【米津玄師の好きな人?】春雷の歌詞の意味を解釈・考察

2018年6月28日

いきなりかなり突拍子もないタイトルをつけた訳ですが、この「春雷」は割と本気な米津さんの淡い恋心を歌っている曲だと歌詞解釈をすると思うんですよね…。

人への恋心をこれくらいモロに出している楽曲は今まで米津玄師名義の楽曲もハチP時代の楽曲も全曲歌詞解釈をしてきましたが、なかなか見当たりません。

しかも文学的な表現が多いので、もしかしたら中学生や高校生でこの曲の意味がきちんと理解できていない人も多いかと思い(もちろん大人な皆さまも)、今回はかなり細かく丁寧にこの曲の歌詞を見ていきます。

それでは、最後までお付き合いくださいませ!

(サムネイル画像出典:https://www.youtube.com/watch?v=zkNzxsaCunU)

春雷の曲にまつわる情報

春雷は、米津玄師さんの4thアルバム「BOOTLEG」に収録されている楽曲で、BOOTLEGが発表される前のライブにて先駆けて初公開されたのが記憶に新しいですね。


BOOTLEG (通常盤) [ 米津玄師 ]

 

曲調としては、エレクトロなサウンドの中にも和風でマシンガン並に歌詞が敷き詰められた一風変わった楽曲となっています。

2ndアルバムの「YANKEE」に収録されている「花に嵐」とどこか表現が似通っているので、こちらの歌詞と対比させながら見るのもとても面白いかもしれませんね。

「砂の惑星」もそうですが、前作の「Bremen」とは違い、ここまで言葉を詰める楽曲が並ぶアルバムは久々で個人的にはすごく嬉しい限りです…!

 

春雷のPV

春雷のPVは、自動販売機やアナログテレビなどなど「日常が狭い範囲にぎゅっと凝縮されたスペース」で米津さんが少し揺れ踊りながら歌っているPVとなっています。

この後の歌詞解釈でも見ていきますが、おそらく「なんでもない平凡な日常」に自分にとって雷のような存在の人が現れたということをPVを通して表現したかったのかなと推測できます。

要所要所で非常に幻想的な映像となっているのは、歌詞がとても繊細で美しいからこその映像表現なのでしょう。

春雷のPVの衣装

春雷の衣装として米津さんが着用しているのはKarakusa,incが提供した「PARADOX – EMBROIDERY MA-1(BLACK)」。

春雷_衣装

(画像出典:http://shop.gyft-shibuya.com/?pid=124581159)

米津さんがよくきているMA-1タイプのブルゾンですね。

シンプルでとてもかっこいい一着で、お値段も約3万円と普通の洋服よりも多少高額ながら一般の人でも手が届くような価格帯のアイテムとなっています。

これはかなり使いやすそうだし、僕も買おうかなぁ…。

ちなみに米津さんのファッションについてまとめた記事も以前書きましたので、洋服やら靴やらピアスやら気になる方はぜひ読んでみてくださいね!

 

春雷のギターコード

春雷はおそらく米津さんは半音下げで作曲したのだろうと推測しますが、ギターコードがたくさん載っているUフレットを見るとカポを1フレットに着けて演奏するのが簡単だと書いてありますね。

http://www.ufret.jp/song.php?data=41581

春雷は16ビートでかなりカッティング重視気味で歯切れよくギターを弾きながら歌うと、原曲のリズミカルなニュアンスを表現できると思うので、ぜひ意識して弾いてみてください。

コードとしてはB7-9がかなり特殊というか珍しいギターコードとなっています。あまり見ないような運指なので、ここは入念に練習して勝手に指が動くくらいまでにしておきましょう。

春雷を弾き語りしているだっちさんの動画を見るとコードは少し違いますが、同じ1フレットにカポを着けてのプレイなので非常に参考になります。

(ここまで歌いながらアルペジオが弾けるようになるには初心者の方には大変だと思いますが…。)

春雷のインタビュー記事

春雷のインタビュー記事ですが、収録アルバムである「BOOTLEG」のインタビュー記事の中でもほとんど制作背景には触れられていませんでした…。

あくまで自分たちなりに解釈をしなければなりませんが、念のため以下に「BOOTLEG」のインタビュー記事を載せておきます!

・billboard-JAPAN

http://www.billboard-japan.com/special/detail/2134

・Real Sound

http://realsound.jp/2017/12/post-135629.html

 

春雷の歌詞の意味を解釈・考察

春雷は「主人公の目の前に突如好きな人が現れた時の衝撃」について描かれた曲です。

「雷に打たれたような衝撃」と言い換えた方が分かりやすいでしょうか。

もしこの主人公が米津さんの経験談から生まれたペルソナであれば、米津さんの恋愛観なども見ていくことができるかもしれませんね。。

それは早速歌詞を解釈していきましょう!

