【ハチ/米津玄師】リンネの歌詞の意味を解釈・考察

2018年6月28日

リンネの曲にまつわる情報

リンネはハチP(米津玄師)のボカロ楽曲で、アルバム「OFFICIAL ORANGE」に収録されているボカロ界隈でも有数の人気曲です。


OFFICIAL ORANGE/ハチ[CD]【返品種別A】

かなり怖めなPVと曲調、脳内で何度も流れ出してしまうメロディのユニークさがウケて、米津玄師名義での活動になってからも未だに根強い人気を誇っています。

リンネはそのホラーなニュアンスから既に様々な解釈をされていますが、この記事では僕なりの解釈で歌詞を読み解いていければと思っています。

(サムネイル画像出典:https://www.youtube.com/watch?v=EahYs-8tTjQ)

リンネのPV

リンネのPVはこちらです。

リンネは1枚絵の静止画にはなっていますが、最後のサビに向けて主人公であろう少女の目から黒い涙が出るようになっています。

また、この主人公の目の下にホクロがありますが、この位置的に米津さんの顔のホクロの逆位置にありますので、おそらくハチPは自分の顔をそのまま絵にしたのではないかなと思われます。この頃はハチPで活動をしていて顔を出していなかったので、「自分の顔はこんな感じだよ」という遊び心をイラストに込めていたのかもしれませんね!

【ハチ/米津玄師】リンネの歌詞・メロディの意味・解釈を考察①

リンネのギターコード

リンネのギターコードはこちら!

http://www.ufret.jp/song.php?data=2013

リンネはテンポが早い楽曲なので、コードストロークもAメロカラかなり速めに小刻みにテンポよくすることが求められます。

Cメロは「茹だる」の「だる」の部分でコードを2回連続でダダっと弾くといい感じに原曲感が出せてオススメです。続く大サビの静かな部分はアルペジオで弾き、ラストサビでまたがっつりコードを弾き鳴らしましょう!

こちらはエレキギターでの弾いてみた動画ですが、ぜひギタリストの方は参考にしてみてください。

リンネの歌詞の意味を解釈・考察

リンネは「生命の輪廻」と「電車の環状線(円循環)」という二つの円循環をコンセプトにしつつ、恋人を想って自決するに至った主人公のストーリーを描いている、なんともホラーな歌詞となっています。

それでは早速、歌詞を解釈していきましょう!

リンネ_1番Aメロ歌詞の意味・解釈

黒い山羊が呟いた

「白線よりお下がりよ

鈍色電車通り去って」

隣りで猫が問い掛けた

「アナタは何処に向かうんだい

ここらも直に死んじまって」

(出典: リンネ 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

黒い山羊に猫と、この曲は動物がよく出てきますね。人ではなく動物が話しかけるというあたりからも不気味さを感じます。

黒い山羊ですが、不幸を感じさせるような”黒”をあえてつけているところが特徴的です。鈍色はグレーなので、東京メトロで言えば日比谷線的な感じです。黒の次がグレーなので、この色的な意味合いでも不穏さが曲中に流れますね。とりあえず、場面としては主人公は駅のプラットフォームにいるのか、はたまた踏切にいるのかというところまでは想像がつきました。

そして猫が話す内容ですが、今いる場所がダメになってしまっている(=居づらい場所になっている)という解釈をすることができ、そこから離れて何処に向かうのか?と問いかけています。

居づらい場所から離れる、電車から離れろという忠告。ここまででも十分に「自殺」のニュアンスがするので、この解釈を念頭において歌詞解釈を進めていこうと思います。

リンネ_1番Bメロ歌詞の意味・解釈

赤の手首携えて

私一人 ふわり根無し草

錆びた水を飲み込んで

次の駅

(出典: リンネ 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

赤の手首はリストカットを連想させますので、先ほどの解釈は合っている可能性が高まってきました。続く歌詞も自分1人だけがこの世からいなくなるかのようなフワフワした存在であることを「根無し草」で例えているかのうようですね。

血が水に混じると錆びるので「錆びた水」は「血の混じった水」もしくは「血」そのものかもしれませんが、それを飲み込んで「次の駅」へ向かいます。

今の場所から自殺をした場合の次は「死後」なので、次の駅はおそらく死んだ後の世界ということなのではないでしょうか?

