【ハチP/鬼のように解釈】結ンデ開イテ羅刹ト骸の歌詞の意味を解釈・考察

2018年6月28日

結ンデ開イテ羅刹ト骸の曲にまつわる情報

「結ンデ開イテ羅刹ト骸」は、ハチP(米津玄師)の人気ボカロ楽曲で、アルバム「OFFICIAL ORANGE」に収録されています。


OFFICIAL ORANGE/ハチ[CD]【返品種別A】

(※こちらの収録時はタイトルが「結んで開いて羅刹と骸」とひらがなになっています)

 

いわゆる「語り」が入っている珍しい曲で、まるで落語や紙芝居を聞いているかのような感じを受けます。

サウンド的にも日本の祭囃子的な感じなので、語りも相まって「ザ・和風」な曲に仕上がっていますね〜。

では、まずは曲にまつわる情報からどうぞ!

(サムネイル画像出典:https://www.youtube.com/watch?v=AKffZySqQts)

結ンデ開イテ羅刹ト骸のPV

PVはこちらです!

同じくハチさんの人気曲である「Mrs.パンプキンの滑稽な夢」「パンダヒーロー」などと同様に、音楽・イラスト・動画を全てハチさん1人でまかなっています。

今回は曲に合わせて、かなり和風テイスト且つホラーさを兼ね備えたPVに仕上がっていますね。

高校生の頃に何度も何度も見てたら受験勉強そっちのけになって第一志望に落ちてしまった経験があります(笑)

結ンデ開イテ羅刹ト骸のギターコード

こちらがギターコードです!

http://www.ufret.jp/song.php?data=4046

カポを2フレットにつければ、コードがAm,E7だけで9割くらい占めているので、めちゃめちゃ単調ですが簡単に弾くことができます。

このマイナーコードと7thコードが怪しい雰囲気をサウンド的にも演出していますので、ぜひギター初心者はAとEだけで弾くのとAmとE7で弾くので聴き比べてニュアンスの違いを感じ取ってみてください!

エレキでの演奏ではありますが、参考までにこちらの弾いてみた動画もアップしておきます!

結ンデ開イテ羅刹ト骸の歌詞の意味・解釈

今回の曲はハチさんのコメント曰く「無邪気だとなんでも許される」というのが1つのテーマのようです。

そして、その結果として「中絶」というものが大きなトピックとして曲全体で歌われています。

それでは、この2点を頭に入れて、早速歌詞を解釈していきましょう!

結ンデ開イテ羅刹ト骸_イントロ歌詞の意味・解釈

さあさあ 今宵も無礼講

獄卒衆すら巻き込んで

宴の瀬にて成り下がるは

純真無垢故質の悪い

悪虐非道に御座います

(出典:結ンデ開イテ羅刹ト骸 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

(画像出典:https://www.youtube.com/watch?v=AKffZySqQts)

 

まずは「語り」の部分です。狐の仮面を被ったミクがPVには登場していますね。

語りの部分が終わると狐の仮面を取ったミクの絵が出てきますが、語り手と服装が同じなので、このミクと語り手は同一人物として捉えて問題ありません。

現代語に全て訳すと、「牢獄の囚人を巻き込んでのとある宴の席において話される話(=この曲)は、純真無垢な心から生まれたためによりタチの悪い話となった悪逆非道のストーリーだ」という曲紹介になります。

※瀬は「場・時」という意味合いで今回は使われています。

 

早速、曲のテーマにつながる「純真無垢だからこその悪逆非道」という表現が出てきていますが、具体的な内容は実際の歌詞に入らないとまだよく分からないので、引き続き読み進めていきましょう。

結ンデ開イテ羅刹ト骸_1番Aメロ前半歌詞の意味・解釈

片足無くした猫が笑う

「ソコ行ク御嬢サン遊ビマショ」

首輪に繋がる赤い紐は

片足の代わりになっちゃいない

や や や や 嫌嫌嫌

(出典:結ンデ開イテ羅刹ト骸 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

(画像出典:https://www.youtube.com/watch?v=AKffZySqQts)

 

片足を無くした猫というグロテスクで不吉な存在が、とある少女(ミク)に声をかけてきます。

「遊ビマショ」と言った瞬間に少女の首がなくなり、猫が笑うので、「遊ぶ=殺す」という意味合いだと解釈することができます。

歌詞後半ですが、PVを見ると確かにその猫には首輪として赤い紐がついていますが、その紐は猫自身の舌を伸ばして首を締めている絵になっています。

最後にはその首も紐で締め付けられて取れてしまっていますね…。

結ンデ開イテ羅刹ト骸_1番Aメロ後半歌詞の意味・解釈

列成す卒塔婆の群れが歌う

「ソコ行ク御嬢サン踊リマショ」

足元密かに咲いた花は

しかめっ面しては愚痴ってる

(出典:結ンデ開イテ羅刹ト骸 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

(画像出典:https://www.youtube.com/watch?v=AKffZySqQts)