 

1番Aメロ前半歌詞の意味・解釈

現れたそれは春の真っ最中 えも言えぬまま輝いていた

どんな言葉もどんな手振りも足りやしないみたいだ

その日から僕の胸には嵐が 住み着いたまま離れないんだ

人の声を借りた 蒼い眼の落雷だ

(出典: 春雷 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

「雷の突然の光」と「自分の好きな人が突然目の前に現れたこと」を重ね合わせて、その人と出会った時の恋の衝撃をマシンガンのような言葉数の歌詞で表現しているのがAメロです。

「蒼い目」・「人の声を借りた雷」という擬人法で愛すべき人を比喩し、その人に出会ったことによって心が落ち着かなくなってしまった様子を「胸に嵐が住み着いた」という雷のコンセプトにあった言葉を使いながらとても綺麗な歌詞で描き切っています。

個人的には歌詞の入りの部分が「現れた」という動詞からスタートしているところがすごく好きで、日本語の語順としては不自然な並びのところにリスナーは「何が現れたの?」と興味を持つだろうと計算している米津さんの構成力が感じられるところが良いなぁと思っています。

春雷_1番Aメロ後半歌詞の意味・解釈

揺れながら踊るその髪の黒が 他のどれより嫋やかでした

すっと消えそうな 真っ白い肌によく似合ってました

あなたにはこの世界の彩りが どう見えるのか知りたくて今

頬に手を伸ばした 壊れそうでただ怖かった

(出典: 春雷 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

黒と白のコントラストを歌詞に入れつつ、「そのモノトーンさから見える世界はあなたの目からは果たしてどのように見えているのだろうか?」と想いを馳せる主人公の様子を表していると解釈することができます。

嫋やか(たおやか)という言葉がとても女性の繊細さを表していて、続く歌詞の「すっと消えそうな」というところとうまく接続しているなぁと感心してしまいますね。。

1番Aメロ全体として、「美しいあなたが現れて私の心はかき乱されてしまいました。あなたはとても綺麗だが、あなたからは私を含むこの世の中がどのように映っているのでしょうか?」と歌っていて、なんだか平安時代の貴族の和歌のようなイメージが脳裏に浮かぶ歌詞だなとも感じられました。

 

1番Bメロ歌詞の意味・解釈

全てはあなたの思い通り 悲しくって散らばった思いも全て

あなたがくれたプレゼント

ゆらゆら吹かれて深い惑い 痛み 憂い 恋しい

(出典: 春雷 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

悲しくて散らばったという歌詞を見る限り、もしかしたら主人公はこの女性に振られてしまったのかもしれません。

ただ、その悲しさすらも相手からのプレゼントで良い経験として捉えているあたりに大人な目線で物事を捉えている感じが漂っていますね。

しかし、「深い惑い〜」という歌詞を見るとやっぱりこの恋を引きずっているので、心のどこかではこの相手への好意を諦めきれてはいないのだろうなぁと読み取ることができます。

もしかしたらですが、この「ゆらゆら」という歌詞があるからこそ、これだけPVの中で米津さんはゆらゆら揺れているのかもしれません。

 

1番サビ歌詞の意味・解釈

言葉にするのも 形にするのも そのどれもが覚束なくって

ただ目を見つめた するとあなたはふっと優しく笑ったんだ

嗄れた心も さざめく秘密も 気がつけば粉々になって

刹那の間に 痛みに似た恋が体を走ったんだ

(出典: 春雷 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

先ほどの「振られた説」とは時系列的に前後してしまいますが、いざ自分の好きな気持ちを伝えようとしても伝えられないというのがこのサビの歌詞に書いてあることなのかなと感じられます。

というのも、相手の目を見つめると自分の好きという気持ちが形にどうしてもならず、ただそんな様子を見ては相手の人はそれを察して優しく微笑むという様子がここから伺えるからですね。

一瞬の間に「恋」という雷が自分を直撃して、自分が抱えている心のポジティブな気持ち・ネガティブな気持ちの両方共が粉々になっていって、あなたのことしか考えられないという心境になったという流れですかね。

本当に言葉がどこか古風な感じで綺麗だなぁとつくづく感じます。。

 

2番Aメロ前半歌詞の意味・解釈

深い惑い痛み憂い繰り返し いつの間にか春になった

甘い香り残し陰り恋焦がし 深く深く迷い込んだ

(出典: 春雷 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

先ほどの1番Bメロに出てきた歌詞がまた「深い惑い〜」と同じ内容で出てきました。

ここの歌詞は、自分の中でネガティブになっていた時期を「冬」と比喩していると仮定すると、あなたという存在に出会ったことでそのネガティブさから解き放たれたということを「春」と表現しているのかもしれません。

また、「あなたに恋をしてしまったことで、相手ばかり考えていたらいつの間にか季節が変わっていた」というようにも捉えることができます。

 

メロディに関して、「甘い香り〜」の部分は1行目の部分の歌詞に対応して押韻しているので、とても耳触りが良くヒップホップなニュアンスがほんのりと漂わされています。

米津さんはカニエ・ウエストなどの洋楽ヒップホップも聞くということをどこかのインタビューで読んだことがあるので、もしかしたらその影響なのかもしれませんね。

 

