【ハチP】Qualiaの歌詞の意味を解釈・考察

2018年6月28日

今回は「Persona Alice」の世界観から続いていると思われるQualiaを解釈していきます。

ハチPもとい米津玄師のファンである方ならチェックしていない人はおそらくいないとは思いますが、この曲の美しさは彼の初期ボカロ曲の中でも群を抜いているのではとネットでも賞賛度の高い楽曲なので、今日はじっくりと解釈していこうと思います!

(サムネイル画像出典:https://www.youtube.com/watch?v=cHO-o4wThJU)

Qualiaの曲にまつわる情報

QualiaはハチP(米津玄師)の1stアルバム「花束と水葬」に収録されている楽曲で、とても幻想的な曲調が特徴の楽曲となっています。


花束と水葬 [ ハチ ]

この「花束と水葬」のアルバム全体の根底に流れている世界観にも即している楽曲で、先ほど冒頭にも書いたように、特に「Persona Alice」の世界観とは直接的に繋がっているように解釈することができることがすぐに分かるかと思います。

少しマイナーな曲ではありますが、ハチP及び米津玄師のファンであれば絶対に聞いて押さえておきたい楽曲ではあるので、ぜひまだ聞いたことのない方はこの機会に聞いてみてくださいね!

QualiaのPV

Qualiaには世界観を細かいタッチの絵で描いたPVが存在しています。

「マウス戦士」を卒業するというコメントと共にアップされた動画なので、ここから先の動画いずれもハチさんの絵によるPV映像作品となっていきます。

・ニコニコ動画(元動画)

http://www.nicovideo.jp/watch/sm7839756

以下はYouTubeに載っている動画ですが、3分くらいで終わって切れてしまいますのでご注意を…。

Qualiaのギターコード

ギターコードはこちらです!

https://ja.chordwiki.org/wiki/Qualia

この曲はC,G,F,Amと行ったいわゆるカノンのコード進行となっていて、ギター初心者の練習曲としてもうってつけの曲となります。

この曲に出てくるコードをマスターすれば米津玄師名義の「アイネクライネ」や、別アーティストですがスピッツの「チェリー」といった曲もほとんど弾けるようになりますので、ぜひ練習してみてくださいね!

Qualia_歌詞の意味を解釈・考察

Qualiaの歌詞はPersona Aliceに出てくるアリスの精神世界を歌っている曲です(まだ聞いていな人は先にPersona Aliceを聞いてからこちらを聞くとより感動しますよ!)。

歌詞にはなっていませんが、最初のイントロの語り部分からも”独りだけの心境”を読み取ることができるので、世界観はすぐに理解できるかと思います。

それでは、早速歌詞解釈をしていきましょう!

Qualia_イントロ語りの意味・解釈

真っ白な世界には何もありません。

空も、夕飯の献立も、犬も、水平線も、大地も、

お母さんも、影も、ぬくもりさえも。

何もありはしないのです。

ただ一人そこにある、女の子を除いては。

(出典:Qualia 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

たった一人きりで全く何もない世界に少女が1人きりでいるようです。

この何も存在しないという設定を考えるに、これは目が見えないアリスの精神世界の話なのではないかなと推測します。

「お母さん〜ぬくもりさえも」という部分が特にアリスの気持ちを表現していて、「Persona Alice」の歌詞や設定を理解できている人であれば「あぁ、あの部分のことを指しているのね」とニヤリとなること請け合いです。

また、この「真っ白」というのがこの曲のキーワードとなっていて、この白に対してどれだけ色を塗りつぶしていくのかというのが曲全体のコンセプトとなっていきます。

Qualia_1番Aメロ前半歌詞の意味・解釈

私は何処にいるの?

誰も問いに答えない

見渡せば 悲しい程

白いだけの世界で

(出典:Qualia 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

最初の語りを歌詞にしているのがすぐに分かりますね。

真っ白い世界に自分1人だけが存在しているけれど、何もないので何処にいるかも分からないし、誰もいないのでその問いに答えてくれる人もいません。

Persona Aliceの曲の歌詞を見れば分かるように、アリスも自分の顔以外を見ることができず、ある種「自分以外何もない世界」に生きている存在と解釈できるため、この世界はあの曲の世界観を継承しているのだろうなと考えることができます。

Qualia_1番Aメロ後半歌詞の意味・解釈

伝えたい事があるの

誰かに ほら誰かに

見上げても 空は無く

立つべき地面も無い

(出典:Qualia 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

1人だけしかいないにもかかわらず、何かを誰かに主人公は伝えたがっているのが印象的ですね。

ただ、誰に何を伝えようとしているのかはまだここの歌詞の段階では読み取ることができません。

なのでこの歌詞から分かることとしては、アリスのいる空間には空も地面すらも無いため、何か伝えたいもののうまく伝えることができず、彼女はただただ途方に暮れてしまっているという状況だけですね。

