【ハチP】Persona Aliceの歌詞の意味を解釈・考察

2018年6月28日

Persona Aliceの曲にまつわる情報

Persona AliceはハチP(米津玄師)さんの楽曲で、1stアルバム「花束と水葬」に収録されている隠れた超名曲です。


花束と水葬 [ ハチ ]

マトリョシカパンダヒーローなどでハチさんは爆発的な人気を得ましたが、実はその2曲よりも前に発表しているのがこの曲で、非常に高いストーリー性とそれを表現する楽曲・PVが根強いファンを得ています。

「アリス」という風にあるので米津玄師名義の「爱丽丝」との繋がりをコアなファンは考えてしまうと思いますが、関係はあまりありません。残念。。

 

Persona AliceのPV

歌詞が文字の意味を表す絵になっているのが中心のPVで、高校生でこのレベルってどういうこと?ってなること間違い無しなPVです。

マウスで全ての絵を作画しているようで、当時はあだ名が「マウス戦士」になったらしいです。

 

今の米津玄師さんはだいぶマイルドに歌詞を書くようになりましたが、この頃は映像の感じを見ても彼の少年の頃の鬱屈さや狂気を良い意味で感じますね。

この退廃的な感じが芸術的な美しさを生むので、僕としてはこれくらい常軌を逸している方が突き抜けていていいなと思います。

 

Persona Aliceのギターコード

ギターコードはChordwikiに載っていました!

https://ja.chordwiki.org/wiki/Persona+Alice

そこまで複雑なコードはないですが、Cメロ・Dメロとあるのでコロコロとコードが変わることに注意です。

基本的にコードストロークで演奏していくので良いと思いますが、Bメロに関してはブリッジミュートでベース音だけ四分音符の表拍のタイミングで弾くとかなり原曲っぽい雰囲気が出るのでオススメです!

Persona Alice_歌詞の意味・解釈

この曲は歌詞を見ると、歌にはなっていない「歌詞(語り)」があることに気づきます。

物語のナレーターや実際に登場する人物の声などが入っていて、より物語に奥深さと切なさをプラスしているので、今回はここも踏まえて歌詞を解釈していこうと思います。

また、「恋人のランジェ」の歌詞にもこのアリスとエシラの物語が描かれているので、気になる方は合わせてチェックしてみてくださいね!

Persona Alice_最初の語りの意味・解釈

それは、遠い世界でのお話。

ある所に、魔女に「他人の顔を見ると死んでしまう呪い」をかけられた女の子がいました。

彼女は呪いのかかった日からずっと独りで薄暗い日々を暮らしており、 親にも友達にも、もう何年も会っていません。

なので、彼女の話相手はたった一人。

水面に写る、自分の姿だけでした。

(出典: Persona Alice 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

物語の設定部分ですね。

主人公のアリスは誰の顔も見れない状態に魔女からされてしまい、誰とも会わずにずっと独りで過ごしていました。

そうすると自分の顔しか見れなくなるので、水面に映る自分に対して話しかけるようになったと。

その水面に映ったもう1人のアリスこそが「Persona(ペルソナ)」であり、その言葉の意味は「仮面・もう1人の自分」であるという最初から物語の続きが気になるフックを満載にして、リスナーの興味を高めてから実際の曲に入っていきます。

恋人のランジェだと、ペルソナではなく「ドッペルゲンガー」という言葉でもう1人の自分を表しているので、ハチさんはそこのところも細かく曲によってあえて使い分けているんだなぁと感心してしまいました。。

Persona Alice_1番Aメロ前半歌詞の意味・解釈

水面に写るのは硝子玉の 青い瞳をした仮面(わたし)の顔

沈んだ灯台は淡く揺らぎ 密やかな声

(出典: Persona Alice 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

水面に映ったアリスがもう1人の自分と会話をしている様子を描いています。

仮面という感じに「わたし」というフリガナを振っているところに「ペルソナ=もう1人の自分」というこの曲のコンセプトが表されている気がしますね。

おそらく灯台がアリスの背後にあるのでしょう、水面に映って少しそれが揺らいでいる様子が描写されています。

後々の歌詞にもこの灯台が出てくるので、この存在は覚えておいてくださいね。

Persona Alice_1番Aメロ後半歌詞の意味・解釈

誰も私の事知らないから 私は誰の事も知らないの

丸い時計 針は十五を指し 逆さまになる

(出典: Persona Alice 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

1行目は魔女にかけられた魔法のことですね。

誰ともコミュニケーションを取れないので、自分のことしか知らないアリスの言葉が歌詞になっています。

 

