【ハチP/米津玄師】砂の惑星の歌詞・PVの意味を解釈・考察

2018年6月28日

米津ファンならずともニコニコ動画やボーカロイド曲を長年愛してきた人からすると、この「砂の惑星」は死ぬほど歌詞やPVに隠された意味が詰まってて思わず泣けてきますよね…。

ただ、一部その本当の意味が作品を初見で見ただけでは分かりづらいものもありますので、今回はがっつりまとめてみました!

それでは早速どうぞ!

砂の惑星の曲にまつわる情報

砂の惑星は米津玄師さんが作曲したマジカルミライ2017のテーマソング曲で、4thアルバム「BOOTLEG」にも収録されています。


BOOTLEG (通常盤) [ 米津玄師 ]

ボーカロイドの初音ミクを使用したバージョンで公開され、4thアルバム「BOOTLEG」では米津さん自身がセルフカバーした楽曲が収録されていて、1曲で2度美味しい楽曲です。

この曲、PVもいろいろと解釈ができるので、他の曲とは違ってPV解釈も次の見出しにてガッツリ解釈を特集していきます。

(サムネイル画像出典:https://www.youtube.com/watch?v=AS4q9yaWJkI)

砂の惑星のギターコード

砂の惑星のギターコードはこちら!

http://www.ufret.jp/song.php?data=39231

イントロの独特な耳に残るメロディも動画解説付きでTAB譜が載っているので、単純なコードのブラッシングだけの演奏だけでなくギターでピアノのメロディも演奏することができます。

コードで使われているもので珍しいコードはG#dimくらいでそんなに難しくないのですが、カポを1フレットにつけて弾いたり、バレーコードでF#のコードを弾いたりする必要があるのでその点は初心者の方は注意して演奏するようにしてくださいね!

Aメロは4拍子の1拍ごとに「ジャッ、ジャッ」っと区切って弾いて残りは通常のストロークで弾くと雰囲気が出て良いかもしれません。

こちらのだっちさんの弾き語り動画もとても参考になるのでこちらもぜひチェックしてみてください!

砂の惑星のインタビュー記事

砂の惑星に関するインタビュー記事はこちら!

ボカロPであるryoさんとの対談はかなり深い記事なので、ぜひチェックしてみてください。もちろん米津さんがどういう意図で砂の惑星を作ったのかについても記載されているので、そちらも読んでくださいね。

・ナタリーミュージック(ハチ×ryo)

http://natalie.mu/music/pp/hachi_ryo

・リアルサウンド

http://realsound.jp/2017/07/post-93495.html

砂の惑星_PVの意味を解釈・考察

砂の惑星の公式PVはこちら!

この曲はPVが公開されるやいなや、様々な解釈がYoutubeのコメント欄をはじめネット上でここかしこで見られ、米津ファンの皆さんも一度はどこかで曲の解釈について目にしたことがあるのではないでしょうか?

PVは「恋と病熱」などでお馴染みの南方研究所とのコラボなのでハイクオリティーです!

PVのストーリーは、米津さん風のやさぐれ気味のミクが覆面をかぶった謎のキャラクターたちと一緒に砂漠の中を歩き、とある建造物を経由して、さらに砂漠を進んでいくと小さな子どものようなキャラクターに抱きつかれたり一緒に行動していたキャラクターが何人か離れていったりするようなものとなっています。

それではこのPVに隠された謎を見ていきましょう!

 

砂漠と謎の18人のキャラクター

まず、砂漠ですがこれは「現在のニコニコ動画」を表現しています。

衰退気味になってきているニコニコ動画の現状について、落胆と期待を込めてニコニコ動画・ボカロファン界隈に一石を投じた米津さんのこの表現は賛否両論がありますね。

歌詞も「草も生えない」と、ニコニコ動画のネットスラングである「w(通称”草”)」を文字って皮肉な歌詞を書いています。

 

また、このサムネイルにも出てくるキャラクター、楽器を持っていることから「ボカロP」を表しているのではないか?と巷ではよく言われています。

しかし、米津さんがボカロ曲として発表した曲数も18曲だったことから、この”18″という数字を米津さんのボカロ曲数に例える見方も有力なんですよね。

個人的にはこちらの米津さんの曲数説の方が論理的なので合っているんじゃないかなと思っています!

