【米津玄師】あめふり婦人の歌詞の意味を解釈・考察

2018年6月28日

あめふり婦人の曲にまつわる情報

あめふり婦人は、米津玄師さんの1stアルバム「diorama」に収録されている楽曲で、ダークなムードの局長に脳内で何度も再生されてしまうようななんとも怪しいメロディが繰り返される曲となっています。(聴いた後にAメロがひたすら頭を反芻する…。)

diorama [ 米津玄師 ]

あめふり婦人のPV

PVに関してですが、あめふり婦人はアルバム曲でPVはありません。。なので、今回はYouTubeからこちらの弾いてみた動画をアップします!

ギターがメインの動画ですが、バックに米津さんの原曲がかかっているのでそちらにぜひ耳を傾けてみてください。しかし、この人めちゃめちゃギター上手いですね。。

あめふり婦人のギターコード

ギターコードはこちら!

Aメロは普通にコードストロークをしてもいいし、スタッカート気味に表泊でちゃっちゃっちゃっと弾いてみてもリズミカルでいいかもしれません。逆にアルペジオでコードを分散させて弾くとかなり暗くなってしまって、あめふり婦人特有の怪しくもポップな感じが消えかねないので注意してください。

弾き語りに関して、メロディがそこまで複雑ではないので歌いながら弾くのもそこまで苦ではないと思いますが、言葉数は多い曲なので息継ぎだけは気をつけてくださいね。

https://ja.chordwiki.org/wiki/%E3%81%82%E3%82%81%E3%81%B5%E3%82%8A%E5%A9%A6%E4%BA%BA

あめふり婦人のインタビュー記事

インタビュー記事はこちら!あめふり婦人はアルバム曲かつ初期の曲なのでかなりマイナーであまり取り上げられていません…。

なので、ここでは収録アルバムのdioramaのインタビュー記事をいくつかあげておきます!

・ナタリーミュージック

https://natalie.mu/music/pp/yonezukenshi/page/2

・TOWER RECORDS ONLINE

http://tower.jp/article/interview/2012/05/05/TOWER342-2

あめふり婦人の歌詞の意味を解釈・考察

あめふり婦人というタイトルですが、その名の通りあめふり婦人が主人公の曲となっています。

そんなあめふり婦人が一体どんなストーリーを展開していくのか、しっかり歌詞を解釈していきたいと思います。

あめふり婦人_1番Aメロ前半歌詞の意味・解釈

街がびしゃびしゃ濡れる夜までは

確かに声で溢れていた

今ではおよそ耐え難いくらいの

静けさ達がここに居た

不遜な心ばかり強くなる

私に愛をくださいな

いっとう重ねて弾ける泡沫

さびしくなってどうしようもない

(出典: あめふり婦人 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

雨が降り出すと街角がしんと静まりかえってしまった風景描写からあめふり婦人はスタートします。静けさたちがここにいたという擬人法を使っているのがとても文学的でいい味出してますよね。

不遜な心とは「思い上がった心・調子に乗った」という意味の言葉で、自分は素晴らしい存在なのだからもっと愛をくださいと主人公(おそらくあめふり婦人)は口にします。

しかし、水面に浮かぶ泡のことを指す”泡沫”という言葉を使いながら、そんな泡が弾けるように寂しさが募っていく様も続いて描かれているので、あめふり婦人は誰からもきっと相手にされない悲しい存在なのでしょう。あめふり婦人が嫌われる理由が、そのまま「雨を降らすから」かどうかはまだ分からないので、一旦その点の解釈はしないまま続きの歌詞を見ていきます。

あめふり婦人_1番Aメロ後半歌詞の意味・解釈

真赤な笛の音 はしゃぐ子供たち

遠くのほうへ行くようだ

俄かに雨が降り出すみたいに

通りすがって消えていった

おどろに揺れるマッチの灯を抱え

どうやらとても暖かく

何故だか嫌に静かで煩い

心満たしてよ!

(出典: あめふり婦人 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

笛の音に導かれて子供が遠くの方へ行く様子、なんだか怪しくて怖いですよね。どことなくゼルダの伝説的な絵が浮かびます。。雨がまた振り出そうとするとそんな子どもたちも消えていってしまい、またあめふり婦人は1人きりになってしまいます。

続く「おどろに揺れる」という表現がまた大正時代の文学っぽくっていいですよね、そんなマッチの灯の描写の後に続くのは初期の米津さんお得意の逆表現です。

静かで煩いという表現は一見矛盾しているようですが、あめふり婦人の目線から見ると実は矛盾していないんですよね。というのは「静かな状態が嫌い=煩い」と寂しがり屋なあめふり婦人は思っているので、実はこの表現はそのまま正しい感情描写の歌詞となっているのです。

なので、この歌詞パートの最後はその証明に「心満たしてよ!」となっているわけですね。

あめふり婦人_1番サビ歌詞の意味・解釈

それはつかの間の恋心

明日になったら肥える灯を消してよ

つまらないことばかり

知らずのまにまに気が触れて

適当な言葉が澱むまま

夜の底へ行く列車に乗りましょう

いけないと知りながら

愛されたいのはあなただけ

(出典: あめふり婦人 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

恋心と肥える火という表現が出てきたところから推測するに、おそらく好きな相手がいてその人への愛が先ほどの歌詞に出てきた「マッチの火」で比喩されているのでしょう。しかし、その心はあめふり婦人からすると、ほんの一瞬気が触れただけのことなので、そんなつかの間の恋心はなかったことにしてほしいというようにも読み取ることができます。

