【米津玄師】しとど晴天大迷惑の歌詞の意味を解釈・考察

2018年6月28日

しとど晴天大迷惑の曲にまつわる情報

しとど晴天大迷惑は、米津玄師さんの2ndアルバム「YANKEE」に収録されている楽曲で、ギターリフや曲全体としての言葉数の多さが印象的なアップテンポのロックチューンとなっています。


YANKEE [ 米津玄師 ]

この曲もシンデレラグレイのようにカラオケで歌うには早口や滑舌よく会うことに慣れていないと一気に舌が絡まってしまうような楽曲なので、カラオケで歌われる方は要注意な楽曲の1つです!

ちょっと特殊なのは、この曲は「Bメロがないということ」。Aメロかサビのどちらかしかないので、ずっと曲調は速いままです。

しとど晴天大迷惑のPV

PVに関して、この曲はアルバム曲なのでPVはありません。

例によってYoutubeから今回は弾いてみた動画を持ってきましたので、こちらでバックで流れている音楽でこの楽曲を聞いてみてください!

しとど晴天大迷惑のギターコード

しとど晴天大迷惑のギターコードはいつもの見やすいUフレットには載っていなかったので、Chordwikiから今回は引っ張ってきました。

https://ja.chordwiki.org/wiki/%E3%81%97%E3%81%A8%E3%81%A9%E6%99%B4%E5%A4%A9%E5%A4%A7%E8%BF%B7%E6%83%91

もうこの曲はノリノリなので、コードストロークをしっかり行って弾きまくりましょう!

コードとしてもそこまで難しいものはなく、Bm→F#m→Aの王道なコード進行にC#やDなどが混ざってくる形なので、ギターに慣れている人であればだいぶ馴染みのある運指で弾きやすいのではないのかなと思います。

こちらの動画は微妙にギターコードがChordwikiとは違いますが、左手も右手も手元がよく見えていい動画です!

コードが違うとはいえほとんど同じではあるので、アコギで弾き語りをしたい方はぜひチェックしてみてください!

しとど晴天大迷惑のインタビュー記事

インタビュー記事はこちら!

しとど晴天大迷惑の単体の楽曲インタビューはやはりアルバム曲ということなかなかネットには落ちておらず、YANKEEのアルバムインタビューばかりとなってしまっていますが、一応いかにアップしておきます。

・ナタリーミュージック

https://natalie.mu/music/pp/yonezukenshi04/page/2

・Real Sound

http://realsound.jp/2014/04/post-444.html

 しとど晴天大迷惑の歌詞の意味を解釈・考察

“しとど”とは「びっしょり」という意味の言葉です。

サビでは太陽やいい天気などの言葉が多々散りばめられていますが、なぜびっしょりなのでしょうか?

この辺りに注目しながら、歌詞の解釈をしていきます!

しとど晴天大迷惑_1番Aメロ前半歌詞の意味・解釈

超弩級 火を吐く猿 天からお目覚め大迷惑

街という街を潰し 誰彼々も大わらわ

そんな夢を見ては 下らぬ日々を暮らしている

今日も間違いなく 積み積み重なる延滞金

(出典: しとど晴天大迷惑 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

「日を吐く猿が現れては街を壊して、全部消えてなくならないかな」と主人公は思っているようです。誰もが一度は「あー、学校が消えて無くなったらなぁ」と思うのと同じですね。絶対にありえないけど怒ったら嬉しい想像をしています。