 

そして、最後の方で現れる子どものようなキャラクターは、「楽曲のファン」と言われています。

そう考えると、ボカロP(もしくは米津さんの曲)に抱きつく前に一旦ミクを抱きついていることから、「ミクを通して作曲者であるボカロP(もしくは米津さんの曲)の存在を知り、ファンになる」というニコニコ動画でよく見る一連の流れをここで表しているという解釈ができるようになります。

 

2種類のミクとガラクタで出来たバースディケーキの謎

そして、本家の初音ミクもラップ部分で登場し、誕生日ケーキのロウソクを消しながら音楽を楽しむカットがあります。

ここが本家ミクなのは、米津さん以外の楽曲も多くかつての最盛期の楽曲が歌詞に数多く当てはめられているからだというように推測ができます。

PV最後に途中で立ち寄った建造物を上空から眺めるとなんと「バースディケーキ」になっているというすごい終わり方をしています。

ちなみにこのバースデイケーキの建物をよく見てみるとガラクタの山になっていることが分かりますが、このガラクタは「売れることのなかった、日の目を見ていない楽曲」を比喩していると考えられています。「有象無象の墓の前で敬礼」の歌詞とリンクしてガラクタの部分が見えるようになっていますので、このような解釈になったのだと考えられます。

いやー、砂の惑星はPVの解釈だけでもかなり濃いですね…!

砂の惑星の歌詞の意味を解釈・考察

それでは、やっと歌詞解釈に移っていきます。

砂の惑星は、ニコニコ動画の衰退について米津さんが人気ボカロPとして名を馳せた2010年前後の立ち位置から歌にした楽曲で、歌詞の中にもニコニコ動画最盛期に人気だった楽曲のタイトルや歌詞が2番の歌詞の中に散りばめられています。

過去・現在・未来のニコニコ動画について、米津さんはどのように考え、どのように歌詞にしたのかをこれから紐解いていきましょう。

砂の惑星_1番Aメロ歌詞の意味・解釈

何もない砂場飛び交う雷鳴 しょうもない音で掠れた生命

今後千年草も生えない 砂の惑星さ

こんな具合でまだ擦り減る運命 どこにも行けなくて墜落衛星

立ち入り禁止の札で満ちた 砂の惑星さ

(出典: 砂の惑星 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

砂の惑星=ニコニコ動画なので、この砂漠がどんな場所なのかを情景描写しているのがこのAメロです。

草も生えなければ雷が鳴り響くという荒れ果てた砂漠が、最盛期からどんどん衰退していくニコニコ動画を表現していることはすぐに読み取れますね。しかし、「立ち入り禁止の札で満ちた」という表現は、なかなかパンチが効いているので、現在ボカロPとしてニコニコ動画で活動している人たちはあまりいい気がしない人も出てきそうです。

ちなみに、ファンの中で有名な「どこかに行きたい米津さん」はこの曲だと「どこにも行けない」という悲しいことになっています。

砂の惑星_1番Bメロ歌詞の意味・解釈

のらりくらり歩き回り たどり着いた祈り

君が今も生きてるなら 応えてくれ僕に

(出典: 砂の惑星 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

現在のニコニコ動画をのらりくらりと漂う中で、とある祈りに辿り着きます。この「祈り」は、「これからニコニコ動画がまた盛り上がることに対する祈り」なのかなと、筆者は解釈しています。

ここでいう「君」は、ニコニコファンのことでしょう。もう一度ニコニコ動画を盛り上げていくために応えてくれ、というようなニュアンスでしょうか。

こういったところに、ただダメ出しをするだけでない米津さんのニコニコ動画への愛を感じます。

砂の惑星_1番サビ歌詞の意味・解釈

イェイ今日の日はサンゴーズダウン つまり元どおりまでバイバイバイ

思いついたら歩いていけ 心残り残さないように

イェイ空を切るサンダーストーム 鳴動響かせてはバイバイバイ

もう少しだけ友達でいようぜ今回は

(出典: 砂の惑星 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

サンゴーズダウンはsun goes downなので、日が落ちることを表現しています。ニコニコ動画の人気が落ちていることと、日が落ちていることをかけているのでしょう。なので、「元どおりまで」は人気が元どおりになるまでというように解釈することができます。

