さんの特徴として、「実体のないもの」に「人間的な動詞・形容詞・形容動詞」をつけることが多いので、聞き手側に歌詞がどこか人間味があって妙にリアルに伝わるような仕組みになっているのもファンなら覚えておきたいところです。

そして、「蛹のままで眠る魂も」と「食べかけのまま捨てたあの夢を」はほぼ同じことを指していて、「心の中で思ってはいたけれど、訳あって諦めてしまっていた夢」を表しています。

ここまでを受けて「もう一度取り戻せ」という歌詞で締めているという流れになっていることで、きちんとアニメを見る年代層のことも考えながら分かりやすく、それでいて米津節の効いたアーティスト性の高い歌詞を書いているところに非常にバランスの良さを感じますね。

 

※ラストサビは上述のサビ歌詞と全く同じため、解釈は割愛します。

まとめ|ピースサインの歌詞の意味を解釈・考察

「ピースサイン」の歌詞の意味を解釈してみましたが、いかがだったでしょうか?

この曲はアニメのタイアップの話があってからつくられた歌詞なので、だいぶアニメの世界観に寄っていて、普段の曲よりもそれこそ捻りが少なかった印象でした。

しかし、それでも歌詞の所々に米津節のような表現がちりばめられていて、頭の中に世界観を勝手に展開させるようなニクい構成の曲となっているように今回の歌詞解釈を通じて感じました。

「ピースサイン」が意味しているように、きっと歌詞の主人公もアニメの主人公も、最後は勝つのでしょうね。

 

↓こちらの歌詞解釈記事も読まれています!↓

【米津玄師による”出会いと別れ”】アイネクライネの歌詞の意味を解釈・考察

【米津玄師】【徹底解説】Lemonの歌詞の意味を解釈・考察

【米津玄師が殻を破った】サンタマリアの歌詞の意味を解釈・考察

 

↓米津ファンなら絶対知っておきたい米津さん自身に関する記事も要チェック!↓

【現在までの過去を完全解説】米津玄師の経歴とそこから見える才能とは

【これで完璧!】米津玄師の髪型・セット大全

米津玄師のファッションブランドを全部リストにしてみた


ピースサイン [ 米津玄師 ]