Qualia_1番Bメロ歌詞の意味・解釈

誰の声も聞こえない こんな世界 何の為

嘘の様な私が ここで息をする

それなら…

(出典:Qualia 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

「嘘のような私」は、「この何もかもが存在しない世界において存在している私という存在自体も、実は存在していないものなのではないか?」という主人公の心の中での疑問を主語にした歌詞です。

ただ、その存在が「ここで息をする」とあるので、やはり確かに存在はしているようですね。

そして、その認識を持ってして「それならば…」と何か行動を起こすかのような予兆を残してサビに突入していきます。

Qualia_1番サビ歌詞の意味・解釈

滲む星を作るのは

私自身だと気付く

白の世界 彩ろう

零した色は何処までも

さあ

(出典:Qualia 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

何もない白の世界だからこそ、自分自身で好きなように彩ってしまえばいいということに主人公は気付きます。

歌詞終わりの部分も「零した絵の具の色が何処までも広がっていく」ということを表現しているのが分かりますね。

そのため、この先の2番の歌詞を読めば分かるのですが、一気にカラフルにこの世界はアリスの心によって彩りを与えられていきます。

ただ、その彩られた世界には…。

続きを見ていきましょう。

Qualia_2番Aメロ前半歌詞の意味・解釈

空色 紙飛行機

風色 シャボン玉

私にも 似合うかしら?

桃色 髪飾り

(出典:Qualia 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

先ほどのサビの歌詞を受けて、ここから様々な色が続いて登場していきます。

空を飛ぶ紙飛行機には空色を、風を舞うシャボン玉には風色をそれぞれ宛がいます。

そして、女の子だからこそのおめかし的な桃色の髪飾りをつけます。

こういうところに登場人物の人間性のようなものがきちんと描かれているからこそ、無機質過ぎないキャラ設定が出来て、リスナーはより登場人物の心境に感情移入ができるわけですね…。

Qualia_2番Aメロ後半歌詞の意味・解釈

紫の鳥が来て 緑のブランコで

擦り切れた 声鳴らす

黄色の 飴あげるわ

(出典:Qualia 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

PVも紫の鳥と緑のブランコが出てきて、急にカラフルな世界観に彩られていきます。

自分の悲しみの声で喉をすり減らしているのでしょうか、そんな傷んだ喉に対してのど飴的な意味合いで「飴」をアリスはつくり出します。

このように解釈すると、この飴の部分は「神様と林檎飴」の飴の部分とも意味合い的には重なってくるので、もしかしたら「ワンダーランドと羊の歌」と同じようにこの曲ともQualiaは繋がっているのかもしれません。

どんどんカラフルに彩られていくこの世界で少女はどう感じるのでしょうか?

先を見ていきます。

Qualia_2番Bメロ歌詞の意味・解釈

彩られた世界は 賑やかに麻痺していく

それでも私の体は まだ 嘘の様で

私は、

(出典:Qualia 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

2番Aメロで1番とは対称的なまでに彩りを世界に加えたアリスは、その色彩の賑やかさに「確かに白い世界には飽き飽きしていたけれども、実際にこれが私の欲しいものだったのだろうか?」と、どこか自分のことながら嘘のように感じているのが分かります。

語りの「私は、」の部分は、PVの表現も加味して考えると、「私は、一体何を求めているのだろうか?」と自問自答をしているのだと思われます。

せっかく望んでいるものを叶えられたと思ったら、それではなかったんですね…。

Qualia_2番サビ歌詞の意味・解釈

瞳の色を知るには

触れられる誰かがいるの

ここは私一人きり

私の色がわからない

(出典:Qualia 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

どうやらアリスの本当に求めていたものは「自分が何色か知りたい」という疑問への答えでした。

しかし、自分の色は自分以外の人からでないと見ることが出来ないので、今のままだと一人きりのアリスは自分の色を知ることが出来ません。

作詞のテクニック的な話で恐縮ですが、「自分の色」のことを「瞳の色」というように婉曲的に比喩しているのが、また一段と歌詞を綺麗に見せているので、こういったところからもハチさんらしい作詞を感じ取ることができます。

Qualia_2番サビ終わり語りの意味・解釈

「ねぇ」

女の子は小さく呼び掛けました。

当然返事はありません。

あるのは煩いくらいに鮮やかな色達と、決して意識を得る事はない造形物。

「これが、望んだもの?」

女の子にはわかりません。

この世界に何があって、何がないのか。

自分が見ているこの色は本当に正しい色なのか。

そもそも、何が正しくて何が間違いなのか。女の子の頬に、涙が流れました。

「ほんとうは、ただ寂しかった」

「誰かに側にいて欲しかった」

(出典:Qualia 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

アリスは自分で彩って作った様々なものが散乱する白い空間の中で1人「ねぇ」と呼びかけますが、誰も返事をしてくれはしません。

そして、その色がついたガラクタを見ては「つくったものの、果たしてこれが自分の欲しがっていたものだったのだろうか?」と自問します。

しかし、「白」以外の色を全く知らないアリスは、この色がそもそも欲しかった色なのかどうかも分からなくなってしまい、ひいては何が正解で何が間違いなのかも分からないことに涙してしまいます。