 

卒塔婆はお墓を連想させますので、やはり「死」をイメージさせます。

少女に声をかけているのも、先ほどの猫と同じように少女を誘い込んで殺すためでしょう。

「足元に咲いた花」は2番の「下賤な蟒蛇」と同じようなものだと解釈すると、卑しい人間がどうして自分たちだけこんなに辛い思いをしなければいけないんだ…と愚痴を言っているように捉えることができます。

結ンデ開イテ羅刹ト骸_1番Bメロ歌詞の意味・解釈

腹を見せた鯉幟

孕んだのは髑髏

(出典:結ンデ開イテ羅刹ト骸 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

(画像出典:https://www.youtube.com/watch?v=AKffZySqQts)

 

鯉幟は「こどもの日」のものですね。子どもを連想させます。

また、孕んだのは髑髏ということで「死」をお腹に抱えていることになります。

この曲は「中絶」、つまり「思わぬことで妊娠してしまった赤ちゃんを殺す」ということを歌っている曲なので、まさに「子ども」と「中絶」をイメージさせる歌詞がここに比喩表現として埋め込まれているわけですね。

「腹」と「孕(はら)」を韻を踏んでいるのも、余計に不気味さを増しています。。

結ンデ開イテ羅刹ト骸_1番サビ前半歌詞の意味・解釈

やい やい 遊びに行こうか

やい やい 笑えや 笑え

らい らい 結んで開いて

らい らい 羅刹と骸

(出典:結ンデ開イテ羅刹ト骸 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

(画像出典:https://www.youtube.com/watch?v=AKffZySqQts)

 

昔の感覚で考えれば、「遊ぶ=遊郭」をイメージさせますね。いわゆる今でいうところの風俗店です。

そこで少女は思わぬ妊娠をしてしまいます。

子どもができてしまってどうしようもない状態は笑うしかないので、歌詞も「笑え」と無理に笑わせようとしにきていると思われます。

「結んで開いて」は、出来てしまった赤ちゃんの首を紐で結んで開いたら死んでいるという意味合いですね。サビ後半の歌詞でここも具体的に描写されています。

また、用語解説ですが羅刹は「人を喰らう悪鬼」で、骸は「亡骸」を指します。

この話のストーリーでいけば、羅刹は「少女」で骸は「赤ちゃん」ということになりそうです…。

結ンデ開イテ羅刹ト骸_1番サビ後半歌詞の意味・解釈

一つ二つ三つで また開いて

五つ六つ七つで その手を上に

松の樹には首輪で 宙ぶらりんりん

皆皆皆で 結びましょ

(出典:結ンデ開イテ羅刹ト骸 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

(画像出典:https://www.youtube.com/watch?v=AKffZySqQts)

 

数字はリズムカウントですが「四」だけないのが気になります。

おそらく「四」がないのは、「死」を連想させるからだと思われます。車のナンバープレートと同じ理屈ですね。

「また開いて」は単純に手を開くという意味ではなく「股を開いて」という意味で、子作りのための性行為を表しています。

「手を上に」した理由はお手上げという意味でしょうか?状況が状況なだけにそういう意味でのしゃれをここで言っているのかもしれません。

最後は、出来た赤ちゃんを松の木にかけた首輪で結んで、絞殺して宙ぶらりんにしているというなんともおぞましい光景が描かれています。

この歌詞描いたのはハチさんが高校生だった時のはずなので、この人の頭の中は一体どうなっているのか本当に気になります…。

結ンデ開イテ羅刹ト骸_2番イントロ歌詞の意味・解釈

下らぬ余興は手を叩き、

座敷の囲炉裏に焼べ曝せ

(出典:結ンデ開イテ羅刹ト骸 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

(画像出典:https://www.youtube.com/watch?v=AKffZySqQts)

 

「下らぬ余興」は、この少女の話のような過去の言うに言えない話を指し、もしそういう話があるものはこの宴会の座敷の囲炉裏に私と同じように晒してごらんなさいという意味合いで、この語りが2番の前に入っているのでしょう。

間に語りがあると世界観の作り込み方がどこか増す気がしますね。

結ンデ開イテ羅刹ト骸_2番Aメロ前半歌詞の意味・解釈

下賤な蟒蛇墓前で逝く

集り出す親族争いそい

「生前彼ト約束シタゾ」

嘯くも死人に口は無し

や や や や 嫌嫌嫌

(出典:結ンデ開イテ羅刹ト骸 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

(画像出典:https://www.youtube.com/watch?v=AKffZySqQts)

