【ハチP/米津玄師】ゆめくいしょうじょ(沙上の夢喰い少女)の歌詞の意味を解釈・考察

2018年6月28日

「ゆめくいしょうじょ」、皆さん原型のボカロ曲があるのはご存知ですか?

米津さんが最近のファンの中に元の「沙上の夢喰い少女」を知らない人がいることに気づいたことから、セルフカバーしてもいい頃合いかもしれないと思い歌うようになったことでTwitterで話題になっていましたね。

今日はそんな「沙上の夢喰い少女」及び「ゆめくいしょうじょ」の歌詞を徹底的に解釈・考察していきます。

まずはこの曲の事前に知っておきたい情報から!

ゆめくいしょうじょ(沙上の夢喰い少女)の曲にまつわる情報

米津玄師名義で「ゆめくいしょうじょ」という曲名でセルフカバーされている楽曲がシングル「ピースサイン」のカップリングに収録されていることで、最近また話題に登っている曲ですね。


ピースサイン [ 米津玄師 ]

沙上の夢喰い少女は、ハチPの1stアルバムである『花束と水葬』に収録されている楽曲で、PVも制作されているハチPの人気楽曲です。

花束と水葬 [ ハチ ]

(サムネイル画像出典:https://www.youtube.com/watch?v=mq3t6aCbb8o)

ゆめくいしょうじょ(沙上の夢喰い少女)のPV

PVは南方研究所が制作しており、「clock lock works」「砂の惑星」「WORLD’S END UMBRELLA」などと同様に非常にクオリティの高いアニメPVとなっています。

主人公の「ゆめくいしょうじょ」が、悪夢にずっとうなされ続ける「君」の悪夢を食べて癒してあげるというストーリーが描かれています。

「君」の背中から出てくる機械みたいな悪夢の絵のタッチがめちゃめちゃ細かくて、とんでもないですね。。

ゆめくいしょうじょ(沙上の夢喰い少女)のギターコード

こちらの曲ですが「ゆめくいしょうじょ」として米津さんがセルフカバーしていて、そちらのコードがUフレットにありましたのでそちらからシェア!

http://www.ufret.jp/song.php?data=38568

この曲は何と言ってもBメロのリズムの取りづらさが最大の難関となります。

非常に最初は難しいので、相当ゆっくりなペースで歌えるようにまずは練習しましょう。ギターコード自体はそこまで複雑なものも少ないので、とにかく歌とリズムを合わせることに集中です。

だっちさんの弾き語り動画も載せておきますので、ぜひこちらの動画も参考にしてみてください。

ゆめくいしょうじょ(沙上の夢喰い少女)のインタビュー記事

インタビュー記事はこちら!

「ゆめくいしょうじょ」としてセルフカバーされたところに関する米津さんの想いがインタビュー記事に載っているので、これらはチェックしておかないとですね。

・ナタリーミュージック

https://natalie.mu/music/pp/yonezukenshi10

ゆめくいしょうじょ(沙上の夢喰い少女)の歌詞の意味を解釈・考察

この曲はPVを見れば大枠のストーリーが分かるのですが、タイトル通り「夢を食べる少女」が主人公で、その特性を活かしてとある少年を救う物語となっています。

それでは早速、歌詞を解釈していきましょう!

ゆめくいしょうじょ(沙上の夢喰い少女)_1番Aメロ歌詞の意味・解釈

ブーゲンビリアの花が咲いた

給水塔の上で

迷い星を探している

皺枯れの空まで

(出典:沙上の夢喰い少女 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

ブーゲンビリアの花言葉は「情熱」「魅力に満ちている」などです。

主人公の少女とは別に、悪夢を見ている「君」という存在はおそらく周りから愛を受けずに否定をされ続けたような存在のPVの男の子で出てきますが、彼に対して少女側から「あなたは嫌われていても魅力に溢れていますよ」と表現していることの比喩なのではないのかなと思われます。