もちろんそんなことはないので、結局は毎日現実のマイナスな自分と向き合って、どんどんネガティブになっていくのを”延滞金”の部分の歌詞で表現しています。

しとど晴天大迷惑_1番Aメロ後半歌詞の意味・解釈

エンデバー飛び出す日に 煙草燻らし天使は歌う

雑居ビル廊下の隅で 小さく欠伸垂らしながら

目下 嫌みっぽい 小言の中で暮らしている

どんな顔すればいい とってつけ見よう見まねで笑う

(出典: しとど晴天大迷惑 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

エンデバーは船やスペースシャトルなど色々とありますが、おそらく飛び出すという言葉から考えるにここではスペースシャトルの方のことだと考えても良いでしょう。

ちなみに「なぜエンデバーなのか?」と思う人も多いかと思いますが、エンデバーは英語にすると“endeavour=努力”という意味になりますので、堕落した主人公の様子を見るに「努力をするということが自分の中から無くなってしまった=飛び出していった」と考えるとつじつまが合いますので、そのように解釈するのが吉でしょう。

続いて、清廉潔白な存在の天使が雑居ビルであくびを少ししながら煙草を吸っているという様子が描かれていますが、おそらくこの天使は主人公で、先ほどのエンデバーのような解釈を延長すると「もともとは努力をしっかりするきちんとした人間だったのに、今はその人間が堕落しきってしまっている」という一種の皮肉な比喩表現だと捉えることができます。

嫌味っぽい小言の中で暮らしているのも、「あんたいつまでそんな暮らししてるんだい」と周りからどやされる主人公の絵を想像するに難くないので、恐らくはそういうことなのでしょう。

どんな子をすればいいかも分からなくなってしまうのもしょうがないですよね。

しとど晴天大迷惑_1番サビ歌詞の意味・解釈

燦々照らす太陽背負って 今日もいい天気

遊びに行こうぜもっと間違い犯して

狭い隘路を通り過ぎ行けば

散々痛い目に目に遭った毎日を消して

もう二度としょうもない嘘なんてないように

いらんもんから全部捨てていけ

大変身スーパースターそうハチャメチャやって逢瀬の隙間

超邁進サニートラックもうメチャクチャやって帰らないで

燦々照らす太陽背負って やっぱいい天気

声を出せぱっぱらぱ!

(出典: しとど晴天大迷惑 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

“燦々照らす太陽”や”サニー”など、曲タイトルの「晴天」を表す言葉が目白押しです。

もっといろいろ間違いを犯してでも遊んで行こうと言いつつも、そこで味わった”散々痛い目にあった毎日””しょうもない嘘”はAメロで描かれていた主人公のネガティブな側面は全て捨てていこうと歌っているのがサビの歌詞の前半部分です。

(ちなみに隘路とは「進むに進みにくい場所」のことを指します。)

後半の”大変身スーパースター”はAメロで歌っていたような「夢見てた世界」のことで、スーパースターが現実と理想の間(=逢瀬の隙間)で目の前の嫌な状況を片付けてくれるようなことを指しているように解釈することができます。

サニートラックはおそらくサニーという太陽を表す言葉があったから選んだだけでそこまで強い意味はないでしょう。スーパースターと同じように一緒にこの世界をハチャメチャにして欲しいという主人公の想いが見えます。

しかし、この曲もですし、この時期の楽曲は「ぱっぱらっぱ」という歌詞が多いですね(笑)「YANKEE」に収録されている百鬼夜行ホラ吹き猫野郎もこのような歌詞が見られるので、よっぽど米津さんの中での流行だったのでしょう。