そして、考えに考えた果ての先に、本当に自分が望んでいたものが「色のついたものではなく、一緒に隣にいてくれる”誰か”だった」ということに気づきます。

さて、この後のCメロでこの語りの内容を反映させつつ、ストーリー的にも一気に今までの流れから変わってくるので要チェックです!

Qualia_Cメロ歌詞の意味・解釈

色のガラクタの中

私の側にはアナタがいた

差し出されたその手には

赤い赤い林檎の実

「君に似合う色だから 君にあげるよ」

(出典:Qualia 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

様々な色で無理やり世界を彩ってみたけれど、ぐちゃぐちゃの色になってしまい、それを「色のガラクタ」と表現しています。

そして、そんなしっちゃかめっちゃかになってしまっている自分の隣には気づけば、青年が1人いて赤い林檎の実をアリスに差し出してきます。

この青年こそ、おそらくPersona Aliceの途中で出てきてアリスとエシラを引き離した青年ではないのかなというのが僕の個人的な推測です。

PVの最後のアリスの絵をみると「赤い心臓」が「赤い林檎」と同じ色で彩られているので、おそらく青年はアリスに対して「ハート(ぬくもり)」を与えたのではないかなと解釈することができます。

Qualia_大サビ歌詞の意味・解釈

惑う思いも言葉も

愛しいと思えたのなら

きっと歩いて行けるわ

満ち足りた色の中で

滲む星を作るのは

君と見る世界だと知る

白の世界 彩ろう

零した色は何処までも

(出典:Qualia 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

自分の中ではネガティブで嫌いだと思うような戸惑いの言葉や気持ちも全てひっくるめて「自分」であり、そして「自分の色」とも言えることに気づき、それを愛することができるならば、何処へでもいけるのだろうというのが前半の歌詞の意味かなと思われます。

これは過去のハチさんの自己否定的な過去のバックグラウンドがあるからこそ出てくる歌詞なのではないかなとも思いますし、リスナーにも「自分のことはせめて自分が好きになってやってほしい」というメッセージアウトになっているだと感じることが出来ますね。

(今だと米津玄師名義の「LOSER」なんかでは、その自分のダメさ加減を自虐してそのまま楽曲へと昇華していますからね…)

 

後半歌詞は、「滲んだ星」を作るのは自分だけではなく誰かと一緒にいる世界だということに気づいたとアリスが言っています。

ということは、1番ではよく分からなかった「滲んだ星」の意味するところは「彩られた世界」のことであり、それは自分1人の思う「独りよがりの色」ではなく、他者という目線のフィルターを通した自分の色も込みの「誰もの色が込められた客観的な彩り」という解釈に帰結するのかなと思われます。

こう考えると、Qualiaは非常にシンプルな歌詞の中にものすごく深い意味が込められている曲であることが分かりますね。

Qualia_アウトロ語り歌詞の意味・解釈

「ねえ」

「何?」

「…何でもない」

(出典:Qualia 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

やっと自分からの呼びかけに対して反応をしてくれる人がこの白い部屋に現れて、アリスは内心とても嬉しいものの、その嬉しさを表に出すのが恥ずかしく「何でもない」とツンっと答えている描写でこの曲は終わりを迎えます。

アリスの求めているものが最後はきちんと手に入って何よりでしたね…!

まとめ| Qualiaの歌詞の意味を解釈・考察

Qualiaの歌詞を解釈していきましたがいかがだったでしょうか?

恋人のランジェChristmas Morgueにも世界観は続いていくので、ぜひこれらの曲の歌詞解釈記事も気になる方はぜひチェックしていってくださいね!

 

↓他の人気記事はこちら!↓

【ハチP】Christmas Morgueの歌詞の意味を解釈・考察

【ハチP】【薬物中毒者の歌??】パンダヒーローの歌詞の意味を解釈・考察

 

↓米津ファンなら絶対知っておきたい米津さん自身に関する記事も要チェック!↓

【現在までの過去を完全解説】米津玄師の経歴とそこから見える才能とは

【男でも声が出るのはこの曲!】米津玄師の音域の幅とカラオケで歌いやすい曲

【これで完璧!】米津玄師の髪型・セット・おすすめワックス大全

 


花束と水葬 [ ハチ ]