サンダーストームはAメロの雷鳴を表して世界観を表現していると思われます。

そして、「もう少しだけ友達でいようぜ今回は」というのは、米津さんの初音ミクとの関係のようにも読めます。今はハチとしてよりも米津玄師としての活動のが多いけれども、今回の砂の惑星という曲に関してはミクと仲良くして(ミクで作曲して)いるというように見えなくはないかなと筆者は考えます。

砂の惑星_2番Aメロ歌詞の意味・解釈

そういや今日は僕らのハッピーバースディ 思い思いの飾り付けしようぜ

甘ったるいだけのケーキ囲んで 歌を歌おうぜ

有像無像(うぞうむぞう)の墓の前で敬礼 そうメルトショックにて生まれた生命

この井戸が枯れる前に早く ここを出て行こうぜ

(出典: 砂の惑星 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

このバースディはもちろんミクの誕生日のこと。マジカルミライ2017のテーマソングであることをここで改めて歌っています。

そして、PV解釈のところでも開設しましたが「有象無象の墓」はあまり売れなかった数多くのニコニコ楽曲のことを指しています。玉石混合の様々な曲に影響されて多くのボカロPが新しい楽曲を生んでいくという循環を表現することで、それらの過去の楽曲の集積に対してリスペクトを表しています。

メルトショックとは、「超人気ボカロ楽曲”メルト”がランキング上位をずっと占めていた現象」です。米津さんもこのメルトには大きく影響を受けていて、対談でもメルトの生みの親であるryoさんと対談インタビューをしています。

砂の惑星_Cメロ歌詞の意味・解釈

ねえねえねえあなたと私でランデブー? すでに廃れた砂漠で何思う

今だパッパパッと飛び出せマイヒーロー どうか迷える我らを救いたまえ

(出典: 砂の惑星 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

さぁ、ここからはハチ作品を数多く含めた過去のニコニコ動画の人気楽曲が歌詞の中に多数散りばめられています。

1行目は米津さんの「マトリョシカ」、2行目も同じく米津さんの「パンダヒーロー」です。どちらもとてつもない再生回数を投稿当時は叩きだしました。

砂の惑星_Dメロ歌詞の意味・解釈

ぶっ飛んで行こうぜもっと エイエイオーでよーいどんと

あのダンスホール モザイクの奥 太古代のオーパーツ

光線銃でバンバンバン 少年少女謳う(うたう)希望論

驚天動地(きょうてんどうち)そんなんで

古今未曾有(ここんみぞう)の思い出は電子音

(出典: 砂の惑星 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

ここからさらに高速で早口な譜割になっていきます。ボカロ曲の真骨頂のようなリズム感に合わせて、ニコニコ動画の歴史に沿った曲がいくつもいくつも出てきます。

ぶっ飛んで行こうぜもっとは蝶々Pの「え?あぁ、そう。」、エイエイオーでよーいどんはギガPの「お子ちゃま戦争」

ダンスホールは米津さんの友達でもあるwowakaさんの「ワールズ・エンド・ダンスホール」、モザイクの奥はDECO*27さんの「モザイクロール」、太古代のオ−パーツはkemuさんの「カミサマネジマキ」

光線銃でバンバンバンは黒うさPさんの「千本桜」、少年少女謳う希望論は自然の敵Pさんの「チルドレンレコード」

思い出は電子音は米津さんの初投稿作品である「お姫様は電子音で眠る」

もうこれでもかと歴代の人気ボカロ曲を詰め込んでいますね… !