皺枯れの空は星が多く出ている空を指していて、星座にすると皺のようにいくつでもできてしまうような夜空を表現しているのかもしれません。

そうすると、ここでいう「迷い星」は先ほどの少年が生きることへ迷っている様子を表しているようにも解釈できますね。

ゆめくいしょうじょ(沙上の夢喰い少女)_1番Bメロ歌詞の意味・解釈

居場所が無い

絵本も無い

コウノトリは

赤ん坊を連れ去り消えた

(出典:沙上の夢喰い少女 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

先ほどの少年は周りから嫌われているので自分自身の居場所がどこにもなく、その状況から逃げる先の本やアニメなどの現実逃避先のファンタジーのような世界(=絵本)も無いようです。

突然出てくるコウノトリですが、普通は赤ん坊を連れて来てくれるはずのコウノトリが逆に赤ん坊を連れ去ってしまいます。

これが何を意味しているかというと、赤ちゃんは「生命」の比喩だと解釈でき、それを連れ去ってしまうということは「死」に繋がるのではないかなと思われます。

つまり、このまま行くと少年は誰からも必要とされない現実から自殺を図ってしまうというように読み取れます。

どこかこの少年の経緯は、過去に人と姿も価値観も違うことからなかなか周りとコミュニケーションがうまくいかなかった米津さんの過去やうつ病などの病気を思い出しますね。

ゆめくいしょうじょ(沙上の夢喰い少女)_1番サビ歌詞の意味・解釈

君の悪い夢も

私が全部食べてあげる

痛いの痛いの飛んでいけ

安らかな歌声を

(出典:沙上の夢喰い少女 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

夢喰い少女というだけあって、バクのように少年の悪夢を食べてしまいます。

ここでポイントなのは「君」と「気味」をかけているところですね。

「気味の悪い夢=悪夢」というように言葉を二重にかけている意味を成立させるのは米津さんならではの歌詞で気づくと思わず「おお!」となってしまいます。

悪夢が去っていくことに対して「痛いの飛んでいけ」とおまじないをかけ、そのまま眠ってしまった彼に心が安心するような子守歌を少女は歌ってあげています。

ゆめくいしょうじょ(沙上の夢喰い少女)_2番Aメロ歌詞の意味・解釈

ブーゲンビリアの花が咲いた

給水塔の上で

夜明けは紫陽花の様

眠る水脈は透明に

(出典:沙上の夢喰い少女 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

前半2行は1番Aメロと同じですね。少年に対して自己肯定感を高める表現をしています。

夜明けが紫陽花とは、「夜明け=悪夢を食べたことで少年の迷いが無くなり始める時間の経過」で、紫陽花は単純に夜明けの紫色を表すのと同時に「梅雨=雨=涙」を表しているのかなと思われます。

涙に関して少し無理矢理では?と思うかもしれませんが、これはこのあとの歌詞を解釈していくと理解できていきます。

 