 

誰かが死んで遺産相続を巡って家族が争いを起こす様子が描かれています。

言葉の解説ですが、下賤は「身分やお金が無く卑しい様」を指し、蟒蛇は「うわばみ」と読み、巨大な蛇のことを指します。

このパートのストーリーとしては、親戚の誰かが「生前に彼から遺産をあげると言われたんだ!」と嘘をつくものの、本当かどうかは当人が死んでいるので分からないというなんとも醜い財産争いが、ここの歌詞からは読み取れます。

結ンデ開イテ羅刹ト骸_2番Aメロ後半歌詞の意味・解釈

かって嬉しい花いちもんめ

次々と売られる可愛子ちゃん

最後に残るは下品な付子

誰にも知られずに泣いている

(出典:結ンデ開イテ羅刹ト骸 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

(画像出典:https://www.youtube.com/watch?v=AKffZySqQts)

 

花いちもんめは昔からよくある遊びですね。

じゃんけんをして負けたら相手のチームに移っていき、最後の1人になったら負けという「相手から自分の人気具合が分かる」という非常に残酷なゲームです。

子どもは純真無垢なので、ちょっと人よりも変わっている子のことをいじめてしまうことから、可愛くない子は必然的に最後まで残して貶められるんですよね。。

付子がわざわざ漢字になっているのは、「可愛い子の隣に醜い子を置いておくことで、可愛い子を見本にさせる」という意味合いでしょうか。

ブスの当の本人は、こっそりと誰にも見られないところで自分の姿の醜悪さに涙しているようです。

結ンデ開イテ羅刹ト骸_2番サビ前半歌詞の意味・解釈

やい やい 悪戯しようか

やい やい 踊れや踊れ

らい らい 結んで開いて

らい らい 羅刹と骸

(出典:結ンデ開イテ羅刹ト骸 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

(画像出典:https://www.youtube.com/watch?v=AKffZySqQts)

 

また遊郭での言葉ですかね。

遊女に対して悪戯をしようという男の下品な言葉や、遊女としての芸として踊りを踊るなんてことも行為前にはあるので、おそらくそれらを指しているのでしょう。

1つこの「踊り」という言葉を見て気づいたのですが、この楽曲、ハチさんの出身である徳島の阿波踊り的なサウンドを感じるなとふと思いました。

こういうところに育ちのDNAのようなものが顔を出していると思うと、やはりアーティストの過去について色々知っておくのは気づきになるなぁと改めて感じました…!

※歌詞後半は先ほどのサビと同じなので、解釈は割愛します。

結ンデ開イテ羅刹ト骸_2番サビ後半歌詞の意味・解釈

三つ二つ一つで 息を殺して

七つ八つ十で また 結んで

高殿さえも耐え兼ね 火傷を背負い

猫は開けた襖を 閉めて行く

(出典:結ンデ開イテ羅刹ト骸 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

(画像出典:https://www.youtube.com/watch?v=AKffZySqQts)

 

「四」に引き続き、今度は「九」がありませんが、こちらは「苦」を連想させるので避けていると思われます。

息を殺すは、文字通り息を殺す意味もありますが、多分ストーリーを考えると「息子を殺す」という意味でも使っているのでしょう。

高殿はいわゆる「高い建物」という意味ですが、元々は「炉に熱を加えるふいごを収める建物」のことですね。

ふいごが分からない人もいるかもしれませんが、ざっくり言えば「炉に対して風を送る手動の送風機」です(より詳しく知りたい人はたたらの詳細ページをどうぞ)。

こうした火を扱う場所だからこそ「火傷」という言葉が出てくる訳ですね。意味としては「女遊びという”火遊び”をしたら大変なことになってしまった」という意味合いになるのかと。

もちろん漢字だけを見て「高」い位の「殿」方様という”金を持った男性”と解釈することもできるので、もしかしたらダブルミーニングかもしれませんね!

最後の猫ですが、これは「この殺害の現場を見てしまった赤の他人」のことかもしれません。襖を開けてみたけれど、その惨状を目にしてそっと襖を閉じて、その場を去った第三者のようなニュアンスを感じます。

結ンデ開イテ羅刹ト骸_Cメロ歌詞の意味・解釈

結局皆様他人事 (結局皆様他人事)

結局皆様他人事 (結局皆様他人事)

結局皆様他人事 (結局皆様他人事)

他人の不幸は 知らんぷり!