さて、時計の数字ですが、時計の数字は「12」までのはずなので15を指すということは基本的にありえません。

なので、ここでは時計の針を長針と短針に分解して考えていきます。

2通りあると思いますが、1時25分か5時5分のどちらかですね。どちらも同じ数字になる「5時5分」の方が「アリスとエソラの同一性」を表現していそうで個人的には正しそうな気がしています。

「15」は「いい子」という意味でしょうか、逆さにすると「悪い子」になるあたりにアリスとエソラを婉曲的に表しているのではないかなと感じてしまいます。

Persona Alice_1番Bメロ歌詞の意味・解釈

サケブワ 返事は無いのか何も聞こえない

ワラウワ 浮かべた所で誰にも見えないの

o o p\a4’i ka mM dzi 4a 4o m’i 4a Ji ka

(出典: Persona Alice 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

水面に叫んでも、笑顔を浮かべてみても、誰もいないので誰にも見えないようです。

この意味不明な文字列の歌詞は逆再生をすると意味が分かり「2人のアリス」と聞こえるという説がありますが、空耳な感じが否めないので、ちょっとなんとも言えませんね。

逆再生動画はニコニコ動画にまだあったので、気になる方はこちらを見てみてもいいかもしれません!

http://www.nicovideo.jp/watch/sm9492842

Persona Alice_1番サビ前半歌詞の意味・解釈

それは まるで 夢の中で

ウサギを追い掛けて穴に落ちた あの少女の様だ

(出典: Persona Alice 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

この少女は「不思議の国のアリス」のアリスのことを指しています。

曲名のAliceとも同じなので、そこと世界観を掛け合わせているのでしょう。

ウサギも「不思議の国のアリス」に出てくる時計をずっと見ている白ウサギのことですね。

Persona Alice_1番サビ後半歌詞の意味・解釈

エシラ エシラ 真っ逆さまになる

水面の仮面(わたし)はどうしてかとても 悲しそうで

(出典: Persona Alice 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

エシラは「Alice」を逆から「Ecila」とローマ字読みすることで読める名前で、アリスのペルソナの名前ですね。

「水面に映るわたし」はこのエシラです。

全く同じ姿・形のエシラはとても悲しそうにしていますが、これは誰の顔も見れずに独りでいることへの悲しみが表情に出ているものだと解釈することができます。

Persona Alice_2番Aメロ前半歌詞の意味・解釈

青色 浮かぶ 鐘の風船

まどろみ 油 絵の具の中

砕けた カエル 石に変わり

誰かが笑った様な気が

(出典: Persona Alice 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

カエルが石に変わるという状況はまるで魔法を使ったかのよう。

そう考えると、ここで笑った「誰か」はアリスに魔法をかけた魔女なのかもしれないですね。

もしくは「不思議の国のアリス」的な観点でこの世界を捉えれば、この意味の分かりにくい前半2行もこの不思議の国のファンタジーさを表している風景描写なのかなと解釈することができます。

Persona Alice_2番Aメロ後半歌詞の意味・解釈

悲しくないわ だってホララ

風船より身軽な気分だわ!

縫い付けられた 水面の姿

「ホントにそうか?」と問い正す

(出典: Persona Alice 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

風船よりも軽い気分で悲しくないわとアリスは言っていますが、水面に映った自分の顔以外は見ることができないので「本当に悲しくないのか?」とエシラはアリスに問い正しています。