リンネ_1番サビ歌詞の意味・解釈

またどうか どうか愛を

帰りの電車は何処にも無いわ

教えてダアリン ダアリン ねえダアリン

声が聞こえたような気がした

(出典: リンネ 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

愛に飢え、ダアリンという恋人に何度も声をかけているが向こうからの返事はなく、ただ”声が聞こえた気がした”という表現になっていることから、主人公は「愛すべきパートナーを亡くして途方に暮れ、自分も後を追って死のうとしている自殺志願者」であることが推測できます。

「ダアリンねえ」の「リンね」の部分が曲タイトルの「リンネ」に結びつくという非常に面白いサビとなっているのもこの曲の特徴です。

ハチPのこういう「コンセプトをメロディでもストーリーでも体現しつつも、曲や歌詞のギミックでも表現してくる」という、この技術力・レベルの高さに舌を巻きますよね…。

リンネ_2番Aメロ歌詞の意味・解釈

枯れた花は呟いた

「感情がない、感情がない、

心は憂い夕を吐いて」

蝉の泣いて墜ちる頃

電線が裂いた赤の下

立入禁止 蹴っ飛ばして

(出典: リンネ 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

次のAメロの動物には”花”と”蝉”が出てきます。

枯れた花は「枯れた=死」ということから、やはり“死”を連想させる動物です。愛すべきパートナーを亡くしたことで、もう感情がなく心は憂鬱になって落ちるところまで落ちきってしまったことがこの歌詞から読み取れます。

次の蝉もやはり7日で死んでしまう存在なので、この蝉を通じて「命の短さ・儚さ・死」を表現しているものだと解釈することができます。

電線が赤を裂く、つまり太陽に電線がかかっているような絵を想像することができます。もしかしたら太陽が落ちている夕暮れ時を描いているのかもしれません(「夕を吐いて」という歌詞が直前にあるので夕方と捉えるのがベターかもしれません)。

「立入禁止の看板」は1番の歌詞を考えるに、おそらくは踏切に看板を蹴っ飛ばして立ち入ったのでしょう。まさに電車に轢かれて自殺を図ろうとしていますね。

リンネ_2番Bメロ歌詞の意味・解釈

猛り影がドロドロと零れ出す

(出典: リンネ 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

1番Bメロとは違い、今度は一行だけです。

影が勢いよく零れ出してしまった、ということは主人公が電車に轢かれて血しぶきをあげ、体がぐしゃぐしゃになって、それに伴って主人公の影もぐちゃぐちゃになってしまったということを表しているのではないでしょうか?

自分で解釈しておいてなんですが、めちゃめちゃグロテスクでホラーな解釈ですね…。

リンネ_2番サビ歌詞の意味・解釈

「見えない」と泣いて泣いて

私の想いを探しているわ

教えてダアリン ダアリン ねえダアリン

鳴らぬ電話の命は何処へ

(出典: リンネ 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

私の想いを探しているということは「見えない」と言っているのは私ではなく死んだパートナーの様子でしょうか。あなたが私を探しているのであれば、私がそちらに行きましょうという自殺前の主人公の心境を歌詞にしていると考えられます。