でもサビのラストはあなたに愛されたいと言っているので、本当は一瞬の恋心ではないわけですね〜。あめふり婦人のツンデレ具合がこんなところから解釈できちゃいます。

適当な言葉が澱む〜列車に乗りましょうは、おそらくですが「駆け落ち」を指していると思われます。夜の底はおそらくベッドインのことですね。お互いそこに至るまでの過程はとても気恥ずかしいので言葉が澱んでいる(=直接的に誘うのでなく、それとない言葉で誘っている)ことを表しているとも捉えることができます。

これは中々にあめふり婦人、続きが気になりますね。。

あめふり婦人_2番Aメロ前半歌詞の意味・解釈

街がびしゃびしゃ濡れる夜までは

確かに声で溢れていた

今ではおよそ耐え難いくらいの

静けさ達がここに居た

魚が揺れる雨に苛まれ

どうやらとても暖かく

何故だか嫌に静かで煩い

心満たしてよ!

(出典: あめふり婦人 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

1番同様に雨が触れるまでは人がいたのに、雨が降ると誰もいなくなって静けさだけになってしまうという風景描写がされています。

dioramaの様々な曲に何度も出てくる魚、あめふり婦人にも登場します。雨が降ると水面が揺れるので魚が揺れるようにも見えるということをここで表したいのでしょう。しかし、ここだけなぜかマッチの火が出てきてないのに「暖かく」という歌詞が出てくるのだけがどう解釈しても腑に落ちないのです。。

「静かで煩い」は先ほどの解釈と同じなので一旦置いておくとして、なぜここが暖かいのか誰かわかる人いたら教えてください!!

あめふり婦人_2番サビ歌詞の意味・解釈

それはでたらめな恋模様

明日になったら肥える灯を消してよ

つまらないことばかり

知らずのまにまに気が触れて

適当な言葉が澱むまま

夜の底へ行く列車に乗りましょう

いけないと知りながら

愛されたいのはあなただけ

(出典: あめふり婦人 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

最初の1行以外は1番サビと同じですね。でたらめな恋模様というのは「雨模様」という天気表現とかけた言葉でしょう。ここから推測すると、もしかしたらあめふり婦人の曲全体が「恋」を「天気」を天気で表現した曲なのかもしれないと考察することができます。

そうだとした場合、ついさっきまで相手が他の人と話してワイワイしていたのに自分が話しかけたら静かになってしまうというのもどことなく頷けるような気もしますし、「私は好かれているはず」という不遜な心が強く出て愛を相手に求めてしまう様子もある種自然なものなのかなと思うこともできます。

この解釈が合っているかどうかは分かりませんが、「天気」と「恋」がかなり親和性の高いテーマであることは上記の考察で説明できますね。

あめふり婦人_ラストサビ歌詞の意味・解釈

雨降って溺れる街角で

確かなことなど何にもなくなって

くだらないことばかり

知らずのまにまに積み上げて

落とせその腕の荷物をさ

夜へ沈むには邪魔になるだけだろう

いけないと知りながら

愛されたいのはあなただけ

(出典: あめふり婦人 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

最後のサビはまた今までと違う歌詞となっています。

確かなことがないというのは「相手が自分のことを好きかどうか」というところへの確かさでしょうか、「私のことなんて好きじゃないんだきっと、いやでも好きなのかも」と何度も積み重なるように思うどっちつかずの恋心を自虐的に”くだらない”と表現しているように解釈することができます。

続く歌詞を見ていくと、「その腕の荷物」とあるので、目の前の相手があめふり婦人の前にいることが明らかになりました。よって、先ほどの駆け落ち説はかなり有力な解釈になってくるかなと思われます。

あめふり婦人、なかなか攻めますね(笑)

まとめ| あめふり婦人の歌詞の意味を解釈・考察

あめふり婦人の歌詞を解釈してみましたが、いかがだったでしょうか?

歌詞を解釈してみると、天気と恋を掛け合わせつつ、あめふり婦人というキャラクターが主人公の小説のような曲となっていることが分かりました。

dioramaに収録されている曲は心像放映トイパトリオットなどのように、やはり物語形式になっている曲が多いので解釈していくのがとても楽しいですね〜。

YANKEE以降もストーリー性の高い曲は多いのですが、あまり小説や絵本のような感じの曲は少ない気がするので、これは初期の曲だからこその醍醐味と言えるんじゃないかなと思います!

 

↓こちらの歌詞解釈記事も人気です!↓

【米津玄師の想いが隠された】ゴーゴー幽霊船の歌詞の意味を解釈・考察

【米津玄師の世間への反逆】駄菓子屋商売の歌詞の意味を解釈・考察

【米津玄師が隠した本当の意味】乾涸びたバスひとつの歌詞の意味を解釈・考察

 

↓米津ファンなら絶対知っておきたい米津さん自身に関する記事も要チェック!↓

米津玄師のプロフィールをファン目線でコアなとこまでまとめてみた

【これで完璧!】米津玄師の髪型・セット大全

米津玄師のファッションブランドを全部リストにしてみた

 


diorama [ 米津玄師 ]