(出典:結ンデ開イテ羅刹ト骸 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

(画像出典:https://www.youtube.com/watch?v=AKffZySqQts)

 

この曲に出てくる不幸なもの全て、獄卒衆からしたらただの与太話なので結局この子を救いたいという気持ちでなく、みんな話半分くらいにしか聞いていないという状況を歌詞にしたのでしょう。

普通に現代でも、電車の中で席を譲らないとか、困っている人を助けないとか往々にして散見されるので、そういう現状への憂いも歌っているのかもしれませんね。

また、他人の不幸は蜜の味とも言うので「知らんぷり」の後に笑い声が入っているようにも解釈することが出来ます。

結ンデ開イテ羅刹ト骸_大サビ前半歌詞の意味・解釈

やい やい 子作りしようか

やい やい 世迷えや世迷え

らい らい イロハニ惚れ惚れ

らい らい 羅刹と骸

(出典:結ンデ開イテ羅刹ト骸 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

(画像出典:https://www.youtube.com/watch?v=AKffZySqQts)

 

最後の最後のサビで、もろに「子作り」というワードが出てきました。

男側が少女に惚れ、その後の性行為の果てに赤ちゃんができてしまった。そして、結果として世間的に迷った状況になってしまったということを曲の後半なので、改めて分かりやすく描写しているのでしょう。

イロハニというワードを入れることで、日本っぽさを演出しているのにもセンスを感じますね。

結んで開いて羅刹と骸_大サビ後半歌詞の意味・解釈

一つ二つ三つで また開いて

五つ六つ七つで その手を上に

鳥が泣いてしまわぬ 内にはらへら

一つ二つ三つで また明日

(出典:結ンデ開イテ羅刹ト骸 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

(画像出典:https://www.youtube.com/watch?v=AKffZySqQts)

 

前半2行は1番サビ後半歌詞と同じなので解釈は割愛します。

鳥が鳴くのは主に「朝」の時間帯ですので、朝が来る前に「はらへら」をしてしまおうと言っているのでしょう。

続く聞きなれない言葉の「はらへら」は「腹減らし」のことだと推測でき、つまりは「中絶」を意味する言葉だと解釈することができます。

そして「はらへら」が終わると、1,2の3で朝が来て明日になっていつも通りの日常に戻るという狂気を感じる曲の締めとなっています。

結んで開いて羅刹と骸_アウトロ歌詞の意味・解釈

悪鬼羅刹の如く、その喉猛らせ、

暴れる蟒蛇の生き血を啜る。

全ては移ろうので御座います。

今こうしている間にも、様々なものが。

はて、何の話をしていたかな?

まあ、そんな与太話は終わりにしましょう。

さあ、お手を拝借。

一つ二つ三つで また明日

(出典:結ンデ開イテ羅刹ト骸 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

(画像出典:https://www.youtube.com/watch?v=AKffZySqQts)

 

最後のアウトロも「語り」です。

この曲の一連の少女のストーリーを踏まえて「悪鬼の如く人を殺して血を啜って生きている」とまとめていることが分かります(蟒蛇は2番の歌詞で「人」の比喩だったので、ここでも「人」と解釈しています)。

「全ては移ろう」は、平家物語の”諸行無常”のことを言っているのでしょう。

この話をしている狐こそがその羅刹であるので、時が移ろったことから昔の自分と今の自分は違い、こうして周りに与太話として話が出来るようになったといったところでしょうか。

そして、宴もたけなわになったところで、会場の人の手を拝借してこの宴会を締めて、曲は終了します。

まとめ|結ンデ開イテ羅刹ト骸の歌詞の意味を解釈・考察

結ンデ開イテ羅刹ト骸の歌詞を解釈してみましたが、いかがだったでしょうか?

これだけ不気味さを持っている曲はなかなかないですよね?

「Mrs.パンプキンの滑稽な夢」よりもはるかにリアリティーのあるホラーさでした…。

米津玄師名義になってからはそういう曲もグッと減ってしまいましたが、いつかまたこれくらいエグいストーリーの曲を書いてくれるのを期待しています!

 

↓こちらの記事もよく読まれています!↓

【ハチP/米津玄師】マトリョシカの歌詞の意味を解釈・考察

【米津玄師の想いが隠された】ゴーゴー幽霊船の歌詞の意味を解釈・考察

 

↓米津ファンなら絶対知っておきたい米津さん自身に関する記事も要チェック!↓

【現在までの過去を完全解説】米津玄師の経歴とそこから見える才能とは

【男でも声が出るのはこの曲!】米津玄師の音域の幅とカラオケで歌いやすい曲

【これで完璧!】米津玄師の髪型・セット・おすすめワックス大全

 


OFFICIAL ORANGE/ハチ[CD]【返品種別A】