「鳴らない電話」に関して、これは上記の解釈から推測するに主人公の携帯電話でしょう。主人公も死んでしまったのでこの携帯電話はもう鳴りません。

リンネ_Cメロ歌詞の意味・解釈

茹だる茹だる環状線

ここには無い ここに終点は無い

左 左 右で鳴る

踏切りの音 カンカラリンドウ

(出典: リンネ 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

環状線は円のこと。つまり、輪廻と電車の環状路線をかけて考えていると思われます。山手線のようにぐるぐるとずっと終わりなく回るので、「終点がない」訳です。

歌詞後半は踏切りの音がただただ鳴る様子が描かれています。カンカラリンドウっていう音の表現がまた風景描写をより鮮明にする擬音で、とても秀逸ですね。

リンネ_Dメロ歌詞の意味・解釈

カラスは言う カラスは言う

「あの頃にはきっと戻れないぜ」

「君はもう大人になってしまった」

(出典: リンネ 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

最後の動物は、またもや真っ黒で不吉さを演出するカラスです。

カラスの発言から今度は今までにない言葉が出てきます。それは「大人になってしまった」という言葉。単純に恋人を亡くしてしまった人のストーリーかと思いましたが、大人であるかどうかは今までそこまで重要ではありませんでした。

これは「幸せだった昔にはもう戻れない」という非常にシンプルなことを伝えるための歌詞なのではないでしょうか?そう考えると、もう死を迎える覚悟ができてしまった主人公を線路の上からカラスが見ている様子が一気にイメージ出来てきますよね。

リンネ_大サビ歌詞の意味・解釈

またどうか どうか愛を

終わらない輪廻を

千切っておくれ

さよならダアリン ダアリン ねえダアリン

あの日私は大人になった

(出典: リンネ 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

輪廻とは仏教用語で「死んだらまた違う体として生き返る」という意味合いの言葉です。輪廻転生なんてよく言いますよね。

この”命の循環である輪廻”と「環状線」という”電車がぐるぐる回る様子”を2重に描いて、どちらも「輪廻」だよねと伝えているのがハチPのリンネにおける世界観とメッセージなわけです。

そう考えると、命の輪廻を電車の輪廻(=環状線の円循環)で断ち切っておくれ、というのが「千切っておくれ」という歌詞の意味となるのが容易に想像つくかと思われます。

そして最後は、もう幸せな過去に戻れない「大人」になって死を迎えるという締めで大サビを終えていきます。

リンネ_ラストサビ歌詞の意味・解釈

絶えず想う 二人一人

暮れ落ちた言葉は取り返せずに

さよならダアリン ダアリン ねえダアリン

クルクル回る環状線を

「一人憐れに歩めや少女」

(出典: リンネ 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

最愛のパートナーをずっと想っているので「二人はいつも一つ」という意味合いでの「二人一人」。この頃になってくると「ダアリンねえ」の部分を聞くのが辛くなってきますね。。

命の循環の輪廻も、電車の環状線上の輪廻も、どちらも歩む主人公に向かってナレーター的なところから「1人で憐れにその輪廻を歩め」と伝えて、リンネは幕を閉じます。

まとめ_リンネの歌詞の意味を解釈・考察

リンネの歌詞を解釈してみましたが、いかがだったでしょうか?

なかなかに輪廻という言葉に複数の伏線と意味を仕込んでいたハチP。これを作った頃は20歳くらいなので、末恐ろしい鬼才ですよね…。

米津玄師の名義になってからここまでホラーめいたストーリーの楽曲は作っていないので、久々にこういうテイストのものも聞いてみたくなりますね!

↓こちらの記事も人気です!↓

【米津玄師】【さらば掲げろとは?】ピースサインの歌詞の意味を解釈・考察

【米津玄師】LOSERの歌詞の意味を解釈・考察

 

↓米津ファンなら絶対知っておきたい米津さん自身に関する記事も要チェック!↓

米津玄師が影響を受けたアーティストから見る音楽のルーツ

米津玄師とハチは同一人物だけど「楽曲・歌詞のつくり」がどこか違う?

【男でも声が出るのはこの曲!】米津玄師の音域の幅とカラオケで歌いやすい曲


OFFICIAL ORANGE/ハチ[CD]【返品種別A】