ここの表現で個人的に美しいと思うのは、「風船」という水面からのある程度の距離を表す言葉と「縫い付ける」という水面とゼロ距離を表す言葉が隣接している点です。

こういう相反した対称的なものがあることで、さらに「アリス」と「エシラ」の対称さも際立つのかなと。。

Persona Alice_2番Bメロ歌詞の意味・解釈

ナイテル 水底澱む木々の枝ずっと

キコエル 何処からともなく煌めく鈴の音が

a a wa do 4a p\M dzi 4a  mM Ji 4a mi ka

(出典: Persona Alice 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

水面に映る木々の枝が鳴っていて、それを「泣く」という擬人法で表現しています。

続く歌詞の「煌めく鈴の音」に関してですが、おそらくはこの後登場する青年のことを比喩しているのではないかなと思っています。

彼がアリスのところへ近づいてくる足音がそれに当たるのであれば、それは確かにポジティブな意味なので「煌めく」という綺麗な表現になることも頷けます。

Persona Alice_2番サビ前半歌詞の意味・解釈

それは とても  忙しく笑い

しきりに時計を見て走り回るあの ウサギの様だ

(出典: Persona Alice 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

このウサギは1番サビと同じく、不思議の国のアリスに出てきた白ウサギのことでしょう。

歌詞の最初の「それ」が気になるところですが、これは「アリス」のことだと思われ、忙しく笑っているのは「悲しくない」という強がりを意味しています。

Persona Alice_2番サビ後半歌詞の意味・解釈

エシラ エシラ 泣いてるのは誰だ?

水面の仮面(わたし)がイタズラにそっと ササヤイタ

(出典: Persona Alice 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

やっぱり悲しくてアリスは泣いているようで、エシラがそれを見て「泣いているのは誰だ?」と囁いている情景描写ですね。

このアリスが表世界だとしたら、エシラはアリスの心の本音を見ることができる裏世界の精神存在のように解釈することができます。

恋人のランジェでも「2人は1人だから、どうしたって気持ちを隠すことはできない」という意味の歌詞があったのを思い出しますね。

Persona Alice_2番サビ終わりの語りの意味・解釈

「君はどうして泣いているんだ?」
「アナタがそこにいるからよ」

「僕はここにいちゃいけないのか?」
「そう、だから、消えて」

「嫌だ」
「…」

「君も一緒に行こう」
「嫌よ」

「…」
「お願いだから、二人きりにして」

(出典: Persona Alice 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

どこからかアリスを見つけた男性がやってきたようです。ディズニー映画でいうところの王子様のようなものでしょうか?

PVにも青年が出てくるので、ここではそういう存在として解釈しておきましょう。

アリスに声をかけ連れて行こうとしますが、頑なにアリスはそれを拒み「エシラと2人きりにさせて」と言い放ちます。

アリスがエシラを1人の人として認識しているあたりに非常にアリスの心の闇を感じますね。

Persona Alice_Cメロ前半歌詞の意味・解釈

安い言葉をアナタは言う

私は笑う 仮面(わたし)は嘲笑う

何1つ知らないクセに どうせ忘れてしまうクセに

(出典: Persona Alice 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

安い言葉は「一緒に行こう」という王子様の言葉のことでしょう。

アリスは「何言ってるのこの人?」と思わず「笑って」いますが、エシラは「嘲笑って」います。

これはエシラからすると「誰かの顔を見るとアリスが死ぬので、そうすればエシラである私が表世界に出ることができる」という解釈をすることができます。

自分のことなんて何にも知らないし、どうせすぐ自分の存在なんて忘れるくせにと王子様に突っぱねて言うところがなんか可愛いですよね。

Persona Alice_Cメロ後半歌詞の意味・解釈

暗い水面に足をつける

仮面(わたし)は歓喜の声で言う

「ハロー! ハロー! 待っていました!」 波を呼んで笑っていた

(出典: Persona Alice 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

エシラ側の世界に行こうとするアリスに対して「待っていました!」と喜びを隠せないエシラ。

アリスが水に溺れて死ぬことを待ち焦がれていたようです。

エシラはアリスと一つになることを心待ちにして、水面すらもを揺らして待っているところにおぞましい恐怖を感じますね。

Persona Alice_Dメロ歌詞の意味・解釈

暖かい手が私をとり

私と仮面を引き裂いた

温もりの中 光を探した

けど何もみえない

(出典: Persona Alice 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

ところが、先ほどの王子様が水に足を進めるアリスの手をとって地上に戻します。

しかし、王子様の顔を見てしまったのでしょう。

誰にも触れずに独りで生きてきたアリスは、その手の温もりを強く感じますが、突如光が無くなり何も見えなくなってしまいます。

ここで不思議なのは、王子様の顔を見てもアリスが死なないことですが、魔法の設定としてそもそも死ぬのではなく、アリスが誰かの顔を見たらその視力自体が失われてしまうということだったのではないかなと推測します。