しとど晴天大迷惑_2番Aメロ前半歌詞の意味・解釈

九回裏 二死満塁 さよならついに本塁打

文句なし ぐうの音もなし 満持してもはや大歓声

そんな夢を見ては 貧相な飯を食らっている

明日も間違いなく 十時に最寄り駅三番線

(出典: しとど晴天大迷惑 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

主人公は今度は街がなくなるのではなく、瀕死の場面からの大逆転の夢を見ています。

しかし、夢から覚めれば貧乏な現実と定時に働きに行かなければならない現実がそこにある、という情景描写がここではされていますね。

歌詞の機能としては1番Aメロ前半とほぼ同じです。

しとど晴天大迷惑_2番Aメロ後半歌詞の意味・解釈

ハックニー駆け抜け行く 馬券見つめて泣く天使

宙を舞う紙切れ切れ 今日から栄えある一文無し

全部どうにでもなれ メソメソ歩いて珍道中

どんな顔してみても 無様に笑える真っ白け

(出典: しとど晴天大迷惑 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

1番のAメロ後半と同様に、天使なのに競馬をやっていますね。ちなみにハックニーとは「ハクニー」という馬の種類だったり、「乗用馬」を意味する言葉だったりします。

一文無しとあるので全ての有り金を賭けて馬券を買ったのでしょう。どうにでもなれとやけになっていながらも、本心としては「どうしよう…」という意味合いが読み取れる”真っ白け”の青白い顔をここの顔から見ることができます。

ここで注目したいのが「メソメソ」という泣く時に使う擬態語です。曲タイトルの”しとど”という言葉としては、びっしょりという意味だということは上述したので、ここでのびっしょり泣いているかのような様子をイメージさせる「メソメソ」という言葉は忘れないようにチェックしておかなければなりません。

しとど晴天大迷惑_2番サビ歌詞の意味・解釈

惨憺たらす毎夜を背負って 今日もいい天気

ねえ誰か僕と一緒に愛探さないか

これを聞いたら返事くれないか

散々痛い目に目にあって尚も痛いままで

もう二度とを何度何度繰り返したって

いらんもんなどなんも無くなって

大失敗スーパースターそうハチャメチャやって逢瀬の隙間

猛後退サニートラックもうメチャクチャやって帰らないで

惨憺たらす毎夜を背負って やっぱいい天気

声も出ない

(出典: しとど晴天大迷惑 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

2番のサビの歌詞を見ていると他のYANKEEの曲がチラチラ見え隠れする気がしています。「惨憺たる」は「アイネクライネ」、「誰か僕と一緒に愛探さないか?」は「MAD HEAD LOVE」と次々に連想されてしまうのは、歌詞解釈記事を書きまくっている僕だからでしょうか?笑

1番サビとはいろいろと逆で、自分の嫌なところを「惨憺たる」という言葉で表現したり、スーパースターが大失敗したりサニートラックが後退したりと状況が逆になっています。すごくこの表現の仕方が国語で言うところの「詩」のような感じがして、とても興味深く感じられます。

これは主人公の「自分の状況をポジティブに捉えているかネガディブに捉えているかの違い」なのでは?と僕は解釈しています。

結局、事実として主人公の状況自体は変わっていないのでそれだけ見るとマイナスのままですが、それをどう捉えるかどうかという話の曲のような気がします。

そうすると、曲のタイトルも「びっしょり」と「晴天」という逆の要素が入った上で、自分のマイナスの状況の事実を「大迷惑」と表現していることにもうなづけるのではないのかな?と思ったりしてしまいます。

※ラストサビは1番サビと全く同じなので、歌詞解釈は割愛します。

まとめ| しとど晴天大迷惑の歌詞の意味を解釈・考察

しとど晴天大迷惑の歌詞を解釈してみましたがいかがだったでしょうか?

もうこの曲は歌詞の文字数が長すぎて本当に歌詞の解釈に一苦労でした。。笑

曲として言いたいことは、「マイナスな状況が急に変わることはないよ、自分でなんとかするしかないよ」という米津さんのメッセージなのかなと思いますので、今この瞬間にあーでもないこーでもないとネガティブな状況を前に足が止まっている人がいたら、まずは一歩その現状を打破できるように何か行動を起こしてみましょう!

 

↓こちらの歌詞解釈記事もよく読まれています!↓

【米津玄師】リビングデッド・ユースの歌詞の意味を解釈・考察

【米津玄師】眼福の歌詞の意味を解釈・考察

 

↓米津ファンなら絶対知っておきたい米津さん自身に関する記事も要チェック!↓

【画像で徹底解説】米津玄師のギター・エフェクター機材!

【現在までの過去を完全解説】米津玄師の経歴とそこから見える才能とは

 


YANKEE [ 米津玄師 ]