砂の惑星_2番Bメロ歌詞の意味・解釈

戸惑い憂い怒り狂い たどり着いた祈り

君の心死なずいるなら 応答せよ早急に

(出典: 砂の惑星 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

1番Bメロと伝えている内容はほぼ同じですね。混沌とした今のニコニコ動画に対して、今までのファンやこれからのファンの中でニコニコ動画への愛があるならば再度盛り上げていこうぜという米津さんからのメッセージを感じます。

砂の惑星_2番サビ歌詞の意味・解釈

イェイきっとまだボーイズドントクライ つまり仲直りまでバイバイバイ

思い出したら教えてくれ あの混沌の夢みたいな歌

イェイ宙を舞うレイザービーム 遠方指し示せばバイバイバイ

天空の城まで僕らを導いてくれ

(出典: 砂の惑星 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

ボーイズドントクライはニコニコ動画が廃れていくことを望んでいない・諦めていない人たちを表現していて、人気がまた元に戻ることを「仲直り」と比喩していると思われます。

また、混沌=カオスで、カオスはネットスラングとしてもよく使いますし、ニコニコ動画で人気になる曲にはカオスな曲調な曲も多いので、「混沌の夢見たいな歌」はきっとそのことを指していると思われます。

天空の城はニコニコ動画の復活を比喩しているのでしょうかね?いきなり城という表現が出てきたのですが、なぜ城なのかまでは読み取ることができませんでした。

砂の惑星_Eメロ歌詞の意味・解釈

歌って踊ろうハッピーバースディ 砂漠に林檎の木を植えよう

でんぐり返りそんじゃバイバイ 後は誰が勝手にどうぞ

歌って踊ろうハッピーバースディー 砂漠に林檎の木を植えよう

でんぐり返りそんじゃバイバイ 後は誰が勝手にどうぞ

(出典: 砂の惑星 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

ここのでんぐり返りはwowakaさんの「ローリンガール」という曲だという解釈もよく聞かれます。

この現在のニコニコ動画という砂漠に新しいムーヴメントを起こしてほしいという米津さんの願いを「林檎の木を植えよう」と表現し、すでにニコニコから少し距離の置いた米津さんではなく他の誰かがそのムーヴメントを起こしてほしいということを「後は誰かが作ってくれ」という歌詞で示しています。

ここの部分が一番、米津さんの気持ちが垣間見える歌詞なのかなと筆者は感じています。

砂の惑星_ラストサビ歌詞の意味・解釈

イェイ今日の日はサンゴーズダウン つまり元どおりまでバイバイバイ

思いついたら歩いていけ 心残り残さないように

イェイ空を切るサンダーストーム 鳴動響かせてはバイバイバイ

もう少しだけ友達でいようぜ今回は

風が吹き曝しなお進む砂の惑星さ

(出典: 砂の惑星 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

最後の一行以外は1番サビの繰り返しなので割愛します。

しかし、この最後の一行が米津さんのニコニコ動画への期待を込めた歌詞だということがよく分かるものなのです。

「なお進む」という部分がもしなければニコニコ動画はずっと廃れたままで復活しないだろうという締めくくりになっていたのでしょう。米津さんがきちんと自分の出身地であるニコニコ動画の復活を願うスタンスを曲の最後に仕込んでいたのだと分かると、どこか少しホッとするというか嬉しくなりますね。

まとめ|砂の惑星の歌詞・PVの意味を解釈・考察

砂の惑星の歌詞解釈をしてみましたが、いかがだったでしょうか?

PVも歌詞も盛りだくさんでかなり濃い目な歌詞解釈になりましたが、ぜひ全て読んでみてもらえるととても嬉しい限りです。

もし「砂の惑星、こういう解釈もできるよ!」というものがあればコメントをお願いします!

 

↓他の人気記事はこちら!↓

【ハチP】パンダヒーローの歌詞の意味を解釈・考察

【ハチP】WORLD’S END UMBRELLAの歌詞の意味を解釈・考察

【米津玄師】【徹底解説】Lemonの歌詞の意味を解釈・考察

 

↓米津ファンなら絶対知っておきたい米津さん自身に関する記事も要チェック!↓

【生い立ち・過去を完全解説】米津玄師の経歴とそこから見える才能とは

【徹底分析】米津玄師の音域の幅とカラオケで歌いやすい曲

米津玄師のファッションブランドを全部リストにしてみた


BOOTLEG (通常盤) [ 米津玄師 ]