2番Aメロ後半歌詞の意味・解釈

花びらが散ればあなたとおさらば それなら僕と踊りませんか

宙を舞う花がどうもあなたみたいで参りました

やがてまた巡りくる春の最中 そこは豊かなひだまりでした

身をやつしてやまない あんな嵐はどこへやら

(出典: 春雷 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

「この木の葉が落ちたら私は死んじゃうの…」というよく聞く物語と似たような構成ですね。

春が過ぎればあなたという存在がいなくなってしまうならば、僕といっそ一緒にいませんか?と伝えるものの、やはりゆらゆらと揺れてどこか掴めない彼女に対して参ってしまったなと感じている主人公がそこに描かれています。

歌詞の後半部分は2回目の春を指していますが、もうその時には彼女はいなくなってしまっていて、その様子を「胸を騒がす嵐はどこかに行ってしまった」という歌詞で表現しているのが美し過ぎますね…!

 

2番Bメロ歌詞の意味・解釈

まだまだ心は帰れない その細い声でどうか騙しておくれ

カラカラに枯れ果てるまで

ふらふら揺られて甘い香り 残し 陰り 幻

(出典: 春雷 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

どれだけゆらゆら揺れて掴みきれないあなたであっても、どうしても諦めきれないから、せめて手に入らないのであれば遊び相手としてでもいいから相手をしてほしい(=騙してほしい)と主人公は思っています。

その結果、揺らめく幻のような相手に騙されて自分がカラカラに枯れ果てるかもしれないが、それはそれでいいと…。

この「揺られて」というところに「女性の髪の毛が揺れて」という意味と「主人公の心が揺れて」という二重の意味が込められている作詞テクニックがすごいですよね。

よくこんなに巧みな表現が思いつくものだなと思ってしまいます。。

 

2番サビ歌詞の意味・解釈

聞きたい言葉も 言いたい想いも 笑うくらい山ほどあって

それでもあなたを前にすると 何にも出てはこないなんて

焦げ付く痛みも 刺し込む痺れも 口をつぐんだ恋とわかって

あなたの心に 橋をかける大事な雷雨だと知ったんだ

(出典: 春雷 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

1番サビ同様に、好きな人が目の前にいると聞きたいことも聞けず、自分の想いも伝えられないくらいの心持ちになってしまう様子が歌詞から読み取れます。

雷を想起させる「焦げ付く痛み」「刺し込む痺れ」という表現が「恋」だとここで初めて断定されたので、やはり春雷は「恋の歌」だということがここでしっかりと明確化されました。

そして、その雷とそれに付随する嵐は目の前の相手と繋がるための雷雨だと最後に締められていますが、おそらくこの「橋をかける」という歌詞は「虹」を意味しているのではないかなと僕は推測しています。

というのも、「雷も嵐も全て綺麗になくなったその後であれば、虹の橋であなたという存在と繋がることができる」という気象的な部分から、この恋の何とも言えない儚さを表現しているように解釈することが出来るからですね。

日本ならではの四季や天気の移り変わりの表現をここまで幅広く使える米津さんはやはりレベルが違います…。

 

Cメロ歌詞の意味・解釈

どうか騙しておくれ 「愛」と笑っておくれ

いつか消える日まで そのままでいて

(出典: 春雷 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

どうか騙してほしいというのは、結局掴みきれないあなたであるならばいっその事「愛している」と言う嘘でもいいから自分を騙してほしいということでしょう。

そして、「ゆらゆら揺れて掴めないあなたがいなくなってしまう日も来るかもしれないけれどどうかその時まで、その美しさのままでいてほしい。」というなんとも繊細な表現がここに出てきます。

このCメロは曲全体の中でも、特に主人公の心境の深い部分を表現しているので、この相手の掴みきれなさにたじたじする点と、だからこその手に入りにくい美しさが同居しているとても儚い歌詞のように僕は感じました。

※ラストサビは1番サビと同じ歌詞なので解釈を割愛します。

 

まとめ| 春雷の歌詞の意味を解釈・考察

春雷の歌詞を解釈してみましたがいかがだったでしょうか?

かなり歌詞の言葉数が多かったので、聞き手側の頭にも情景のイメージが広がりやすい曲だったのではないかなと思います。

春雷はカラオケで歌うのはもしかしたら滑舌が良くないと難しいかもしれませんが、ぜひ挑戦してみてください!

 

↓こちらの歌詞解釈記事もよく読まれています!↓

【米津玄師】【色に隠された意味とは?】灰色と青の歌詞の意味を解釈・考察

【米津玄師】LOSERの歌詞の意味を解釈・考察

 

↓米津ファンなら絶対知っておきたい米津さん自身に関する記事も要チェック!↓

米津玄師のプロフィールをファン目線でコアなとこまでまとめてみた

米津玄師のファッションブランドを全部リストにしてみた

 


BOOTLEG (通常盤) [ 米津玄師 ]