これまでのストーリーから考えると、眠っているのは少年なので、この「水脈」は少年のことだと思われます。

なぜ水脈か?ということも考えましたが、これは「少年が涙を流している様」を比喩しているのかなと考えると説明がつきます。

そうすると、悪夢によって汚れてしまった心が浄化されて透明になっていく少年の様子を表していることが読み取れますので、おそらく合っているかなぁ…と。

ということは、この給水塔は「涙の貯水庫=少年の心」なのかもしれませんね。

ゆめくいしょうじょ(沙上の夢喰い少女)_2番Bメロ歌詞の意味・解釈

震えては

聞こえないふりを

まどろみが

君を傷付けて止まないんだ

(出典:沙上の夢喰い少女 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

少年は、現実世界での自分を否定する声に対して恐怖を感じて震え、それらの声が聞こえないふりをします。

しかし、その恐怖から逃げ出すように夢の世界へ行こうとしますが、先ほどのように悪夢が今度は待ち構えているので、彼にとって逃げ場がないという状況が続きます。

まどろみは入眠直前のタイミングなので、少年にとっては「悪夢がスタートするタイミング」という風に捉えられますね。

ゆめくいしょうじょ(沙上の夢喰い少女)_2番サビ歌詞の意味・解釈

思い出の話を

語っておくれよ 曖昧な格好で

洒がれた闇さえ飲干して

息を吐く 淡い声

(出典:沙上の夢喰い少女 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

自分が周りから嫌われていなかった頃の思い出を語ってほしいと少女は少年に声をかけます。

「曖昧な格好」というのが先ほどの「迷い星」の表現と重なってきますね。戸惑いで心が揺れる様子を”曖昧”と表現しています。

「酒がれた闇」は悪夢のことで、少女がPV通りにそれを飲み干します。

そして、彼女は飲み干した後に一息吐き、淡い声で子守歌を歌い出します。

ゆめくいしょうじょ(沙上の夢喰い少女)_Cメロ歌詞の意味・解釈

ああ 輪郭を失ってしまった

君だけに子守歌を!

(出典:沙上の夢喰い少女 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

「曖昧」な存在の少年だから輪郭を失ってしまったと形容しているわけですね。

全てのストーリーがこうした言葉の端々から一貫していることが分かると解釈していて楽しくなりますね〜。

そんな彼を救うために、少女は子守歌を歌い続けます。

ゆめくいしょうじょ(沙上の夢喰い少女)_大サビ歌詞の意味・解釈

君の悪い夢も

私が全部食べてあげる

その涙で胸が痛いの

(出典:沙上の夢喰い少女 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

夢を食べる少女は、少年の心の闇からくる涙に悲しみを感じ、胸の痛みを覚えます。

いよいよこの曲も最後のパートに進んでいきます。最後まで一気に行きましょう。

ゆめくいしょうじょ(沙上の夢喰い少女)_ラストサビ歌詞の意味・解釈

余りに残酷で

溺れた夜も 側にいておくれ

この朝に二人 夢を見た

飲み込むのが 怖い程

光を呑んだ 淡い夢

(出典:沙上の夢喰い少女 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

「夜」というのはこの曲においては「辛い時間」を表すため、残酷という表現をしたり、夜に溺れる辛い悪夢の時間も側にいてほしいという少年の心の叫びに繋がってくるという解釈が妥当でしょうか。

そんな夜が過ぎ、朝がやってきます。

朝日の「光」と心の安定の「光」を含んだ心地よい夢が少年にやってきたところでこの物語は終わりを迎えます。

あえて先ほどの悪夢を飲み込むという表現と同じように「飲み込む」という動詞を使っているところが憎いですね…。

まとめ_ゆめくいしょうじょ(沙上の夢喰い少女)の歌詞の意味を解釈・考察

ゆめくいしょうじょ(沙上の夢喰い少女)の歌詞を解釈してみましたが、いかがだったでしょうか?

一見よくわからない表現にも一つ一つ意味があるからこそ、これだけ曲に強いコンセプトを乗せられているということが改めて分かりました。

米津さんの声でもミクの声でも、それぞれの良さがあるのでどっちもぜひ聞いてみてくださいね!

 

↓こちらの歌詞解釈記事もよく読まれています!↓

【米津玄師】【さらば掲げろとは?】ピースサインの歌詞の意味を解釈・考察

【米津玄師】Neighbourhoodの歌詞の意味を解釈・考察

【ハチ/米津玄師】リンネの歌詞の意味を解釈・考察

 

↓米津ファンなら絶対知っておきたい米津さん自身に関する記事も要チェック!↓

【これで完璧!】米津玄師の髪型・セット大全

【男でも声が出るのはこの曲!】米津玄師の音域の幅とカラオケで歌いやすい曲

【画像で徹底解説】米津玄師のギター・エフェクター機材!


ピースサイン [ 米津玄師 ]