【米津玄師】抄本の歌詞の意味を解釈・考察

2018年6月28日

抄本の曲にまつわる情報

抄本は、米津玄師さんの1stアルバム「diorama」の最後の曲に収録されている曲で、アルバムの最後を飾る曲となっています。


diorama [ 米津玄師 ]

アルバム1曲目の「街」という曲と対をなす曲で、アルバム全体で表現している街での伝えたかったことが、この抄本で表現されています。

抄本は中々漢字が読めない人もいるかと思いますが(本が大好きな筆者ですら最初読めなかった…)、この感じは「しょうほん」と読みます。

意味としては、「原本である書類の一部を抜き書きにしたもの」を指して、日常生活では「戸籍抄本」などとして使うことが多いようですね!(戸籍謄本の一部だけ記載されたものをこの場合は指します。)

 

曲自体は4分4秒もあるのですが、大半はインスト(楽器だけのパート)で歌詞部分はかなり少なくなっています。

イントロからしてかなりの長さを感じますが、そのインスト部分ですら物語や懐かしさを感じられるような曲です。BUMP OF CHICKENのアルバム「THE LIVING DEAD」「ユグドラシル」の1曲目とラスト曲のようなものをイメージしているのでしょうか、アルバム1枚の総まとめのようなものを司る曲として描かれているような印象を受けました。

抄本のPV

PVに関してですが、この曲はアルバムのエンディング曲ということもあり、PVはありません!

なので、Youtubeの弾き語り動画からこちらをアップします。

Youtubeでも抄本の演奏してみた動画は少ないので、Youtuberの人はもしかしたら動画にしてみると狙い目かも..?

抄本のインタビュー記事

インタビュー記事に関しては、残念ながら抄本にフォーカスしたものはなかったので、アルバム「diorama」のインタビューをあげておきました。

(2つとも中身はほぼ同じなので、どちらか1つを読めばいいかと…!

 

・ナタリーミュージック

http://natalie.mu/music/pp/yonezukenshi

・TOWER RECORDS ONLINE

http://tower.jp/article/interview/2012/05/05/TOWER342-2

 

抄本の歌詞の意味を解釈・考察

抄本は冒頭でも書いたように「diorama」の最後の曲となっています。

「街」をコンセプトに、そこに住む様々な人の気持ちをそれぞれの楽曲で表現することがコンセプトのこのアルバムですが、「街」と「抄本」はどちらもそのアルバムのオープニングとエンディングを飾っています。

では、「抄本」は一体どのようなことを歌っているのでしょうか?

早速歌詞解釈に入っていきましょう。!

抄本_1番&2番歌詞の意味・解釈

この街は この街は

生まれてきたままで 意味もなく

愛されたい 愛されたい

そこらじゅうに散らばった

夢のように

細やかな日常だけが残る

 

この街は この街は

生まれてきたままで 意味もなく

愛していたい 愛していたい

そこらじゅうに散らばった

夢のように

細やかな日常だけが残る

(出典: 抄本 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

この曲は1番と2番しかなく、全てサビで歌詞が1番と2番でほぼ全て同じなので、まとめて解釈を進めていきます。

この「街」は米津さんの楽曲はもちろん、この社会全般の人たち全てを指しているとviviの考察で考えました。

「人」は意味もなく愛したいし愛されたい存在であるということを前半で歌っていますが、これは米津さんが考える人間像を哲学的に表した歌詞のように感じられます。

人は誰しもが生まれてきたまま、幼少期であろうと思春期であろうと大人になってからであろうと、性格こそ移ろいゆくけれど、その中で普遍的なものとして「愛し愛されたい」という願望が常に軸としてあり続けている。

「diorama」の登場人物たちも思えば、そのような根源的な「愛」について考えているようなキャラクターが多かったように感じますね。

「diorama」1曲目の「街」では、どちらかというと街にこれから入る「悲しい思いをしてどこか擦れてしまった君」に語りかけるような曲でしたが、こちらの「抄本」では、特に「君」という言葉は出てきていません。

おそらく、「君」も何十億といる人間の一人で、そうである以上、悲しみを覚えるのも愛を感じるのも愛を与えようと思うのもきっと変わらないということを歌っているのではないでしょうか?

 

歌詞後半の「そこらじゅうに〜」の部分は、その一人一人が持つ感情や想いを「夢」と比喩しています。

「夢」は一般的に言われるような大層なものではなく、人を好きになりたいし好かれたいという誰もが持つ小さな「夢」を言っていて、そんな夢はいくらではみんな持っているからこそ「そこらじゅうに散らばっていて」、当たり前の日常の中にずっとあり続けている。

結果、ささやかな日常の中にそれらはあるので、その日常=街だけが残る。

このように歌詞を解釈し、「diorama」=「街」自体を理解することもできます。

まとめ|抄本の歌詞の意味を解釈・考察

抄本の歌詞解釈を進めていきましたが、いかがだったでしょうか?

「diorama」の最後の曲として、シンプルながらも抄本は相当凝った総まとめの歌詞となっていました。1番と2番で違う部分が「愛し」「愛される」部分だけで、これだけ歌詞の幅が広がり、世界観を表現することができているのはとてもすごいことだと思います。

しかもこのdioramaを作ったのはおそらく米津さんが19歳〜20歳の間頃なので、それも加味して考えると彼ほど「天才」という言葉が似合う人はいないなと改めて感じますね…。

 

↓こちらの記事もよく読まれています!↓

【米津玄師】viviの歌詞の意味を解釈・考察

【米津玄師による”出会いと別れ”】アイネクライネの歌詞の意味を解釈・考察

 

↓米津ファンなら絶対知っておきたい米津さん自身に関する記事も要チェック!↓

米津玄師のプロフィールをファン目線でコアなとこまでまとめてみた

米津玄師が「長い前髪で前が見えないのはなぜか?」を考察する

米津玄師のファッションブランドを全部リストにしてみた

 

 


diorama [ 米津玄師 ]