ある種、目が見えないのはその人にとって「死」を表すことにもなりかねませんからね。

Persona Alice_Dメロ後の語りの意味・解釈

「ねぇ…ここは灯台の麓?」
「え?」

「とても暗くて…どうしてか心地良いの」
「…そうか」
「君の目はもう…」

(出典: Persona Alice 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

1番で出てきた灯台がまた出てきました。

これは、光を表す灯台が見えないというところから、アリスは「灯台の麓にいるから暗くて何も見えないのか」という推測をします。

そこで、王子様はこれらのアリスの発言と様子から「もうこの子の目は見えなくなってしまっている」と判断をするわけですね。

王子様に手をつながれたアリスは、目が見えないにも関わらず、その暖かさに心地よさを覚えている辺りに余計切なさを感じます。

Persona Alice_大サビ前半①歌詞の意味・解釈

それは とても  素敵なもの

恐ろしい裁判から目が覚めた あの少女の様だ

(出典: Persona Alice 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

「素敵なもの」は「人の温もり」で、独りという状況の薄暗さと寂しさから目が覚めた心境をここで描いています。

恐ろしい裁判は不思議の国のアリスの女王様との裁判でしょう。

あらぬ疑いをかけられて裁判になってしまったアリスが現実に戻ってきたストーリーに合わせてここでは歌詞にしています。

Persona Alice_大サビ前半②歌詞の意味・解釈

エシラ エシラはもういないのよ

水底沈む灯台と共に 夢を見る

(出典: Persona Alice 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

水面も見えなくなってしまったので、エシラはもうアリスの目には映りません。

水面に映っていた灯台も見えなくなってしまったことも含めて「水底沈む」という表現をしています。

Persona Alice_大サビ後半①歌詞の意味・解釈

歪む 色も 形も全て

無くしたかわりに受け取ったこの手の 温もりを

(出典: Persona Alice 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

どんな色も形も、何もかもが見えなくなってしまった代わりに、アリスは自分以外の人の温もりを知ることができました。

独りでいるのが良かったのか、はたまた視力を失っても誰かと一緒にいる方が良かったのかはこの歌詞からは読み取れませんが、何かを引き換えにしないと大切なものは手に入らないというハチさんからのメッセージをここから読み解くことができます。

Persona Alice_大サビ後半②歌詞の意味・解釈

ラン ロゥ ズィ ラ ゲ リュ ジ ラ

真っ逆さまになる

水面に写るのは恐らく もう

私だけ

(出典: Persona Alice 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

1行目の意味不明な歌詞ですが、「祈るの」「愛して」という言葉が逆再生をすると聞こえてくるような気がします…。

最後に真っ逆さまになるのは、今までの状況と「逆さま」になって1人ではなくなるという状況を表しているのかなと。

水面にはもうエシラは映らず、アリスだけが映っているという嬉しいのか悲しいのかなんとも言えない。

Persona Alice_アウトロ語りの意味・解釈

長い長い夢を見ていたのかもしれない。

もしくは、今まさに夢の途中なのかもしれない。

少女はひと粒の涙を その水面に落とし、途方に暮れる様な道を歩いて行きました。

(出典: Persona Alice 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

ついに最後の部分ですね。

アリスは1人で水面にいた時のことを夢だったのかもしれないとも思いつつも、今この青年と一緒にいることもその夢の延長線上なのかもしれないと考えたりもしています。

そして、アリスはエシラに別れを告げるかのように水面に最後にひと粒の涙を落として、これから先の未来へと広がる途方に暮れるような道を歩いて行ったそうです。

アリスのその後がすごく気になる終わり方ですね…。

まとめ| Persona Aliceの歌詞の意味を解釈・考察

Persona Aliceの歌詞を解釈してみましたがいかがだったでしょうか?

めちゃめちゃに歌詞が長くて解釈の文字を打つ手が疲れました。。笑

おそらくこの歌詞の続きは「恋人のランジェ」へ移り、最後に「Christmas Morgue」で物語をは終わりを迎えるのだろうと思われます。

特に「Christmas Morgue」は全部ストーリーを追い続けた人は泣いてしまうかもしれませんね。。

 

↓他の歌詞解釈人気記事はこちら!↓

【米津玄師】Undercoverの歌詞の意味を解釈・考察

【米津玄師】雨の街路に夜行蟲の歌詞の意味を解釈・考察

 

↓米津ファンなら絶対知っておきたい米津さん自身に関する記事も要チェック!↓

米津玄師が影響を受けたアーティストから見る音楽のルーツ

【男でも声が出るのはこの曲!】米津玄師の音域の幅とカラオケで歌いやすい曲

米津玄師とハチは同一人物だけど「楽曲・歌詞のつくり」がどこか違う?

 


花束と水葬 [ ハチ ]